【後悔しない生き方】後々後悔しないための決断方法

「恋人にふられた!あの時こう言っておけばよかった!」・・・上述しましたがあくまでも忘れることができないのが記憶であって、この場合にも一度言ってしまったことは元に戻せない後悔です。過ぎ去った過去を変えることができるのは、その場です。この場合には言ってしまって「だめだ!」と思った瞬間に「本当にごめん!」しかないですね。 このように、現実にある事実で後悔しないためには、その瞬間に行動を起こしておくことです。仕事においても同じようなことがいえます。いい加減な資料作りをしてしまったときにそのまま提出すると後悔しますね。提出前に「すみません。一日伸ばしてください。明日提出します。」と言えば取り返しはつくものです。 ビジネスにおいては、よく複数の目で確認することが重要だといわれます。仕事の取引先に書類や資料を送るときには、中身の確認作業が重要です。封筒に入れる前に二人以上でしっかりと確認をするという方法は、その瞬間を本当に大切にして後々後悔しない生き方のための決断方法と言えるのです。恋愛や仕事では今、その瞬間にすべてが決まるといっても過言ではありませんね。

後々に後悔しないための生き方の決断方法2:今後のことを考える

過去を振り返る前に未来を見ましょうということです。人生を振り返ったときにどれぐらいの後悔があるか、人それぞれでしょうが皆無という人はいないはずです。だったら恋愛や仕事で後悔なんてしないで、今、あるいは未来を楽しく生きましょう。その時に気をつけることは、あなたが過去に後悔をしたようなことは繰り返さないということです。 過去の失敗などを後悔した生き方をして悩んでいる人は、このように。今、未来のことを考えるようにするといいでしょう。本当に忘れることはできませんが、幾分和らぐと思います。過去の後悔がたくさんあろうと、今や未来を楽しんでいけばいいのです。今楽しみがないという人は新しいことをはじめましょう。それが生きがいになっていきます。 これから先のことは、人それぞれ生き方がありますが、将来の自分を描くことは、今までの後悔を忘れさせてくれます。「5年後には、課長のポストに就いてバリバリ仕事をしているだろう。そうなれば家族も給料がアップして喜んでくれるだろうし、仕事も今よりももっとやりがいを持つことができるだろう。」というように、恋愛や仕事で具体的な将来の生き方を描くのです。

後々に後悔しないための生き方の決断方法3:他人の評価を気にしない

恋愛や仕事で後悔しない生き方の決断方法として、他人を気にしないということをオススメします。人がどう思っていようと関係ないという思いで生きていくのです。仕事では評価されるということがありますから、人が気になることはあるでしょう。しかし、気にしていたら今を楽しめない生き方になってしまうと思います。本当にそうなると後悔することになってしまいます。 よく管理職候補の方が、同じようなレベルで管理職を争っているという場面があります。例えばAさんは我が道を行っている、Bさんは上司のことを気にした言動が多いとしましょう。この勝負は明らかにAさんの勝ちでしょう。上司の評価ばかり気にしていますと、自分らしさを失い、結局はいい評価はもらえません。 人の評価を気にする・・・そんなことが後悔につながったら「あの会議でA案に賛成しておけばよかった」「課長に明日資料を見せる約束をしてしまった、今日は娘の誕生日だった」など、仕事上の評価につながる後悔がどんどん積み重なってしまい、ストレスとなって「うつ」などの病気になってしまうかもしれません。他人(の評価)を気にしないということは後悔しない生き方の重要な決断方法です。

後々に後悔しないための生き方の決断方法4:自分のこれまでの生き方の整理

恋愛や仕事で過去に出会った、あるいは作った後悔は変えられません。過去は変えられませんが、その出来事をどう捉えるかということで、過去の出来事の捉え方は変えることができます。これは、後々後悔しないための「自分のこれまでの生き方の整理」と考えてください。本当に自分が気になっている一つ一つの出来事を、ゆっくり時間をかけて思い出すのです。 過去の失敗、あの時の対応などの後悔した生き方を見つめなおし、そのことが今の糧になっていると考えます。この方法は案外効果があります。過去の生き方の失敗を思い出していますと、時にはうまくいった生き方のこと(成功したこと)も一緒に思い出すことでしょう。「恋愛に失敗したけど、おかげで今の本当に素晴らしい相手に巡りあえた」「仕事で失敗して転職したけど、その経験が今生かされて部長までなることができている」という捉え方です。

後々に後悔しないための生き方の決断方法5:他人と比べない

さて、ここからは、後々に後悔しないための生き方の決断方法について考えましょう。今より先の将来に後悔しない生き方をするためにはどうすればよいかということです。よく、他人と比べてしまうクセのある方を目にします。後悔は何かをしてしまうから発生してしまうのです。(何もしないわけにはいきませんが) しかし、しなくてもいいことはする必要はありません。その一つが「他人と比べる」ことです。大きく言えば「わが道を行く」という生き方ですね。恋愛や仕事で他人と比べてしまうと、そこにはどうしても自分の欠点が浮き彫りになってしまいます。それが後悔した生き方として残ってしまうことになります。

後々に後悔しないための生き方の決断方法6:心の余裕が必要

後悔する人が持つ思いとして多いのが「理想が高い」ということです。中には、ほとんど叶わぬ夢でありながらも、その理想を追い求めて、後悔した生き方として捉えることになったという方もおられます。そして、その理想が叶わず悩んだり怒ったりという感情を持って後悔することになるのです。これでは、後悔の山ができるでしょう。 生き方において高い理想は持たないようにしましょう。理想と現実は違うと言いますが、若い人がせっかく恋愛をはじめたのに、思想とは違うということですぐにやめてしまうという例があります。理想は持ってもいいのですが、「理想とは本当に違うものだな」という思いが持てるようにする心の余裕が必要です。

後々に後悔しないための生き方の決断方法7:後悔を決意に変える

自分自身が普段使っている言葉を一度見つめなおしてください。「今日の会議の司会を任された。自分は苦手だ。原稿は作ったけどこれでいいのかなあ。」と思うのと、「今日の会議は自分が司会だ。司会原稿も整えた。やるぞ!」と思うのとを比べていただければお分かりいただけると思います。 「できないかもしれない」という思いを初めから持ってしまうとほとんどの場合、終わった後で「もっとこうしておけばよかった」という後悔が生まれます。恋愛や仕事でも肯定的に考えることで、「あの部分はまずかったけど他はうまくいった。次はもっとうまくできるようにするぞ!」という本物の生き方の決意が生まれます。

【後悔しない生き方】後々後悔しないための決断方法 まとめ

いかがでしょうか。「【後悔しない生き方】後々後悔しないための決断方法」をご紹介しました。本当に後悔しない生き方とはどんな生き方なのか、どんな生き方をすれば後々後悔しなくて済むのか、そのあたりのことについてはあまり本でも見かけません。一度の人生ですから、充実した楽しい生き方をしたいものです。 恋愛や仕事で過去を後悔してばかりしていても未来は始まりません。過去の後悔をどれだけ整理できるか、過去の後悔を忘れるために今の瞬間をどれだけ一生懸命生きることができるか、将来のことをどのように考えることができるかなどは絶対にできないことはありません。実践してみてください。これからは、本当に後悔しない生き方でがんばっていただきたいと思います。