【人たらしの人から学ぶ処世術】人たらしの人の特徴などまとめてみた

目次

人たらしの処世術

あなたの周りにもなんだか憎めなくて、ついつい何かしてあげてしまう人がいませんか。まさに「人たらし」と言える人であり、仕事でこの「人たらし」の技術を使えばキャリアアップしていきます。人たらし診断を受け、人たらしの人の特徴を知り、そして人間関係を良くする「人たらしの処世術」を身につけましょう。

人たらしの意味とは?

人たらしとは漢字で「人誑し」と表記し、「人をだますこと、だますのがうまい人」のことを言うのが語源になっています。つまり人たらしの意味は、「言葉巧みに相手をだまし、甘い言葉で誘惑してしまう。」人のことで、人たらしは性別を問いません。 ただ現代では「人たらし」は良い意味で使われることが多いようで、主にどんな人からも好かれ、誰とでも仲良くなれる、そして人を選ばないで付き合える人を指すのに用いられます。この人たらしという才能、プライベートはもちろん仕事でも処世術として有利に進めることができます。 この現在の人たらしのように良い意味を持つようになったのは、豊臣秀吉が影響していると言われています。それは司馬遼太郎氏の著書「新史太閤記』の中で、豊臣秀吉が成功した理由は「人たらしの天才であったから」と書かれた事に由来しているからです。 織田信長の草履を懐で温めて関心を買ったエピソードは有名ですが、他にも他の武将のミスを笑って許した等、秀吉にまつわる人たらしのちょっとした逸話は、人たらしという言葉の意味を良い方向へ昇華させたのかもしれません。

あなたの人たらし度を診断!人たらしの特徴とは?

人たらしの言葉の意味はわかったと思います。では人たらしがなぜ処世術として意味あるのかを、「人たらし診断」をしながら、人たらしの特徴を見ていきましょう。

人たらし診断 礼儀が正しいかどうか

何より人に嫌われることを嫌う、人たらしな人は、とにかく誰に対しても敬意を払います。それは人として最低限なことですから、嫌われるわけがないのです。そして、理不尽なことを言われても、ぐっとこらえ、笑顔で対応するため、悪意を持たれることが少ないです。しかも、例えば上司だったらきちんと敬語、など、シーンに合わせてきちんと言葉遣いなども使い分けられるので、非常に気に入られるとかわいがられるパターンが多いのが特徴です。当たり前ですが、初対面の人や、年下でも、礼は尽くします。そして、少し気ごころがしれてくると絶妙なさじ加減で懐に入ってくるのが人たらしたる所以でしょう。ちょっと打算的でもあるのですが、人たらしはたぶん無意識にやっていることなのではないでしょうか。これらの礼儀正しさは当たり前と言ったら当たり前ですが、上司や同僚に好かれ、仲間を築くという意味があり、仲間がいるからこそ出世ができるということです。

人たらし診断 甘え上手、お願い上手かどうか

人たらしは、誰かに頼み事をする時には、相手よりも自分をへりくだって頼みかけます。 「この仕事は、自分では能力不足だからさ、あなたみたいに能力があってできる人に助けてもらいたいんだけど。。。」と、このように頼むことによって、相手は「仕方ないな」と言いながらも内心は悪い気分でなく、頼まれたことをし始めます。それは相手にとって「自分の能力をそれだけ高く見てくれているのか」と、心の底では嬉しく思うからです。たとえ本当はその人の能力をさほど買っていなかったとしても、人たらしは巧みに相手に対し、「あなたでなければ頼めないんだ」と言った頼み方をします。ただお願いを聞いてもらうのと引き換えに、先輩や上司との飲み会には頻繁に顔を出し、嫌な相手でもそれを顔には出さず、お願いを聞いてもらう分嫌なこともしているようです。 相手が気分よく頼みごとを聞いてくれるって、仕事が増えているのに成果を出す上でかなり重要な意味がありませんか?

人たらし診断 否定しないかどうか

人たらしな人は争う事を好まず、衝突を避ける傾向にある様です。自ら強く意見をしてしまうと異見派との衝突は避けられませんし、下手をすれば嫌われてしまうことになります。多くの人から愛されることを望むので、自分の意見を曖昧にして相手の意見に同調することで均等を保とうとします。 そもそも多勢とうまく付き合うというのはとても労力であり、人たらしな人はその特徴からさまざまな人と接する機会が多いだけに、しっかりと己を持つのも相当にしんどいかもしれません。自分の意見は持ちつつもそれを激しく主張することなく相手を強く否定することなく、言われなければ相手に合わせてその場の雰囲気を大事に生きる事で己を保っているとも考えられます。

人たらし診断 ポジティブかどうか

人たらしな人は、とにかく「嫌われたくない思い」がとても強い人なので、ネガティブな言葉を発する意味、つまり、ネガティブ発言は周りに人が集まってこないこともよく知っています。ですから、いつも出るのはポジティブな言葉です。 そういう人の周りには自然と、「あの人といると、前向きなことしか言わないから、自分も元気になる。」という人が集まってきます。ですから、自然と輪の中心にいることが多くなります。これが人たらしの人の特徴でもあります。 人たらしな人というのは自分から人の悪口を言ったり、悪口に激しく同調するようなことを避けます。トラブルの種にもなりかねないそれらの要素というものを、口に出さない様に気をつけてもいます。

人たらし診断 笑顔かどうか

こちらは上のポジティブに共通しているかもしれません。いつも笑顔な人はポジティブに捉えやすいですし、例え敵意を持たれていても、人たらしはこちらがニコニコしていて、ぐっとこらえて対応していれば、相手もなんだか馬鹿らしくなってきて、無駄な諍いの中に自分の身を置くことを本能的に避けます。そこが人たらしの処世術としてうまいところなのかもしれません。

人たらし診断 マメかどうか

人たらしは接触回数が多く、他人とのかかわりをできるだけ持つようにして、常に多くの人と関係を保っています。現代でいうとSNSなどで友達の投稿へのいいねやコメントをしたり、自分自身もSNSをこまめに更新して、仲間に自分の状況を把握してもらっていたりなどSNSを友好的に活用していることも多いようです。また誕生日プレゼントをもらったらお礼を忘れなかったり、また人の誕生日を知ったら必ず何かを送ったり、人たらしは、連絡をまめに取る意味を知っている人が多いです。

人たらし診断 真面目かどうか

人たらしは、ただ笑顔を振りまいているだけではなく、やることはやる、頼まれたことはきちんとこなす、など、言葉には出さなくても、態度にでるように、コツコツと裏で努力している真面目な人が多いようです。だからこそそもそもの人望も集めやすいということです。成果を出す人たらしと、成果が伴わない人たらしの違いはここかもしれません。真面目さや結果が伴わないと、ただの口だけと言われる可能性もあり、実はここが人たらし診断で一番重要な核かもしれません。

人たらし診断 空気を読めるかどうか

例えば職場などで、意見が対立してしまって、微妙な空気が流れた時、、さっとその話題をうまく解決できる方法にもっていくとか、解決方法、意見を提案したり、その場の流れを変えるのがうまいです。人たらしの人は、争いをとにかく好みません。ですから、自分がクッションとなり話の流れを変える能力にも長けている人が多いような気がします。普段は強烈な自己主張はないですが、こういう時に登場して、頼りになる印象を与えるのも得意な人が多いです。

人たらしになるには?

では人たらしになるには、どうしたらいいでしょうか?もちろん上に書いた診断特徴を真似するのも大事です。そのほかに細かいポイントがありますので、こちらに記載しておきます。

人たらしになるには?

人たらしになるための一番の近道は、 とにかく聞き上手になる事です。人は自分の話を熱心に聞いてくれる人に対して決して悪意を持ちません。また、変に助言をしたりアドバイスをする必要はありません。人の価値観というのはなかなか変えることが出来るものではありませんし、助言をする事であなたのほうが上目線になってしまいます。なので、「あなたの味方です」や「あなたが信じる通りにやってみて下さい」などという心持ちで話を聞いてみて下さい。特にこの聞き上手になるという意味は、年上の方や上司からの評価アップに繋がる上で、非常に重要です。

人たらしになるには?目を見る

人たらしのひとはかならず相手の目を見て話をします。コミュニケーション能力の高さは人たらしに直接つながります。誰であっても相手の目を見て話すことができるのは人たらしとして大切なスキルです。特に異性相手であれば目を見るという行為は興味があることの裏返しだと好意的に捉えてもらえることにもつながります。

人たらしになるには? 自ら話しかける

人たらしになるにはまず己の印象を相手に植え付ける事から始まります。たとえば会社ですれ違ったとき、トイレで顔をあわせた時などに相手の反応を待つのではなく、自分からあいさつをして雑談を始めましょう。まださほど互いの存在を認識していない場合だと、相手も話しかけにくいかもしれませんが、会社や学校など同じコミュニティに属する人であれば、積極的に話かけてみるべきです。

人たらしになるには? 取引先、上の方の名前を積極的に会話にの中に!

例えば営業職で名刺交換した後、会話の中に「そうですね、○○さん」など、いただいた名刺の読み方を確認し、初対面でも名前を呼ぶことで人は親近感を覚える習性があります。全然相手が興味を示さないより、名前まで呼んでくれた方が、なんとなく親近感もわくものです。そして、目上の方、役職が上の方でも「○○社長」など、必ずお名前でお呼びするのがポイントです。

人たらしになるには? 一定の距離を保つ

常に敬語だけというわけではなく、時にはタメ口で話しかけてみるとかやってみるのもいいかもしれません。ただ「親しき仲にも礼儀あり」ということで、取引先などその状況においていくら話が盛り上がっても礼儀というのは踏まえた上での一定の距離が重要です。

人たらしになるには? 情報収集

相手が好きなもの、趣味などを事前にリサーチし、相手が喜ぶことや会話のネタを準備しておくのが、人誑しのポイントです。例えばアポイント前に、共通の友人やSNSなどで好きなものを知り、お土産などで持っていったらそれだけで相手からの好感度も上がります。「この人、なかなかやるな。」という印象を植え付けることが出来るのです。

人たらしになるには? 相手に共感する

話しかけ会話が始まったら「わかるなあ」、「そうだねえ」、「大変でしたね」、「それいいですねえ」など、相手が言ったことに対しひたすら共感の意を示します。場合によっては相手の言った事をくり返すだけでもいいかもしれません。とにかく『共感』です。共感されることで、相手には仲間意識が芽生えるのです。ビジネスではラポールなどと言われる技術です。例えば、最初は共感ができないかも、と思っても、真面目に相手の話を身を乗り出して聞きます。そして、一旦共感します。人間というのは、共感してもらって、安心感を得て、承認欲求を満たすところがあります。

人たらしになるには?自分で笑いをとりにいける

これは上級者向けかもしれません。その場の空気を読んで煮詰まってきたなと思ったら、そのかた苦しい雰囲気を崩すためにも、自分で笑いにとり和ませに行くのも人たらしの技術です。

人たらしになるには?相談事を持ちかける

頼られるというのは悪くないものです。特に相談事は、同年代や年上の人相手に使える人たらし術です。相談事を持ちかけられることで、相手の中に信頼されているという意識が生まれ、相手に好かれやすくなります。「こんな相談、あなたにしかできないからね。」などと言っておくとさらに効果的でしょう。ただしあまりにも深刻な内容だと、めんどうくさいやつだと思われてしまうかもしれませんので、やや軽めの相談事にしておいたほうがいいかもしれません。

人たらしになるには?とにかく褒めてみる

承認欲求、「人から認められたい思い」が強い人なので、逆にそれがわかっているので、人のこともたくさん褒めます。褒めまくります。仕事の成果だったり、いろんな面で。承認欲求をうまく満たしてあげて、操縦するのも上手い、といえましょう。褒め内容はあまり嘘くさくなければなんでも良いのです。アクセサリーでも仕草でも、何気ないことほど他人から褒められてうれしくない人は少ないです。あまりにも難しかったら「○○さんて、すごく話しやすい」でも構いません。でもこれ、言われたほうは案外うれしいものです。褒めるのは、人たらし術としては最適な方法と言えるでしょう。

人たらしになるには?オーバーリアクション

初めてあう商談相手などは、特に最初から盛り上がればいいですが、そうもいかないことがほとんどでしょう。そんな時は、笑顔を絶やさないようにしたり、向こうの話にオーバーなくらい反応してみましょう。何を考えているかわからない人より、数段好感が持たれやすいです。特に、相手をほめる時などは、オーバーだな、と思うくらいにほめて、ちょうど相手に伝わるくらいでしょう。とにかくほめられて悪い気はする人はいないと考えるのが重要です。

人たらしになるには?誘いを断らない

あくまで行ける範囲で十分です。仕事後の飲み会も、情報収集だったり、チームワークを固める意味で割と重要視する会社も多いですし、仲良くなった同僚、部署などでいくこともあるでしょう。人たらしな人はまず誘いは断らないかもしれません。根底には、「嫌われたくない」思いがあると思うのですが、「付き合いがいい人」を思われて、それはそれでプラスに作用することも多いのが特徴です。

人たらしになるには? 悪口を言わない

争いは好まないので、誰にでも平等に接することができ、そして、悪口なども言いませんから、「あの人は信頼できる」と特に上の人からの信頼なども厚く勝ち取ることができるのが、人たらしの特徴でしょう。でも、これは人間関係においての最低限のマナーかもしれません。

人たらしになるには? 物怖じしない

決して自己主張が激しいわけでもなく、誰かに対して攻撃的な態度をとることを良しとしない人たらしですが、かといって彼らは物怖じもしません。強かさをいかんなく発揮し、信念を貫こうという姿勢を見せます。その一貫性を周囲のひとは賞賛し、人間性にも安心感や尊敬を抱きます。

番外編 恋愛における人たらしの特徴

プライベート、特に恋愛において人たらしにはどんな特徴があるのか、あなたがどのくらい人たらしなのか診断して見ましょう。

恋愛における人たらしの特徴 ほどほど外見

清潔感があって、美顏すぎないほうが、逆に近づきやすいのかもしれません。さっと懐に入り、接する中で、見ていて味のある顔って認識されたらこちらの勝ちです。

恋愛における人たらしの特徴 記憶力がよい

ちょっと立ち話でしたような話を、後日会話の中に挟んできたら、「あれ、自分に興味をもってくれるのかな。」ってその人が気になって仕方なくなります。記憶力がいいというのも、ちょっとしたポイントです。

恋愛における人たらしの特徴 感謝

「やってくれて当然」「言わなくてもわかってくれるだろう」などという慢心した考えは捨て、常に謙虚な姿勢を保ち、感謝の気持ちをきちんと言葉にして伝えるようにしましょう。感謝の言葉を聞いて嫌な気持ちになる人はいません。お礼を欠かさず言葉にして伝えることで、相手から「一緒にいてよかった」と思ってもらえます。

恋愛における人たらしの特徴 距離の取り方が絶妙

人は最初からいきなりため口で話すと「なんて馴れ馴れしい人」と感じ、逆にずっと敬語で話されると「この人仲良くなる気はないんだな。」と感じます。人たらしの人ってその距離の取り方が絶妙なのです。だんだんと距離を詰めてきて、しめるところはきちんと敬語になるなどテクニックを使います。

恋愛における人たらしの特徴 弱みの見せ方がうまい

人たらしは励ますのも上手ですが、「自分が弱まる」のも上手です。つまり、自分から弱音を吐いたりして、相手に励まされる自分を演出することができてしまうのです。相手から見れば、自分が辛いときに励ましてくれた相手でもありますので、恩義もあるし親身になって励ましてしまいます。

恋愛における人たらしの特徴 優しく親切で励まし上手

異性に対して優しいわけですが、同じように男性、特に自分よりも年下や後輩といった立場の人に対しては、かっこよくも優しく振る舞います。「ムリするなよ」「大丈夫か?」などというセリフが日常的に口から出るでしょう。 ただ優しいだけではなく、その優しさが行動に出る、親切さがあるのも特徴になります。こちらが困っていればすぐに手を貸してくれますし、女性に対しては、たとえば駅や目的地まで送ってくれたりなど、行動で尽くしてくれます。 そしてこちらが落ち込んでいると、巧みな言葉で励ましてくれます。普段からの気配りに加えて、落ち込んだときの励ましは誰もが彼のことを好きになってしまうほど、頼りがいを感じさせるものです。

恋愛における人たらしの特徴 自然体

人たらしの人というのは、争うことは拒むので、自然とナチュラルな姿勢でいられるようになるようで、それが「とっつきやすい」「話しやすい」など、につながってきます。 好かれようとして媚びを売るような言葉や行為は、自分ではうまく隠しているつもりでも自己主張の強さは周りには案外見抜かれているものです。例えばバレバレのお世辞を言っている人は魅力的には見えませんし、見ていて恥ずかしいものです。人たらしになろうとして失敗する人には、この傾向が強くみられるので注意が必要です。 好かれようと無理をするのではなく、飾らず相手と接し、ありのまま姿を見せるようにしましょう。

恋愛における人たらしの特徴 天邪鬼

あからさまではなく、例えばいつもと違うテイストのファッションをしていたり、小物を持っていたりすると、「あれ、もしかして男の人(女の人)からもらったものなのかな。」とかいろいろと想像を働かせる余地を残すのがうまいのが、人たらしの人の特徴です。まだそんなこと面を向かって聞くわけにもいかないし、でも気になるし、とずっと印象付けるポイントを知っているのが上手なのが人たらしさんです。誰にでも競争心があるので、なんとなく人のものかもしれない、というと、焦ったり、気になったりするものでしょう。

人たらし術で今よりよい生活を!

人たらしとは感じで「人誑し」と表記し、「人をだますこと、だますのがうまい人」のことを言うのが語源になっています。 ただ現代では「人たらし」はいい意味で使われることが多いようで、主にどんな人からも好かれ、誰とでも仲良くなれる、そして人を選ばないで付き合える人を指すのに用いられます。 ここで書いたことで学び、この人たらしという才能で、プライベートはもちろん仕事でも処世術として有利に進めましょう。 物はいいようですが、人たらしになるという曖昧な像ではなく、会話術を身につけたい、誠実でありたい、ポジティブ思考でいたい、という具体的な特徴を目標にすることによって、結果人たらしに近付いていけるのではないでしょうか? 例えばこの人たらし診断を参考に、段階を設けて「今日は人の話にじっくり耳を傾けよう」「今日は人の悪口は絶対に言わないようにしよう」など、一日単位で自分に目標を課するのも一つの手だと思います。才能、と呼ぶと、絶対に手に入らないものというイメージを持ってしまいますが、手に入るかどうかはやってみなければ分かりません。