【ノートパソコン内部の掃除方法】ファンがうるさい場合のほこりの除去

出典:pixabay.com

ノートパソコンを使っていると、「ブゥーン」という音が気になることがありませんか?それはノートパソコン内部にあるファンが動作している音です。使い始めたころはそこまで気にならなかった音も、何年も使っているうちに音が大きくなってうるさく感じたりするもの。 そもそも、ノートパソコン内部にはファンが搭載されていて、送風によってノートパソコンの中を冷却する役目を担っているんです。ファンがけたたましい音を立てて動作しているときは、ノートパソコンを触るとかなり熱くなっていたりします。ノートパソコンに負荷のかかる作業を行っているときなどは、熱くなってファンがうるさく動作しっぱなしという状態になりやすいんです。 また、ファンがうるさい場合は、ほこりや汚れに原因があるかもしれません。私も経験があるのですが、ファンがすごい動いているなと思ったら、『シャットダウンしてファンを掃除してください』といったようなアラートが表示されることもありました。その表示が出たらシャットダウンするしかなく、ノートパソコンの熱を冷ましてからまた起動したりしていました。ファンがうるさい原因には、ほこりや汚れが関係している場合が多いので、この記事ではそんなときの対処法をご紹介していきます。

どうしてファンにほこりや汚れがたまるの?<ノートパソコンの掃除>

出典:pixabay.com

窓を開けずに過ごしていても、部屋にはいつの間にかほこりがたまってしまいますよね。同じように、室内で使っているノートパソコンのファンにだって、知らず知らずのうちにほこりや汚れがたまります。 ファンが搭載されているノートパソコンには、排気口があります。たいていディスプレイではないほうのフレームに設置されています。筐体の横や後ろ、裏など場所はノートパソコンによって様々です。ノートパソコンを使っているときに排気口に手を当ててみると、そこから空気が出ているのが感じられるはずです。 ここが開いているので、どうしてもほこりや汚れが入ってきてしまうんです。ほこりや汚れから守るために排気口を塞いでしまうと、今度は熱を逃がすことができず、故障の原因になったりするのでやめましょう。

ファンにほこりや汚れがたまるとどうなる?<ノートパソコンの掃除>

出典:pixabay.com

ほこりや汚れがたまると、ファンがうまく動作しなくなります。ファンはノートパソコン内部の熱を逃がして、正常な状態を保つ役割を担っているため、うまく動作しないということは結構な問題です。 本来であれば熱を逃がして冷却するはずが、ノートパソコンには熱がこもりっぱなしになります。そういった状態が続くとノートパソコンに負荷がかかり、故障したりすることもあるんです。なので、ファンがうるさいなと感じたら、ノートパソコンを故障させないためにも、きちんと対処する必要があります。

ファンのほこりや汚れを取る方法<ノートパソコンの掃除>

出典:pixabay.com

さてここからは、実際にどのようにファンのほこりや汚れを取っていくのかをという方法をご紹介していきます。 方法のひとつは分解して掃除をする。または表面からできる掃除をするという方法もあります。「分解まではちょっと…」という方は、後者の方法で表面から手入れをするだけでも効果があります。まずは排気口の表面にあるほこりや汚れをブラシ・綿棒でとっていきましょう。ファンの汚れ以前に排気口自体がほこりでおおわれていたら、ファンをいくらきれいにしても意味がありませんので。 もっと効果を出す方法は、排気口内部にエアダスターで空気を送り込むというもの。ブラシや綿棒で掃除するときも同様ですが、ノートパソコンの電源は切って、コンセントも抜いておきましょう。静電気が発生する可能性があり、静電気はパソコンの大敵です。一瞬で壊れたりします。また、空気を送り込むだけでは、ほこりなどがパソコン内部にたまったままなので、掃除機で吸い込みながらやると効果的です。エアダスター以外にも、カメラ用のエアポンプなどでも代用できるでしょう。

ファン部分を分解してみる<ノートパソコンの掃除>

出典:pixabay.com

本格的に掃除をしたい方に向けた方法は、ノートパソコンを分解してファンをきれいにするというものです。分解には精密ドライバーが必要です。ネジがそれぞれ小さいので、取り外したら失くさないように注意しましょう。ノートパソコンの「モデル名 分解方法」で検索をかければ案外やり方が出てきます。同じ会社のモデルであればそこまで大きく変わらなかったりするので、参考にしてみるといいかと思います。 分解してファンを取り外したら、ブラシや綿棒できれいにしていきましょう。1年以上使っていたりすると結構汚れています。当たり前ですが、水洗いしたりしないでください。パソコンの知識があまりない方だと、取り外したら水洗いしても大丈夫といった認識の方が意外と多くいらっしゃるので。 きれいにしたら設置しなおして、分解前の状態まで慎重に戻していきましょう。分解したら元に戻せなくなったなんてことにならないように、分解中のノートパソコンを逐一写真に撮って、後からその時の状態を確認できるようにしておくことをオススメします。

ノートパソコンのファン掃除は自分でやっても問題ないの?

出典:pixabay.com

分解をせずに掃除をするのであれば、きちんと電源を切って丁寧に扱えばさほど問題はないといえます。もちろん、水気の多いウェットティッシュなどでゴシゴシこすったりするのは危険なので避けてください。 また、分解をするとなると、それなりの注意が必要です。ノートパソコンは精密機械なので、素人が簡単にいじれるようなものではありません。必要最低限の部分しか触っていないつもりでも、不用意に基盤を傷つけたりしているかもしれません。なので、分解して掃除をする場合、自己責任で行ってください。

ノートパソコンのファン掃除を業者に頼んでみる

出典:pixabay.com

パソコンの掃除はプロに頼むこともできます。パソコン修理の専門業者などでは、ノートパソコン内部のファン掃除も受けてくれたりします。業者によってはグリスを塗りなおしてくれたりもするので、パソコンの状態が良くなります。修理から戻ってきたノートパソコンが前よりも快適に使えるようになるでしょう。 自分でノートパソコン内部まで掃除をするのは、時間がないときなどには有効です。しかし、故障の危険が伴いますので、ファンがうるさいと感じたらプロに任せてしっかりきれいにしてもらうほうがいいでしょう。

ノートパソコンのファン掃除を業者に依頼した場合の料金は?

出典:pixabay.com

ノートパソコンのファン掃除をパソコン修理会社などに依頼した場合、どれくらいの料金がかかるのでしょうか。 ネットで調べてみたところ、2000円~3000円くらいの料金が相場のようです。この料金を高いと考えるかお得と考えるかは、それぞれの主観によるところですが、私はそこまで高くないんだなという印象です。自分で精密ドライバーをそろえたり、いろいろ調べながら注意深く分解していくといった手間を考えれば、依頼して料金を支払ったほうがいいかもしれませんね。自分で掃除をして故障なんてことになったら2000~3000円以上の料金になるかもしれないので。 表面を自分できれいにしてみても効果がなかったという場合には、安全な方法として業者に依頼するという選択をしてみてはいかがでしょうか。もっと探せば、さらに料金が安いところもあるかもしれません。

ノートパソコンのファンはこまめに掃除しよう

出典:pixabay.com

こまめにといっても、いちいち分解したり、業者に頼んだりといったことは手間や料金を考えても難しいと思います。なので、表面部分の掃除を気づいたときにやっていくといいと思います。ファンがきれいな状態で動作することで、ノートパソコン自体の動きも良くなります。熱くなったり、うるさい音を立てていたりすると作業などにも集中できませんよね。ご自身でできる範囲で掃除をしていきましょう。

まとめ

出典:pixabay.com

ノートパソコンのファンがうるさい場合の対処についてご紹介しました。ちなみに「ファンレスPC」といったような、ファンが搭載されていないモデルのノートパソコンもあります。私は現在こちらを使っています。以前は熱くてひざの上に載せていられないし、ファンがうるさくて気が散ることも多々ありましたが、今は快適に作業できています。 ファンレスPCは性能が劣るなんてことも言われますが、正直ファンがあってもなくても性能はそのモデルの中でも選択したスペックによると思うので、一概には性能が低いとは言えないかと思います。ファンを掃除する以外にも、ノートパソコンの選択に目を向けてみてもいいかもしれません。