結婚式の靴下のマナー/二次会でも白はNG?赤ちゃんにも短い靴下が必要?

結婚式にスニーカー用の靴下は避けよう

二次会ではオシャレを気にしてもいいですが、結婚式における靴下のマナーについて説明していきます。女性はストッキングが一般的なので靴下を履く機会はありませんが、男性は必ず靴下を履いていくのが常識です。ファッションの中では見えにくい部分ですが、新郎新婦の親御さんは意外と見てるかもしれません!

二次会ではスタイリッシュでクールな印象を与えますが、結婚式におけるスニーカーソックスは非常識な印象を与えてしまいます。結婚式で着用する靴下は基本的には「ミドル丈」の靴下です。短い(靴下)は避けましょう。 カジュアルなシーンではスッキリとした清潔感を与える短い(靴下)ですが、結婚式などの少しお堅い場所では逆に下品と受け取られる可能性もあります。 無難にミドル丈のソックスを選ぶようにしましょう。

結婚式に柄物の靴下は避けよう

フォーマルソックスのストライプ柄は冠婚葬祭用のソックスとして販売されていますが、招待されたお客様が着用するソックスではなく、新郎の父に当たる方が着用されているモーニングコートに合わせて履く靴下です。 結婚式に招かれた際は黒もしくは紺色の無地の靴下を選べ問題ないので、短い(靴下)など変にオシャレに気を使いすぎないようにしましょう。かえって恥を掻く可能性が非常に高いです。

結婚式に短い(靴下)も避けよう

くるぶしソックスよりも少しだけ長い短い(靴下)も避けるようにしましょう。披露宴などで席に着いた時に座ると素足が見せて下品かつかっこ悪いです。結婚式の靴下は短い(靴下)ではなく、ミドル丈の靴下を選ぶようにしましょう。 二次会では着用可能ですが、短い(靴下)ものよりはくるぶしソックスにローファーを合わせる方が無難でかっこいいです。

白い靴下はダメ?!結婚式は黒が無難

組み合わせによってはかなりオシャレな印象を与える白いソックスですが、基本的には結婚式の靴下は「黒だけ」と心得ておきましょう。短い(靴下)ではなく、ミドル丈の靴下を選びましょう。 白い靴下がNGな理由は二つあります。 ・新郎がタキシードと合わせて白い靴下を履く可能性があるので、場合によってはマナー違反となってしまいます。 ・結婚式の場において、スーツ着用時に履く靴下は基本的には黒もしくはパンツの色と同じ靴下の色を選ぶのが一般的です。 また白いネクタイに合わせて白ソックスなども工夫も確かにオシャレですが、靴下まで白に合わせるのは結婚式においては微妙です。小さなお子様や赤ちゃんの場合は白い靴下を履くこともありますが、大人の男性では白の靴下はダメです。 ゲストとして招かれた際は、黒の靴下を準備しましょう。どうしても黒のソックスがない場合はグレーや紺色のできるだけ黒に近い靴下を選ぶようにしましょう。

結婚式に履いていくべき靴下(ソックス)

結婚式に履いていくべき靴下は画像のようなミドル丈で黒の無地の靴下を選ぶのが一番無難です。フォーマルソックスはいつ必要になるかわからないので、いざ必要になったその時に困らないためにも一つは常備しておきましょう! 靴下を選ぶ時に見るポイントは以下の3つです。 ・丈は短すぎないミドル丈 ・柄は無地のもの ・色は黒もしくは濃紺

結婚式でどこまでおしゃれにしていいのか?

靴下が黒だと全体のイメージが暗くなるのでは?と悩まれる方もいらっしゃるかと思いますが、おしゃれは足元だけではありません。 靴下以外でおしゃれ度をアップさせるポイントをまとめました。

ネクタイをおしゃれにする

胸元のネクタイに少し柄を入れるだけでもおしゃれ度はアップします。胸元に遊びをさらに入れるためにネクタイピンを追加してもいいでしょう。 おしゃれなネクタイであれば、そのまま二次会でも使えるのが便利です。ネクタイを付け替えたり、ネクタイを結ぶのが上手ではない方は二次会でも使えるデザイン性の高いネクタイを選ぶといいでしょう。 ただし、派手すぎる柄や派手すぎる色は避けて選ぶのが無難です。

胸元のチーフでおしゃれに

おしゃれなポケットチーフもワンポイントですが、おしゃれ度をアップする方法の一つです。差し色で「黄色」を使うのもOK!ネクタイの色合いと合わせてコンボするのもおしゃれですね。 結婚式は晴れ舞台ですので、暗めのチーフやネクタイは選ぶのを避けましょう。クラシックでかっこいいですが、結婚式には不向きです。

チラ見せが一番かっこいい

最後のオシャレアイテムは「チラ見せ」のカフスです。ナチュラルな動作からチラっと見え輝くカフスはおしゃれ度をアップしてくれます。カフスはカフスが使える専用のシャツを購入しなければ、使えないので結婚式前に準備しておくことをおすすめします。 金色のカフスもありますが、少し派手な印象を与えるのでシルバーを基調としたカフスを選ぶのが無難と言えるでしょう。またカフスとネクタイピンのデザイン・色を合わせて選ぶと上級者の着こなしができます!

結婚式の赤ちゃんの靴下は?

結婚式では、赤ちゃんや子供の服装に厳しいルールは特にありません。会場が盛り上がるような可愛い服装がおすすめです。 赤ちゃんもフォーマルに装うことで結婚式ならではの雰囲気になります。ここでは結婚式に履く赤ちゃんの靴下を紹介していきます。

子供である男の子の靴下は白色でも問題ありません。子供の服装に合わせて靴下を選びましょう。女の子の子供であれば、靴下にレースのデザインがあるとおしゃれで可愛いですよ。

赤ちゃんはベビーソックスというカテゴリーの靴下を選ぶのがおすすめです。着用もオールシーズン可能なので、いつでも対応できますね。また結婚式だけではなく、出産祝いや、七五三にも使用できますね。

結婚式なので基本的に赤ちゃんに「こんな服装マナー違反」という人はいないと思います。ただし赤ちゃんにとって結婚式の長い時間できるだけ楽できるような服装や靴下がおすすめです。ベイビー用のストッキングやタイツを履かせる人もいますが、赤ちゃんの肌が擦れて泣いてしまう可能性もあります。 また赤ちゃんは靴下だけで十分ですが、歩けるようになったお子さんには黒を基調としたフォーマルなシューズを履かせておきましょう。 最近では写真のような靴を履いてるような靴下が人気のようです!

結婚式の二次会での靴下はどうするべき?

結婚式の二次会は親族が参加しないケースが多く、比較的カジュアルなスタイルで参加される人も増えてきました。昔からの友人や大学時代の友人たちが集まる二次会では靴下のスタイルも気にしなくても大丈夫でしょう。

二次会用のスーツはパーティ感のあるスーツがかっこいいですね。画像のようなチェック柄はクラシックで大人っぽい印象を与えます。また靴下をあえて履かないことで、二次会らしい楽しい雰囲気を演出しています。

二次会にはスリーピースのスーツもおすすめです。スタイリッシュでトレンディな雰囲気を与えるスーツは二次会にピッタリです。結婚式では避けたい柄物のネクタイも二次会であればOKです。 足元は短い(靴下)もしくはくるぶしソックスでローファーを履くとおしゃれ度アップ間違いなしです!

二次会におすすめの靴下を紹介

二次会におすすめのおしゃれな靴下を紹介していきます。せっかくの結婚式ですので、おしゃれに着飾り場を華やかにしてしまいましょう。

少しカジュアル寄りの靴下ですが、大きめのドットがポイントで「外し」感が強いデザインです。パンツの裾からチラっと見える柄がおしゃれポイントに。

冬の季節には季節感が出せるチェック柄の靴下がおすすめです。チェックスーツとの相性は微妙ですが、無地のスーツにワンポイントを「靴下」に柄を入れてしまうのもおしゃれですね。

結婚式の兄弟が着用する服装について

出典:unsplash.com

結婚式における兄弟の服装は基本的には「ブラックスーツ」や「タキシード」ですが、最近では紺色やダブルスーツなどの着用も見られます。高校生以下の学年は制服(ブレザー等)が一般的です。 兄弟は新郎新婦の親族になるので新郎新婦の近くにいることが多くなります。主役である新郎新婦より目立つ格好は避けるように兄弟らしく見守ってあげましょう。 お子さんが兄弟であれば、お揃いのスーツなんかも可愛くて会場の盛り上がりも期待できますね。

兄弟の二次会参加はあり?なし?

出典:unsplash.com

兄弟とはいえ「友達」と同じくらい仲良しということもあるので、兄弟の参加は二次会でもOKです。ただあんまり仲良くない場合は主役である新郎新婦のどちらかと事前に話をしておきましょう。

兄弟姉妹から二次会に来て欲しい!ともし依頼されたら、ぜひ出席することにしましょう。ただし兄弟なので、あまり知人がいるとは限らないので少し気まずいかもしれません。そういう場合はカメラマンを担当するなどで、新郎新婦をサポートしてあげると場を盛り上げることにつながります。

まとめ

出典:unsplash.com

結婚式に履いていく靴下は「黒」を選ぶようにしましょう。結婚式でおしゃれに決めていきたい、派手な衣装を選びたいと思う気持ちはわかりますが、それよりも新郎新婦を祝う気持ちを込めて最低限のマナーは守りましょう。 柄物や明るい色、ストライプ柄、くるぶしソックスなどは非常識と思われ結婚式の華やかな雰囲気をぶち壊してしまいます。 おしゃれ意識が高い人は二次会からの服装に気合を入れていき、結婚式の時はおとなしくしておきましょう。