「懸念される」の使い方、類語・類似表現との比較、英語での表現方法

意味
「懸念」は文字で書くと難しそうに見えますが、「懸念される点がある」「〜の可能性が懸念される」など、かしこまった場では意外によく使われる言葉です。 まずはこの「懸念される」という言葉の意味から見ていきましょう。普段「懸念される」という言葉を使う機会のない人や、なんとなく使っているけど実は意味をよくは知らないという人は、ぜひここで見直しの確認や、正確な理解をして下さい。

「懸念」は未来に対するマイナスの可能性を示す

ではさっそく「懸念される」の「懸念」がどういう意味なのか、調べていきます。

「懸念」の「懸」は「引っかかる」「決着していない」「心に掛ける」などを意味し、未解決な状態が続いている様子を示しています。
「懸念」の「念」は「思いを込める」「心の中で行き交う」「心から離れない」などを意味します。

ですから「懸念」とは、ある事の将来に向けて不安や気掛かりがあり、その頭から離れないことを指す言葉となります。
実際の使い方としても、「◯◯の可能性が懸念される」や「◯◯には懸念される点がある」など、将来に対する悲観的な予測があり、その原因が既にそこにある、という事を示す表現になります。

「懸念される」の使い方

次に、使い方について見ていきましょう。「懸念される」という言葉には、将来に対する不安な予測を示す意味が含まれています。
それはネガティブな予測であり、決してポジティブな見込みではありません。
「◯◯が悪化する可能性が懸念される」とは言っても、「◯◯が良くなる可能性が懸念される」とは言わないのです。
「懸念される点」が指すものは悪い見込みや原因であって、何か良い情報に対して「懸念される点」とは言わない事を覚えておきましょう。

仕事でこそ上手く使いたい「懸念される」

ビジネスの場では、問題点や不安な点について、言い出しにくいが敢えて提起をしなければならない事もよくあります。

例えば、メンバーが全員賛成している時や安心している時、敢えて異なる視点からリスクを指摘したり、企画書や報告書の中で冷静にリスクの見込みを指摘する時などです。
そこで自分の意見としてマイナスな見込みを述べると、周囲の空気を感情的に乱したり、賛成側の人のプライドを傷付ける恐れがあります。
しかし「可能性が懸念される」や「懸念される点がある」など客観的な言い方をすることで、それらの摩擦を避けることが出来ます。

「懸念される」は論理的

「懸念される」は、「〜だと思います」「〜ではないでしょうか?」と言うより、論理的な言い方です。
自分の気持ちを一方的に表明したり、相手に反論するように議論を仕掛けると、どうしても人間関係を乱してしまう危険があります。
しかし「懸念される」には論理的なイメージがあるため、言われた方も感情を乱されることなく、その内容を受け取り、納得もしやすくなるというメリットがあります。
逆に言うと「懸念される」を使う場合、その根拠や、どのような事が推定できるのか、それは具体的にどんな事か、なども同時に示す必要があります。

「懸念される」の敬語

 

このような場面で「懸念される」を敬語で表現するとしたら、どのようにすれば良いでしょうか?
ただでさえシリアスな中で使う事の多い言葉ですから、できるだけ敬語的な丁寧な表現を使いたくなるものです。

「懸念される」の主語が自分以外の場合、使い方は尊敬語になります。
例えば「課長が懸念をされています」のように「〜されている」を付けて使います。「懸念される」の主語が自分の場合は、謙譲語として使うので、「懸念をしております」と言うようにすると良いでしょう。

謙譲語としての使い方

もっとも、「懸念される」と言う場合、その主語は世間一般だったり、分析結果だったり、自分や相手ではないというのが一般的です。主語が自分や相手の場合は「懸念している」という言い方になり、そこから「懸念をされています」「懸念をしております」と変化します。
しかし「懸念される」はそのどちらでもなく、それ自体で敬語表現をするのは無理があります。強いて使う場合は謙譲表現を加えて、「懸念されております」と言うのが良いでしょう。

「懸念される」の言い回しや使い方の文例

 

続いて、「懸念される」を使用した例文をご紹介していきます。「懸念」はかしこまった言葉なので、普段の会話や書類で使いにくかったり、実際に使う場合に困ってしまうこともあると思います。
そんな使い方に自信のない人のため、様々な使い方や言い回しを用意しました。ぜひ参考にして下さい。

「懸念される」のよくある使い方①「〜が懸念されるため、◯◯する」

「懸念される」の上手な使い方として、「〜が懸念されるため、◯◯する」という言い回しがあります。これは、何らかの不安要素がある時に、それを明確に示した上で、それを防ぐ対処策を同時に提案する使い方です。これにより、見た人や聞いた人に納得感を与える事ができます。

・不具合の発生が懸念されるため、システムの更新は延期になった
・応募が伸びない可能性が懸念されるため、急遽会議を開くことにする
・天候の悪化が懸念されるため、明日のキャンプは中止になった

「懸念される」のよくある使い方②「懸念されるのは、◯◯だ」

最初に「懸念される」という結論を出すことで、問題意識に対する主張を強く印象付けることが出来ます。流れとしては、この言い切りをした後で、ではどうするのかという対応に繋げることになります。
例えば、上で紹介した「不具合の発生が懸念されるため、システムの更新は延期になった」は、「懸念されるのは、不具合の発生だ。そのためシステムの更新は延期されることになった」というようになります。

その他の「懸念される」の使い方

仕事で使う場合
・商品のラインナップを増やすと、コストの増大が懸念される
・宣伝費を減らすと、認知度が下がって売上に影響することが懸念される
・問題は、過度のコスト削減による品質低下が懸念される点だ
・今回の件で、ビジネスの進捗に遅れが出る事が懸念される
・基準を下げてトラブルが起きる事が懸念される点である
・顧客からクレームが生じる可能性が懸念される

一般的に使う場合
・今年の冬はインフルエンザの流行が懸念される
・この暑さで、熱中症の患者が増えることが懸念される
・行方不明になっている女性の安否が懸念される
・温暖化による不作の可能性が懸念される

その他の「懸念」をの使った言い回し

他にも、「懸念を抱く」「懸念がある」「懸念が持たれる」「懸念が生じる」「懸念を引き起こす」「懸念が残る」「懸念が広がる」「懸念が高まる」「懸念が増す」「懸念を強める」「懸念を打ち消す」「懸念なく」「懸念には及ばない」「懸念点」「懸念していた問題」「懸念事項」「懸念材料」などの言い回しがあります。

「懸念される」の類義語

次に「懸念される」と似たような意味の類語や同義語を紹介していきましょう。

「懸念」という言葉が示す、リスクや将来への不安、分析、予測などと近い意味を持っている類語には、「危惧する」「危険視する」「危機感を持つ」「憂慮する」「心配する」「案じる」「恐れる」「懸案」などがあります。
このような類語や言い換えの表現は、知っておくことで、会話や文章作成における表現力がアップします。まだ起きてない将来の事に対して心配をする場面においては、状況に応じて上手く言い換えをするようにして下さい。

ここでは代表的な類語について少し説明をします。

類語①「懸念される」と「危惧される」の違い

 

「危惧」は、「懸念」と同じく、まだ起きていない将来の事に対して危ぶみ、心配する場合に使います。
その将来像は「懸念される」よりも更に具体的で、かつより危険性の高いものとして認識されます。

より丁寧に言うと、「懸念される」は、将来良くない結果になる可能性がソコソコあるが、その影響もソコソコの範囲に収まる場合。
「懸念される点があるので中止します」であれば、たぶん大丈夫だが、安全を優先させて中止にします。という印象になります。
これが「危惧される点があるので中止します」になると、そうなる可能性が実際に高く、またそうなった場合に深刻な影響も出そうです、という印象になります。
「〜となる可能性が懸念されるが、恐らく大丈夫でしょう」とは言えても、「〜となる可能性が危惧されるが、恐らく大丈夫でしょう」とは言えないということです。

「危惧される」の例文

・その唐物は絶滅が危惧されている
・勉強をしないで遊んでいるだけでは将来が危惧される
・建築されてから50年が過ぎ、震災時の倒壊が危惧される
・地球温暖化の影響で海面の上昇が危惧される

類語②「懸念される」と「心配される」の違い

 

「心配される」も「懸念される」と同じく、不安な状態を示します。
違いは、「懸念される」が客観的に分析した結果を伝えるのに対し、「心配される」の方は、より心情的で、具体的に人が不安な気持ちになる事を示す事です。

例えば「研究によると◯◯となる可能性が懸念されます」とは言えますが、研究は人ではないので「研究によると◯◯となる可能性が心配されます」には違和感が出ます。
また、懸念は将来の不安を指すため、目の前の事に対しては使いません。「Aさんが落ち込んで心配している」とは言えても、「Aさんが落ち込んで懸念している」とは言いません。

「心配される」の例文

・感染症の被害の拡大が(小さな子どもを持つ保護者に)心配される
・(関係者に)心配されていたことが、ついに発生してしまった
・下山時間になっても帰ってこないため、遭難していることが心配される

類語③「懸念」と「懸案」の違い

「懸案」とは、解決を求められているが解決していない問題のことを指します。主に文書で使われ、普段の日常会話ではあまり使われません。
「懸念」との違いは、「懸念」が基本的にいま思い至った事柄であるのに対し、「懸案」は既に問題として認識されていて、解決すべきとされる事柄であることです。
強いて言えば「懸念」され続けて解決しない事が、いつしか「懸案」になると言えるでしょう。
さらに「懸念」は気持ちを示し、「懸案」は事柄を指しますので、「かねてより懸念されていた◯◯という懸案ですが」というような使われ方、関係性にもなります。

「懸案」の例文

・懸案だった新事業の立ち上げリスクについて、明日の会議で話し合うことになった
・世界に進出する企業にとって、テロや内戦は最大の懸案だ
・この業界の懸案は若い人材の確保であり、それを解決しないと将来が懸念される

「懸念される」の英語表現

「懸念される」を英語で表現すると、主の「concern」という単語が該当します「concern」には、「懸念」「懸念する」「懸念がある」などの意味があり、名詞でも動詞でも使われます。英語では他に「apprehensive」という単語も、「気づかった」「不安な」「懸念して」などの意味があり、「懸念される」の英語表現して使える単語です。

英語での例文

・There is concern about weather deterioration(天候の悪化が懸念される)
・Mother’s health condition is concerned.(母親の健康状態が懸念される)
・Please contact me if you have any concerns.(何か懸念される点があったら連絡してください。)
・I am apprehensive of failure in the finals.(学年末試験に落ちたことが懸念される)

「懸念される」の使い方、類語・類似表現との比較、英語での表現方法のまとめ

 

「懸念される」の意味や使い方、英語での表現などをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

懸念は、これから起こるかもしれないリスクについて、漠然とした不安や気持ちではなく、具体的な事柄を客観的に示す言葉です。
普段の会話で使うことは少なくても、明日が不透明で、将来に対する予測が重視されるビジネスの場では、切り離すことの出来ない言葉であると言えます。

また自分の気持ちや好き嫌いとは切り離した分析結果として話すことが出来るので、自分の意見を通したい時に、第三者的な視点を使って、反対意見を通す時にも便利な言葉です。
また「不安です」「心配です」などのネガティブな言葉を口に出さずして、「思慮深い」「頭が切れる」などのポジティブなイメージを与えることも可能です。

ぜひ上手く使いこなすようにして下さい。