喪中の時に神社やお寺には行っていい?初詣や合格祈願、お守りの購入は?

年齢を重ねるにつれて、直面する回数が増えるのが喪中です。 喪中の間にしてはいけないこととして「年賀状を出せない」が1番に頭に浮かぶ方も多いのではないでしょうか。 確かに、年賀状などの新年の挨拶を控えることも喪中の間は避けることの一つです。 しかし、喪中のときはこれ以外にも気をつけなければならないことがあります。 喪中とは何なのか、喪中と似た言葉である忌中の違いは何かをまずお伝えします。

喪中とは何か

喪中の「喪」という言葉には、人が亡くなったあと、親族などが一定期間故人の死を悼むことを言います。 喪中の期間は故人との間柄によって定められています。 明治7年に出された「太政官布告」で、具体的な期間が示されました。 「太政官布告」は昭和22年に廃止されましたが、今の忌引休暇などにも影響が残っています。

喪中の長さの違い

明治7年の「太政官布告」では、続柄によって喪中期間がそれぞれ定められていました。 ・自分の両親、夫…13か月 ・義理の両親、父方の祖父母、夫の父母…150日 ・妻、子供、兄弟姉妹、母方祖父母など…90日 夫と妻で喪中期間が違う点に、男尊女卑の時代背景が見られます。 現在では喪中の期間は以下のように改められています。 ・自分の両親、義理の両親…12~13か月 ・子供…3~12か月 ・祖父母…3~6か月 ・兄弟姉妹…1~6か月 もちろん付き合いの深さによっても喪中の期間は変わるので、絶対的な基準ではありません。 目安程度に見ておいてください。

喪中と忌中の違い

現在では人が亡くなると喪中と考えますが、昔は喪中と忌中の2つの概念がありました。 どう違うかというと、以下のようになります。 ・忌中は自宅で謹慎する期間 ・喪中は喪服を着る期間 忌中の間は穢れの影響を受けているとされていました。 考え方としては薄れつつありますが、四十九日は今も残っています。 喪中の間は慶事への出席を控える必要があります。 喪中の期間は故人と血縁関係にあるかどうかや、何親等かなどで異なります。 忌中は四十九日が目安ですが、喪中は一周忌の法要で明けるとされています。

喪中のない宗教もある?

喪中という概念は、人の死を穢れと思うことが根底にあります。 そのため、人の死=穢れでないと考える宗教の方には、喪中という考えがないようです。 例えば、キリスト教やイスラム教が挙げられます。 キリスト教の場合、肉体の死は神と共にあるための流れの一つに過ぎません。 故人を偲ぶ会のように法要に近いものはありますが、喪中のように喪に服すということとは少し意味合いが違います。 また、イスラム教では死は永遠の別れと考えられていません。 アッラーの審判の日に死者が復活するとされています。 そのため、忌中や喪中といった考え方はないようです。

喪中のときは神社に注意

喪中というと、年賀状を出してはいけない、鳥居をくぐってはいけないというイメージが強いですよね。 喪中で迎えるお正月は初詣に行けなかったり、お守りを買えなかったり、制限がいくつかあります。 ここから、なぜ喪中の間にしてはいけないのかを詳しくお伝えしていきます。 知っておくことで、自分の身内が亡くなったときはもちろん、周りの人が喪中のときにも配慮することができます。 ビジネスマナーとして、喪中のときに気をつけることを一つずつ確認していきましょう。

神社での初詣

基本的に、忌中の間は神社へのお参りを控える必要があります。 そのため、神社で初詣も避ける必要があります。 上でも説明した通り、忌中は故人を偲ぶ期間のため、神事や慶事への出席は好ましくありません。 しかし、忌中(四十九日が目安)を終えていたら、いつも通り神社へお参りして問題ありません。 どうしても忌中に神社へお参りする場合は、事前に神社へ相談することをおすすめします。 お祓いを受けてからであれば参拝できることもあるので、確認しましょう。 また、忌中の場合は神社で鳥居をくぐることは避けた方がよいです。

神社での合格祈願

自分の国家試験やこどもの受験など、合格祈願に行くことは何度もあると思います。 合格祈願をしたいけれど喪中の場合、どうすればよいのでしょうか? 初詣と同じで、忌中を経過していれば神社で合格祈願をしても問題ありません。 四十九日の法要が終わると神社へお参りしても大丈夫です。 ただ、合格祈願をしたいけれど忌中なのでできない!といった場合はお寺で合格祈願をするという方法があります。 後ほどご説明します。

神社でのお守り購入

こちらも合格祈願と同様の回答になります。 神社のお守りの場合は、不幸があった日から50日以上経過しているかどうかで判断しましょう。 しかし、お参りとは違い「○○神社の△△守りがいい!」とこだわりのある方も多いと思います。 そういった場合は ・代理の人に買ってきてもらう ・HPなどを経由して郵送してもらう の2つの方法のどちらかで入手することをおすすめします。 忌中の人が神社への参拝を控えるのは、穢れ(けがれ)という概念に基づくものです。 自分が神社に足を踏み入れない方法を使えば、お守りも入手することは可能です。

お年玉をあげる

親族を亡くしたあとで初めて迎えるお正月は、喪中だからと年賀状を控える方が多いのではないでしょうか。 実は、お年玉もお年賀に関することとして控える必要があります。 しかし、年に一度しか会わない親戚の場合、喪中だからとお年玉をあげないのもそれはそれで気を遣いますよね。 喪中だけれどお年玉を渡したいときは、ポチ袋に「お年玉」ではなく「お小遣い」と書くとよいでしょう。 こどもに喪中などの日本の風習を伝えるきっかけにもなりますね。

神社でなければ喪中でも大丈夫

ここまで、喪中の間にしてはいけないことをお伝えしました。 しかし実際に生活していると、喪中でもお参りや合格祈願をする場面に直面することもあると思います。 ここからは、喪中のときでもお参りや合格祈願をする方法をお伝えしていきます。

神社ではなくお寺での初詣

神社は神道の教えに則っていますが、お寺は仏教がベースになっています。 そのため、神社ではできない忌中のお参りも、お寺では問題ありません。 お寺には鳥居もないので、忌中の人でもいつものように初詣をすることが可能です。 お寺にお参りするときの注意点が1つだけあります。 神社の場合は手をパンパンと鳴らしますが、お寺では手を叩くのはタブーとされています。 お寺と神社でお参りの方法が違うので、事前にチェックしておいた方がよいでしょう。

神社以外での合格祈願やお守りの購入

上の通り、お寺にお参りするには忌中は関係ありません。 つまり、お寺であれば合格祈願やお守りの購入も大丈夫ということになります。 神社は神様を祀っていますが、お寺は仏様を祀っています。 違いも一緒に確認しておくと更にいいですね。

神社とお寺の違い

「神社とお寺の違いって何?」と聞かれると答えに自信のない方も多いのではないでしょうか。 簡単にポイントをお伝えすると以下の3点になります。 ・何を祀っているか ・神道と仏教 ・入口にあるもの 上でも書きましたが、神社は神様を、お寺は仏様(観音様、お釈迦様など)を祀っています。 そして、神社は神道でお寺は仏教です。 最後の入り口にあるものですが、神社は鳥居とすぐにわかりますよね。 ではお寺の入り口には何があるのでしょうか? 答えは「門」です。 山門や仁王門と聞くと知っている方も多いかもしれません。 お寺の門は鳥居とは異なり、忌中出も問題なくくぐれます。

喪中のときは神社に行く時期を考えよう

ここまで、喪中のときにしてはいけないこと、してもいいことをお伝えしました。 厳密には、忌中と喪中は少し違うことを指しています。 忌中(四十九日)までは、神社へのお参りを控える必要があるので、いつから行けるのかは数えることをおすすめします。 どうしてもすぐにお守りがほしいときは、忌中でない代理人に頼むか、郵送依頼をするのがベターでしょう。 また、喪中の間にどうしても参拝したいときは、神社ではなくお寺にお参りするのも選択肢の一つです。 喪中について正しく理解して、故人を偲ぶ時間を過ごせるといいですね。 この記事が生活の中でお役に立てると幸いです。