身体的・精神的バランス感覚を養うトレーニング(スポーツ・仕事)

目次

バランス感覚を養うトレーニングの効果

バランス感覚を養うトレーニングによって、精神的にも肉体的にもバランスが良くなると、仕事ができるようになります。仕事が終わってから何らかのスポーツで肉体を鍛えている人は、バランスよく仕事がよくできると言われます。これは、スポーツによってバランス感覚を養うトレーニングをしているからです。 また、「お茶」や「お花」「書道」などによって精神のバランス感覚を養っている人もいます。これも仕事を終えて、教室に通い、1~2時間精神を集中させて、仕事の疲れを取ると同時に、集中して取り組むというバランス感覚を養うことができます。このように、身体的・精神的バランス感覚を養うトレーニングをすることによって、仕事への影響が大きく働くのです。

肉体を鍛えたい人、必見!バランス感覚を養い肉体を鍛えるために

では、まずバランス感覚を養い肉体を鍛える方法とその効果についてご紹介します。この鍛え方をしっかりとすることによって、生活そのもののバランスや仕事がバランスよくできてかなりいい影響を与えてくれます。ぜひ、毎日1回でもバランス感覚を養う実践をされることをおすすめします。以下、3例ご紹介します。

バランス感覚を養い肉体を鍛える方法1:すばやく体勢を立ちなおす

バランス感覚を養い肉体を鍛えることは簡単です。両足を肩幅に開いて、膝を軽く曲げ、少し前かがみになって(姿勢はよくして)多少押されてもその姿勢をバランスよく維持できるように保ちます。これを基本形とします。そして、いろいろな姿勢からその「基本形」に戻るという、バランス感覚を養う運動になります。簡単な運動ですが、バランスが悪いとなかなかすばやくできません。どんな体勢でも、どんな場面でも基本形にバランスよく戻ることができるように、バランス感覚を養いましょう。筋力も関係しますが、バランス感覚を養うことを続ければすばやい動作が可能になりいろいろなスポーツにいい影響を与えます。

バランス感覚を養い肉体を鍛える方法2:片足立ち

これも肉体やバランスを鍛える(太ももやふくらはぎ)とともに、身体のバランス感覚を養うトレーニングとして効果的です。片足立ちは、軽く膝を曲げ両手を広げて指先に力を入れます。目は開けたままで一点を見つめましょう。バランス感覚を養うトレーニングならではの方法です。それを左右3回、両足をついてしまうまでバランスよくがんばります。バランスが悪いと最初は短い時間になるかもしれませんが、繰り返ししていくことでバランスよく長い時間(少なくとも1分)はできるようになっていきます。

バランス感覚を養い肉体を鍛える方法3:デスクワークでの正しい姿勢

デスクワークをされる機会が多い方は、自分の姿勢バランスに注目してみましょう。悪い姿勢になっていませんか。デスクワーク時でも、体を鍛えバランス感覚を養うトレーニングはできます。デスクワークでは次に挙げる点に注意してバランスよく行ってみてください。この留意点を基本形と考えて、移動したり何かを取ったりしてバランスがくずれた後にはこの基本形に戻ることを意識するのです。 ・足を組まない ・しっかりと足の裏を床につける ・深く腰掛け、軽くもたれる ・椅子の高さは、姿勢よく机上に手を置いたときにひじが動きやすい などのバランスをよくする要素を実践してみてください。足を組むなどの悪い姿勢をしてバランスをくずしていると、毎日の積み重ねで、ゆがんだ体になってしまいます。このように、デスクワークの姿勢だけを意識するだけで体を鍛えバランス感覚を養うトレーニングができるのです

身体的なバランス感覚を養うトレーニングによる効果は

さて、バランス感覚を養うトレーニングによって、日常生活やスポーツにどのような影響をあたえるのでしょうか。身体的なバランス感覚を養うトレーニングではありますが、精神的な部分にも大きく影響するのです。身体的なバランス感覚を養うトレーニングによる効果をご紹介します。

効果1:転倒を防ぐ

バランス感覚をしっかりと養うトレーニングをされた方は、安定して自転車を運転することができるということが言われています。また、がたがた道やでこぼこ道などをバランスよく歩くことができるのです。よってバランス感覚が悪い高齢者の方がおられる介護施設などでは、よく上述のようなバランス感覚を養うトレーニングを取り入れるようにされているようです。

効果2:翌日に疲労が残らない

バランス感覚を養うためにやってみてください。翌日に疲労感が残りません。バランスを養うトレーニングを続けていきますと、仕事ができるようになります。疲労が溜まって調子が悪いということがなくなり、バランスよく体が動きやすくなって頭がさえてくるのです。また、体を鍛えるスポーツなどをされている方も、そのスポーツにバランスという要素が加わるのです。

効果3:スポーツにはバランスが欠かせない

身体的なバランスを養うトレーニングは、各種スポーツに好影響を与えます。例えばボーイングを例に挙げます。ボーリングも上級者になると、ボールを持った瞬間から投げ終わるまでに、いくつものバランスに関するチェックポイントがあるのです。そのポイントについてバランスよくしないと結果は悪くなります。スポーツではこの全体的なバランスが非常に重要になるのです。 さて、ここからは精神的なバランス感覚を養うトレーニング方法についてご紹介しましょう。人は精神的なバランスが悪い場合には、仕事やスポーツにも悪影響が出てきます。精神的なバランスが悪いと「病気(うつ症状)になる」や「スポーツで結果が出ない」など、バランスが悪い人は好ましくない結果になってしまいます。

精神を向上させたい人、必見!バランス感覚を養い精神を鍛えるために

身体的なバランス感覚を養うトレーニングでご紹介しましたが、身体のバランスも鍛えなければならないですが、精神のバランスも鍛えていかなければなりません。ここでいう精神といいますと「気持ちの持ち方」です。気持ちの持ち方にブレがなければ精神的なバランスが保たれたということになります。

バランス感覚を養い精神を鍛える方法1:日記を書いて一日を振り返る

精神的なバランス感覚を養うトレーニングとして「日記」を書くことをオススメします。人は毎日必ず違った生き方(過ごし方)をします。ここで毎日挑戦して欲しい日記は、あなたの今日の失敗と成功をバランスよく書く日記です。その原因や結果もバランスよく添えて書くといいでしょう。些細なことでもいいのです。バランスを保つためにも毎日続けることに価値があることを付け加えておきます。精神的なバランス感覚を養うトレーニングになることは間違いありませんよ。

バランス感覚を養い精神を鍛える方法2:読書

読書で精神的なバランスをきたえましょう。本の種類は問いませんが、最後まで読みきって欲しいと思います。読書に慣れておられない方には、極端な話になりますが図書館などで借りた「絵本」でもいいです。ただ、一つだけお願いがあります。読後の感想を持つことでバランス感覚を養って欲しいのです。感想文といいますと、小学校の宿題を思いだされる方もいるでしょうが、原稿用紙でなくてもいいです。読み終えて書くというものでなくてもいいです。毎日ノートにその日読んだところの感想を書くというバランスを考えてください。あなたの精神のバランス感覚を養うトレーニングになります。

バランス感覚を養い精神を鍛える方法3:休日の一人でのお出かけ

「一人でのお出かけ」に意味があります。休暇を取れるのであれば一人旅として宿泊をしながら出かけるのもいいでしょう。よく一人旅は心身がリフレッシュできると言われます。その通りです。精神的なバランス感覚を養うトレーニングとしても最適の方法と言えるのではないでしょうか。ここでバランス感覚として留意したいことは「一人はいろいろ考えてしまう」ことです。これではバランス感覚として意味がありません。「一人で楽しむ」のです。「楽しみながらも周囲には人がいる」という状態が、精神的なバランスを養うのに一番いい方法なのです。

精神的なバランス感覚を養うトレーニングによる効果は

精神的なバランス感覚を養うトレーニングとして、バランス感覚を養うということで、日記、読書、お出かけとご紹介しましたがこのことが日常生活や仕事にどんな影響を与えるのでしょうか。精神的なバランス感覚を養うトレーニングによる効果をご紹介します。

効果1:一人になることで精神のバランスが取れる

ご紹介しました方法を読まれて気付かれた方もおられるでしょうが、どの方法も「一人」でバランス感覚を養うことが基本ですね。「一人」と「誰かがいる」のとではその緊張度やバランスも変わってきます。この「誰か」が家族ならリラックスしてしまいます。取引先の相手ならかなり緊張してしまいます。そんな中では精神的なバランスを養うトレーニングはできませんね。「一人」は自分自身の精神的なバランス感覚を養うのです。

効果2:続けることで精神のバランスは保たれる

精神をバランスよく保つには「続ける」ことが大切です。よく言われるのが「お金を払って習いにいくようにすれば続けられる」ですね。あなたの精神的なバランスを養うトレーニングを自分がするのですからたいへんです。上述の方法で無理をしないでバランスよく続けてみてください。例えば日記では「今日は何もなかった」でもいいでしょう。次の日になって前の日の成功や失敗を思い出すこともあります。それだけでバランスが取れるものです。

効果3:頭の中がリフレッシュできる

書くこと、読むこと、出かけることというバランスによって、仕事や家庭での成功や失敗が明らかになります。このことによってバランスがよくなり頭の中が整理され、成功を大きく捉え自分を褒め、失敗については、次は繰り返さないという決意をするのです。そうすることで、頭の中も心、体がバランスよくなりリフレッシュできます。この効果は精神的なバランスを養うトレーニングの効果として非常に重要になります。

仕事が出来る様になりたい人、必見!仕事でのバランス感覚を養うために

身体的・精神的バランス感覚を養うトレーニング方法についてみてきました。どちらももちろん仕事にもつながる方法として活用していけばよいと思います。ここで、ご紹介しますのは仕事ができるようになりたい人に仕事でのバランス感覚を養うトレーニング方法をご紹介します。

仕事でのバランス感覚を養う方法1:ビジネスマナーについて学ぶこと

仕事でのバランス感覚養うトレーニングは、ビジネスマナーをしっかりと学ぶことです。学生ではない社会人特有のマナーが存在します。まずは、バランス感覚を養うトレーニングとして社会人としての常識を学ぶことです。そして、あなたの会社独自の会社規定や内規というものを理解し身に付けることです。このことはあなたが会社で働く上で非常に大切なバランス感覚として存在します。このバランスが悪いと、仕事にも大きな影響が出てきます。

仕事でのバランス感覚を養う方法2:コミュニケーション能力を身につけること

コミュニケーションは、バランス感覚を養うトレーニングをしていくことで身に付ける大切な要素です。たとえ働いている職場がそんなに必要にされていなくても仕事をする上でのバランスを保つと考えてください。取引先や顧客相手にされる場合には、この仕事のバランス感覚を養うトレーニングは必要になります。バランスのとれたコミュニケーションを身に付ければ、あなたの業績にも大きな影響を与えるでしょう。

仕事でのバランス感覚を養う方法3:整理整頓をきちんとすること

身の回りの整理整頓もバランス感覚として大切な要素です。普段の生活の中で大切なことですが、仕事の場合にはバランスが取れた仕事をする上で特に大切です。仕事をするにあたって自分の周りの書類や文具などを整理整頓しますが、仕事上のバランス感覚を養うトレーニングとしては、パソコンのソフトの部分の整理(デスクトップ内やUSBなど)することです。整理整頓はその人の心のバランスを表しているともいえます。

仕事でのバランス感覚を養うトレーニングによる効果は

仕事ができるようになるためにもバランス感覚を養うトレーニングが必要なことがおわかりいただけたでしょうか。仕事でのバランスというと、あまりピンとこないという方もおられるでしょう。バランスよく仕事をすることで、どんな効果があるか、以下「仕事でのバランス感覚を養うトレーニング方法」としてご紹介します。

効果1:ビジネスマナーが仕事に与える影響

ビジネスマナーは、社会人としての話し方のバランスや行動のバランスなどを学びます。バランスの取れた社会人はきびきびと話し、行動しているように見えますね。ですから、会社の上司や同僚との付き合いもでき、取引先や顧客との対応も問題なくこなしていくことができるというバランス感覚が得られます。このように、ビジネスマナーをバランスよく身に付けるというトレーニングは仕事に大きく影響するのです。

効果2:コミュニケーション能力を養うトレーニング

コミュニケーション能力にもバランスがあります。バランスよくこなしていける方は、どんな場面でも相手との信頼関係を手に入れてうまく乗り切ることができます。バランスが悪い人は、上司には上手なコミュニケーションをするが、同僚などにはいい加減な受け応えしかしないという方です。仕事をしていく上では、バランスのとれたコミュニケーション能力を養うトレーニングが効果的です。

効果3:整理整頓もきちんとできるということ

仕事ができる人は整理整頓もきちんとできる人だとも言われます。机上やロッカーなど身の回りのことがきちんとできている方は、頭や心の中もきちんと整理されバランスがよいということです。最近はパソコンが当たり前の時代ですが、上司に「あの書類出して」と言われて、保管整理されていたUSBから開いてプリントアウトするまでの時間が3分とかからないとなれば、あなたの将来にもいい影響を与えるものです。整理整頓がきちんとできるというバランス感覚を養うトレーニングも効果があることがお分かりいただけると思います。

身体、精神、仕事それぞれのバランス感覚が絡み合うということ

さて、ここまで、3つの要素として「肉体」「精神」「仕事」に分けて、それらを鍛えるためのバランス感覚を養うトレーニング方法とその効果について見てきました。しかし、お気づきの方もおられると思いますが、これらの3つの要素は互いに絡み合っているのですね。一例を挙げますと、体を鍛えるために、身体的バランス感覚を養うトレーニングをすれば、集中力という精神的なバランス感覚も高まりを見せてくれます。そうすると、職場においてもバランスのいい仕事ができると、いい影響を与えることになるのですね。次のような方の実践例をご紹介します。 『私は、日常に張りがなく生活そのものが悪いのかという思いでいました。ある時友人に誘われてバランスよくなるためにジムに通うことにしたのです。ジムではインストラクターの方が親切ていねいにいろいろなことを教えてくださいました。特に心に残っていることは「心身のバランス」についてのお話です。ジムのトレーニングでは身体のバランスを中心に体を鍛えるのですが、そこには深いバランスの意味があることがわかりました。 それは、身体のバランスを鍛えることで精神のバランスもよくなるということです。集中し、息を吐きながら力を入れる、このときに精神のバランスがくずれていれば力が入らないということです。私はインストラクターの方からのアドバイスであるバランスを意識して心してがんばりました。また、ジムに通いだしたことで、仕事の疲労感も和らぎ充実している、仕事のバランスもよくなっていると感じるようにもなりました。』

バランス感覚を高め、肉体、精神、仕事にいい影響を与えるトレーニング方法は?まとめ

どんな人でもバランスの取れた体や心、仕事を求めています。しかし、それらは、バランス感覚を養うトレーニングをしっかりとしないと手に入れることはできません。今日からでも実践してバランス感覚を手にして欲しいと思います。特にあなたが就活中の方であればなおさらです。社会人になったときに「バランスのいい人間」とみてもらえることでしょう。