やけぼっくいとは?焼けぼっくりは間違い?/同窓会で避けたい5つの事

出典:pixabay.com

棒杭は「ぼっくい」もしくは「ぼうくい」と読みます。また木杭は同じ意味で使われることが多く、ぼっくいと読みます。 一度焼けた棒杭のことを、恋愛に例えると、棒杭が一度恋をした人となります。そこから恋が再燃することを、やけぼっくいに火がついた、と表現することもあります。一度焼けた杭は、再び火がつきやすくなる、という性質があります。関係性がない男女よりも、一度は恋愛関係になっている男女の方が、恋愛感情は起こりやすくなります。そのため「やけぼっくいに火がつく」は、過去に関係のあった男女が元の関係に戻ることを意味しています。

やけぼっくいの使い方

出典:pixabay.com

やけぼっくいの使い方は、前述した「やけぼっくいに火がつく」という使い方があります。では「やけぼっくいに火がつく」はどのような状況で使うことができるのでしょうか。 まず考えられるのは、昔の恋人と会う時です。「今はお互いに別の恋人がいて、二人きりで会っても問題ない」と考えていたとしても、ただの男と女ではなく、かつては恋愛関係にあった男女の再会となります。そのため現在の恋人との恋愛関係を壊したくない場合は、やけぼっくいに火がつかないようにある程度構えることは大切だといえるでしょう。 また同じようなシチュエーションとして同窓会があります。大正生まれの人でも、平成生まれの人でも、同窓会は学生時代の恋人、または両想いだった相手と再会することが少なくありません。そのような状況で恋愛感情が芽生えてしまったとしたら、その際は「やけぼっくいに火がついた」と言い表すことができます。

やけぼっくいと焼けぼっくりの違いとは

出典:pixabay.com

やけぼっくいと焼けぼっくりは意味が異なるので注意が必要です。言葉は似ていますが同じ使い方はできません。なぜなら、やけぼっくいは「杭」のことを意味していますが、焼けぼっくりは「栗」を意味する言葉だからです。棒杭は一度焼ければ再燃しやすい性質がありますが、栗は一度焼けたからといってそこに火がつきやすいわけではありません。 このように意味の違いがあるので、やけぼっくいと焼けぼっくりは意味を混同しないことが 大切です。特に男女関係についてコメントする際に、「やけぼっくい」を言いたくなった場合は、焼けぼっくりは栗のことだと思い出して、「焼けぼっくり」とは発言をしないように気をつけましょう。

焼けぼっくりは間違い?

先に述べたように、男女関係が再燃しやすいことを言いたい場合、焼けぼっくりは間違いとなります。もちろん焼けた栗について単純にコメントしたい場合は、焼けぼっくりで間違いありません。しかし「やけぼっくいに火がつく」を「焼けぼっくりに火がつく」と言い間違ってしまった場合は、発言した本人が恥をかくことになりかねませんので注意が必要です。

同窓会で避けたい5つのこと

出典:pixabay.com

同窓会は焼けぼっくいに火がつく可能性があるイベントの一つです。焼けぼっくいに火がつくのは、お互いが独身であれば問題ありませんが、お互いが既婚者であれば大きなリスクを背負うことになってしまいます。仮にある程度年齢を重ねていれば、子供や孫からも非難されるリスクがあるからです。同窓会で避けるべきことはそれだけではあありません。ではここからは、同窓会で避けたいことについて、見ていきましょう。

【1】既婚者同士の恋はご法度

前述の通り、独身なら焼けぼっくいにはどれだけ火がついても問題はありません。共通の知人が多いため、恋愛関係になることができれば、交流の輪が広がる可能性も期待できるといえるでしょう。しかし既婚者同士で不倫となると、お互いのパートナーからすれば浮気となり、最悪の場合、離婚にまで進むリスクがあるので注意が必要です。

【2】一夜限りの関係が不倫のはじまりとなってしまう

同窓会でかつての恋人と再会し、お互い既婚者であるけれど、一夜限りなら大丈夫だと考えて浮気をするケースは少なくありません。しかし男女関係は頭で考えた通りになるとは限りません。お互いのどちらかの心にまで火がついてしまうと、ずるずるとした不倫関係へとつながってしまうリスクがあります。一夜限りであったとしても、同窓会からのワンナイトラブには注意すべきだといえるでしょう。

【3】子供や自分の幸せをアピールし過ぎてしまう

同窓会で子供や自分の幸せをアピールし過ぎることは、異性だけでなく、同姓の人も抵抗を感じる行為です。例えば大きな会社で役職に就いていて、高い年収をもらっていたとしましょう。同世代で集まって比較すれば収入や立場の違いはどうしてもあるものですが、自分の高い社会的地位や収入の話をしていると、嫉妬や妬みの対象となりかねません。それは家族自慢についても同じことです。また学生時代を懐かしむ気持ちが薄れてしまう可能性もあるため、幸せアピールはほどほどにすべきだといえるでしょう。

【4】やけぼっくいに火をつけたい人としか話そうとしない

かつての恋人や好きな人に再会できるのは嬉しいことかもしれませんが、好意がある人とだけ話そうとしてはいけません。好きな人とだけ話そうとすることは、同窓会で再会したかつての仲間に差別をつけた対応をすることになってしまい、周囲から反感をかうリスクがあるからです。焼けぼっくいに火がつけたくなった時ほど、挨拶など対応には差をつけないように注意することが大切です。

【5】不幸話やネガティブな話ばかりをしてしまう

自慢話がよくないのは前述の通りですが、その逆の不幸話ばかりするのも同窓会ではNGです。その理由は、同窓会の雰囲気が暗くなってしまうからです。また暗い話ばかりしていると自分の出す空気が暗くなり、焼けぼっくいに火がつくどころか、好意を寄せる人にも話しかけてもらえないかもしれません。不幸話やネガティブ話もしゃべり方によっては楽しくなるかもしれませんが、同窓会の話題としては控えておいた方がいいといえるでしょう。

やけぼっくいに火がつくことのメリットとデメリット

出典:pixabay.com

同窓会で焼けぼっくいに火がつくことは素敵なことですが、状況によってはデメリットが大きいのは先に述べた通りです。では次に同窓会で恋が再燃することのメリットとデメリットについて、見ていきましょう。

【やけぼっくいに火がつくメリット】独り身なら受け入れられる

独身者であれば、恋をする年齢に制限はありません。同窓会で恋愛をしても問題はないといえるでしょう。また結婚歴があったとしても、パートナーの他界など何らかの事情で独身となっている場合は問題ありません。 そのような状況であれば同窓会から焼けぼっくいに火がついても、周囲には受け入れてもらえる可能性が高くなるからです。

【やけぼっくいに火がつくデメリット】子供や孫が嫌がるリスク

離婚して独身であったとしても子供や孫がいる場合、子供が恋人をつくることや再婚を嫌がるケースは少なくありません。もちろん話し合うことや、一定の時間をかけることで受け入れてもらえる可能性もありますが、恋愛から再婚まで発展する場合は、家族からの理解も必要となるため、若い頃の恋愛よりは難しさがあるといえるでしょう。

大阪市大正区にある炭焼茶屋「やけぼっくい」

出典:pixabay.com

やけぼっくいは大阪市大正区にある炭焼茶屋の名称でもあります。大阪市大正区は沖縄食材を扱う店舗が多いことで知られる地域。大阪市民であれば、大正区をリトル沖縄と認識している人も少なくありません。 また大阪市大正区は、水路に囲まれている地域でもあります。大阪は「水の都」と呼ばれることもありますが、大阪市大正区はそのイメージに合った地域ともいえるでしょう。大阪市大正区はでは大阪市の公営渡船も運行されています。 ではそんな大阪市大正区にある炭焼茶屋「やけぼっくい」とは、どのようなお店なのでしょうか。炭焼茶屋「やけぼっくい」は大阪市大正区にあるからといって沖縄料理をメインに提供するお店ではありません。 大正区にある炭焼茶屋「やけぼっくい」は新鮮な魚介と旬の野菜を炭火で焼きあげるお店です。化学調味料は一切使わず、自家製のポン酢やつけ醤油などのタレを使っている。そんなこだわりもあります。そして炭焼茶屋という名称の通り、炭焼のお店ですがメニューは居酒屋価格で提供されているという特徴もあります。

やけぼっくいに火をつけないために同窓会で気をつけるべきこと

出典:pixabay.com

ここまで焼けぼっくいの意味と同窓会で気をつけるべきことについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。焼けぼっくいに火がつくのは、独身者であれば素敵なことですが、既婚している場合は、注意すべきことでもあります。既婚者の場合、心の中で焼けぼっくいに火がつくのは問題ありませんが、実際の関係を再燃させるべきかどうかは、一度立ち止まり、慎重に考えてから判断すべきだといえるでしょう。