「成功裏に進める」の意味・使い方・文例・類似表現

ライフスタイル

みなさん、「成功裏に進める」という言葉を知っていますか? この「成功裏」という言葉、「せいこうり」と読みます。 「成功裏」の使い方としては、「成功裏に進める」や、「成功裏に終わらせる」などがあります。 「成功」という言葉は、誰でも分かると思いますが、この成功に「裏」がつくと、どういう意味になるのかは分かりますか? そこで、今回は「成功裏」の意味と使い方を文例をあげてご紹介していきます。

まずは「成功裏」の意味を知ろう!

まず「成功裏」という言葉の意味を知りましょう。 「成功裏」というと、成功の裏?失敗?と思う人もいると思いますが、ここでいう「成功裏」は失敗という意味ではありません。

「成功裏」という言葉の意味は、「成功といえる状態」ということです。
「裏」がついても同じ意味なの?とちょっと頭が混乱すると思います。 少しでも違いがあったり、覚えやすいポイントがないと分かりにくいですよね。

では、覚えやすいポイントをご紹介しましょう。

成功と成功裏の違い

実はこの「裏」というのがポイントになるのですが、ここでいう「裏」は「裡(り・うち)」という意味なのです。 この「裡」という言葉は、「物の内側・内」という意味になります。 実は「成功裏」という言葉、もともと「成功裡」として使われていたのですが、「裡」という言葉が常用漢字から除外された為、「裏」という文字を使うようになったのです。 と分かれば、「成功裏」の意味がだんだん見えてきたと思います。 そう、「成功裏」は、「成功の中」=「許容範囲」という意味なんですね。 「成功」は1つの目的が成し遂げられたことを言いますので、許容範囲の成功として使われる「成功裏」と意味が違ってきます。 「裏」の言葉の意味が分かると、「成功裏」の意味が分かったと思います。

「成功裏に進める」の意味

前文で「成功裏」の意味をご紹介しましたが、この言葉に「に進める」がつくと、どういう意味になるのでしょう。

「成功裏」は「成功の中(内)」なので、「成功に進める」は「成功の中(内)に進める」という意味になります。
もっと詳しく言うと、「成功の範囲内で進める」という意味になります。 で

は、もっと具体的に分かるように「成功裏に進める」の類似語や文例を次でご紹介していきます。

「成功裏に進める」の類似語

「成功裏に進める」の類似語は、

・うまく
・アクシデントなく
・成功のうちに
・滞りなく

になります。
類似語を見ると、「成功裏に進める」の意味が分かりやすいと思います。ミスがなく物事を進めていくという様子が分かってきますね。

それでは次に、「成功裏に進める」という意味に近い言葉では、他にどのような使い方があるのか文例をあげてご紹介していきます。
文例を見ると、意味や使い方がさらに分かってくるようになります。

文例①「作戦は成功裏に進み、周囲を大いに驚かせた」

「作戦は成功裏に進み、周囲を大いに驚かせた」

このように、作戦や試合の時などに「成功裏」をよく使います。 意味を詳しく説明すると 「作戦は成功の範囲内に進んでいった」ということになります。 思うところもあったけど、許容範囲内で成功したという様子を表します。

文例②「仕事の商談を成功裏に導く」

「仕事の商談を成功裏に導く」

「成功裏に進める」という言葉は、「進む」という言葉を置き換え「導く」をいう言葉を使うこともあります。
「進む」は、自ら向かっていく様子ですが、 「導く」は、誰かが誰かを引っ張っていく様子ですね。 言葉は違いますが、示す方向に向かうという様子は同じです。 成功と言われる範囲内で、商談を導くという意味になります。

文例③「事業活動を成功裏に実施した」

「事業活動を成功裏に実施した」

「導く」という言葉と同じく、「実施」という言葉にも置き換えて物事を表すこともあります。 このように「成功裏に進む」という言葉は、「成功裏に〇〇」と〇〇の部分を状況に応じた言葉に置き換えて、話したり、説明したりします。

「成功裏に終わらせる」の意味

 

次に、「成功裏に終わらせる」の意味をご紹介していきます。 もう「成功裏」の意味は分かってきたと思うので、「成功裏に終わらせる」という言葉も何となく意味が分かってきたのではないのでしょうか? 「成功裏に終わらせる」という言葉は 「成功の範囲内に終わらせる」という意味になります。 それでは、次に「成功裏に終わらせる」という言葉の類義語を見て行き、さらに意味を理解していきましょう。

「成功裏に終わらせる」の類似語

「成功裏に終わらせる」の類義語は

・いい結果で終わる
・滞りなく終わる
・上手くいく
・上手くやれる

になります。類義語を見ると「成功裏に終わらせる」という意味が分かりやすいと思います。類似語を見ると、物事が成功と言われる範囲内で無事に終わった(終わりたい)という様子が分かりますね。 では次に、「成功裏」を使った文例をご紹介していきます。文例を見ると、さらに意味や使い方が分かってくるようになります

文例①「女子バレーボール、成功裏に終了」

「女子バレーボール、成功裏に終了」

ニュースや新聞、雑誌などでスポーツ試合の結果を「成功裏に終了」という言い方をしているのを見たことがありませんか? このように、スポーツの結果や実験結果などの結果が成功の範囲内で終わった時に、「成功裏に終了」という言い方をします。

文例②「問題が成功裏に解決した」

「問題が成功裏に解決した」

「終わった」、「終了した」という言い方を置き換えて「解決した」という言葉も使えます。 この場合は、「問題は成功の範囲内で解決した」という意味になります。許容範囲で物事が解決できたということですね。

文例③「成功裏に施行された」

「成功裏に施行された」

このように「施行された」という言葉を使い過去形に表すこともできます。 「~させた」、「~したい」というように状況に応じて言葉を置き換えて使うこともできます。 例えば、「施行された」という言葉を、「成功裏に進んだ」という状況に変えると「施行した」となるわけです。

他にもたくさん!「成功裏」を使った言い方

 

「成功裏」には、ご紹介した文例以外にもたくさん使い方があります。

・事件を「成功裏」に収めることができた
・少しのミスはあったが「成功裏」に終わることができた
・中止されていた作戦は「成功裏」に進むことになる
・爆弾の試験は「成功裏」に遂行された
・日本とアメリカが「成功裏」に協力した

他にも、「成功裏に実施した」、「成功裏に開催された」、「成功裏に完了した」など、状況に応じて「成功裏」はさまざまな使い方ができます。

「成功裏」の間違った使い方に注意!

「成功裏」の間違った使い方をご紹介します。 よくある注意ポイントなので、覚えてほしいと思います。 間違った使い方は、例えば「成功裏のうちに終わらせる」という言い方。

「成功裏」というのは、「成功の内」という意味ですよね。 なのに、また「うちに」という言葉を使うと、重複することになるのです。 「成功裏に終わらせる」、「成功のうちに終わらせる」どちらかの言葉を使うようにしましょう。

「成功裏」という言葉はポイントを押さえれば正しい使い方ができる!

「成功裏に進める」、「成功裏に終わらせる」のご紹介をさせていただきましたが、いかがでしたか? 初めて聞いたという人、意味まで知らなかったという人もいたと思いますが、ご理解いただけたでしょうか? ニュースや、新聞、雑誌でもよく使われている言葉なので、日常生活でも意識して見ると、さらに使い方が分かってくるようになります。 「成功裏」という言葉は、日常や仕事でも使える言葉なので、使い方を知ると言葉のバリエーションが増えるので便利ですよ。 また、「成功裏」という言葉は、いろんな状況で未来形や過去形、現在進行形で使えるので、意味を正しく理解して使っていってくださいね。