「一目置く」の意味・読み方・使い方/短文で伝よう。

出典:pixabay.com

「一目置く」の読み方は「イチモクオク」です。ヒトメオクではありません。もちろん、「一目」という言葉は「イチモク」だけでなく「ヒトメ」という読み方もあります。しかしイチモクとヒトメでは、言葉の意味が大きく異なります。そのため「一目」の後に「置く」と続く場合は「イチモク」という読み方でなければいけません。

一目置くの意味について

出典:pixabay.com

一目置くの意味は「自分よりも相手が優れていることを認め、一歩譲る」です。この言葉は自分と相手の比較を前提としています。さらに相手が優れていることを認めるのみではなく、一歩譲るというところまで含まれています。ただ相手を認めるという言葉以上の承認の意味が含まれているといえるでしょう。」

一目置くは囲碁から生まれた言葉

出典:pixabay.com

一目置くの読み方と意味は先に述べた通りですが、一目置くという言葉が生まれたことには、囲碁が関係しています。囲碁では、弱い立場の人が勝負を始める前に石を置きます。「一目置く」はそういった囲碁のきまりが関係しています。そのため「一目」は「ヒトメ」ではなく「イチモク」という読み方になるのです。

一目置くの使い方

出典:pixabay.com

「一目置く」は「イチモクオク」という読み方であり、囲碁からきている言葉ですが、人間関係の中で使われる言葉でもあります。では「一目置く」には具体的にどのような使い方があるのか、一つずつ見ていきましょう。

【使い方】彼はみんなから一目置く存在だと言われている。

この使い方の場合、「みんな」と「彼」を比較しています。その比較を前提として、「彼」はみんなより優れている、そしてみんなから一歩譲られている、という意味になります。また「言われている」というフレーズがあるので、彼は既にみんなから一目置かれている存在であることが分かります。このように対峙する相手ではなく、自分以外の第三者が評価されていることを表す際にも「一目置く」は使うことができます。

【使い方】彼はスポーツで成績が優秀なため一目置く存在だと言われるようになった。

この使い方は、スポーツ優秀な人が学校や会社でいる場合に使うことができます。この文章では具体的に何が優れているのか、まで言及していることがポイントです。前述の一文では単純に彼が優れているという文章でしたが、今回の場合スポーツで優れていることを明示しています。

一目置くを使った短文

出典:pixabay.com

「一目置く」は日常では使う場面が多い言葉ではありません。それはもちろんそれぞれの環境によって異なりますが、相手を優秀だと認めて一歩譲るような気持になることは頻繁に起きることではないからです。そんな「一目置く」の使い方を知るために、今度は短文の中の「一目置く」を見ていきましょう。

【短文】彼は営業成績が良く一目置く存在だとされ社内で注目を集めている。

この短文の中では、彼は社内の他の人間と比較して営業成績が優秀なことが認められています。この短文の中の比較対象は私とあなたではなく、彼と社内の人間です。つまり客観的な立場から両者を見た短文です。こういった短文の使い方があることから、一目置く存在になるためには、社内で優秀な成績を上げることが一つの手段であるといえます。

【短文】彼の経歴を知ればあなたは、一目置くことになるだろう。

これは目の前にいる相手(あなた)と彼を比較して、あなたよりも彼の方が優れている部分がある、ということを伝えている短文です。そしてその理由は経歴にあると伝えています。この彼が優秀な大学を卒業している、または取得が難しい資格を保持しているのかもしれません。そういった背景がこの短文からは推察することができます。

【短文】彼の食い意地は一目置くほどだ。

この短文では、彼の食い意地が、一歩譲るほど優れていることを示しています。比較の対象は特に言及されていませんが、一般的な人と比較していると捉えることができます。この食い意地があることを素晴らしいと取るのか、見苦しいと取るのかは見る人によって異なります。しかしこの短文からは食い意地があることを評価していることが読み取れます。

【短文】私は一目置く存在だと言われるようになりたいと思っている。

この短文では、一目置く存在になりたいという願望を表現しています。しかし具体的に何で一目置く存在になりたいのか、言及されていないため、ただ単に周囲から承認されたい欲求から出てきた言葉の可能性があります。一目置くという言葉は、このように自分の理想を表現する際に使うこともできますが、具体的に表現をした方が周囲には理解されやすくなります。例えば「私はピアニストとして一目置く存在だ、と言われるようになりたい。」このような短文であれば具体的にピアノを頑張っていることを周囲に伝えることができます。「一目置く」使い方によっては抽象的になり過ぎる可能性があるので、注意が必要です。

【短文】一目置くどころではなく、あの人は物理学の分野で卓越した人物だ。

この短文ではこの短文を発した人が「あの人」は自分よりも優れていて、また一歩譲るほどの人物であることを前提に、そういった言葉で表現する以上に優れた人であるということを伝えています。この短文では例として「物理学の分野」を用いていますが、他の「スポーツ」「数学」など様々なものに置換えることができます。本当に素晴らしい人に出会った時に使うことができる短文だといえるでしょう。

一目置く存在とはどういう人なのか

出典:pixabay.com

どんな職場でも、一目置く存在と呼ばれる人が一人はいるものです。では一目置く存在な人物にはどのような特徴があるのでしょうか。それは以下の通りです。 ・何か一つ人よりも優れた能力を持っている ・すぐに嫉妬をしない ・小さなことで悩み過ぎない ・立場の弱いものを虐めない 一目置く存在な人物は、これらの特徴があります。なぜなら人より優れた能力を持っていたとしても嫉妬や妬みばかりしている人が尊敬されることは、ほとんどないからです。また小さなことでクヨクヨばかりしている人も、一目置かれることはないでしょう。一目置く存在な人物は能力だけでなく、人間性も備えている必要があるのです。

「一目置く存在」と言われるためにはどうすればいいのか

一目置く存在と呼ばれるためには、前述の特徴を満たす必要があります。そのためにすべきことはいくつかありますが、最も大切なことがあります。それは人よりも優れた部分を一つでも持つことです。それは頭の良さでもサッカーでも野球でも構いません。趣味のゲームでもいいでしょう。ある特定のコミュニティで「これができれば素晴らしい」とされている能力を獲得すればいいのです。 その次にすることは、人間性を身につけることです。尊敬されて、一歩譲られるほどの人物になるためには、人間性も必要です。しかし人間性を身につけるのは簡単なことではありません。例えばSNSで繋がっている友達が1万人いたとしましょう。日記をSNSに書くと、毎日500くらいの「イイネ」がついていたとします。 この人物は、人間性が優れているといえるでしょうか。人気はあるかもしれませんが、人間性が優れているかどうかまでは分かりませんよね。またネットの文章は本音でなかったとしても、見せたいように書けてしまうのが実際のところです。ネットのバーチャルな自分像を素晴らしくしたところで優れた人間性を獲得できるわけではありません。 人間性を磨くためには、日々の人との向き合い方、そして自らの心と向き合うことしかありません。それは感情を無くすのではなく、感情が沸き起こったとしてもその自分を客観視できる客観性を身につけることでもあります。

【まとめ】「一目置く」は意味を理解して正しく使おう

出典:pixabay.com

一目意味の意味や読み方、使い方について、紹介してきましたが、いかがでしたか。一目置くの読み方は「イチモクオク」です。そして意味は「自分よりも相手が優れていることを認め、一歩譲る」ことです。日常で頻繁に出てくる言葉ではありませんが、誰かを認めていることを表現する際に、使うことができます。日常生活のボキャブラリーの一つとして、加えてみてはいかがでしょうか。