電子レンジのアース線ってつけないといけないの?取り付け方や延長方法

https://pixabay.com/ja/photos/banana/
From Pixabay
ライフスタイル

目次

電子レンジの裏や横から出てる、おまけみたいな線・・・電子レンジのアース線、きちんと設置していますか?

※この写真では、レンジ背面の「緑の子」がアース線

電子レンジの後ろ側、あるいは下側には、緑や黒、赤や黄色といったアース線がついています。

ですが、このアース線、きちんと接続していますか?

「アース線というもの自体の意味が分からない」

「人生でこの線をつけない状態の電子レンジしか見たことがない」

「とくにこれまでもつけない状態で使っており、困ったことがない」

「二股になった金属がついてて、生まれて初めて見た」

「取り付け方全般がわからない」

「アースって書いてあるところにつなぎたいんだけど長さが足りず取り付け方がわからない」

一体アース線をつなぐとどんなメリットが?

そしてアース線をつけないとどんな危険が?

また短いアース線しかないときや、アース線をつなぐところがない時には、いったいどうしたらよいのでしょうか?

「写真と画像などの図解盛りだくさん」 & 「電気のプロによるわかりやすい説明リンク」を含めて、ご紹介します!

実は電子レンジ以外にもアース線がついている製品がある!

出典:pixabay.com

電子レンジは家電製品の中で、比較的大きな電気を使う製品。

他にも、水と洗濯ものという非常に大きな質量のものをうごかす洗濯機や乾燥機、電気で温めるタイプのヒーター、電気でお湯を沸かす電気温水器などさまざまなものにアース線がついています。

大体

「大きな電力消費のある製品で据え付けて使うことも多いもの」

「水のかかるところや湿度の高いところで使うもの」

「ものを動かすなど動力が大きいもの」

には、身近にあるかなり大きな危険に備えるために、アース線などがついていることが多いと覚えておいてください。

<電子レンジを含め、いくつかの家電や使用状況下では、アース線をつけないわけにはいかないことが法律で定められた in 2005>

ここで、中高年の皆様を中心に、驚きのお知らせが・・・

出典:pixabay.com

これまで電子レンジを使用してきて、「とくにアース線自体を意識したことがない、つけないで困ったことがない」という人は多いようです。

ですが、基本的に、水気のあるところで使う電化製品には、アース設置義務やアース設置の勧告があります。

この法整備は2005年に電気設備の「内線規程」改訂により行われたもの。 100Vの水回りのコンセントは設置極付き勧告、その他の100Vは設置推奨です・・・

が、「勧告」「義務」含め、とくに設置していなくても罰則規定はありません。

※ちなみに、2005年電気設備の「内線規程」改訂では・・・ ・エアコンなどをはじめとした200V機材使用時 ・洗濯機や電気温水器などをはじめとして水気・湿気が多い場所で使用する電気器具 ・自動販売機や井戸ポンプ、屋外湯沸かし器等の屋外で使用する電気器具 ・・・に、アース線設置が義務付けられました。

出典:www.pakutaso.com

100V家電が多い電子レンジでは、取り付け方で、たとえば屋外などで使う、蒸し物なども多い厨房で使う・・・といったケースを除けば「接地極付き勧告」のことが一般的。

※紳士とヲタクなら知っていると思いますが、鉄道模型用の各種トランスと通電各部は、ちょっとしたノイズなどでショートしがち。こうした使用方法の方は、PCマニア、オーディオマニア以上にアースをつけない電源や、交流電源の差込方向には敏感だといわれています(蛇足ですが)。

出典:pixabay.com

そのほかにも、電気の線から入るノイズを小さくする目的で、PCやスピーカーなどにアース線がついていることがあります。

さらに蛇足ですが電源プラグとコンセントの穴について、後述しています。

このサイズ差を意識して差し込むことで、モニタやスピーカー、電波を利用する機材などが拾うノイズや、契約従量ギリギリくらいでつかっているご家庭の電化製品は、かなりよいコンディションで使うことができます。

コンセントの穴、意識して差し込む取り付け方で、じっくり家電製品と一度向き合ってみることをおススメします!

電子レンジのアース線にはいくつかの種類がある

電子レンジのアース線には、いくつか線の末端の処理方法で、スタイルの違いがあります。 この「アース線側の末端の形状」と、「アース線を接続するコンセント周りの形状」で、取り付け方が異なってきます。 アース線、コンセントの形状から、取り付けまで、動画や写真図解で順に見ていきましょう。

A:一つは、銅線(=金属線)が単に束ねられているもの。

出典:www.amazon.co.jp

B:その先に、丸形の金具やクリップ式金具がついたもの・・・

出典:www.amazon.co.jp

C:Y型の金具(写真は片端のみ)などがついたものがあります。

出典:www.amazon.co.jp

D:ほかに、電源プラグと一体型になった、さまざまなスタイルのもの。 ※写真では、ひらがなの「い」の字の電気供給用部分以外のもう一つの「かまぼこ型丸穴」と「下のコンセント部分だけについている平たい板部分の内側」が、アースの差込口です。 Dの写真で、2つある差込口のうち上の3穴に差し込むときでは、電源コードのプラグ側も、3つ出ているこちらのタイプが「基本的には」必要。

出典:www.amazon.co.jp

また、古い製品などを中心に、アース線のついていないタイプもあります。 この場合、電子レンジの背面や上面下面側面などに、接地端子の記号がついていることがあります。 ここにねじなどがついており、自分でアース線を用意して差し込むスタイルです。

この図が、基本的な「アース接続」マーク。 通常白黒や凹凸で描かれている図で、アース線を接続するコンセント周りや、電化製品でも、アース線をとるときのねじがある位置のカバーなどに印刷や刻印されていることがあります。

出典:www.aeha.or.jp

電子レンジのアース線ってどこにつなぐもの?~実は電子レンジのアース線をつなぐコンセント周りにもタイプいろいろ

通常、洗濯機や電子レンジ置き場のコンセント部分には、「アース」設置場所がついていることが一般的。 いくつかタイプがあり 1:ちょっと古い物件では、ねじの金属部分にアース線の銅線部分を巻き付けて、再度ねじを締める(ねじ式の内部は、手で直接締められるものと、ドライバーなどを必要とするものがあり、ねじプラス金属板で押さえるタイプもある)

2:ポケットのようになっている小さくて薄い口や、丸穴部分に、アース線の銅線や二股の金属部分などをむき出しにして差し込み設置する などがあります。

また、最近の住宅では、先ほどご紹介したDタイプの差込口がついており、この中の電気で使う2か所を除いたもう1か所にそのまま差し込むプラグタイプか、変換アダプタをつかってアース線をつなぐことも増えています。 こちらは、3穴タイプコンセントに、アース線接続部をさらにもう一つプラスしたもの。

出典:www.amazon.co.jp

この3穴タイプのコンセントから2つ穴タイプに変換して、アース線をつなぐためのアダプタにはいくつか種類があり・・・

こちらが、3穴タイプのコンセントに差し込んでつかう変換アダプター。普通の2つ穴コンセントのほか、ねじ式のアース線接続部があります。こちらはプラグ2穴、差込3穴で「逆接地アダプタ」と言われます。 ほかにも、アース線部分が、この変換アダプターから短く出ているタイプもあります。

出典:www.amazon.co.jp

逆接地アダプタでは、この図で上に見えるネジ部分を、下のねじ式のアース線の取り付け方動画と同じ方法でまず取り付けます。 そのあと、3穴タイプのコンセントにプラグを差し込む取り付け方。

2穴タイプのコンセント+アース線接続部から、3つ穴タイプのプラグをつなぐ場合はこちらのアダプター・・・

こちらはプラグ3穴、差込2穴+アース線接続部で「接地アダプタ」と言われます。

出典:www.amazon.co.jp

ちなみに差込口では、こちらが2つ穴タイプ+アース線接続部で、日本でもっとも一般的なタイプです。

出典:www.amazon.co.jp

電子レンジをはじめとしたアース線の取り付け方~電子レンジ側のアース線にはどんな加工をして、どのくらいの長さがあればいいの?

先ほど図解入りでご紹介した、アース線の先端形状A~Dのうち、先端に金属が取り付けられているものは、それを利用してねじで取り付けたり、挟めたりすればOK。 ですが、ただ、先端が束になって絶縁被覆(電気がとおらない樹脂被膜のようなもの)でおおわれている場合には、自分で加工することが必要です。

【1】電子レンジのアース線の取り付け方~電化製品(電子レンジ)のコンセントを抜き、放電

取り付け方ですが・・・ まずは対象となる電化製品(電子レンジなど)のコンセントを抜きます。 放電ボタンなどがある製品では、そのボタンをおしながら、十分に放電させます。 通常とくに危険はありませんが、長年使用してきて、底ブタや背面カバーが取れた製品などの場合、予期せず高圧部位に触れるケースもあります。また既に水回りで長く使用していれば、たまったほこりが湿度を吸っているケースもあります。 そのため、とくにすでに使用している製品であれば、取り付け方としては、十分な放電後に行うことをおススメします。

【2】電子レンジのアース線の取り付け方~コンセントのアース線取り付け部を開けて、形状を確認

取り付け部のコンセント周りにある、アース線の位置を確認。 このとき、コンセントの取り付け部周りの形状によっては、ドライバーを使用して蓋をあけたりねじを回す必要があることもあります。

なれないドライバーなどの工具をつかった取り付け方で、間違って電気が流れている位置を触れたりしないように、取り付け位置周りの電源プラグは抜くこと。 また長年使っているコンセントで、壁面のコンセント用ボックスが、壁材の石膏ボードやコンパネなどからずれていたり浮いているケースでは、漏電などがあることも。 事前に電気工事店などに確認して、アースの周りは大丈夫かをみてもらったり、下でご紹介している、「検電テスタードライバー」など、通電状態が確認できるものをつかって、安全確認を事前に行っておいたりします。 もし(アース取り付け部は正常であって)コンセントのボックス周りの漏電や、誤ってドライバーで通電部に触れることが心配なら、ブレーカーを落としておきます。

また、取り付け方のコツですが、ドライバーを使うタイプのねじ式は、開けるのに時間がかかるため、この時点で開けておきます。

ねじ式で、金属で挟むタイプや、ねじをいったん外すタイプの場合、取り外したパーツを紛失しないよう、マグネットやガムテープの粘着面などにつけておきましょう。

【3】電子レンジのアース線の取り付け方~アース線延長の必要がある場合、ここで延長加工

後述していますが、アース線延長の必要がある場合は、ここで延長加工を行います。 近年発売となっている電子レンジでは、アース線は比較的長いものが多いのですが、古いものではまだ「非常に」短いものも多いため、延長が必須という方も少なくありません。 ですが、アース線自体の延長は、電力会社サイドではあまり推奨していません。 台所などの動線を考えるとき、冷蔵庫、電子レンジ、オーブン、食洗器、湯沸かし器などは、コンセント直結と考え、最初にその配置場所や取り付け方を検討するのは、昔も今も、かわらないようです。

【4】電子レンジのアース線の取り付け方~電子レンジから伸びたアース線の取り付け部の末端を加工

被覆剥きは、じつはプロでもなかなか難しい作業。 電子レンジなどの電源コードよりも細いアース線。 抜けやすい&ひっかけなどで断線しやすいこともあり、すこし長めにとっておきます。 多くのアース線は、中に細い金線が多数入っています。 これを切断しないように、「通電しない状態で(=電子レンジの電源プラグを、コンセントから抜いた状態で)」丁寧にカッターやナイフで被覆を剥いていきます。

アース線を電源コードよりも20cmほど長いところで切断。 先端を約1.5cm皮むきして、アース線の被覆のなかの金属線を露出させます。

 

出典:youtube

ねじ式でのアース線の取り付け方(アース線端の加工方法:剥離、Y字、丸形)

 

出典:youtube

ねじ式のアース線の取り付け方(アース線端の加工方法:剥離、Y字、丸形) 丸穴ワンタッチ式のアース線の取り付け方(アース線端の加工方法:剥離)

ねじが外に露出していて、プラカバー付き、手で回せるタイプだと、ほこりはたまりやすいのですが、取り付けは楽です。 工具も使わないうえ、外側に出ているので、不器用な方でも簡単に取り付けられます。 (アース線端の加工方法:剥離、Y字、丸形)

このタイプの取り付け方では、外側にあるダイヤル型のねじを回し、その下にある金属の間に被覆を剥いたコードを挟んで締めなおします。

これをこのまま差し込んだり、取り付け部のねじに巻きつけたり、取り付け部の金属板で挟んだり、あるいはアース取付用のY字や丸金具などをとりつけて使用します。

プラグ抜き差しの際や、ほこりなどがたまった後コンセントの電気の極側とあわせてのトラッキングが気になるといった方は、アース線取り付け部に差し込むのに十分な長さを確保したら、露出している部分を、100円ショップなどでも販売されている「絶縁テープ」で巻き付けてしまうのも良いでしょう。 このとき、アースのコードは、電源ケーブルと一緒に束ねてはいけません。

【5】電子レンジのアース線の取り付け方~電子レンジから伸びたアース線を差し込んだら、ねじを締めたり引き抜き確認をして固定

<電子レンジのアース線 被覆剥の加工方法>

電気工事を毎日行うベテランでも難しいのが、被覆剥ぎ。 電工ナイフという、小刀や包丁のように片側だけに刃がついているナイフを使って行いますが、一般の方では、カッターが普通。 また、金線を傷つけないよう丁寧に行うのであれば、よく研いだ薄刃のハサミでというめづらしい方もあります。

電工ナイフでの被覆剥ぎ - YouTube

出典:youtube

 

出典:youtube

いずれも、線の中にある金属線の太さや本数は多少違うのですが、要領はほぼこの方法と同じ。 中の金属線に傷がついてしまうと、その部分が熱を帯びたりすることもあるので注意しましょう。

電子レンジや家電製品設置前に覚えておこう!電気の仕組み~コンセントとアース線

 <二つ穴コンセントの片方もアースと覚えている人もいる!?>

多くのご家庭で見かける、日本の一般的な電気のコンセントは二つ穴。

実は左右の穴のサイズと、役割が違います。 右の小さい方(7㎜)は電圧がかかって電気が流れる「電源側」 左の大きい方(9㎜)は接地側でアースにつながっています。 電源側の片方には電気が流れていて、片方はアースの役割。

アースといっても、自宅のコンセントが地面に直接つながっているわけではなく、電柱の上によく載っている「トランス」と呼ばれるグレーの円柱の外側と地面がつながっていたり(A接地)、あるいは「トランス」の中性線が電柱のところで地面に繋がっています(B接地)。

※電柱に這わせているのでわかりませんが、写真右側の電柱に付属した円柱=トランスから、地面にアースされているのが普通です。

出典:www.pinterest.fr

コンセントの左の大きな方の穴は、家電製品から出ているアース線をつなぐ、自宅の地上につながっているアースとほぼ同じと勘違いされがちです。 が、周囲のノイズなどを調整するため、若干弱めに電気が流れていることもあります。 だから自宅周りの地上に取られたアースと同じではないのです。

エリアや近隣に大きな電圧がかかったときなどに、極度の負荷の一部を低減させたり、トランス自体や回路上のどこか、トランスのケースで、過電流などが発生したときに、近隣に対してその影響を和らげる役割や、間違って触れたときに感電でけがなどをしにくい役割も持っています。

 <自宅のコンセント周りについているアースは、自宅床下や自宅周りの地面につながった配線>

自宅のコンセントでは、先ほどご紹介したA~Dのスタイルのアース線接続部が一般的。 これらは、いずれもアースとしてつなぐ部分=「接地配線」や「接地極付きコンセント」と呼ばれるもの。建物周りの地面に、実際にアースが取られているのが普通。これは「D接地」などとも呼ばれます。

出典:www.znkan.jp

こちらも、上のプラグ差込部3つの穴のうち一番下と、下にある蓋つきの四角い部分の2か所に、アース線の接続部分があります。

出典:www.amazon.co.jp

通常、アース線と電源プラグが別々になっているときには、3つ穴のうちの2つを電源プラグで、もう一つ下にある独立した差込型のアースを使います。 またアース線と電源プラグが一体となったタイプの時には、3つ穴のコンセントに差し込みます。 が、この両方のケースともに、先ほどご紹介したアダプターを介した接続が可能です。

電気のコンセントは、宅内では水がかかりにくい位置に設置するなど、さまざまな決まりがあります。

これから住宅を建てる、賃貸物件を選ぶというときには、こちらの図のように、コンセントの高さと使いやすさを選ぶのが大切です。

出典:www.znkan.jp

水漏れした箇所から本体に電気が流れたケース、落雷や漏電、近隣火災などで自宅やビルに引き込まれた回路内自体に大きな負担があったとき、このアースの側に、電気を逃がすことで、感電などから暮らす人の命の安全と、機械や建物の安全を確保しています。

※こちらの図にあるように、アース線は、建物のどこか1か所で地面に線端を差込、そこから分電盤などを介して分配されています。

出典:www.znkan.jp

ちなみに、コンセントの家屋内の数に比較して、アース線の接続部は非常に数が少ないことが気になっている方も少なくないかもしれません。 この図のように、1つのアース線接続部に、複数さまざまな家電製品のアース線を取り付けても良いのです。

オーディオなどを使用することも多く、アース線同士が接するときのノイズなどが細部まで特に気になるという方では、(家電とコンセントやプラグ間距離や、電力の常時使用状態にこだわる方もあり)その限りではありませんが・・・

 <2穴コンセントの片方の穴=アース側は触っても平気じゃないの?>

先ほどご紹介した、一般的な2穴コンセントのうち、「接地極」と呼ばれるアースの役割を持つ穴ですが、建物などによっては、左右を間違えて設置されていることが「残念ながら非常に数多く」ある関係で、「電気が流れていないほうの穴だから」とおもって指を入れたりしてはNG。

出典:pixabay.com

もしどちらの穴に電気が流れているか知りたくなったら・・・差し込むだけで、電気が流れているかをランプで教えてくれるドライバーなどがあるので、こういったものを利用しましょう。

 

出典:youtube

出典:www.amazon.co.jp

「こんな事故ってあるの?」もしも電子レンジやその他の家電でアース線をつけない状態が続いたら・・・感電や漏電の恐怖

電子レンジなどの一部家電では、非常にわかりやすい状態で商品の一部を構成しているアース線。 「おまけでついてきた修理用のパーツがねじ止めされている」などと解されているかたも多いようです。 ですが実はアース線は、一般家庭や企業での電気利用者が思っているよりもとても重要な働きをしています。 通常のご家庭で使用されているのは100V、オール電化住宅などでは200Vなども多用されています。 電気工事を行う人たちも、電柱や配電盤の箱などを触ったときで、もしトランスまわりが故障していてトランスの中性線によるアースがきかなければ、通常に利用している電気の2倍の電流が流れることもあります。

電気の場合、「電流」が多いほど、「流れる時間が多いほど」「流れた経路の長さ」によって、感電、発火、あるいはやけどなどの影響が大きくなります。 電気が流れる金属線などからできた回路上では、人体は電気を通しにくいものでもあり、電気抵抗と同じ性質をもちます。電気抵抗を利用したストーブ、ヒーター、ドライヤーなどがあるように、流れにくくなった電気がその火花や熱を発するのです。

電気は電圧の高いほうから低いほうに流れます。 地面はアースで0V、電気の流れているコンセントの極は100Vなど。この差が大きければ、電気の流れている極から、人やその他電気が流れやすいものを伝いながら、地面に電気が通過していきます。 人体よりは、水のほうが電気を通しやすく、人体の半分以下の電気抵抗値。水濡れした手や軽く汗をかいた手などでも感電することが多くなります。 海外では、通常の2つ穴コンセントの100V未満、約20%にあたる20V以上の感電については死亡などの恐れがあることから、安全電圧基準を定めているケースもあります。

古くなった宅内配線が抵抗の役割をして、漏電や発火したあとに燃える住宅などのケースは、非常に多く見られます。 日ごろからこんなことに注意しておけば、恐ろしい被害が防止できます・・・ しっかりとアースなどをとること 壊れかけた電化製品やプラグは専門店や有資格者に修理や点検してもらうこと 湿度の高いところ、水濡れしたところ、水濡れした手で使わないこと アースやブレーカーを取り付けること もし、自宅で、濡れた場所にコンセントとプラグや、電化製品からの漏電があると思われたら、そのコンセントのほうではなく、迷わず分電盤のスイッチを切ります。 そして現場はそのまま、落ち着いて、電力会社などに点検を依頼し、指示を仰ぎましょう。

※心臓の弱い方は見ないでください ちなみに、人が感電すると、こういった状態となります。

出典:youtube

電子レンジから伸びたアース線の先~コンセントの接続部がつながっている地面には、だれが接続してくれているの?

出典:youtube

アース部分の地面に設置する工事は、住宅建設時などに床下などで行います。 この工事は、住宅内などの電気配線を行うことができる資格を持った人が行う必要があります。 通常は、電気工事店に所属する有資格者の手で、コンセントと同じ位置にあることが多い接地極から、分電盤を介してとった回路からみて近くに金属杭(アース棒)を打ち込みます。 住宅の床下や軒下などのあまり外から触れることのない位置で、降水降雪の影響を受けない位置、人が踏み歩いたりしない位置に、アース線とつながった金属杭(アース棒)を打ちこみます。 現在はアース棒を地中に埋めるほか、アーシングマット、アーシングシーツといったものを設置し、電気からの影響と、接地した場所での腐食や位置ずれ防止などまで行う取り付け方もあります。

出典:youtube

住宅建築時に行うほか、2005年の法令によるアース線設置義務対応のために、新たな家電製品を購入したときに、追加でアース線をつなぐための接地極設置工事を行う方が増えています。

追加で行う場合、分電盤や回路の配線集中部位、取り回しのしやすい部位で、かならずしも住宅床下の空きスペースが使えるとは限りません。 通常分電盤があるのは玄関や台所など。 建物の床や壁に傷がつかない位置、床下を開けても上から畳をかぶせるので見えなくなる畳下などへの取り付け方をお願いしたいのに、こうした事情でコンクリなどを開けなければならない取り付け方による大工事になってしまうケースもあります。

「うちの電子レンジ置き場、アース線が届かなくって」アース線は延長できるって知ってましたか?

実は電子レンジのアース線、延長できるって知っていましたか? 身近なところでは100円ショップでも、2~3Mで100円で売られている延長用アース線。 通常はホームセンターなどで、延長する分だけ、無駄が出ないように切り売り形式でも販売されています。 アース線自体は、差込口部分とアース線でつなぎ変えているときに、その金属の種類やさびや酸化劣化具合などで多少、伝わる速さなどが変わってしまいます。

そのため、差込口部分までの間であまりに細切れにしたアース線を使いながら幾度も長く延長しても意味がないのですが、数メートル程度なら、アース線自体をつけていないよりは、かなり役立ってくれます。 絶縁樹脂被覆の中に、束になった銅線が入っている構造です。

【1】電子レンジのアース線~長さが足りないときの延長コードの取り付け方

電子レンジについているアース線と、できるだけ同じ太さや素材のアース線を用意します。 長さの目安は、電源コード+20CMほど。 電源コードと違い、取り付け方では折り曲げなどはある程度可能。 壁面などでインテリアに対して色合いやアース線の存在が気になるのなら、床面などを這わせる長さに設定してもよいでしょう。

ただ、電力会社では現在、アース線の延長コードをあまり推奨していません。 そのため、できれば延長アース線がないインテリア配置を取り、つけない方がよいかもしれません。

【2】電子レンジのアース線~延長部分・つなぎ合わせる双方の被覆を剥く

先ほど「<電子レンジのアース線 被覆剥の加工方法>」で紹介した方法で、電子レンジ本体からのアース線と、延長するアース線の2本のアース線の一方ずつを、それぞれ1.5~2.0CM程度剥きます。

出典:www.diylabo.jp

そして撚り合わせます。 常時通電の線ではないので、とくにはんだ付けなどは必要ありません。 また多くのアース線は細い線がまとまったもの。単線ではないのでそもそも、素人がまとめてはんだ付けするとそこだけ抵抗なども変わるものでもあります。

あと、アース線はいざというときにそこを迂回させるもの、この金属部分が、ほかの金属や水などに直接触れることがないように注意したいものです。 ねじり合わせる際のポイントは、ねじり合わせた部分から細い線などが飛び出ないようにすること。

可能ならこの部分に、同じく100円ショップやホームセンターで売っている「絶縁テープ」というものを巻き付けます。 黒色の他、さまざまなカラーのものがあり、電子レンジから出ているアース線の色が気に入らないという方は、この機会に全体に巻き付けてみてもいいかもしれません。 絶縁テープで巻き付けるほか、熱でしまる絶縁系チューブでねじりあわせた全体を覆ってもいいかもしれません。

絶縁テープのほうが、お値段は安いのですが、あとからべたついてきたり、はがれてきたりします。

ちなみに、白色などインテリアになじむ色から、工場でも見やすい赤黄緑青、ちょっとセンスの良いブラウンやピンクなどまで、かなり幅広く販売されています。

ただしこの方法、導電品質的にはかなり斑も出がち。 そこで、各種の電線加工用パーツを使用するのもおすすめ。 ちなみに下の図にあるパーツは、「絶縁用リングスリーブ」といいます。

いずれのケースでも、もし一時に高電圧高電流などのケースがあった場合、銅線に傷や切れ目が入っていると、その部分に電気が集中して、火花などが出ることもあります。 銅線側には傷をつけないよう丁寧に剥きましょう。

常時通電する線ではないのであまり問われませんが、 延長するアース線と本体からのアース線の双方が同じ導電率や素材、断面積などであった場合・・・ 延長先と本体からの線の双方の長さを、ほぼ対等にした取り付け方にしておくと、局所的に高電圧となったケースでも、事故などが防ぎやすくなります。

「我が家にはアース線のとりつけ口がなくって」意外なもので代用できるって知ってましたか?

物件によっては、アース線を取り付けるところがないというものもあります。ですが意外なもので代用できるって知ってましたか?

それが、「水道の蛇口と水道管」 通常、戸建ての一軒家では地面から出ていることも多く、距離もなかなか長め。ここに巻き付けることで、アース代わりになるケースがあるのです。

ですが注意したいのが、水道管とガス管などが入り組んで混在している場所や、水道管だと思っていたら、温水器などを通ってきた給湯管であるとき。 間違って大きな電気が流れたら、その接続先のガス器具や温水器具などが破損したり、別の事故になってしまうこともあります。

また、水道管の場合、金属管かつ地中埋設部分が一定程度確保されていなければ、アースとして有効とは言い切れません。 それでもこの条件を満たしていれば、何もないよりは役立ちます。水道管だとしっかり確認したうえで、そこにアース線を取り付けてみましょう。 ※現代では、中部電力をはじめとして、あまり推奨されていない方法ですが、現在も一般家庭などで、かつてアース線接続部の回路設置が一般的ではなかったころの名残で、この状態で運用されている世帯は多く見られます。

一時的には、延長した窓枠などを超えても断線しないタイプの電線の先に直接金属杭(ペグ)をつけて窓から地面に出して設置するケースや、同じものを台所の床下を開けて地面に直接差し込んで設置するケースなどもあります。 本格的なアース線工事ではありませんが、壁や床が弄れない借家などで、簡易的に使用できます。 ※使用する材料や接続方法によっては、アースよりかなり実効性は下がります。また以前接地(アース)付きコンセントが一般的でないころは、電熱系家電製品を中心にペグ付きアース線を持つ家電製品が多く、しっかり地面にさしておけば、まったく無いよりは役立ちます。

またコンセントに取り付けるアダプターやスイッチの類で、漏電防止用のグッズもあります。

こちらは、漏電遮断のみに対応し、過電流には使えないタイプですが、ほかの家電製品や、漏電からスタートする火災や感電などを防ぐのには十分役立ちます。 使用しているうちに、漏電などで壊れてしまったまま気づかないケースもあるので、こまめにテストが必要です。

出典:www.amazon.co.jp

どうしてもアース用の接続部が取れないといった借家や古いマンションなどの建物のケース・・・ 大工さんや水道配管工事業者、電化製品設置業者などが来た時に、アース線代わりのものの取り付け方、漏電と過電流を両方防ぐための機材や回路設置などについて、現在使用中の家電や部屋、コンセントの位置もふくめて話したり、現況を見てもらいながら相談してみても良いでしょう。 これまでアースをつけない家が、さまざまな電化製品にアースを取り付けたり、あるいは契約アンペアなどの見直しを図ることで、テレビやオーディオがきれいに使用できたり、あるいは頻繁なブレーカーによる電流遮断がないため、電化製品が故障しにくくなったなどというケースもあります。

契約アンペア見直しや、回路の一部の追加などが必要なこともありますが、スペース的にはコンセントの取り付け方で、ダブルからトリプルへ増設が可能なお宅が多いのです。

出典:www.amazon.co.jp

また、延長コードを多用して、延長コードから延長コードにとタコ足配線している方などでは、コンセントの口数を見直したりすることで、床や水がかかる範囲、湿度や水分の影響を受けにくい位置で、安全に電気を使用できることもあります。 壁面固定やステープラーでの床面固定などができない延長コードの取り付け方。そのため通電状態で床面において使うことになります。 アースによる感電漏電対策よりも、電源と、そこからのびた延長コードが常時給電状態で床面についていることによる、水漏れや虫やほこりの入り込み、そこに湿度といった漏電ケースリスクのほうが多いもの。 漏電感電対策では、こういった取り付け方や使用方法そのものの基本から見直していくのが、安心安全のポイントです。

電子レンジのアース線についていかがでしたか?

出典:youtube

電子レンジではあまり気にされることもないのですが、意外にアース線をつけない状態で失敗したという方が多いのが洗濯機。とくに屋外使用と、窓からの水の吹込みや、ふろ上がりなどの多湿状態とトラッキング、コンセントに差し込んだ時の水滴付着などで、人ではなく洗濯機がだめになってしまったという方も昔は多かったのです。 やはり水回り家電、水漏れや湿度などで電源やモーター関係が水をかぶってしまったときに、感電漏電防止ではかなり役立つといわれています。

自宅の家電製品でアース線がついているものは、基本的にはアースつけないのではなく、積極的につけたほうが良いもの。とくに電力消費などもないのでエネルギー的にも優しいのです。 ただ、電源プラグとは違って、ねじやドライバーを使うタイプもあることから、取り付け方は面倒。 これを読んだついでに、自宅の家電製品を一斉チェック! アース線の取り付け方をもう一度確認して、つけないまま過ごしてきたアース線を、じっくり整備してみませんか?