沖縄では花粉症にならない?注意する時期や植物(イネ科・モクマオウ科…)

出典:pixabay.com

東京や大阪など、都市部で暮らしている場合、花粉症に悩まされるのは珍しいことではありません。実際に春先になると、花粉症があるためマスクを手放すことはできない、という人は多いのではないでしょうか。そういった人にとって沖縄は花粉症を避けることができる地域として話題になることがあります。 実際に沖縄に移住して花粉症に悩まなくなる人もいれば、沖縄旅行の期間だけ花粉症が止まった、というのもよく聞く話ではあります。 しかし沖縄だからといって花粉症が全くないわけではありません。なぜなら沖縄には、スギやヒノキ以外の花粉症に関係する植物が生息しているからです。

沖縄に自生するモクマオウ科植物は花粉症に影響があるのか

出典:pixabay.com

モクマオウ(木麻黄)とはモクマオウ科の植物で沖縄に自生しています。モクマオウの外観はスギナに似ているところもあります。またモクマオウ科の植物はオーストラリアで多くの種類、分布しています。 このモクマオウも鼻水やくしゃみなど、花粉症と考えられる症状に影響を与えている可能性があります。ただ松の花粉でも花粉症などのアレルギー症状が生じるケースもあるように、花粉症は何か一種類の花粉のみが原因で、生じているとは限りません。 移住先の近隣にモクマオウが多い、または宿泊先の近隣にモクマオウが多いなどの環境であれば、モクマオウ科の花粉によって、花粉症に関する何らかの影響を受けている可能性は考えられるといえるでしょう。

沖縄でスギ花粉による花粉症が少ない理由

沖縄ではスギ花粉による花粉症が少ないのは先に述べた通りですが、それには理由があります。それは単純に沖縄にはスギの木が少ないからです。当然の話ですが、スギ花粉はスギの木から飛んでいきます。そのためスギの木の本数が少なければ、それに応じて花粉は少なくなるのです。ちなみに東京都はスギやヒノキが森林面積の4割ですが、沖縄は1割以下です。そのため都内と比較しても沖縄はスギ花粉が少なくなっているのです。

歴史的背景から見た沖縄でスギ花粉による花粉症が少ない理由

では次になぜ沖縄にはスギ花粉による花粉症の原因となるスギの木が少ないのか、その理由を歴史的背景から見ていきましょう。そもそもスギの木は、成長が早いため国策として植林が推奨されていた時期がありました。しかし沖縄は戦後米国の統治下であったため、スギの木の植林が推進されなかったのです。 またスギの木は細くて背が高いという特徴があります。この特徴は台風が頻繁に訪れる沖縄の気候にはミスマッチです。強風で倒れてしまうリスクもあるからです。 このような歴史的背景や理由によって沖縄にはスギ花粉による花粉症が少ない環境となっています。

【沖縄】花粉症とはそもそもどんな症状?

花粉症の症状は鼻づまり、鼻水、くしゃみや眼のかゆみなどがあります。花粉症による鼻水やくしゃみの症状が酷い場合、仕事への支障となってしまう可能性があります。沖縄とそれ以外の地域でも、基本的な症状は同じです。 事務仕事など内勤の仕事であれば、ティッシュで鼻水を拭いながら仕事することができます。しかし外回りの営業職や接客業となると人と対峙することが多く、鼻水がずっと出ている状態だと仕事への支障となりかねません。 また花粉症で鼻水やくしゃみが止まらないことは、家事や育児をする際にもストレスとなってしまうことがあります。 このような症状からも花粉症に適切な対策をすることは、スムーズに仕事へ取り組むためにも必要なことだといえるでしょう。

花粉症にはなぜなるのか

出典:pixabay.com

花粉症はアレルギー性鼻の一種でもあります。主に日本ではヒノキやスギ、ブタクサ、カモガヤ、オオアワガエリ、などの花粉が花粉症の原因となって起こります。 アレルギー性鼻炎としてダニやホコリにアレルギーがあると思っていた方が、検査をして花粉症だったと後から自覚するケースもあります。 花粉症の症状は前述の通りですが、ダニヤホコリのアレルギー症状と花粉症の違いを見極めることは簡単ではありません。何によってアレルギー反応が起きているのか、その原因を確かめたい場合、花粉症に関する医療機関の受診は欠かせないといえるでしょう。

沖縄で花粉症になった時の対処法

沖縄で花粉症の症状が出てきた場合、できる対処法はいくつかあります。それは以下の通りです。 ・医療機関の受診(花粉症の検査など) ・花粉症対策としての外出時のマスクの着用 ・花粉症の量を減らすため洗濯物を外で干すことをやめる ・花粉症を落とすためのうがい手洗いの徹底 ・ストレス管理 ・栄養管理 ・適度な運動を日常に取り入れる これらの花粉症の対処法は、花粉症の症状が出てから取り組むことも大切ですが、同時に花粉症の予防方法でもあります。なぜなら花粉症の症状が起きる時は、日常から受けているストレスや運動不足、普段から取り入れている栄養も少なからず関係があるからです。 もちろん沖縄での花粉症はイネ科やモクマオウ科の植物による花粉症の原因となる花粉が関係していることが少なくありません。 しかしそれ以前に、栄養が不足している、または過度なストレス状態だったとするとそもそもの免疫力が低下している可能性もあるのです。 また沖縄に住んでいて、イネ科やモクマオウ科の花粉に対して花粉症の原因となるアレルギーがあることが分かっている場合、夏から秋にかけての時期の洗濯物の外干しには気をつけた方がいいといえるでしょう。外干しによって花粉症の原因となる花粉が洋服についてしまうリスクがあるからです。 もちろん洗濯物を取り込む際に、しっかりと花粉症の原因となる花粉を払い落すことで多少はリスクを軽減させることができます。しかし外干しよりも部屋干しの方が、より花粉症の原因となる花粉の量は少なくなるといえるでしょう。

沖縄で花粉症に注意すべき時期とは

出典:pixabay.com

沖縄の花粉症で注意すべき時期は、8月~9月頃のイネ科の花粉が飛散する時期です。もちろん花粉症とは無関係な人はあまり意識する必要はないかもしれません。しかしこの時期に鼻水やくしゃみが沖縄で止まらなくなったとしたら、マスクの着用など花粉症の対策は必要だといえるでしょう。

沖縄の花粉症の原因となる花粉と雨の関係とは

沖縄は時期によっては雨の日が増えるため降水量が多くなります。そんな雨と花粉症の関係はどうなっているのでしょうか。花粉症の症状は雨が長く続くと少なくなる可能性があります。なぜなら長期的な雨は花粉症の原因となる花粉の飛散する量を減らすからです。 ただし短い雨などの場合だと、逆に飛散する花粉症の原因となる花粉が増える可能性もあります。雨だからといって花粉症の対策が全く必要なくなるわけではないのです。

沖縄の花粉症対策として花粉情報をチェックする方法

出典:pixabay.com

沖縄の花粉症対策として花粉情報をチェックするのは効果的な対策の一つです。花粉症の原因となる花粉の量によって、マスク着用の有無や、外出時間を調整することができるからです。では沖縄で花粉症に関する花粉情報をチェックするにはどのような方法があるのでしょうか。 その方法の一つはネットから花粉症に関する情報を確認することです。天気予報のサイトはいくつかありますが、「eo天気」は一週間単位で花粉症に関係する花粉情報を更新しています。またテレビの天気予報でも花粉症の情報を得ることができます。

【まとめ】沖縄旅行で花粉症が気になるなら、マスクなどの対策を考えよう

出典:pixabay.com

ここまで沖縄での花粉症について紹介してきましたが、いかがでしたか。沖縄はヒノキやスギなどの花粉が原因となった花粉症の方なら症状は楽になるかもしれません。また訪れる時期によっては快適に過ごせるといえるでしょう。 しかし沖縄だからといって花粉症がないわけではありません。モクマオウ科やイネ科の植物が沖縄にはあるからです。モクマオウ科やイネ科の植物の存在を考えれば「どの時期でも沖縄なら大丈夫」というわけではないのです。 温かく開放的な沖縄でモクマオウ科やイネ科の植物の花粉症対策のためにマスクを着けて旅行する、という気持ちには中々なれないかもしれません。夏の時期なら尚更です。夏の時期にマスクを着用すれば、その中が蒸れてより暑く感じてしまうかもしれません。ただしモクマオウ科やイネ科の植物による花粉症の症状が出てしまうリスクを考えるなら、時期に限らず念のためマスクを用意しておく、という心構えは大切な対策の一つです。 時期に関わらずモクマオウ科やイネ科の植物の花粉に対して「常に備える」という準備があれば、少なくとも準備をしていないよりは安心して沖縄滞在を楽しめるからです。 沖縄旅行に家族で出かけて、モクマオウ科やイネ科の植物の花粉の影響で自分だけ外出先でもティッシュで鼻をぐずぐずしている姿を想像すると、どうしても楽しみな気持ちは減ってしまうものです。 沖縄で夜空を眺めるために絶景のスポットに出かけ、そこで実際に満点の星空を見たとします。そこで星空を眺めながらモクマオウ科やイネ科の植物の花粉の影響で、自分だけくしゃみが大変で星空どころではない、という状況はできれば避けたいところですよね。星空の観測はレジャーの一つに過ぎませんが、最適に楽しみ沖縄を満喫するためには自分の体調に合った、相応の準備は欠かせません。 花粉症の症状がある、もしくは沖縄旅行でモクマオウ科やイネ科の植物の花粉による花粉症が気になる場合、マスクの持参など何らかの対策は検討すべきだといえるでしょう。