ドコモプレミアムクーポンは当たらない?当選確率等の知っておきたい9つの疑問

目次

ドコモプレミアムクーポンとは何か

出典:pixabay.com

ドコモプレミアクーポンとは、応募すれば抽選に参加することができるというクーポン制度。抽選に当たらない結果となった場合は何もありませんが、当たった人はプレミアムな特典をゲットすることができます。当選確率や当たった人がどうなるのか、については後述しますが、dポイントクラブ会員にとっては嬉しいクーポン制度の一つです。一度当たらない結果となった人でも、抽選には毎月チャレンジすることができます。

ドコモプレミアムクーポンの当選確率等の9つの疑問

出典:pixabay.com

ドコモプレミアムクーポンは前述のように抽選によって景品やクーポンがもらえるシステムとなっていました。当たらない結果となった人は何も手元には届きませんが、実際に当たった人は豪華な特典を手にすることができたのです。 dポイントクラブの会員でありながら、ドコモプレミアムクーポンは今まで使ったことがなかったという人もいるのではないでしょうか。また抽選に参加したけれど、当たらないという結果だったということもあるでしょう。では次に、ドコモプレミアムクーポンに関する疑問をQ&Aで見ていきましょう。

【Q1】dポイントクラブのステージとは?

A dポイントクラブにはステージがあります。2018年5月のリニューアルまでは、次のような分類がありました。 ・レギュラー ・ブロンズ ・シルバー ・ゴールド そしてこれらのどのステージにいるかによって利用できるクーポンには違いがありました。抽選に当たらない、当たる以前に抽選に参加するためには一定のステージに達している必要があったのです。

【Q2】ステージはどうすれば上げることができたのか?

A ステージは半年間で貯めたポイントに応じて変わります。dポイントクラブで半年間、ポイントを貯めるほど、高いステージに行ける仕組みとなっていました。半年間で獲得したポイントが600以下であればレギュラー。半年間で獲得したポイントが600以上であればブロンズ。半年間で3000ポイント以上獲得していればシルバー。半年間で10000以上のポイントを獲得していればゴールドとなっていました。

【Q3】ドコモプレミアムクーポンを利用できるステージは?

A ドコモプレミアムクーポンを利用できるのは、限られたステージに到達している場合のみです。そのステージは、ゴールドとシルバー。半年間っで最低でも3000ポイント以上を獲得していることが前提となっていました。ドコモプレミアムステージの抽選に当たらない、というのはゴールドとシルバーのステージなっている人だけが持つことができた悩みなのです。

【Q4】抽選に当選すると何がもらえたのか

A プレミアムクーポンの抽選に当選するともらえる景品としては、様々なものがありました。それは全国百貨店共通商品券、JAL旅行券、コンビニのスイーツ引換券、東急ハンズギフトカード、などです。 その他には宝塚歌劇団や劇団四季の観賞券(ペアチケット)、東京ディズニーリゾートのチケットなどもありました。 このことから分かるように、抽選で当たる景品はギフトカードや引換券。劇団四季のチケットなど、当たれば嬉しいものばかりが揃っていました。

【Q5】ドコモプレミアムクーポンの当選確率は?

A ドコモプレミアムクーポンの当選確率は、応募すればするほど高くなります。エントリーは毎月一回のみでしたが、12ヶ月間毎月抽選に応募すれば、それだけ当選確率を高めることができます。 具体的なドコモプレミアムクーポンの%としての当選確率は公式サイトでも明示はされてはいません。またドコモプレミアムクーポンは既に終了していますが、プラチナクーポンなど毎月抽選に応募できるようなチャンスがあれば、毎月応募することで、年間での当選確率は高めることができます。抽選に当たらないと感じている人は、抽選に応募する頻度を見直すことも大切です。

【Q6】スペシャルクーポンとプレミアムクーポンの違いとは

リニューアル以前は、スペシャルクーポンとプレミアムクーポンがありました。これらの違いは、利用できるステージが異なることです。スペシャルクーポンはレギュラー以外のブロンズ、シルバー、ゴールドのステージの人が利用することができました。その特典の内容は映画館などを優待価格で利用できるなど、一般的なものがメインとなっていました。 プレミアムクーポンはそのスペシャルクーポンよりも上級のものであり、抽選によって手に入るものとなっていました。利用できるのはゴールドとシルバーのステージになっている人のみ。プレミアムクーポンは最上級という部分でスペシャルクーポンとの違いがありました。

【Q7】ゴールドステージの人だけしか応募できない特典がある?

ドコモプレミアムクーポンはシルバーとゴールド、両方のステージで抽選に参加することができましたが、両ステージは全く同じ立場だったわけではありません。なぜならゴールドステージの人しか応募できないような特典も一部存在していたからです。 しかしこの違いは、ゴールドとシルバーのステージに上がる条件の違いを考えれば理解できることです。ゴールドステージになるためには半年で10000ポイントが必要ですが、シルバーになるためには半年で3000ポイントが条件となっていました。必要なポイント数には3倍以上の差があったのです。

【Q8】カードの保有状況がステージの判別に影響する?

リニューアル前、ドコモプレミアムクーポンが実施されていた時期はカードの保有状況がステージの判別にも関係していました。例えばdカードをクレジットカード機能付きで契約して保有していた場合、ブロンズになることができました。 ブロンズになるための条件はドコモの回線10年以上の契約か、600以上のポイント蓄積が条件となっていました。この条件をカードの保有でクリアできたわけですから、カード保有の有無はステージの判別には大きな影響があったといえるでしょう。 また保有しているクレジットカード付きのdポイントカードがゴールドであった場合は、ゴールドステージになることができました。

【Q9】dポイントクラブクーポンとドコモプレミアムクーポンの違いは?

ドコモプレミアムクーポンはステ―ジがシルバーかゴールド以上でないと使うことができませんでしたが、dポイントクラブクーポンはステージに関係なくdポイントクラブの会員であれば誰でも利用することができます。 その内容は、コンビニのスイーツ割引、リラクゼーションサロンの割引、電気店での割引、ドラックストアでの割引などです。dポイントクラブクーポンはステージを気にすることなく利用できるクーポンなのでdポイントクラブの会員になったらまずチェックしておきたいクーポンです。

【ドコモプレミアムクーポン】抽選に参加する特典内容によって必要な入力項目が違う

出典:pixabay.com

ドコモプレミアムクーポンは応募する特典内容によって、抽選参加時に入力に必要な情報が異なります。住所や氏名など必要事項の入力項目は、応募する特典によって違ってくるのです。例えばディズニーリゾートのチケットに応募するなら、住所や氏名などの個人情報だけでなく、利用する日程まで決めて入力する必要があります。これは人によっては手間だと感じるでしょう。しかしドコモプレミアムクーポンに当たるとは、そういった手間を惜しまずに自ら情報を取りに行き、特典を見極めて定期的に抽選へ参加しています。 またドコモプレミアムクーポンの抽選に応募したけれど当たらない、という経験をした人でも、毎月根気強く応募することで、抽選に当たる人もいます。 そもそもドコモプレミアムクーポンは、シルバーやゴールドのステージになっていれば、勝手に抽選に参加できる制度だったわけではありません。自分からいくつかある中から応募する特典を選択して、抽選に参加する必要があるものです。 そのため、しっかりと特典を見極めて抽選に参加するの頻度を上げれば、当選する確率を高めることができるのです。ドコモプレミアムクーポン内のどの特典に申し込むのか、ということも重要なのです。ドコモプレミアムクーポンに当たった人は自ら情報を取りに行って、手動で必要事項を入力して応募しています。

ドコモプレミアムクーポンに当選するコツ

ドコモプレミアムクーポンに当選するコツは、ここまで述べてきた通り、毎月の抽選に欠かさずアクションを起こすことです。地道な方法ですが、これが一番大切なことです。また単純にドコモプレミアムクーポンの当選確率を高めるためであれば、応募者が少なそうな特典に応募するというのも一つの手段です。ただ抽選は当たって嬉しいものでなければそもそも継続しようという気分にはならない可能性があります。そのためドコモプレミアムクーポンに当選するためには、継続して応募し続けることが最も重要だったといえるでしょう。

2018年5月のdポイントクラブリニューアルで何が変化したのか

出典:pixabay.com

前述のようにドコモプレミアムクーポンは、2018年5月のdポイントリニューアルの時点で終了しています。詳細は後述しますが、そのかわりプラチナクーポンという新しい制度が誕生しています。 では他にどのような変化があったのでしょうか。リニューアルのポイントは次の通りです。

ステージの名称が変更となった

2018年5月以前のステージは、レギュラー、ブロンズ、シルバー、ゴールド、という4段階のステージに分けられていました。しかしリニューアル後は、その段階が5段階となり、ステージごとの名称が変化しています。 その名称は1stステージ、2ndステージ、3rdステージ、4thステージ、プラチナステ―ジです。

ドコモの長期契約がステージ判定に有利になった

リニューアル後の制度では、ドコモを長期契約していれば、ステージ判定は有利になることが決まっています。例えばドコモを15年以上契約している人がいたとしましょう。その人はこれまで月間dポイント獲得数が10000以上なければ判定されなかった、プラチナステージとなります。 もちろんドコモプレミアムクーポンの頃も10000ポイント以上の獲得で最上級にステージになれた仕組みも同じものが残っていますが、ドコモの長期利用が、ステージ判定にダイレクトに影響することは大きな変化だといえるでしょう。

プラチナクーポンとは

出典:pixabay.com

ドコモプラチナクーポンとは、ドコモプレミアムクーポンの代わり、というわけではありませんが、2018年5月のリニューアル以降実施されている最高級の特典が抽選でプレゼントされる制度です。 抽選に参加できるのは、プラチナステージに判定された方のみ。dポイントクラブの最上級の抽選サービスです。毎月当たる特典としては、JAL旅行券や全国百貨店共通商品券等がありますが、注目すべきはその金額です。 なんと30000円分です。JAL旅行券で30000円分あれば、旅行の際に役立つことは間違いありません。また商品券も30000円分あるので、日頃の感謝として親へのプレゼントを購入する、もしくは自分へのプレゼントを購入する費用としてあてることもできます。 また毎週金曜日に更新される、映画ペアチケットも抽選として提供されています。日常を離れて、映画の世界で休日を楽しみたい、という場合に役立つのではないでしょうか。

プラチナクーポンとドコモプレミアムクーポンの違いとは

出典:pixabay.com

プラチナクーポンについては前述の通りですが、プレミアムクーポンとの違いの大きなポイントは、最上級のステージへの判定基準が変わったことです。これはかなり大きな違いだといえるでしょう。 なぜならドコモを長期的に使ってきたユーザーで、dポイントなど考えたことがなかった人でも、プラチナクーポンに参加できるようになったからです。 ドコモプレミアムクーポンの頃は純粋にポイントを貯めていることが必要でしたが、プラチナクーポンになってからは、全てのドコモユーザーが意識すべきサービスとなったのです。 ただ15年間もドコモのみを使い続けている、というユーザーがプラチナクーポンの対象なので、プラチナクーポンに関しては誰もが手の届くクーポンではありません。ただドコモの利用期間が4年以上であればステージは2ndに判定されるようになったというのは大きな変化です。

ドコモプレミアムクーポン終了以降のdポイントクラブの魅力とは

出典:pixabay.com

2018年5月のドコモプレミアムクーポン終了以降、dポイントクラブには新たなる魅力が生まれています。その一つがステージの判定が毎月ごとになったことです。過去の半年に貯めたポイントでその次の一ヶ月のステージが決まることになったので、ポイントを貯めることでステージを上げることを考えた場合、毎月のポイントのチェックはより楽しめるようになったといえるでしょう。

dポイントクラブはドコモユーザー以外も会員になれる?

かつてはドコモプレミアムクーポン、現在はプラチナクーポンという魅力的な制度があるdポイントクラブは、ドコモユーザー以外でも会員になることができます。 その方法は簡単で、HPからdアカウントを発行するだけ。入会の際はdポイントカードの作成は欠かせませんが、ポイントカードを貯めてプラチナクーポンの抽選に参加したい、という場合、会員になる価値はあるといえるのではないでしょうか。

ドコモの長期契約15年以上の人はdポイントクラブを活用しよう

出典:pixabay.com

ドコモプレミアムクーポンと同等の最高級の抽選であるプラチナクーポンは、前述の通り、ドコモを長期契約している人にとってはかなりお得になっています。特にドコモを15年以上使っている人は、これまでdポイントを意識していなかったとしてもプラチナクーポンに参加することができます。ドコモをこれまで長く使ってきた、という人はdポイントクラブを使うメリットがあるので、プラチナクーポンなどの制度は活用すべきだといえるでしょう。

dポイントクラブのメリット

ドコモプレミアムクーポンやプラチナクーポンなど、dポイントクラブはこれらのサービスだけでも使うメリットがありますが、もう一つお得なところがあります。 それはdポイントの貯まりやすさです。dポイントカードを入会時に、ビザやマスターなどで決済機能付きで作成していれば、dポイントを使えば使う程貯めることができます。 しかも貯まったポイントはステージの判定に影響するだけでなく、1ポイント1円として使うこともできます。 dポイントカードを使えるお店としては、ローソン、ローソンストア100、マクドナルド、ブリーズ、一六本舗、アルジー、エフ・オー・キッズ、マツモトキヨシ、おみずやさん、サンライズ、メガネスーパー、プリン本舗、ノジマ、ジョーシン、アオキ、高島屋、サンマルクカフェ、ペッパーランチ、すし半、かにしげ、花小梅、いただきコッコちゃん、イオンシネマ、オリックスレンタカー、マルサン書店、てもみん、など様々なお店があります。 飲食店や本屋さんは当然のことながら、リラクゼーション施設やレンタカーまで、幅広い場所でポイントを使うことができます。 使う際は、事前にdポイントカードの利用登録が必要になりますが、カードを使ってポイントによるスムーズな決済でショッピングを楽しみたい、という場合dポイントクラブに加入するメリットはあるといえます。

dポイントクラブのデメリット

dポイントクラブのデメリットは、ドコモ以外の携帯電話会社と契約している場合、ドコモユーザーと比較するとどうしてもメリットが小さくなることです。前述のようにドコモプレミアムクーポンに近いサービスであるプラチナクーポンは、ステ―ジの判定など、一部ドコモユーザーが優遇される部分があります。 これはドコモユーザーにとっては嬉しいことですが、他の携帯電話会社と契約している場合は面白くないと感じてしまうところかもしれません。 またそもそもドコモプレミアクーポンのような抽選サービスやポイントが貯まることに喜びを感じない、という場合はdポイントクラブに加入することを手間だと感じてしまう可能性があります。 dポイントクラブは、ポイントシステムやドコモプレミアムクーポンのようなクーポンサービスを使うことに関心がある人に、向いているサービスでもあります。

dポイントは貯まると何ができるのか

dポイントは貯まれば、お店の支払いで使えるだけではありません。かつてのドコモプレミアムクーポン、現在のプラチナクーポンなどに関係するステージ判定に用いられ、さらにケータイ料金の支払いに使うこともできます。 支払いができるのはドコモのケータイのみですが、月々のケータイ代金を少しでも安くしたい場合、そのために使うこともできます。 またその他にはポイングッズの購入にも使うことができます。ポインコグッズとはポインコと呼ばれる黄色いキャラクターのグッズ。ポインコマーケットにて購入することができます。 グッズの内容はフェイスタオル、モコモコスリッパ、ハンドタオルやト―トバックなど生活につながるものばかり。可愛らしいデザインなので日常に取り入れることで、明るい気持ちになれるかもしれません。

【まとめ】ドコモプレミアムクーポン/プラチナクーポンを活用しよう!

ここまでドコモプレミアムクーポン・プラチナクーポンについてまとめてきましたが、いかがでしたか。どちらも当選確率を高めるためには、毎月の抽選に欠かさず参加することが欠かせません。 ドコモプレミアムクーポンに当たった人は当選確率を少しでも高めるための工夫をした人です。それは特典内容を見極めることかもしれません。抽選に参加するタイミングを考慮したのかもしれません。ドコモプレミアムクーポンは特典の内容によって対象人数も抽選に参加する人の数も異なります。当選して当たった人となるためには、そういった特典ごとで異なる競争葎の高さを見極める視点も必要だといえるでしょう。 ドコモプレミアムクーポン・プラチナクーポンは当選して当たった人となれば、日常を豊かにする嬉しい特典を受け取ることができます。 そういった意味では、例え当たらないという結果になったとしても、当選することが難しそうなドコモプレミアムクーポン・プラチナクーポンの抽選に参加する価値はあるといえるでしょう。当選確率が低いほど、価値が高いのはどんな抽選にも共通することです。 また全国共通百貨店三万円分などが特典となった抽選に参加して当たった人となれば、それ使って今自分が欲しいと思う物を手に入れることもできます。当たらないという結果になれば、もどかしいかもしれませんが、当たった人となった時は、そのもどかしさも無くなってしまうほど嬉しい特典です。三万円分の商品券を特典とする抽選で当たった人となれば、食材の購入などに使って家計の足しにすることもできます。当選確率が低い抽選で、このように当たった人となった時のことを想像すれば、あえて競争率が高くなりそうな特典の抽選に参加することも賢い選択肢の一つだといえるのです。 今まで当選したことがなく当たらないという結果ばかり、一度当たった人となってみたい、そんな場合は応募する特典を見直すことも大切です。競争葎が低そうな特典の抽選を選べば当選確率が高くなるかもしれないからです。プラチナクーポンでは1曲だけ音楽をダウンロードできるような無料音楽クーポンを特典とした抽選もあります。対象人数は5000名と多く当選確率も高くなると考えられるため、当たった人となれる可能性もあるといえるでしょう。もちろん当たらない時は当たらないので、その時は次のチャンスを待つしかありません。しかし当たらない状況でも継続すれば、ドコモプレミアムクーポン・プラチナクーポンは誰にでも当たる人となれる可能性があるものです。 既にプラチナステージになっていて、プラチナクーポンに参加できる、という方は当たった人となることを目指し定期的にドコモプレミアムクーポン・プラチナクーポンへチャレンジしてみてはいかがでしょうか。