「耳を傾ける」の意味や由来・類義語や英語での表現方法、意図を伝える例文など

「耳を傾ける」は、「みみをかたむける」と読みます。では、その漢字の意味から、それぞれ見ていきましょう。 「耳」は、人体の耳をそのまま指しています。「傾ける」は、ものの角度がまっすぐな状態や、普段の状態から変化して斜めになることを言います。ですから、そのままの意味としては、「耳の角度をいつもと変えて斜めにする」という事になります。 でも、これだけでは使い方として少し意味が通じませんね。実は「耳を傾ける」には、それに続く言葉があります。それは「聞く」という言葉です。つまり「耳を傾けて聞く」が本来の言い方になります。それを短縮した「耳を傾ける」だけでも言葉の使い方として通じるようになっているということです。

「耳を傾ける」の意味

相手の話を本気で聞きたいと思ったら、相手の口に耳が少しでも近づくよう、体や頭を寄せたりしますよね?あるいは耳に手を当てて、少しでも話を明瞭に聞き取ろうとするかもしれません。そのような様子から、耳を傾ける=相手の話を注意深く聞く、という意味として使われているのです。 先ほど「耳を傾けて聞く」が本来の言い方と書きましたが、もちろん、実際には必ずしも耳の角度を変えて聞くということではありません。しかしこのまま「耳を傾けて聞く」と言ってしまうと、単に、見た目が耳が傾いた状態になっているという受け取り方もできてしまいます。しかし、言いたいことは見た目ではなく強い関心を持っているということです。ですから敢えて「聞く」を省き、「耳を傾ける」と使い方に落ち着いたのです。

続く言葉は聞く?聴く?

「耳を傾ける」は、相手の話を聞いている状態を指しますが、聞くには、他にも「聴く」という漢字を当てることができます。つまり「耳を傾けて」には、「耳を傾けて聞く」「耳を傾けて聴く」という、2つの可能性があるということです。 この2つの漢字の違いは、「聞く」は比較的漠然と流れてくる音や声を受け取る状態を指し、「聴く」は、自ら主体的に音や声を取りに行く姿勢を指します。相手が何を言っているのか、注意深く頭の中で考えながら聞いているということです。 例えば「聴」を使った言葉に「傾聴」という単語があります。傾けて聴くと書くように、まさしく「耳を傾ける」と同じ意味で、相手の話を進んで受け入れ、かみ砕きながら理解をしていく事を言っています。 このことから分かるように、「耳を傾ける」は「聞く」よりも「聴く」の使う方が近く、「耳を傾けて聴く」と言うべき言葉となります。

人の話に「耳を傾ける」ことの重要性

ビジネスの場において、「耳を傾ける」ことは非常に大事な姿勢です。例えば、「実るほど、こうべをたれる稲穂かな」という言葉があります。これは、どんなに偉くなっても偉ぶらず、謙虚に人の話に耳を傾けることで、自分が気が付かなかった分野の理解力や洞察力が深まり、また相手の信頼も得ることが出来て、成功に繋がるという意味です。人の話を聞かないで自分の話ばかりしたり、聞いたとしても右から左で、さして相手をしないような行動を取ると成功は長続きしません。 もしかすると、「耳を傾ける」という行動は効率が悪くて、仕事のスピードを落とすと考えている人がいるかもしれません。しかし優秀な経営者の能力には、話すだけでなく聞くことが重要であるという研究結果もあるのです。

素直に人の話を聞けない時は?

そうは言っても、時にはなかなか素直に人の話を聞けないこともあるでしょう。特に自分に対する批判であれば、尚更です。そんな時は、批判をしているのが相手ではなく、自分が自分に言っているのだ、というつもりで聞いてみましょう。 自分の頭の中で、自問自答するのです。誰かに言われたら聞きたくないような言葉でも、自分で自分に言うのであれば、それほど抵抗を感じずに耳を傾けることができるでしょう。するとそれが、自分の問題点の改善やスキルアップにつながります。そうしたポイントだけつかんでいく。これが「耳を傾ける」のもう一つの使い方です。

「耳を傾ける」の類語は?

「耳を傾ける」と似たような類語をご紹介いたします。 ・類語①:聞き耳を立てる:人のヒソヒソした小さな声や、聞かれたくないような話をコッソリ聞く ・類語②:耳をそばだてる:注意して聞きとろうとする。聞き耳を立てるとほぼ同じ ・類語③:耳を貸す:人の言うことを聞いてあげる、相手にする、相談に乗るなど。 ・類語④:耳を澄ます:小さな声を聞こうとして、自分から音を出さないようにして集中する ・類語⑤:耳に入れる:たまたま話が聞こえてきた、特定の誰かから情報が入ってきた、または秘密の情報を目上の人に知らせる(ひとつお耳に入れておきたいことがございます) ・類語⑥:耳に挟む:噂話などを偶然に少しだけ聞く、細かいところまでは分からないが、話題があることは知っている。 このように「耳」を使った表現は、いずれも「聞く」「聴く」という意味につながります。

耳を傾けるの英語表現

次に、英語で「耳を傾ける」を意味する表現をご紹介します。 英語で「聞く」を意味する言葉として使われるのが「hear」と「listen」です。ちょうど「hear」は「聞く」に、「listen to」は「聴く」に相当します。 「耳を傾ける」は「聞く」よりも「聴く」に近いので、英語の場合も「listen」を使うのが妥当となります。例えば「I listen to music」は、音楽に耳を傾ける(音楽を聴く)という意味になります。

英語での有名な言葉

・The first duty of love is to listen.「愛の最初の義務は耳を傾けることである」(ドイツのプロテスタント神学者、パウル・ティリッヒ) ・Courage is what it takes to stand up and speak; courage is also what it takes to sit down and listen.「勇気とは、起立して声に出すことである。また、着席して耳を傾けることでもある」(イギリスの首相、ウィンストン・チャーチル ) ・When a woman is talking to you, listen to what she says with her eyes.「女性が話しかけてきたときは、彼女の目が発する言葉に耳を傾けることだ(フランスの詩人、ヴィクトル・ユーゴー) などがあります。

「耳を傾ける」の例文

実際に「耳を傾ける」を使った例を短文で紹介します。 ・短文①:アルバイトで学んだことは、お客様の声に耳を傾ける姿勢です。 ・短文②:忙しくてあの人の話に耳を傾ける余裕がなかったことが悔やまれる。 ・短文③:彼は隣の部屋から流れてくるピアノの音に耳を傾けた。 ・短文④:自分の心の中の色々な声に耳を傾けてみよう。 ・短文⑤:一生懸命説明をしているのに、耳を傾ける様子がまったくないのはどういうことか。 ・短文⑥:いつの間にかテーブルの周囲には人が集まり、彼の話に黙って耳を傾けていた。 ・短文⑦:なにをするわけでもなく、ただ雨の音に耳を傾けた。

「耳を傾ける」の意味や使い方、由来・類義語や英語での表現などのまとめ

今回は、「耳を傾ける」という言葉について、その意味や使い方を見てきました。耳を使った表現は聞くことに繋がる言葉が多いですが、「耳を傾ける」も、「耳を音や声がする方向に傾けてでも、じっくり聞き取ろうとする」様子を示しています。そしてただ聞くだけではなく、思いを巡らせたり、自分の中で噛み砕くなど、「聴く」という性質を持っています。 実生活や仕事の場面では、ただ相手の話を聞くのではなく、聴くという姿勢が必要な事も多々あります。人の話に「耳を傾ける」ことで、相手との関係性が向上したり、新しい発見が生まれることもあります。ぜひ使い方を理解して、色々なことに耳を傾けるようにしてください。