タートルトークの仕組み/声優は?事故ってあった?絶妙な質問や名言5選

ライフスタイル
タートルトークは、ディズニー映画「ファインディング・ニモ」に出てくるキャラクターのウミガメの「クラッシュ」と実際に話をすることができるという参加型のアトラクションです。ゲストとの会話に、会場はいつも大爆笑、事故(ハプニング)の渦に包まれ、いったいどういう仕組みになっているんだろうかと、不思議に思っておられる方も多いようです。知恵袋でも紹介されていますが、ゲストは「クラッシュと一緒に海の中にいる」ような気分になることができるのです。
タートルトークのもう一つの魅力は、S.Sコロンビア号のなかにあるシアタータイプのアトラクションですから、全天候型といえることです。飴でも楽しむことができるアトラクションと言えますね。また、250人を一気に収容しますので、回転が早く混雑する土・日・祝でも混雑することなく入ることができるのです。

ここがすごい!タートルトークの仕組み1:タートルトークでクラッシュと会話ができる

タートルトークでは指名された人がクラッシュと会話を楽しめます。映像が始まると、その中にいるクラッシュがゲストを指名します。この指名の人数は5人です。250人収容できる施設ですので、その指名倍率は50人に一人になります。それほど指名される倍率が高いので、知恵袋でも質問がありますが、実際にクラッシュと話ができるかどうかは難しいものになっています。

タートルトークで指名されるには

見ているだけでも楽しいのですが、やっぱりせっかく参加したのだから、お話がしたいものです。

そこで、いろいろと参加の確率を上げる努力をされている人がいます。指名のされ方は、クラッシュがモニターで客席を見て誰を指名するかを、そのアトラクションのガイドさんに伝えるようです。ですから、まずは目立つことが大切です。

「独特の(目立つ)服装で参加したら指名してもらえた!」という方がおられます。250人ですから、後ろのほうでも目立つ服装です。クラッシュも250人の名前はわかりませんから、例えば「右後ろの赤い帽子をかぶった熱帯魚みたいな服を着ているお嬢さん!」という指名の仕方になるからです。それもクラッシュに指名してもらうのですから、海に関係のある服装がいいでしょう。 知恵袋でも紹介されていますが、他にもいろいろ工夫をして指名してもらった方がいます。「頭の上に巻き巻き昆布をのせている方!」「水中眼鏡をかけて潜ろうとしているお兄さん!」などと、クラッシュならではの選び方をしているようですので、選ばれたいのなら、まず服装に工夫がいるのですね。 また、ガイドさんがマイクを持ってゲストのところに行きますので、周りに迷惑のかからない席に座ることも大切なことです。連なった座席の両端が最高の席といえますね。このようにできるだけ端に近い席に座ることも選ばれるポイントになります。タートルトークは、250人の中で楽しめますが、実際に指名されて話をするという楽しみ方はかなり価値のあるものになります。

ここがすごい!タートルトークの仕組み2:アトラクション「タートルトーク」の流れは

ディズニーシーNO.1アトラクションとして「タートルトーク」をあげられる方も多くおられます。ここでは、タートルトークがどのような流れで進むのかについて。知恵袋にもあります流れを簡単にご紹介します。

1.クジラ語の練習(レクチャールーム)待ち時間も退屈しません。
2.海底展望室へ移動します。
3.クラッシュが登場します。「クラッシュー!!!」
4.クラッシュがゲストのひとりを指名します。
5.ウミガメの挨拶を教えてくれます。クラッシュ「最高だぜぇ〜」→ゲスト「うおーう!」両手(両ヒレ)を挙げるのが約束

6.落ち着いて元気に挨拶します。(失敗してもクラッシュがやさしくフォローしてくれる)
名前を答えると「いい名前じゃないか」「泳ぎが速そうな名前だなー」などとクラッシュがいじります

7.クラッシュからの質問 どこから来たのか、だれと来たのか、聞かれます。
クラッシュ「どこから来たの?」
ゲスト「大阪」
クラッシュ「たこやきだー!、うめーだろうなー。」

クラッシュ「だれと来たの?」
ゲスト「彼女」
クラッシュ「すげー!彼女と話するから変わって!彼氏はやさしいかい?俺のことも好きだろー」
ゲスト「はい」
クラッシュ「俺たち気が合うナー!」

8.ゲストからの質問コーナー いよいよ質問コーナーに移ります。
クラッシュ「質問したい人!元気良く手(ヒレ)をあげて!」
ゲスト「クラッシュの悩みはなんですか。」
クラッシュ「そんなもんあるわけないじゃんか。」

9.ドリー登場、終了
ファインディング・ニモに登場するドリーが出てきます。
クジラ語でドリーと遊びます。これが終わったらタートル・トークの終了です。

クラッシュが去るときに素敵な一言を言ってくれ終了になります。

ここがすごい!タートルトークの仕組み3:タートルトークでの事故(ハプニング)は

知恵袋でもいろいろと紹介されていますが、楽しいタートルトークが続く中で「英語で質問」をされるという事故(ハプニング)があります。英語での質問に対しては予想ができていなかった事故(ハプニング)で、戸惑いをみせるクラッシュのようすに爆笑が起こったようです。 また小さい子供に「おっさん、あのね・・・」と言われたクラッシュは、事故(ハプニング)でびっくりして言葉を失ったようです。多くの質問が飛んでくるクラッシュは、ほんとうにたいへんですね。事故(ハプニング)がつきもののなかで、クラッシュはがんばっているのですね。

ここがすごい!タートルトークの仕組み4:タートルトークのクラッシュの声優は?

皆さんが気になることとしてあげておられる中で一番は、タートルトークの声は誰が担当しているのかということです。ゲストと話す、それも完全なアドリブで離している方で、しかもユーモアあふれる回答をするクラッシュですから、プロと呼ばれる方には違いないでしょう。知恵袋でもいろいろな憶測が飛んでいます。 ディズニー映画「ファインディング・ニモ」でのクラッシュは、名探偵コナンの2代目でお馴染みの小山力也さんですが、小山さんが担当しているわけではなく、小山さんの声に近い人を選抜してまわして言っているようです。よくタートルトークに参加している方は、「毎回微妙に声が変わっているような気がする。」と言われています。 しかし、施設側も努力をしているようで、「ボイスチェンジャー」を使って声質を小山さんに近づけるようにしているようです。もちろん何回も公開されるイベントですから、一人ではとても対応できないでしょう。それもリアルな会話「どこから来たの?」や「ちゃんと泳げる?」など面白おかしく会話で楽しませてくれるのです。一説には、劇団員の方が担当しているようですが、ただ、劇団員の方だと言ってもアドリブの効く方でないと困るということになります。このように、タートルトークの裏舞台では、施設なりの努力をしているのですね。

ここがすごい!タートルトークの仕組み5:驚きの仕組み

1.クラッシュの口の動きが声優さんのセリフと一致している!

「この仕組みってどうなっているんだろう?」と思われる方が多いのが、クラッシュの口の動きとセリフの一致です。これは、「クラッシュの口の動きが、声によって反応する仕組みになっているのです。画面の質は映画同様のもので、声の発音によってコンピュータがその声を認識して口が動くようになっているという仕組みです。 実際に体験してみればわかりますが、ゲストの質問に対して、ほんとうにクラッシュが答えているように見えるのです。これは、会場のスタジオにいる声優がゲストの質問に答えているのですね。このようなハイレベルな技術、仕組みによって支えられているタートルトークは確かに凄いです。

2.アドリブの素晴らしさの秘密は!?

クラッシュのアドリブは、実にユニークでテンポよく語られています。それはマスコミでもたくさん取り上げられていますが、あの千原ジュニアさんが「完敗!」というクラッシュの会話力はそれほど素晴らしいのです。ゲストをいじることで会話を笑いに変えるというトークスキルです。(決してゲストを傷つけたりしません。) 上述の「声優さんは」でもご紹介しましたが、ゲストが質問する内容を見事に切り返す話術、そして笑いを誘う会話ができるセンスは素晴らしいトークスキルとしかいえません。知恵袋にもある劇団などの経験者で、しかもトークセンスのある方が対応されているのでしょう。

ここがすごい!タートルトークの仕組み6:クラッシュへの絶妙な質問やクラッシュの名言5選

質問と名言1.
Q.クラッシュはなんでしゃべれるの?
A.俺様は裏方様じゃ。裏方は非常に大切だぞ!

質問と名言2.
Q.クラッシュの一週間はどんな生活をしてるの?
A.海の中もおまえたち人間が汚すから、魚たちも毎日掃除でたいへんなんだ!俺様は社長だからここにいるがな。

質問と名言3.
Q.人間界で人間関係で悩んでるんだけどアドバイスして
A.人間をやめればよい。ここにおいで、楽しいぞ。魚関係で悩むことはない!

質問と名言4.
Q.彼氏が最近冷たいんだけどどうすればいい?
A.おまえの彼氏は海の底にいるのか?海の底は冷たいぞ!引き上げてやれ。

質問と名言5.
Q.この回が今日の最終回だけど、このあと飲みに行かない?
A.いいねえ。酒は飲んだことないからなあ。後でライン交換しようぜ。

タートルトークの仕組みや声優、事故(ハプニング)そして絶妙な質問や名言 まとめ

いかがでしょうか。
タートルトークの仕組みや声優さんのこと、事故、「絶妙な質問5つ」についてご紹介しました。タートルトークは、一日に何度おとずれても飽きないという評判で、知恵袋でも多くの回答が寄せられています。ぜひゲストに選ばれるように何回も足を運んでいただければと思います。プロ級の話術を持ったクラッシュに負けない質問をあなたなりに考えていくことをオススメします。