【おさいふPonta】ゲオでの支払いやPontaカードからの引き継ぎ手順

お金

目次

おさいふpontaとは?他の電子マネーと何が違うの?

まず、おさいふpontaとはどのようなものなのか解説していきます。

現在、身近な存在となっているプリペイド式の電子マネー、nanacoや楽天Edy、WAON、Suica(モバイルSuica)、PASMO・Tマネーは、電子マネー加盟店だけで利用できます。 レジ付近に読み取り端末が置いてあったり、利用できる電子マネーのロゴがついており、加盟店は多いのですが利用できない店舗もあります。

これに対して、おさいふPontaはJCB加盟店で利用可能となります。 他の電子マネーと同じようにチャージして、JCBのクレジットカードと同じように買い物に使うものです。

おさいふpontaの入手方法

おさいふpontaカードはローソンの店頭で配付されています。 通常は上記画像のデザインですが、キャンペーンなどでキャラクターやアーティストのデザインカードが発売されることもあります。

おさいふpontaの使い方

 

入手したおさいふpontaはローソンのレジでチャージし、その場で利用することができますし、プリペイドカードとして使わずpontaポイントカードとして利用することも可能です。

使い方①ポイントカードとして使う

ポイントカードとして利用する場合は、ローソンやpontaポイント加盟店でのご利用の際に提示するだけでポイントが貯まります。

使い方②プリペイドカードとして使う

チャージする際はレジで「おさいふpontaへチャージしたい」と伝えるだけなので簡単です。 電子マネーとして使うだけでしたら、会員登録は不要ですが以下のサービスを利用するためには会員登録が必要です。

・貯まったpontaポイントを利用する
・マイページで利用履歴や残高の確認
・クレジットカードを利用してチャージ
・おさいふpontaを紛失した際のサポート
・各種キャンペーンへのエントリー

使い方③ネット通販で利用する

事前にチャージしておけば、全国のJCB加盟店でも利用できるのがおさいふpontaの嬉しいところです。 もちろん、Amazonや楽天などのネットの支払いにも利用可能です。

オンラインゲームの有料アイテムやLINEスタンプの支払いなど、クレジットカードでの支払いのみに限定されている場合でもおさいふpontaを利用して支払いができます。 購入サイトによっては3桁のセキュリティーコードの入力が必要になることもあります。 その場合はカード裏面の署名欄右上の3桁の数字を入力しましょう。

また、ケータイ料金とまとめて払うようにしたり、クレジットカードでの支払いだとついつい使いすぎてしまいがちな課金アイテムもプリペイドカードで払うと使いすぎを防ぐこともできていいですよね。

PontaカードからおさいふPontaへポイント・会員情報を引継ぎする方法

 

今までpontaカードを使っていた方も、おさいふpontaを初めて持ったという方も「おさいふponta」さえあれば、問題ありません。

それは、おさいふpontaは今までのpontaカードにプリペイド機能の付いたものだからです。 一枚で、提示から支払いまで完了できる優れものなのです。ということは、1枚にまとめてしまった方がお財布の中身もスッキリするということは簡単に想像できますね。

では、pontaに貯まったポイントや会員情報をおさいふpontaへ引継ぎする方法をお伝えしていきます。

まずは会員登録

pontaからおさいふpontaへポイント移行する方法は3通りあります。会員情報登録を済ませると利用できるようになりますから、まずは会員情報登録を済ませてしまいましょう。 会員情報登録をしていなくても、ポイントを貯められますが、使ったり移行したりすることはできません。これではせっかくおさいふpontaを作った意味がないですよね。

では、会員情報登録の方法です。
①おさいふpontaサイトにアクセス(カード裏面のQRコードからもOK)
②メールアドレスを入力
③届いたメールのURLをクリック
④本人確認画面でカードに書いてあるおさいふpontaIDとセキュリティコードを入力
⑤利用申込画面が表示されるので必要事項を入力
⑥確認して完了

とても簡単に登録できるので、おさいふpontaを手に入れ次第済ませておいてください。
ここを終わらせないと、おさいふpontaを活用できません。 では、無事に登録できた場合は3通りの方法からお好きな方法で引継ぎをしてみましょう。

引継ぎ方法①いつでもどこでも!おさいふpontaサイトから

①おさいふpontaの公式サイトにアクセスしてログイン
②「Pontaポイント移行」へ進む
③今までのPontaの会員IDと生年月日、電話番号、裏面のセキュリティコードを入力
④確認ボタンで確認画面へ

これで問題なくポイントが表示されればOKです。すぐに旧pontaからおさいふpontaに情報が引き継がれます。

引継ぎ方法②Loppiでお手軽に引継ぎ

①ローソンにpontaとおさいふpontaを持参
②Loppiへ行く
③Loppiのpontaをかざす部分におさいふpontaをかざすと会員メニューが表示される
④「pontaポイントの移行」を選択
⑤規約や注意事項を読んだら、pontaカードをかざす
⑥内容を確認して完了
⑦翌日以降に情報の引継ぎが完了

2枚の新旧のカードを持っていくだけです。入力する手間などもあまりないので楽です。

引継ぎ方法③おさいふpontaデスクに電話で引継ぎ

さて、ネットで手続きしようとしても、Loppiでもなんだか上手くいかない!よく分からない!というときに頼れるのが「おさいふpontaデスク」です。

電話で手続きする方法です。 連絡先は、以下の通りです。

おさいふpontaデスク
→0570-064-836(通話料がかかります。)

国際電話・IP電話の場合
→東京:03-5996-1205
 大阪:06-6261-3702

元日以外、朝9時から夕方5時までの受付となっています。
ちなみに、盗難や紛失のときにもここで対応してもらえます。

おさいふpontaをゲオで利用するには?

 

「おさいふpontaを持っているから、ゲオでそのままレンタルができる」というのは実は大きな勘違いなんです。 でも、なんとなくできそうな気もしてしまいますよね。 ゲオでレンタルをするために必要な手続き、ゲオでのポイントの貯め方などゲオでおさいふpontaを活用する方法をお教えします。

おさいふpontaでゲオのレンタルをするには手続きが必要!

おさいふpontaを持っていたらそのままゲオでレンタルカードに使える…という気がしてしまいますよね。でも実はそのままでは使うことができないのです。

実はTSUTAYAの会員証とTカードの関係と同じで、「ゲオのポイントカード」として作ったポンタカードではなくローソンのポンタやその他のポンタでは、レンタルカードの登録が別途必要になります。

まず、用意するものは、pontaカード/おさいふpontaと身分証です。 すぐにお手元に用意できるのではないでしょうか?
身分証明証としては、運転免許証があるなら免許証、学生なら生徒手帳や保険証を使います。 保険証の場合には、その住所に住んでいることが確認できる公共料金の領収証などを添付する必要があるので注意してください。

ちなみに、保険証と一緒に添える書類は住民票でも大丈夫ですし、マイナンバーカード(番号カードではなく、写真いりのカードの方)も身分証として単体で使えます。 これを持ってゲオの店舗のレジに行き、レンタル登録を店員さんにお願いすれば、すぐに手続きが可能です。

ゲオのレンタルはポイントが加算されない!

 

ゲオではポイントが加算されないってどういうこと?と不安になってしまいますよね。でも、ちょっと待ってください。

ゲオでは、ポイントが加算されるサービスとされないサービスがあるのです。ゲオで何をしても加算されない・・ということではありません! では、ゲオでポンタポイントが加算されるサービスとされないサービスをご説明します。

ゲオでポイントが加算されるサービス

ゲオでpontaポイントがもらえるサービスをまとめると、以下の通りです。

・商品の購入で税抜200円で1ポイント加算される
・宅配レンタルで送料を除く税抜100円につき1ポイント加算される
・ゲオのお店でセルフレジを使ってレンタルすると税抜200円で1ポイント加算される

お店なら購入したり、セルフレジを通してレンタルすれば、しっかりとポイントがもらえます。レンタルでもっとポイントがもらいたいなら、宅配レンタルを使うのも還元率が高くなるのでおすすめです。

ゲオでポイントが加算されないサービス

反対にポンタポイントが加算されないサービスは、普通にレジを通してのレンタルです。
今までレンタルと言ったら、普通にレジを通してお店でレンタルをするのが主流だったので少し不便に感じる点かもしれません。

でも、先ほど紹介したようにレンタルでもポイントを加算してもらう方法がありますので、知識として知っておけば問題ありません。

おさいふponta 5つのメリットと4つのデメリット

 

これまではおさいふpontaの入手方法や使い方をご紹介しましたが、おさいふpontaは本当にお得なのか、使うメリットはあるのかが大切ですよね。 おさいふpontaを使うメリットとデメリットをみていきましょう。

メリット① JCB加盟店でクレジットカード同様に使うことができる

おさいふpontaはプリペイド式のクレジットカードです。 通常の電子マネーは、その電子マネーを導入している加盟店でのみ利用できますが、こちらはクレジットカード同様JCB加盟店であれば利用可能です。

また、Amazonや楽天などのネットショッピング、スマホゲームの有料アイテムやLINEスタンプの購入の際にも使えるので、カード情報の漏洩が不安な方やカードを使うとつい使いすぎてしまうという方も安心ですよね。

メリット② JCB加盟店での利用でpontaポイントが貯まる

上記で支払いをすると、500円に1ポイントのpontaポイントが付与されるお得な電子マネーです。 よく、クレジットカードで支払いをする人にとってはとてもお得です。

メリット③ ローソンでのチャージが無料、クレカでもチャージ可能

現金でのチャージは無料、セゾンカード以外のクレジットカードからのチャージは手数料がかかってしまいますが、現金同様レジで会計前にチャージして使えば通常のpontaポイントに加えてさらにポイントが貯まるのもメリットの一つだと思います。

メリット④ これ1枚で電子マネーとポイントカードの1枚2役!

他の電子マネーカードを持とうとするとpontaポイントカードとは別でもう1枚持たなくてはいけませんがこれなら1枚2役です。
ゲオでのレンタルを利用している場合は、レンタル利用手続きをすれば1枚でレンタル会員証にもなり、なんと1枚3役となります。

メリット⑤ 万が一紛失しても安心サービスが利用できる(要会員登録)

通常のpontaポイントカードにはないメリットである盗難・紛失保証は会員登録することで連絡時点でのチャージ残高、Pontaポイントが補償されます。
もし紛失・盗難にあった場合にはおさいふPontaデスク(0570-064-836)に連絡すればOKです。

デメリット① クレジットチャージが損

現金を持ち歩かなくてもチャージができるクレジットチャージはお手軽なうえ、クレジットポイントも貯まってお得なのですが、おさいふPontaの場合、クレジットチャージが損になることがあります。

株式会社クレディセゾン発行のクレジットカードは、クレジットチャージするのに手数料はかかりません。
しかし、それ以外のクレジットカードでクレジットチャージすると、チャージ事務処理手数料が216円かかってしまいます。

クレジットチャージの最大のメリットは、チャージするとクレジットポイントがゲットできるということですが、おさいふPontaにクレジットチャージしても、クレジットポイント対象外になってしまうのです。

デメリット② ローソンを利用しない人には損

近くにローソンがなくて、他のコンビニをよく利用する人には、おさいふPontaは不向きです。
ほとんどの電子マネーには有効期限はありませんが、おさいふPontaには有効期限があるのです。
最終利用日から2年間利用しなければ、チャージしていた金額が失効してしまいます。 あまり利用しなかったりすると、気づかないうちに失効していた!という事態になりそうです。

まとめ

おさいふpontaについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

サービスが始まって約3年、他の電子マネーに劣る部分は多々ありますし、ポイント還元率もイマイチです。
しかし、今後新たな加盟店の増加やサービスの向上も期待できなくはありません。

現状では、無理して持たなくてもいいかな、と思う半面、ネットショッピングやLINEスタンプ購入時は便利なカードかなと思っています。
持っていて損するカードではないので、無料配布している時に手に入れておくのも悪くはないかもしれませんね。