【二つ返事】とは/意味や類語、使い方、例文など

みなさんは、「二つ返事」という言葉を耳にすることがあるでしょうか?「二つ返事」は昔から使われている表現ですが、最近は意味を間違えて解釈する人も増えているようです。今回はこの「二つ返事」という言葉について詳しく解説していきます。 「二つ返事」は、「ふたつへんじ」と読みます。二つ返事の元々の意味は、「はい、はい」と、素早く「はい」を二つ重ねて返事をすることを指します。これは肯定の意志を強調しているということです。 そこから転じて、二つ返事=気持ち良く、ためらわずに直ぐに承諾する様子、を意味するようになりました。イメージとしては、何か聞かれた瞬間に、間髪いれずに勢い良く「OK!OK!」と親指を立てるのが「二つ返事」です。

一つ返事は間違い

二つ返事があるなら、一つ返事もありそうなものですが、実際にはそうした言葉は存在しません。それでも調査によると、二つ返事と言うべきところを一つ返事と言ってしまう人もかなり多いようです。 これは、返事は一度だけの方が印象が良いものであり、「はい、はい」と繰り返すのは、あまり気乗りしない事に付き合いで応じる感じがするという、最近のイメージによるものだと思われます。しかし「積極的に承諾します」を意味する言葉は、あくまで「二つ返事」です。積極的に肯定する場合は、二つ返事の方を使い、間違えないように注意しましょう。

二つ返事の例文

二つ返事の例文をいくつか紹介しましょう。 ・彼はイベントの手伝いを二つ返事で引き受けた。 ・新規事業の提案に二つ返事でOKが出た ・彼の依頼にはいつも二つ返事で応じている ・面倒な頼み事を二つ返事で引き受けてくれてありがとう!

二つ返事の類語や対義語とは?

次に、二つ返事の類語や対義語をいくつか紹介しましょう。 二つ返事の類語は、 ・快諾する ・快く ・即答で などで、いずれも、心から賛成している様子を指します。 二つ返事の対義語は、 ・生返事で ・気乗りしない様子で ・少し時間を置いて など、いずれも気持ちの入っていない、いい加減な返事が想定できます。

【二つ返事】とは/意味や類語、使い方、例文などのまとめ

いかがだったでしょうか?「二つ返事」は普段の生活でもよく使われる言葉ですが、最近では誤用も多くなっています。仕事の話では、正しく「二つ返事」を使うようにしてください。 気持ちよく即座に引き受ける「二つ返事」が飛び交うような関係性の仲間が増えると、生活にも張りが出るかもしれません。また仕事においても、上司や取引先の指示や依頼に「二つ返事」で応えていくと、相手からの信用の度合いも高まるでしょう。