「場末」の意味や使い方。ビジネスとしてのスナックのフランチャイズ化

場末とは、繁華街の中心部から離れた場所や、都心からはずれた所を意味します。まずは場末の読み方や使い方、意味、例文、類語などをご紹介いたします。

場末の読み方は「ばすえ」

「場末」の読み方は一般的に「ばすえ」と読みます。よく 「ばまつ」と読む人がいますが、それは間違いです。 この「場末」という字の読み方にも小説などで現代ではいろいろとあり、場末の意味を持ち、「ばすえ」以外にも当て字のように読まれる例も多く見受けられます。 場末をばすえ以外で読む場合、 ・さいご ・ばまつ ・すえ ・つい(終わりの意味として) ・けっきょく ・つまるところ ・おわり などのように、場末を「最後」という意味合いを含めた言い方が小説やエッセイなどでは多くされる例がよくみられます。

「場末」の意味、語源

一般的な 場末の意味は「にぎやかな町の中心部から離れたところ、町はずれ、都心からはずれたところ」です。 文字を分解してみると場末の語源が見え、そこから場末の意味が見えてきます。 「場」の意味は、「その影響を受けている空間のこと」ですが、場の類語に「落ち着ける場所、帰属意識がもてる」が含まれています。 そして「末」の意味は、「終わり、すえ、はしっこ」などです。 つまり「場末」の語源を紐解けば「終わりの場所」、「落ち着く空間」、「はしっこの場所」、「果てに落ち着く場所・終局的な空間」という意味を持ち合わせます。 特に「場末」という言葉やその意味合いが「人物」に当てられて言われる場合には、場末の男、場末の女など「いっときスターになったけれども、今では落ちぶれてしまった状態」を直接的に指して言う形容が取られやすいようです。 ここでも「場所」への形容と同じく栄枯盛衰を謳う姿勢が色濃く反映されている意味合いになります。

正確に「場末」の意味を指す場所はどんなところ?

実際に意味どおり、場末の場所をここからここまで、と定義するのは正直難しいところです。 一般的に「場末」の意味通り、場末とは、都心から離れた地方や田舎というよりは、都心部の端くれを思い浮かべる人が多くいます。 要するに繁華街や都心からは近いが、人が多くいる大通りから一本奥の道へと入ったちょっと暗い小道や、人通りのない場所などが「中心部から離れたところ、町外れ」をイメージします。 そのため、「場末」にはやや廃れた、または侘しさや古びたイメージがあります。 つまり 「繁華街や都心=流行り」ともイメージできることから、転じて場末は場所にかかわらずに「廃れた場所、お店」に使われることもあります。 場末の意味上、前は流行っていたのかも、と思わせるような雰囲気の場所に使える言葉です。 ホステスの女性が店前にいてギラギラとネオンが光り輝くお店ではなく、提灯を下げてい酒場や古びた看板を立てているスナックなどを「場末のスナック」と呼びます。

場末の意味はある意味、曖昧?「場末」の使い方。

「場末」の主な言い回しは「場末感」、「場末のスナック」、「場末の酒場」、「場末の女」などと「場末の○○」はよく使われています。 つまり場末の使い方は ●場末の使い方1「名詞として」 →場末のスナック、場末の女 ●場末の使い方2「形容詞として」 →場末な店 ●場末の使い方3「修飾語として」 →場末感 など、使い方は自由です。 そして場末の意味を使う場合、一般的に場末は、「スナック」「酒場」など「昔に比べて一般的に賑わいが落ち着いてきた、ちょっと古いイメージや意味がある言葉」と相性が良く使われています。 ただ単に古びたという意味合いだけでなく、お店自体に「場末感」があり、味を感じるととらえて使っていることもあります。 つまり場末を一般的な賑やかな町から離れた場所という意味だけ使うのでなく、そこの雰囲気やお店の佇まいから「場末」だと感じて使う意味合いも多くあるようです。

「場末」の例文、使い方。意味さえわかれば使い方は簡単。

場末を使った例文の意味はどれも「賑やかな場所から離れた場所、もしくは寂れた」などとして使用されています。 ●廃れた場末の、たった一間しかない狭い家に住んでいました ●場末のキャバレーは、ホステスの女性もいて居心地がいいと課長が言っていました ●80年代の映画を、客のほとんどいない場末の映画館で観るのが好きです。 ●わたしはよく場末のバーのマスターから話を聞きくために、一人飲みに行きます。 ●若者が集まるカフェより、場末の喫茶店のコーヒーがおいしいです。 他にも ●江戸町城下の場末の港 ●場末感あふれるスタジオ ●場末の映画 ●場末の店 ●日暮れのように場末が漂う ●田舎の場末の街角 ●古い道具の場末感 ●暮らしに場末が漂う ●魅力に場末感が漂う ●外国の場末の街角 ●今も昔も場末の環境 など「寂しい場所」や「人気のない空間」を指して「場末」という言葉が使われ、これらの言葉や表現を含む文章を作れば、「場末」という言葉を使った例文がそれぞれでき上がります。

「場末」の類語

「賑やかな場所から離れた場所、もしくは寂れた」などの場末のどちらかというと、本来の賑やかな場所から離れた場所に近い意味で類語が挙げられます。 ●町外れ 意味は「町の家並みが尽きようとするあたり、町からちょっと外へ出たあたり、ちょうど外れ」です。 ●郊外 意味は、「都市に隣接した地域、市街地に隣接した田園地帯」です。 ●裏町 意味は、「表通りの裏側にある町、裏通りの町」です。 ●路地裏 意味は、「街の中の家と家の間の狭い道、路地を入り込んだ表通りに面してない裏側の場所」です。

場末の英語表記、意味

「場末」という言葉を直すと「end of the field」をはじめ、「end(終わり)」、「termination(終局)」、「close(終了、終局的)」、「conclusion(最後、結論)」、「future(末)」、「tip(末)」、「top end(末、終局)」、「extremity(端)」、「border(境界線、端)」などの言葉で表現されます。

ビジネスとしてのスナック。場末の意味を持つスナック。

場末と一緒に使われるスナックです。場末のスナックの意味を考えると、かつては盛んだったが、今は盛り上がりに欠けるスナックということになります。 このような廃れたという意味合い、イメージを持つ、スナックが今注目されています。 廃れたなどの意味、イメージを持つスナックがビジネスとどうなりうるかみていきましょう。 どんな地方の田舎に行ってもスナックはあります。例えば映画『君の名は。』のワンシーンで「オシャレなカフェはないけれどスナックは2軒もある」みたいなやりとりが出てくるほど、皆の頭の中にも、どんな田舎でもスナックって成立していると認識しているのではないでしょうか。 そのスナックは、だいたい乾き物とか簡単なおつまみしか出てこなかったり、ラーメンを食べたかったら隣のラーメン店から出前を取ったりとかしています。 働いているのもママともう何人かのホステスの女性くらいをイメージするのではないでしょうか。 こんなスナックに関して、堀江貴文氏も、キングコングの西野亮廣氏も、SHOWROOMの前田裕二氏も皆これからの時代はスナックだと口を揃えて言うくらい、最近スナックという概念が流行っています。その理由について以下で記載していきます。

そもそも場末の意味を持つスナックの舞台、飲食業界の今

日本フードサービス協会の統計によれば、外食産業の市場規模は平成27年時点で約25.1兆円だそうです。最盛期だった1997年の29兆円と比べると、その規模は縮小しています。 ある意味、簡単だからこそ開業する人も多く、個人店チェーン店が乱立し、競合も多い状態です。 競合が多いからこそ、3年で20%は閉店してしまう業界です。 しかも原価の高騰、人材不足などダブルパンチの業界が飲食業界です。

客があまりこない場末の意味を持つスナックが潰れないのはなぜか?

主戦場で飲食業界の今がある意味、激戦場である一方で、なぜ場末のスナックが潰れないのでしょうか。 それは「潰れにくいキャッシュモデル」と「ヒト消費」があるからです。

潰れにくいキャッシュモデル

飲食店のキャッシュモデルは 原価30% 人件費40% その他(減価償却)20% 利益10% が理想と言われています。 もちろんフランチャイズで原価を27%にとか、日本料理で食材原価を高めに40%など業態や店ごとに細かく変わります。 ではスナックのキャッシュモデルはどうかというと 原価10% 人件費10%*女性ホステスなどアルバイトだけ。ママの人件費を除く場合が多い。 その他(減価償却)10%*例えば地方だと持ち家で場所代掛からず行う場合 利益70%*ここにママの人件費も含む など、持ち家、ママと女性ホステスのアルバイトの少数精鋭、乾き物など原価がかからないなど極論を言うと、かなりの部分を「利益に回す」ことが可能です。 つまり売り上げが低くても、利益が残ると言う構造なので、潰れにくいキャッシュモデルと言えます。 業界関係者曰く、「地方や郊外のスナックでは、店が自宅を兼ねたママの持ち物で、家賃がいらない場合が多い。常連客が数人いて、1日1万~2万円の売り上げがあれば、週6日営業して月50万~100万円になる。つまみは乾きもので原価は知れているし、光熱費、酒代、カラオケレンタル代、それに女性ホステスのアルバイトを1人雇ったとしても、十分暮らしていけます」とのことです。

ヒト消費

最大のポイントは、スナックではモノ、つまり「モノ消費」ではなく、人や絆が売り物になる、「ヒト消費」と言う点です。 スナックの接客や料理って完璧ではない場合が多く、簡単な手作り料理や乾きものが提供され、決してクオリティは高くないです。 サービスも、ママが先に酔っ払って寝たり、客に自分で酒を作らせたりすることもあります。 しかし、そうしたお客さんが介在するある意味「余白」があるからこそ、「自分が店を支えなくちゃ」「ママを応援しなくちゃ」という気になって常連になるし、「今月は売り上げが悪そうだからボトルを入れようか」と率先して売り上げに貢献するんです。 言い方を変えると、人の話に乗っかるのでなく、自分自身の話として、スナックに関わることができると言うことです。 こういった自分で参加したり、ママや他の常連との繋がり、縁って言うのはなかなか簡単に切ることができるものではありません。

スナックで成功するには?

お店の経営で最も重要なのは言うまでもありませんが、リピーター(常連客)を作ることです。スナックのほとんどが、来店客は常連客です。つまり、スナックを経営するためには、ママ/マスターが心がけなくてはならないのは、お客様に満足していただき、常連客を増やすことになります。 お客様に満足感を持っていただいて常連となっていただくために必要な心構えや対策を以下に紹介していきます。

コンセプトの設定。店の意味作り。

どのような事業もコンセプトが定まっていないと成功はできません。 お店としての意味合いを持ちません。 スナック開業も同じです。まずは、お店の基本コンセプトを決めます。 具体的には、ターゲットとなるお客様の層はどんな人たちなのか(どんな人たちにしたいか)を踏まえ、メニュー・料金、そして女性ホステスなどの人員を考えます。 コンセプトに合わせてサービスを提供することがお客様に居心地の良い空間として、認識してもらうためには重要な意味合いになってきます。

常連客づくり

次に常連客をどのように作っていくかです。 初来店された方は、将来の常連客になる可能性がある人たちです。 この人たちに初回で気に入ってもらえることが重要です。 常連客も大事にしなくてはなりませんが、初めて来店されたお客様を大事にするよう仕組みづくりを行いましょう。 生き残っているスナックは、ママだけでなく従業員の女性ホステスもこの意識が強くあり、常連化が上手です。 初めてのお客様を大切にしていかなければいつまでたっても常連客の数は変化していきません。 スナックにおいて、常連客を増やすことは、売上・利益の安定に繋がります。

資金繰り

経営者にとって、お金は経営を継続するために常に手元に残しておかなくてはなりません。 当たり前ですが、お金が不足してしまえば、どんなに常連客の方が惜しんでくれても、お店を継続することは難しくなってしまいます。 具体的にやらなくてはならないのは、お金が不足しないように、日々の入出金をチェックし、資金繰り管理を徹底して行うことです。 とはいえ、働いている女性ホステスの給料を無下に下げ、女性ホステスのモチベーションが下がり、そもそもやめるという事態になったらお店にとってマイナスです。女性ホステスなどの従業員に払うべきところには払い、節約するところには節約するなど1円でも大事に扱えるというのが、経営者として成功できる可能性の高い人だと言えます。

ビジネスとしてのスナックのフランチャイズ化

ビジネスとしてのスナックのフランチャイズ化はありえるのかみてみましょう。

フランチャイズの意味とは?

フランチャイズとは、フランチャイズに加盟する個人・法人が、フランチャイズ本部に、ロイヤリティを支払い、お店の看板、既存のサービスや商品を扱う権利をもらい、運用する仕組みを意味します。 フランチャイズ本部は、仕入れ・販売・集客・採用・商品開発など、ビジネスを行う上で必要な各要素を、パッケージにすることで、短期オーナー獲得、業務拡大が可能になります。 そして多くのフランチャイズでは、「売上に対して何%」という形での支払い形態をとっています。「月額固定」「ロイヤリティ不要」など、さまざまなロイヤリティ形態が存在します。 そして加盟店は、未経験でもノウハウを獲得することができ、成功率も通常より高い状態で開始ができます。ノウハウがあるということは成功率の他にも、前例が複数あるビジネスのため、通常の新規事業に比べ、収益予測が立てやすいという特徴があり、銀行などの金融機関からの融資も、格段に受けやすくなります。

スナックはフランチャイズ化できるのか

スナックの強みは、ママです。ヒト消費のビジネスだからこそ、ヒトに大きく左右されることはあります。そう考えると一見、スナックがフランチャイズ化してしまうと、ママが分身でもしない限りビジネスとしてはうまくいかないように見えます。 しかし、スナックの本質はママを応援する以外にも、その場で繋がるコミュニティという点もあります。 潰れにくいキャッシュモデルを前提に、人と人が出会える場所作りができていけば、スナックのフランチャイズというのも可能です。

オンラインサロン

スナックの要素を持ち、最近のビジネスに合わせたのが、オンラインサロンかもしれません。 スナックの成功要素は、潰れにくいキャッシュモデルやヒト消費という点があり、オンラインサロンにもその要素、特にヒト消費の要素が強くあります。 なぜならその最近流行っているオンラインサロンを簡単に言うと、「好きな人、好きなことにお金を払って集まる有料ファンクラブ、または有料メルマガの拡張版」のようなものだからです。 つまり、スナックのママにファンがつくように、オンラインサロンオーナーにファンがつくということです。 オンラインサロンは月額会員制で、ネット上で展開されるクローズドなコミュニティのことです。つまり、会員だけで広がる内輪だけのコミュニティです。 クローズドな空間なため、外に情報が洩れる心配もなく、オープンスペースでは話せない内容もオンラインサロンでは気にすることなく話すことができます。Facebookが主体なので連絡も簡単にとることができ、コンテンツ内容に対しても自分の意見が会員でも出せます。 写真、動画もFacebookだからこそ送れるのです。有料の会員制なため、誹謗中傷などの書き込みが全くなく、荒れることもありません。 また、オフ会を開催したりするので、コミュニティがとても広がります。 オンラインサロンのジャンルも様々で、 ・ビジネス ・株 ・政治経済 ・占い ・恋愛 ・スポーツ ・ゲーム ・食 ・ファッション ・美容 ・英会話 などなどあげたらきりがありません。 これらは、様々な専門知識、専門技術を持った人達が、このオンラインサロンを立ち上げている傾向がます。 まだまだオンラインサロンが開設されてない分野は多くありますので、自分の入りたいサロンがなったら参加するだけでなく自分でサロンを開設するのもいいでしょう。 ちなみにオンラインサロンの第一人者が堀江貴文氏は、10800円のオンラインサロンを開設しあっという間に定員の400人を集めました。つまり年間5000万以上の売り上げを出しているということです。今では1500人以上の会員と言われ、その数は増えています。

スナックは近代のビジネスモデルへ

スナックは物があふれた今、AIが進んだ今、コミュニティを求めている今にとって、近代のビジネスモデルの可能性があります。スナックをビジネスとして考えて見るのも一つの手です。