【千里の道も一歩から】とは/意味や類語、使い方、例文など

「千里の道も一歩から」は「せんりのみちもいっぽから」と読みます。とても有名な言葉なので、これまでに何度も耳にしてきたことでしょう。 「千里の道も一歩から」は、文字通り、どんなに長い道のりであっても、まずは一歩を踏み出さないと始まりませんよ、という意味です。そこから転じて、どんなに大きな目標でも、まずは最も手近で出来ることから少しずつ努力を重ねることで成功するという教えになります。学校の先生などは好んで使いそうな言葉ですね。この言葉を座右の銘にしている人も多いようです。

千里の道も一歩からの語源とは?

そんな「千里の道も一歩から」の語源を見ていきましょう。「千里の道も一歩から」は、決して適当に生まれてきた言葉ではありません。 元になっているのは中国の古典、「老子」に出てくる一節、「合抱の木も毫末より生じ、九層の台も累土より起こり、千里の行も足下より始まる」です。いずれも、小さな積み重ねで大きな成果に至る様子を表していますが、この中の「千里の行も足下より始まる」の部分を、日本語的に読みやすくしたものが「千里の道も一歩から」となったのです。

千里の道も一歩からの例文

千里の道も一歩からの例文をいくつか紹介しましょう。 ・今日から禁煙を始めることにした。千里の道も一歩からだよ。 ・すぐに結果を求めず、千里の道も一歩からの精神で堅実に進めてくれ。 ・千里の道も一歩からと言うように、まずは基礎トレーニングから始めよう。 ・善は急げと言うが、千里の道も一歩からでもある。 ・大きなプロジェクトこそ千里の道も一歩からの精神で、目の前の事から始めよう。

千里の道も一歩からの類語や対義語とは?

次に、千里の道も一歩からの類語や対義語をいくつか紹介しましょう。 千里の道も一歩からの類語は、 ・高きに登るには卑きよりす ・まずは隗より始めよう ・始めの一歩、末の千里 ・ローマは1日にして成らず ・合抱の木も毫末より生じる ・九層の台も累土より起こる などがあります。いずれも、大きな成果は小さい事の積み重ねである、ということを示す表現になります。 千里の道も一歩からの対義語は、 ・棚からぼた餅 ・瓢箪から駒 ・一攫千金 などがあります。いずれも大した努力なしに、いきなり幸運で成果が手に入る様子を示しています。

【千里の道も一歩から】とは/意味や類語、使い方、例文などのまとめ

いかがだったでしょうか?「千里の道も一歩から」は人生に役立つ深い意味を持つ言葉です。会社の経営者や、有名なスポーツ選手なども、みんな最初は小さな一歩から始まったのです。いきなり大きな成果を求めるのではなく、小さな一歩を積み重ねることで、初めて成功を手にすることが可能になります。何事も、千里の道も一歩から始まるんだという考えで仕事や人生に取り組みたいものですね。