パルコカード解約前に確認したい9つの事/アメックス利用は?

出典:pixabay.com

パルコカードは全国展開しているデパートメントストア「PARCO」が発行するクレジットカードです。 大きな特長は、クレジットカード・ETCカードの年会費無料と、付与される永久不滅ポイントの有効期限が無条件で無期限であること(パルコ・アメリカン・エキスプレス・カードのみ年会費3000円)。 維持費がかからないのは助かりますね。 PARCOをよく使うなら、持ってないともしろ損かもしれません。 他にも、ETCカード無料、PARCO劇場や併設されている映画館などの関連施設の優待も付いてきます。 周辺のレストランやカフェなどでサービスが受けられる店舗もあります。カード会員向けサービスも豊富!実は、PARCOのお買物以外でも「使えるカード」なんです。 特に、PARCOがプロデュースするアートや演劇では優待サービスが充実していて、人気公演をチケット入手のチャンスが、パルコカードがあると倍増します。 また、国際ブランドをVISA、Master、JCB、アメリカン・エキスプレスの4種類から選べるのは、パルコカードだけです。

パルコカードの種類と年会費

PARCOのクレジットカードは全部で2種類発行されています。 ・「パルコカード」 ・「パルコ アメリカン・エクスプレス・カード」 それぞれの特徴や年会費を比べてみましょう。

パルコカード

パルコカードは年会費が無期限で無料です。 国際ブランドの選択も多く、VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESSの4つのブランドから選べ、加盟店なら国内外どこの国でも使用できます。 また、パルコカードは旅行保険などのカード付帯はありませんが、パルコカードを提示するとPARCO各店が開催している独自の割引サービスを受けることができます。 ・旅行保険:なし ・パルコ各店での優待:あり ・全国の西友・リヴィンで5%オフ(請求時) ・世界50カ国のホテル、レストランが10〜15%優待(AMERICAN EXPRESSブランドのみ) さらに、パルコカードを全国の西友・リヴィンで使用すると、毎月5日と20日に食料品から衣料品までほとんどの商品が5%オフになります。 アメックスブランドのものだけ、レストラン優待の特典があります。

アメリカン・エクスプレス・パルコカード(アメックス)

アメリカン・エクスプレス・パルコカード(通称アメックス)は年会費が3,000円(税別)です。 名称の通り国際ブランドがAMERICAN EXPRESSに固定されていますが、加盟店なら国内外どこの国でも使用可能です。 アメックスは年会費3,000円(税別)が必要な分、国内外の旅行保険が付帯しています。さらに、ショッピング安心保険も付いているなどメリットも多いです。 ・旅行保険:海外・国内ともに最高3,000万円まで補償 ・ショッピング安心保険(年間100万円まで) ・パルコ各店での優待がある ・全国の西友・リヴィンで5%オフ(請求時) ・世界50カ国のホテル、レストランが10〜15%優待 海外旅行へ1年に1度でも行く人は、保険目的で持っておいて損はないカードです。

パルコカード・クラスS

パルコカードには利用金額によってもらえる特典があります。 年間10万円以上パルコまたはオンラインモールPARCO-CITYにてお買い物すると(3月~翌年2月)、翌年度1年間5%OFFの「PARCOカード・クラスS」メンバーズになれるというものです。 一般のパルコカードとほとんど変わりませんが、いくつか特典があります。

特典①1年間ずっと5%割引

翌年5月1日からの1年間、パルコ・PARCO-CITYでのショッピングがいつでも5%OFFとなります。つまり、年間10万円以上の利用で翌年度のPARCOでの買い物がずっと5%割引となります。

特典②年2回のご優待期間中は10%OFF

年2回のご優待期間中(5月・11月に数日間設定)、全国のPARCOにて〈パルコカード・クラスS〉を利用すると、請求時に10%OFFとなります。 期間はHP・DM等でお知らせがあります。 一部店舗・商品およびキャッシングは対象外です。

特典③限定イベント開催

パルコカード・クラスSのメンバーズ限定でPARCO劇場ご招待等のサービスがあります。 また、シネマ、ギャラリー、パーキング等で、各店独自のご優待特典をご用意しております。 会員制ホテル ラフォーレ倶楽部を利用することもできます。ラフォーレ倶楽部は、全国13ヵ所にホテル・ゴルフ場を展開する会員制ホテルです。 パルコカード・クラスSを持っていると、おトクな会員料金で利用できます。 ホテルには温泉、エステ、ゴルフ場、テニスコートなどの設備が充実しており、一流の料理人が腕を振るうレストランでは、季節の素材の味わいなどが楽しめます。

特典④オンラインモールでポイント6倍

PARCOのオンラインモールPARCO-CITYでのショッピングに〈パルコカード〉を利用すると、通常1,000円(税込)お買い上げごとに1ポイント進呈の永久不滅ポイントが、6倍のポイントを進呈されます。 通常は0.5%ですので、なんと還元率3.0%となります。 これはお得ですね。

パルコカードを解約する方法

出典:pixabay.com

さて、パルコをよく利用する人にとってはメリットの多いパルコカードですが、とりあえずカードを作った、という人にとってはなかなかメリットを感じられません。そんな方は解約することを考えますよね。 でも「パルコカード・クラスSの解約手続きはとても面倒なのではないか」と思って、なかなか解約手続きができない人も多いのではないでしょうか。 実は、パルコカード・クラスSの解約手続きは決して面倒ではありませんし、難しい操作は一切ありません。 解約には2通りの方法がありますが、どちらも簡単にできます。

①セゾンカードインフォメーションセンターに電話する

電話にてカードの解約申し込み後、自宅に書類が送られてきます。 書類を書いて返送すればカード解約続きは完了となります。 TEL:0570-064-133 [9:00~17:00 1/1休] ※携帯電話、IP電話をご利用の場合は 03-5996-1111 または、06-7709-8000 におかけください。

②PARCOにある「PARCO・セゾンカウンター」に行くか、電話する

各都道府県のPARCO内にある店頭カウンターで直接解約手続きができます。 以下のリンクより、ご確認ください。

パルコカード解約の注意点

出典:pixabay.com

パルコカード・クラスSを解約する際の注意点を挙げてみました。

解約の注意点①営業時間

パルコカード・クラスSの解約手続きは平日・土日祝日でも可能ですが、営業時間には気をつけましょう。 多くの場合、解約連絡の受け付け可能時間は9:00(or9:30)~17:00(or17:30)などです。 夜遅い時間までは受け付けしていない会社が多いため、電話連絡する時間には注意してください。 平日が仕事などで忙しく電話する時間がない方は、土日祝日の午前中や午後に時間を作り解約手続きをしましょう。 3〜4分もあれば解約手続きを完了させることが可能です。

解約の注意点②本人のみ

これは、どのクレジットカードを解約するときも同じですが、解約の申請は本人のみとなります。 始めに必ず、本人確認が必要となりますので、お手元にパルコカードを準備しておきましょう。

解約の注意点③解約前に払った年会費は返ってこない

「先月PARCO(パルコ)カード・クラスSの年会費を払ったばかり」など、解約前に支払った年会費は解約をしたからといって返ってくることはありません。 解約に伴い年会費が返ってくるということはありませんが、年会費を払っていることで、解約まで空港ラウンジやグルメ、ショッピング、保険サービスなどの優待・割引サービスを受けることができます。 解約をする場合は「年会費は返ってこない」ということを認識しておき、たとえ解約直前に年会費を払ったとしても「致し方ないもの」として割り切って考えるしかありません。 年会費の支払い時期も考慮したうえで、解約手続きの時期を決めましょう。

解約の注意点④解約前にたまったポイントは使えない

パルコカード・クラスSを解約してしまうと、これまでに貯めたポイントがすべて使えなくなってしまいます。 解約前にどれくらいのポイントが貯まっているかを確認するようにしましょう。 そして、ポイントが大量に貯まっている場合は景品やギフト券、電子マネーなどへ交換し、ポイントがそれほど貯まっていない場合は使用している別のポイントへ交換してもいいでしょう。 カードを解約することで申請自体も無効になってしまう場合があります。事前にパルコカード・クラスSの発行会社の規約を確認するか、ポイントの交換完了もしくは景品が手元に届くまで解約手続きは待つようにするといいでしょう。 せっかく貯めたポイントですし、円換算すると結構な金額になることもあります。「ポイントが貯まっていないか?」「交換できるものはないか?」か確認をして解約することをおすすめします。

解約の注意点⑤解約したら家族カードやETCカードも使えない

親カードとなるパルコカード・クラスSを解約する場合は、付随する家族カードやETCカードも使えなくなってしまいます。 パルコカード・クラスSの解約するタイミングを考えないと、解約しているにもかかわらず使ってしまい「ETCカードがあると思ってETCゲートに入ってしまった」「家族カードで買い物ができず困ってしまった」など起きてしまいます。 しっかりと、ETCカードの代替の用意をしたり、本カード・家族カードを解約しても困らないタイミングに解約をするようにしましょう。 また、パルコカード・クラスSに連動している一部の電子マネーも利用ができなくなってしまいます。 しっかりと残高を使い切ったうえで解約することをおすすめします。

解約の注意点⑥解約前の利用残高は一括払いを請求される場合がある

パルコカード・クラスSの解約をする際は「リボ払い」や「分割払い」「ボーナス払い」「キャッシング」などの利用残高・未払い額があとどれくらい残っているか事前に確認するようにしましょう。 これらの利用残高・未払い額がある場合は、パルコカード・クラスSを解約する際に一括返済しなければいけないのが一般的です。 利用残高がまったくない場合はいいですが、多くの利用残高がある場合は十分な現金が必要になります。 一括払いできる現金の準備が難しい場合は、解約時期の先延ばしを検討した方がいいでしょう。 年会費はかかるかもしれませんがしょうがありません。 利用残高が0円もしくは一括払いできる状態になるまで返済したうえで解約するようにしましょう。

解約の注意点⑦解約前に各所支払い方法を変更しておく

パルコカード・クラスSを解約する前に、各所の支払い方法を変更しておくことを忘れてはいけません。 携帯電話・電気・ガス・水道・インターネット回線・モバイルWiFi・家賃・Webサービス・習い事・雑誌の定期購読など、他にもパルコカード・クラスSで支払いをしているものがないか必ず確認をしましょう。 支払い方法を変更していないと「パルコカード・クラスS解約=未払い」となってしまい、「電気が止まってしまった」「携帯電話が使えなくなった」など支障が出てしまいます。 また、未払いになることで信用情報にキズがついてしまい、場合によっては今後さまざまなローン審査が通らなくなり、クレジットカードも作りづらくなってしまうこともあります。 多少時間がかかりますが、漏れがないように確認・変更手続きをしておきましょう。

解約の注意点⑧カード自体は解約後に処分する

パルコカード・クラスSを処分する際は、必ず解約手続き完了後にしましょう。 「勢い余って先に処分したけど解約は見直すことにした。」などになってしまった場合は大変です。 また、パルコカード・クラスSには磁気ストライプやICチップが入っており多くの個人情報が詰まっています。 そのため、解約したからといってパルコカード・クラスSをそのまま捨ててしまうのは、悪用されてしまう可能性もあるため大変危険です。 ハサミで切ったうえで捨てるようにしてください。 特に、パルコカード・クラスS裏面の磁気ストライプ部分やカード表面のICチップ部分は、必ず切るようにしましょう。 シュレッダーがあれば完璧ですが、そのような家庭はほとんどありませんので、ハサミで切ってから処分してください。

アメックスパルコカードの場合

出典:pixabay.com

アメックスパルコカードを解約する場合の注意点も上記と同じですが、一つだけ違う注意点があります。

解約の注意点⑨年会費が発生するタイミング

最初に説明したように、アメックスカードには年会費3000円がかかります。 カードを利用していない、または特典も利用していないのに年会費を払うことほど勿体ないことはありませんよね。 年会費の請求時期は以下のとおりです。 1年目:カードを作ってから2回目の締日 2年目以降:1年目の年会費請求月より1ヶ月前の締日 例:1年目が5月の請求だとしたら、2年目以降は4月の請求となります 年会費を支払ったばかりという方は、もう少し利用してから解約するのでも良いかと思います。 年会費がもうすぐ発生する!という方は、早めの解約のお手続きをおすすめします。

まとめ

出典:pixabay.com

パルコカードの解約についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? パルコカードは年会費無料で発行できるカードですので、パルコ好きならぜひ1枚は持っておきたいカードと言えます。パルコのお得な特典も盛りだくさんです。 一方パルコで買い物をしないユーザーにとってはあまりおすすめとは言えないカードであります。 解約を考えている方は、ここで説明した解約の注意点を参考にしていただき、解約をするかどうするか、決めていただければと思います。