【排他的】とは/意味や類語、使い方、例文など

「排他的」は「はいたてき」と読みます。「排他的」は、自分や自分に似た仲間以外の者を退け、受け入れないという意味の言葉です。例えば、常連客以外の新規客の入店を認めない料亭があった場合、それは「排他的なお店」といえます。また、同じ思想を持つ人以外の参加を認めない場合も「排他的」と言えます。例えば、一般的に同じ思想信条を持つメンバーで構成される政党もまた「排他的」と言えるでしょう。 ニュースでよく聞かれるのは、「排他的経済水域(EEZ)」です。これは沿岸国に経済的な権利がある、海岸から200海里迄の水域で、他国を退ける事が出来ることから「排他的」の名称が付けられています。

排他的の語源とは?

そんな「排他的」の語源を見ていきましょう。「排」は、手で押して開く、外に押し出すという意味があります。そこから押し返す、のけものにする、という意味に繋がっています。「他」は他人を意味しますので、「排他」には「他人を除外する、仲間でない者を退ける」という意味があります。これに「的」という接尾辞がつくことで、そうした傾向がある状態を示すのです。

排他的の例文

「排他的」を使った例文をいくつか紹介しましょう。 ・田舎に移住したが、排他的な雰囲気があって、馴染めない。 ・若い時は、誰に対しても排他的な態度をとりがちだった。 ・日本の難民受け入れ政策は世界に比べて排他的だ。 ・我が社は排他的な人材は求めていない。 ・他国の排他的経済水域で操業する漁船は、拿捕されても文句は言えない。 ・同じタイプの人間だけで集まると排他的な行動を起こしがちだ。 ・排他的な人が多いと社会はギスギスしてしまう。

排他的の類語や対義語とは?

次に、排他的の類語や対義語をいくつか紹介しましょう。 排他的の類語は、 ・独占的 ・閉鎖的 ・閉塞的 ・爪弾きにする ・村八分にする などがあります。いずれも排他的と同じく、利益を渡さず、自分の仲間以外の人を受け入れないということを示す表現になります。 排他的の対義語は、 ・協調的 ・宥和的 ・友好的 ・共存共栄 ・和合する などがあります。いずれも排他的とは反対に、仲良く一緒に持っているものを分け合おうという様子を示しています。

【排他的】とは/意味や類語、使い方、例文などのまとめ

「排他的」はニュースなどでも聞かれる言葉で、一見、マイナスイメージもありますが、「排他的経済水域」などは、自国の利益を守るために大事な使い方にもなっています。一方、みんなが仲良くした方が良い場所での「排他的」な行為は褒められたことではありません。時と状況によって、的確に使用や解釈をするようにしましょう。