収入印紙ってコンビニで買える?1000円や2000円等の高額なものは?

目次

収入印紙ってコンビニで買えるの?

収入印紙は、切手と同じ金券なので、郵便局で購入する方も多いのではないでしょうか。もちろん、郵便局で購入すれば、欲しい収入印紙は購入できますが、なんとコンビニでも購入できます。わざわざ郵便局まで行く必要はなさそうです。しかし、よく使われているもの、一般的なものしか売っていない場合がほとんどのようです。 また、コンビニでの購入方法は、レジで店員さんに言えば購入できます。

収入印紙の種類は?一般的なものって何?

収入印紙の種類は31種類もあります。ほとんどの方が利用したことあるのはこの中の数種類でしょう。

収入印紙の種類

1円 2円 5円 10円 20円 30円 40円 50円 60円 80円 100円 120円 200円 300円 400円 500円 600円 1000円 2000円 3000円 4000円 5000円 6000円 8000円 10000円 20000円 30000円  40000円 50000円 60000円 100000円

収入印紙はこの全31種類です。

一般的な収入印紙とは?よく使われているものとは?

一般的で一番利用されている収入印紙は200円の収入印紙のようです。そのほか、1000円等になります。 300円や、400円、2000円や4000円といった金額のものや、 1万円以上する高額なものについてはコンビニでは取り扱っていないケースが多いようです。

どこのコンビニで収入印紙は売っているの?

収入印紙は大手三社のコンビニのほか、中堅から地方主体のコンビニの幅広いコンビニで取り扱っているようです。しかし、コンビニ店舗によって取り扱っている収入印紙の種類は様々で、中には取り扱っていない店舗もあるようです。

どのコンビニ店舗で、いくらの収入印紙が売ってる?

コンビニの各店舗でいくらの収入印紙が売っているのかはわかりませんね。インターネット等で検索してもでてきません。 コンビニ店舗の口コミであるところはあるかもしれませんが、私の検索では見つかりませんでした。 どこのコンビニ店舗でいくらの収入印紙が置いてあるかは、コンビニに直接に行くか、電話で確認するしかないようです。

どのコンビニで収入印紙が売っているか調査してみた。

コンビニで売っている収入印紙がどのようなものか調査するために、コンビニ大手3社、(セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン)各10店舗ずつと、中堅コンビニ及び地方のコンビニ数店舗ずつ、合計53店舗のコンビニに電話して、取り扱っている収入印紙をきいてみました。 をしたコンビニはランダムで選びました。

コンビニに置いてある収入印紙の種類

多い順から紹介します。 200円のみ40店舗 200円,1000円 4店舗 取り扱いなし5店舗 不明・未回答3店舗 合計で以上のように回答がありました。

どのコンビニで多く取り扱っている?

コンビニごとで、取り扱っている収入印紙の種類をご紹介します。

セブンイレブン10店舗の取り扱っていた収入印紙

200円の収入印紙・・・7店舗 200円と1000円の収入印紙・・・2店舗 取り扱いなし・・・1店舗 という回答でした。セブンイレブンほとんどの店舗で取り扱っているということでしたね。

ローソン10店舗での取り扱っている収入印紙

200円の収入印紙・・・8店舗 200円と1000円の収入印紙・・・0店舗 取り扱いなし・・・2店舗 ローソンでもほとんどの店舗で収入印紙を取り扱っているようですね。しかし今回電話したローソンの店舗では1000円の収入印紙を取り扱っているところはありませんでした。

ファミリーマート10店舗での取り扱っている収入印紙

200円の収入印紙・・・8店舗 200円と1000円の収入印紙・・・2店舗 取り扱いなし・・・なし ファミリーマートでは今回電話して聞いたところ、すべての店舗にそろっていました。すべての店舗に取り扱っていたので、最後に電話かけた店舗に『ファミリーマート全店舗で取り扱っているのか』と聞いたところ、それは“不明”という回答でした。

そのほかの収入印紙を取り扱っているコンビニ

他のコンビニでも同じように200円の収入印紙を取り扱っているコンビニは多くありました。 デイリーヤマザキ セイコーマート セーブオン ポプラ ミニストップ に電話してみましたが、それぞれ取り扱いがあるという回答でした。

取り扱っているコンビニ全店舗で収入印紙の取り扱いはある?

セブンイレブン・ローソンでは、取り扱っていないコンビニ店舗もありましたので、聞きませんでしたが、ファミリーマートのように電話したコンビニ全店舗で収入印紙があった場合はコンビニ全店舗で収入印紙の取り扱いがあるか聞いてみました。

結果的に聞いてみたコンビニチェーンでは、ほとんどわからないと回答がありました。 しかし、ポプラ、セイコーマートでは、“おいていない店舗もある”という回答でした。

なぜ取り扱っていない?200円しか取り扱っていない?

なぜ取り扱っていないのかコンビニに聞いてみましたが、需要がない、買う人がいないといった内容の回答でした。

なぜコンビニには200円の収入印紙しか置いていないのか?

200円の収入印紙しか置いていないコンビニに、300円や400円、1000円、200円、4000円以上の収入印紙をおかないのか聞いてみたところ、まったく取り扱っていない店舗と同じように、需要がないといった内容と、高額な金券はおきたくないといった内容の回答もありました。 高額な収入印紙を購入するときは、郵便局に行ったほうがよさそうですね。

なぜ1000円の収入印紙を置いているの?

1000円の収入印紙を置いている店舗が珍しかったので、置いてある経緯を訪ねたところ、近所の会社の常連さんからのリクエストだという回答がありました。コンビニの常連になって、店舗の方に相談すればもしかしたら取り扱いをしてくれる可能性もありますね。

収入印紙を扱っていないのはなぜ?

コンビニでも高額は買い物をしたり、高額な公共料金を支払うと、200円の収入印紙がはらなければいけません。なのになぜ取り扱いがないのでしょうか。 聞いてみると、お客様に売るために置いているわけではないというニュアンスの回答をもらいました。銀行でも必要な場合は収入印紙を貼ることになりますが、それと同じことでしょうか。 売っても売らなくても法に触れることはもちろんありませんので、店舗の考え方ひとつということになりそうですね。

収入印紙が必要な時はどんな時?

収入印紙が必要なときはどのようなといなのでしょう。 普通に生活している中で、一番目にするのは、公共料金の支払いの時なんかよく目にすると思います。一定の金額以上で200円の収入印紙が貼られ、コンビニてあればコンビニの店判が押されていると思います。 その他、契約書等をお仕事でよく作成される方はお詳しいと思います。

いくらの公共料金から収入印紙が必要?

実は公共料金に収入印紙が貼られていることが多いので、公共料金の高額な支払いの際に収入印紙が貼られているだけであり、実際は、“領収書”に収入印紙が貼られているということになります。 では、いくらの領収書から収入印紙が必要なのでしょう。

収入印紙が必要ない金額

収入印紙は5万円以下の領収書であれば必要ありません。 5万円以下の買い物、公共料金の支払いでは収入印紙を貼る必要はありません。 実は平成26年3月31日までは3万円までの領収書でした。これが非課税範囲の拡大で平成26年4月1日より5万円以上の領収書に収入印紙が必要となりました。

200円の収入印紙が必要な金額

5万円以上100万円以下の領収書に200円の収入印紙が必要となります。 コンビニではなかなか100万円を超えることはありませんよね。 例えば公共料金でいえば、電話料金、電気料金、ガス料金等複数の支払いで100万円を超えてもそれぞれ5万円以上の支払いに200円の収入印紙が必要です。

100万円を越えた場合の収入印紙は?

100万円を超えた場合は400円の収入印紙が必要です。400円の収入印紙の範囲は、100万円より高く200万円以下の場合となります。

その他の収入印紙の使用する領収書の金額は?300円や400円,2000円や3000円の使う金額は?

決して100万円ごとに収入印紙の金額が変わるわけではないので、参考としてここに一覧として記載します。 5万円以上100万円以下 200円 100万円を超え200万円以下 400円 200万円を超え300万円以下 600円 300万円を超え500万円以下 1000円 500万円を超え1000万円以下 2000円 1000万円を超え2000万円以下 4000円 2,000万円を超え3,000万円以下6,000円 3,000万円を超え5,000万円以下1万円 5,000万円を超え1億円以下2万円 1億円を超え2億円以下4万円 2億円を超え3億円以下6万円 3億円を超え5億円以下10万円 5億円を越え10億円以下15万円 10億円を超えるもの20万円

収入印紙が31種類もあるのに使われていないのもは?100円や300円の収入印紙は?

収入印紙が31種類もあるのに100円や300円、といった収入印紙が使われていません。どういったときに使用されるのでしょう。

収入印紙は組み合わせて使用することも可能

収入印紙は切手と同じく、組み合わせて使用することができます。 例えば、400円の収入印紙が必要な場合、200円の収入印紙を2枚でも良いですし、100円と300円の収入印紙を組み合わせても問題ありません。 4000円の収入印紙が必要な時も1000円の収入印紙と、3000円の収入印紙で組み合わせても良いですし、2000円+2000円の収入印紙を組み合わせることが可能です。

必要な収入印紙を買うべき場所

各コンビニチェーンで購入できるのは200円が大多数であることがわかりました。何千というコンビニがある中から、52店舗のコンビニしか聞いて言いませんが、高額な収入印紙の使用の用途を考えるとコンビニでは200円の収入印紙しか置いていないことがなんとなくわかりますね。 300円や400円のあまり使用されないものや、2000円や4000円といったの高額な収入印紙は、郵便局で購入することが近道かもしれません。 初めてコンビニで収入印紙を購入する際は、事前に電話で聞いてみるのもいいかもしれませんね。