コンビニの領収書ってあとからもらえる?宛名や但し書きの書き方って?

コンビニで領収書はもらえる??

業務内の買い物では領収書を経理関係部署にだして経費としてもらうことは常識ですね。もちろん、コンビニでもそのような場面が出てくると思います。もちろんコンビニでも領収書はもらえます。買い物したときに店員さんに領収書くださいと申し出れば、もらえる仕組みになっています。

コンビニの領収書はあとからもらえる??

コンビニの領収書はあとからもらえます。しかし、それには買い物したレシートが必要となりますので注意してください。レシートがない場合領収書がもらえず、経費として出せないこともありますので、注意してください。 実際私は3万円の領収書を出せなかったことがあります。

コンビニでもらえるレシートの“領収書”と、申し出てもらえる“領収書”は違う?

コンビニの“レシート”はどのようような領収書??

コンビニで買い物したときにもらえるレシートにも“領収書”とかいてあります。大手コンビニや、中堅、地方コンビニのほとんどのコンビニではもらえるレシートに“領収書”と書かれているのではないでしょうか。

コンビニでもらえるレシートと、申し出てもらえる領収書は多少異なります。レシートの場合は、“明細”が書かれていますね。また、大手3社のレシートの場合は『宛名』を書く欄がありません。

宛名が書けなければ領収書ではないのでは??

レシートでも税務的には領収書として認められます。また、宛名を書きたければ、空きスペースに書いてもらっても構いません。また、宛名がなくても業務として税務署に認められるのであれば、宛名がなくても問題ありません。

申し出てもらえる領収書は?

申し出てもらえる領収書には、宛名を書く欄があります。そこに会社名や個人名、または“上様”と書いてもらいます。明細に関して書かれていないので、但し書きに関しても書いてもらいます。領収書的には細かく書くことが望ましいですが、“お品代”としても問題ないようです。しかし、自分のものを一緒に買った場合、正確な調査が入れば確実にばれます。理由は後の項目でご説明しますが、絶対不正はしないようにしましょう。

コンビニでレシートと領収書両方もらえないの?

コンビニではレシートと領収書は両方もらうことはできません。先ほどご説明した通り、レシートにも“領収書”と記載されており、レシートと領収書をわたしてしまうと、“領収書”は重複してしまうので、両方もらうことができません。

たとえば、コンビニで業務に必要な物を買ったとして、レシートと領収書をもらいます。レシートには明細が書かれていますが、領収書には書かれていません。 ですので、レシートを提出し、領収書の但し書きには“お品代”と書けば、それぞれの内容は重複しないので、2枚の領収書として成立してしまいます。 ¥500のものをかったとすると、領収書として¥500を2枚ですので¥1,000受け取ることになるいますね。明らかに不正です。 そもそも会社に出すときは、出した時点でばれますけどね。

領収書を出したときは、レシートの保管は義務

そもそも、コンビニで『両方ください』といったところでもらえません。領収書を渡したときは7年間該当の領収書を保管しなければならない義務があります。ですので、両方もらうことはできません。

コンビニで買い物したときに私物を購入し、領収書としてだすと・・・?

不正を行い、個人的な私物を一緒に買って領収書として会社に提出した場合、後々の監査で詳細に調べられます。レシートが7年保管されるのは前項でご説明しましたが、領収書からたどることができるので、買い物した詳細な内容は簡単に調べられてしまいます。ばれれば犯罪ですので、逮捕される可能性もありますし、解雇される場合もあります。絶対にしないようにしましょう。

コンビニで領収書をあとからもらう方法は?

コンビニであとから領収書をもらうときは、レシートが必要となります。その理由は先ほどご紹介した通りです。ですので、レシートはなくさないようにしなければまりませんね。 レシートをなくしたので、領収書をください、というのは原則的に不可能となりますので、ご注意ください。

コンビニの買い物はレシートでも領収書でもどちらでもよいの?

本来はコンビニの買い物に限らずレシートでも領収書でもどちらでも構いません。レシートのほうが、明細がかかれているので、望ましいと紹介している税理士の方もいますし、領収書に宛名がしっかりかかれているほうはが望ましいという人もいるようです。 見る人がわかり易ければよいのです。 ただし、それぞれ会社の規則がありますので、十分注意してください。会社の規則に従いましょう。

会社で“明細あり領収書が必須”という規則の場合は?

コンビニで、領収書を申し出てもらう場合は明細は添付されません。ですのでコンビニの領収書はつ書くことはできない、という理論になります。ですので、スーパーやホームセンターなど、しっかりと明細付き領収書をもらえるところのほうが望ましいかもしれません。 ですが、事前に経理関係部部署と相談しておいけば問題ないでしょう、

領収書の金額・宛名の書き方は?自分で書いていいの?

領収書はお店からもらうことが大前提ですので、お店の人にすべて書いてもらうようにしましょう。手書きで書くスタイルの書式の領収書ももちろん同様です。手書きで書くスタイルの領収書ならばなおさら金額は自由に書くこともできます。白紙の領収書をもらって金額を書くことも可能ですね。 ですが、これもばれます、税務署は意外と厳しいのです。

領収書の不正はどうやったらばれる??

まずは筆跡です。たとえば、A店とB店の領収書を不正して自分で書いたとします。筆跡で、税務署のすべてのチェックの際、同じ字であることがばれてしまいます。また、その領収書の発行した店舗への確認で、上がっていない売り上げの領収書があるとういうことでばれます。ばれない、ということはまずないようですので、注意しましょう。

領収書の不正がばれた時の例

友人と3人で食事にいったとします。その時、領収書で会社の経費でおとしました。売り上げも上がっていますし、領収書もしっかりお店の方に書いてもらったので、なんも心配せずに会社に提出し、領収書として認められました。後日監査が入りその領収書を調べられたとき、細かく調べられ、該当のお店にも確認にいかれ、最終的にはばれたそうです。 当人は該当金額返金と退職により刑事事件にはならなかったようですが、重大な問題になりました。 これは以前私が勤務していた会社で過去にあったコンプライアンス違反例として取り上げられましたので、本当の話かどうかわかりませんが、現実にはあるようです。

領収書の宛名・但し書きの書き方は?

宛名の書き方

領収書はすべて書いてもらわなければならないと書きましたが、時間がないときや長い社名、難しい漢字等がある場合は煩わしいですよね。そんなときでも書いてもらわなければいけません。ですので、普段から名刺やメモ用紙を持ち歩き、スムーズに書いてもらうようにしましょう。 あとから領収書をもらうことも可能ですので、時間がないときはあとから店舗に行ってもらいなおすことも可能ですので、しっかりと書いてもらうようにしてください。

但し書きの書き方

但し書きに関しても同様にしっかりとお店の担当者に書いてもらいましょう。お品代ではなく、飲料代や飲食代等できるだけ細かく書いてもらうと、あとからトラブルが減りますので、こちらも煩わしいことがあっても、できるだけ細かく書いてもらうといいでしょう。

コンビニで領収書をもらる時の注意点

コンビニで領収書をもらうときに注意があります。コンビニで領収書をもらった際、5万円以上の領収書の場合は必ず収入印紙が必要となります。コンビんの店員さんで、まだはいったばかりの店員さんの場合、収入印紙に慣れておらず、収入印紙を貼り忘れてしまう場合がありますので、収入印紙がない場合は、店員さんに必ず申し出ましょう、

収入印紙がない領収書は?

収入印紙がない領収書は領収書として認められませんのでご注意ください。レシートの場合でも、慣れている店員さんであれば、何もかかれていない裏面などに収入印紙を貼ってくれますので、確認してください。

コンビニに限らず、領収書の書き方のルールを守らない場合

上記まで、宛名や但し書きについてお店の人に書いてもらったり、収入印紙を貼ってもらう注意点などをご紹介しました。 それを守らないと以下のようなトラブルがおこる場合があります。

領収書の書き方等ルールを守らないとおこる可能性があるトラブル

・自分で、一部の項目(宛名など)を書いてしまうと、正しいないようであっても私文書偽造罪に問われてします可能性がある。 ・不正などを行うと、架空経費の計上や印紙脱税違反になる可能性がある。 ・正しいことをしていても、いろいろなことを疑われて、面倒なことになる。

などのトラブルを引き起こしかねません。少しおおげさな表現がありますが、お金のことですので、ルールはしっかり守ったほうがよさそうですね。

コンビニで領収書をもらうときは

コンビニで経費を計上するときはレシートでも、領収書でも、税務的には問題ないとうことはご理解いただけたと思います。しかし、会社の規則でレシートではダメな場合や、領収書でなければだめな場合があると思いますので十分に確認しましょう。また、もらった領収書でも、領収書をもらうときの書き方等ルールなどがありますので十分注意してください。 今まで当たり前のようにに宛名や但し書きを自分で書いていたことはありませんか?同僚がやっていたりすることもあるかもしれませんが、実はルール違反であったことを知っていただき、正しく領収書を計上しましょう。