【四国四県】地図だけでは分からない、四国四県の魅力や県民性の違い

島国の日本の中でさらに小さくある島国である四国。この四国の魅力や県民性を確認して見ましょう。

四国四県の由来

四国の旧名   徳島=阿波(あわ)   香川=讃岐(さぬき)   愛媛=伊予(いよ)   高知=土佐(とさ) この4つの国があったことから「四国」と呼ばれます。 旧名は「阿波踊り」「讃岐うどん」「伊予みかん」「土佐湾」「土佐犬」 「讃岐平野」のように、いろんな特産物や地名に残っています。 また、鉄道も「土讃線」(土佐-讃岐)、「予讃線」(伊予-讃岐)のように 呼ばれ、旧名が残っています。

四国四県の地形

 県境に四国山地があり、石鎚山(1982m)など、比較的険しい山が連なっています。  川は徳島県の吉野川、高知県の四万十川があります。  瀬戸内海で2番目に大きい小豆島は香川県に属しています。  (淡路島は兵庫県)

四国四県の気候

四国は ●瀬戸内海側(四国山地の北側)は=瀬戸内式気候 ●太平洋側では太平洋岸式気候 と、違った気候区になります。   瀬戸内海側の愛媛県、香川県は中国山地と四国山地の間にあるため、四国の中でも1年を通して降水量が少ない瀬戸内式気候になります。 このため、夏には、水不足の問題が起こることがあります。

四国四県のみかんと言ったら「愛媛県」

伊予の国、愛媛県と言えば「みかん」が有名ですね。あとは「道後温泉」「坊ちゃん」などが出てきます。 他にも、ゆるキャラの「バリィさん」や「みきゃん」も活躍しています。

愛媛県の県民性

あくまで言われているものなので、一概には言えませんが、誰とでもうまくやっていける温和さがある一方で、おっちょこちょいの一面もあると言われています。それは穏やかで温暖な気候のもとで、楽天的な陽気でおっとりした気質が育ったからかもしれません。 またもしお金を持った場合、老後に備えて資産を形成する県民性だとも言われています。 また愛媛県の中でも3つの地域によって気質が異なると言われ、東部の東予は商人気質、中部の中予はノンビリ気質、南部の南予は明るくおおらかな南国資質であると言われています。

深くみる県民性、男性気質と女性気質の比較

男性気質と女性気質を比較してみると 愛媛県の男性気質 ● 素朴で親切、情に厚い ● 東予の男性は粘り強くて勤勉な人が多い ● 中予の男性はやや閉鎖的なタイプ ● 南予の男性は陽気で豪快な気質 愛媛県の女性気質 ● 東予の女性は活動的でお金にしっかりしている ● 中予の女性はのんびりした気さくな性格 ● 南予の女性はおおらかで情熱的 と言われています。

基本情報(地図、県庁所在地など)

地図でいうと四国の中で左上に位置し、県庁所在地は松山にあります。かつては「伊予(いよ)」と呼ばれていました。 代表的な名物はみかんをイメージされるのではないでしょうか。実際伊予柑出荷率は全国1位にもなっています。 他にも坊ちゃんで有名な道後温泉や、松山城が有名です。 最近では今治のブランドができ、タオルも有名です。

四国四県のうどんと言ったら「香川県」

佐貫の里、香川県と言えばやっぱり「うどん」です。「うどん県」と言うぐらいで、讃岐うどんは誰もが知っているでしょう。 他にも、小豆島のオリーブや醤油、金毘羅さんに栗林公園が有名です。

香川県の県民性

こぢんまりとまとまりがちな「箱庭気質」と言われる一方で、解放的で明るく人付き合いがよく、新しい物好きな県民性です。要領がよく抜け目ない性格で、強烈な個性派が少ないと言われ、周りと合わせる無難を好む気質があります。 またもしお金を持った場合、貯金する県民性だとも言われています。

深くみる県民性、男性気質と女性気質の比較

男性気質と女性気質を比較してみると 香川県の男性気質 ●話上手でとっつきやすい ●好奇心旺盛で、熱しやすく冷めやすい気質 ●やや見栄っ張りで流行を追い求める部分も 香川県の女性気質 ●積極的で自立志向が強い ●経済観念が発達している堅実派 ●考えが現実的、ややわがままな部分も と言われています。

基本情報(地図、県庁所在地など)

地図でいうと四国の右上に位置し、県庁所在地は高松市にあります。 かつては「讃岐(さぬき)」と呼ばれていました。 四国最大の都市と言われ、本州と近距離にあることや、かつて宇高連絡船が運航していたことから、現在でも高等裁判所や高等検察庁などの官庁の地方支分部局のほとんどが集まっています。 また、四国全域を営業区域とする四国電力やJR四国などの企業の本社や、全国的な大企業の四国本社・支社・支店なども高松市に立地することが多いです。 最近では、サンポート高松建設や丸亀町商店街の再開発事業での『丸亀町グリーン』の建設、道州制施行後の道都の誘致によって、拠点都市の座を確固たるものにしようとしています。 日本で一番面積に小さい県であり、いうまでもなく「うどん」が有名です。また小豆島のオリーブも全国の90%以上の生産をしており有名です。

四国四県で坂本龍馬と言ったら「高知県」

南国土佐の高知県といえば「坂本龍馬」が印象的です。あとは「カツオ」「四万十川」「土佐犬」「よさこい祭り」が印象的です。 アンパンマンの生みの親、やなせたかし氏の出身地(出生は東京)でもあります。

高知県の県民性

気風の良い快男児、気骨ある男性を土佐弁で「異骨相(いごっそう)」といい、行動的で活発な女性は「はちきん」が土佐人気質の典型です。つまり男女共エネルギッシュで個性的、酒豪が多いということです。 またもしお金を持った場合、飲んで終わりをする県民性だとも言われています。

深くみる県民性、男性気質と女性気質

男性気質と女性気質を比較してみると 男性気質 ●頑固で負けず嫌い、反骨精神旺盛 ●一度決めたら意地でも貫き通す、妥協しない強さがある ●飲食代には金銭をおしまない、酒豪が多い ●郷土意識が強い、熱しやすく冷めやすい 高知県の女性気質 ●行動的、勝気でしっかりした働き者 ●ハキハキしていてさっぱりした性格 ●好き嫌いもハッキリしている ●たくましい反面やや短気な一面も と言われています。

基本情報(地図、県庁所在地など)

地図でいうと四国の左下に位置し、県庁所在地は高知市にあります。 かつては「土佐(とさ)」と呼ばれていました。 カツオや坂本龍馬が有名です。ナスやししとう、生姜の生産量が全国でも有数の県です。

四国四県の渦潮と言ったら「徳島県」

阿波の国、徳島県といえば「阿波踊り」ですね。あとは「鳴門の渦潮」「すだち」「徳島ラーメン」のイメージです。

徳島県の県民性

勤勉で堅実、お金にシビアな実利主義です。昔から大阪と交流があったため商人気質の強い県民性と言われています。 またもしお金を持った場合、手にしたお金を元手にして商売を始める県民性だとも言われています。

深くみる県民性、男性気質と女性気質の比較

男性気質と女性気質を比較してみると 徳島県の男性気質 ●真面目で勤勉な人が多い ●宗教、教育熱心 ●借金嫌いのがっちり貯金型 徳島県の女性気質 ●「結婚するなら阿波女」と言われるほど、働き者で質素堅実 ●明るくバイタリティーあり ●経済観念が発達している と言われています。

基本情報(地図、県庁所在地など)

地図でいうと四国の右下に位置し、県庁所在地は徳島市にあります。 かつては「阿波(あわ)」と呼ばれていました。 渦潮や鳴門海峡、阿波踊りが有名です。最近ではサテライトオフィスがある神山など新しい働き方として注目されることも多くあります。

四国四県は観光地として盛り上がっています

昔から香川のうどん、高知の坂本龍馬、徳島の渦潮、愛媛の道後温泉など、四国四県には有名な観光地は数多くありました。 それに加え、最近では香川の西でみれる「日本のウユニ塩湖」や島々の「瀬戸内国際芸術祭」だったり、徳島の新しい働き方が見れる「神山や海南町」など新しい観光スポットが再発見されてきました。 四国に一度訪れてみたらいかがでしょうか。四国で新しい発見ができるかもしれません。