メルカリで規制されている無在庫転売のやり方や違法性は?通報される?

目次

メルカリ無在庫転売とは?

メルカリ無在庫転売とは、メルカリで先に出品して注文を受けてから、ネット通販サイトなどで商品を購入して、そのまま購入者に直で商品を送る裏ワザです。 見方によっては、メルカリ無在庫転売はAmazonで商品を注文するだけで、配達手配まですべて行ってくれて便利です。また、送料無料も多くてムダな経費がかかりません。Amazonには、仲介業者が中国輸入で値崩れしている商品を販売しています。正規価格から値崩れしている商品の特徴は、1000円以下のモノが多く、かなり安く仕入れることができます。 逆にメルカリ無在庫転売をトゲのある言い方をすると、値段の相場を知らない一定のメルカリユーザーを対象に、ネット通販サイトで安く仕入れ、面倒な配送作業は仕入れ先のネットショップに、購入者の個人情報を晒して、直接送ってもらおう!って事です。 この販売方法なら、注文が確定してから商品を購入するから在庫を抱えるリスクも無いし、クレジットカード払いにすれば先にメルカリで商品代金を手にして、カードの支払いはあとにすることだって、出来ます。 メルカリ無在庫転売は見方によっては良いかもしれませんが、かなりの危険性があるやり方をよく目にするのではないしょうか。メルカリ無在庫転売のやり方、メリットデメリット、どこが違法性なのかなど細かくご紹介します。

メルカリ無在庫転売のやり方

先にも少し書いてありますが、改めてメルカリ無在庫転売のやり方まとめると以下の通りになります。 メルカリ無在庫転売の【事前】のやり方 1販売元(メルカリ)、仕入先(アマゾンなど)登録 2アマゾンで仕入れ物を探す 3メルカリで、アマゾンの仕入れ物をコピペ(写真や文字など) メルカリ無在庫転売の【販売】のやり方 4メルカリで注文が入る 5アマゾンにメルカリの配送先情報をコピペ配送 6メルカリで商品代金を先にもらい。アマゾンには後日支払いで完了 これらがメルカリ無在庫転売の基本的なやり方です。 一般的な物販は、先に商品を仕入れて、抱えた在庫を販売しており、在庫を抱えて赤字倒産という非常事態も発生します。 しかし上記のやり方だけみるとでもメルカリの無在庫転売であれば、商品の注文を確認してから、仕入れるので、在庫がなくてローリスクです。しかも出品などの取引はすべてスマホのアプリで出来て、初期投資もほぼ0円で取り組めます。 しかもメルカリの無在庫転売であれば、ニーズが高い商品を出品し、商品説明文はすべてコピペでOKです。 つまりメルカリ無在庫転売は難しいスキルも必要ないということです。 メルカリ無在庫転売はただそこにちょっとした定型文を加えるだけで、出品完了します。ちなみに、販売する画像や商品説明文も、その転売元のサイトから無断で拝借してきます。 「これほど簡単に稼げるビジネスが他にあるでしょうか?」 と、このような形で情報セミナーで聞いたことがある人はいるのではないでしょうか。 一方で、メルカリ無在庫転売の違法性という点をきちんと見ないといけません。

メルカリ無在庫転売の違法性

そもそも無在庫転売は、メルカリにおいて利用規約違反であり、規制されています。メルカリの利用規約には、「手元にない商品を出品するのは禁止」と記載されています。 つまりメルカリは無在庫転売を禁止しています。 もし、無在庫転売により利用規約を違反していることが通報され、メルカリにバレたら、その時点で「アカウント停止・強制退会・利益没収」という三重苦になることも最悪の場合、考えられます。規制されているものを破り、メルカリ無在庫転売の違法性によって、利益没収になってしまったら、大赤字です。

メルカリにおいてってことは、無在庫転売は法的に問題ないの?

無在庫転売とは、「実際には持っていない商品を販売し、売れたら商品を購入し送付する」ことを言います。 そして無在庫転売は法律上違法行為では無いので、問題ありません。無在庫販売自体は、一般に「他人物売買」と呼ばれ、民法560条に記載があり、民事法的には一応「有効」な契約です。 無在庫転売は法的に問題ありません。 ここではメルカリの利用規約において、「手元にない商品を予約、取り寄せで販売すること」、つまり無在庫転売は規制されている行為です。 通法されたり運営に通報があればペナルティが課せられますし、酷い場合は強制退会になります。 つまりメルカリ無在庫転売は法律違反ではなく、規約違反、規制されているということです。

メルカリ無在庫転売による規約違反を繰り返すとどうなる?

法的に問題なくても、メルカリの無在庫転売は規制されていて、規約違反です。発見したら当然通報されるものです。 無在庫転売は法律上「他人物売買」は認められています。 ただし、メルカリにおいて無在庫転売がサイトで禁止されていて、再三の警告にも関わらず行うのは「業務妨害」等に抵触します。 業務違反をした場合、民事責任、刑事責任で以下のような可能性があります。 ●民事責任・・・業務の支障をきたしたことによる損害賠償(民法709条)、または規約違反による債務不履行に基づく損害賠償(同法415条) ●刑事責任 (1)アカウントを不正取得した場合・・・不正アクセス罪(不正アクセス禁止法3条-3年以下の懲役又は100万円以下の罰金) (2)サイト規約違反をした場合・・・偽計業務妨害罪(刑法233条後段-3年以下の懲役又は50万円以下の罰金) (3)購入者に対する2項詐欺罪(刑法246条2項-10年以下の懲役 ) つまり、メルカリの無在庫転売は利用違反、規制されているものとはいえ、通報され規制を無視していると判断されたら、損害賠償や懲役の対象になるということです。

その他のメルカリ無在庫転売による違法性。知らないうちに偽物を売って逮捕の可能性もあります。

ネット販売で偽物の商品を出品し逮捕される人のニュースは度々見ませんか? もちろん意図的にしている人がいる一方で、無自覚でしている人も中にはいます。 それは自分は偽物と思っていなかったが、転売してしまったというケースです。 無在庫転売だと商品がどんなものかわからないので言い訳もできず、もし業者が偽物を販売していてそれをお客さんに送ったとしても、そのお客さんに商品を売ったのはあなた自身です。 自分は偽物と思っていなかったという言い訳は通用しません。 メルカリ無在庫転売は意識しないところで余計な違法性を生み出しているかもしれません。

メルカリ無在庫転売のメリットデメリット

メルカリ無在庫転売の違法性はあると散々書いて見たものの、改めてそこも含め、メルカリ無在庫転売のメリットデメリットをまとめて見ます。

メルカリ無在庫転売のデメリット

そもそも様々な違法性がメルカリ無在庫転売にはあるとご紹介しておりましたが、その他の細かいメルカリ無在庫転売のデメリットをこちらでご紹介します。

1.配達日がわからない

普段、アマゾンで購入する時からそうですが、Amazonのマイページには「3月7日到着予定」と記載されているのに、実際には3月5日に配達されることもあり、いつ配達されるのか?明確な日にちがわかりません。 また、自分自身は注文ボタンを押すだけで、配送作業を確認できないので、購入者から「配達に関する質問」がきても、正確に答えることができないのです。 例えば購入者から「商品がなかなか届かないんですけど、追跡番号を教えてください」と言われましたが、追跡番号がわからない商品だったのでトラブルになります。このようなトラブルが起きた場合、運営に通報される確率は高くなり、メルカリの規制を無視しているという自体が発覚しやすくなります。

2.品切れの危険性アリ

Amazonの商品ページで「在庫 残り●点」などのように数に限りがある商品をメルカリに掲載してしまうと、購入ボタンを押された後にアマゾンで注文しようとしたら売りきれていたという危険性があります。 その場合、大きなトラブル、つまり規制違反の通報が起きることになりかねないので、メルカリ無在庫転売者は、商品ページか自己紹介文に「他のオークションサイトでも販売しているので、在庫を確認するために、購入前にコメントしてください」と記載している場合があります。

3.送り主が違う

送り主が違うの当然ですが、送り主が個人なのに配送元は株式会社である場合トラブルの元です。アマゾンの倉庫から発送されてしまう場合、商品はアマゾン専用の箱に入れられて配達されてしまうので、規制違反の通報の余地を与えてしまいます。これを不思議に思った購入者が質問し、回答が曖昧なら購入者が「無在庫転売(販売者と送り主が違う)はメルカリで禁止」だと知っている場合、メルカリの本部に通報されて、アカウント停止(売上没収)になる可能性があります。

4.クレーマーが必ずいる

どんなに良いフォローをしていても、何割かの確率でクレーマーにはあたります。ましてやクレーム要素がある無在庫転売をしていたらなおさらです。 たくさん販売していけば行くほど、クレーマーに出会う回数も増えていくのです。そのクレーマーと自分のメッセージのやりとり(送り主が違う等)が通報され、メルカリ本部に見られると、無在庫転売がバレる可能性が高いです。それを防ぐのは無在庫転売をやめるか、そのためクレーマーに出会ったときも、メルカリ本部に報告されないように、言いなりになるしかないのです。 もしクレーマーがメルカリ本部に報告し、自分のアカウントを詳しく調べられたら、最悪の場合、アカウント停止・強制退会処分になる危険性が高いです。

5.商品について説明できない。無在庫転売ということで在庫がない。

手元にない商品なので、購入希望者から商品について質問されても、回答できません。例えば、賞味期限がある商品を販売しても、購入希望者から「賞味期限はいつですか?」と質問されても答えることができません。 また、アマゾンの写真は実際の商品よりも、キレイに見えるように撮影されている可能性が高いので、購入者から「写真のイメージと違う!」というクレームがくる危険性もあります。

6.発送はアマゾンではなく、出店者が行う。メルカリ購入者まで到着が長くなる。

プライムの場合はアマゾンの管理下で24時間体制で梱包発送されますが、自己発送の場合は、出店者が行うので、アマゾンのような、丁寧な梱包は望めない。発送までの期間が不明瞭。どこから発送されるかわからない。ということが起こります。 ひどい出店者だと、壊れ物商品でもただ封筒に入れて発送するような方もいます。 アマゾンは24時間発送してくれますが、出店者の都合によっては、発送までに数日かかることも。土日の発送は行っていない場合も多いです。 発送元が「日本」になっていたとしても海外から発送する出店者もいます。そうなるとメルカリ購入者に到着するまでに2週間近くかかる場合がほとんどです。  

7.在庫数が不明瞭。メルカリ上あってもアマゾン上ない可能性もある

プライム商品はアマゾンの倉庫で保管されているので、在庫数に関しては、明確にわかります。自己発送商品は出店者の手元に在庫があり、在庫数も自己申告制です。 自己発送で多いトラブルの1つで、注文したのに在庫がないということで出店者側から注文をキャンセルされた。ということが非常に多いです。  すぐに在庫切れの連絡をくれればいいのですが、2~3日経ってから連絡が来る場合もあります。 そしたらまたそこから別の出店者から購入しなくてはいけないので、メルカリ購入者に届くまでかなりのタイムロスになってしまいます。

8.送料がまちまち、無在庫転売は仕入れもとの送料に従う。

自己発送の商品の送料は、出店者が決めることができます。 関東は送料無料 で行っている方が多いですが、ちゃんとこの送料、各地域ごとの送料を見ておかないと飛んでもない額になっている場合があります。   本州だと400円前後の送料の方が多いですが、沖縄・北海道になると急に1000円を超えてきます。 中には前に一度沖縄への送料が10800円というように設定している方がいる場合もあります。   この送料、ちゃんと見ておかないと、商品代金より送料のほうが高くつくこともあります。

メルカリ無在庫転売のメリット

1.在庫をかかえない。無在庫転売という名の通り。

一般的な物販のように「先に商品を仕入れてから販売する」のは在庫を抱えてしまうリスクが伴います。しかし、メルカリ無在庫転売なら、「注文があってから仕入れる」ので在庫を抱えるリスクがありません。

2.先に代金も手にし、支払いを先延ばしにできる

メルカリでは主に2週間ごとに販売代金が振り込まれます。そんな時に、アマゾンでの支払いをクレジットカード払いにしていれば、「先にお金を受け取り、支払いを後回し」にできます。 商品代金を支払うよりも、先にお金を出来るのは大きなメリットです。

3.やり方が簡単!商品写真・説明がラク!アマゾン→メルカリとコピペ

メルカリの商品ページに載せる写真や説明文は、基本的にアマゾンの商品販売サイトの素材をそのまま使っている人が多いです。 自分の商品を販売する時のように、写真を何枚も撮って、説明文を考えて…という労力がいらないから、やり方が簡単でありメルカリ無在庫転売は楽です。

Amazon仕入れのメルカリ無在庫転売の注意点

仮にAmazon仕入れでメルカリ無在庫転売をする人に向けて、購入者とのトラブルを少なくする注意点をご紹介します。

Amazonが発送する商品は購入しない

Amazonの商品ページの購入ボタンのすぐ上に「この商品は〇〇が発送します。」と書いてあれば問題ありませんが、「Amazon jp」が発送します。とあった場合は、Amazonの倉庫から発送されることになるので、ダンボールに「Amazon」と書いてあるので、お客さんにバレることにつながります。 お客さんにバレてもメルカリに通報されなければ問題がありませんが、何度も販売して入れば、いずれ、通報するユーザーにどこか遭遇することでしょう。

納品書を入れない

Amazonで商品を購入すると納品書(領収書)が商品と一緒に同封されています。 しかし、メルカリに無在庫転売をするということは、利益を上げるために当然Amazonの方が値段が安いのを購入するはずです。つまりメルカリでAmazonで販売されている価格よりも高く販売するケースが多いので、Amazonの仕入れ価格を知ってしまったユーザーは激怒してしまい、メルカリに通報されてしまうことにつながります。 そのような事態を避けるとしたら、Amazoneの商品購入画面の取引メッセージに「プレゼント用なので納品書を入れないでください」と連絡を入れて防ぐ必要がああります。結果、価格の書いてある納品書を入れずに送り、メルカリにも通報されずに済む確率を上げることができます。

在庫を確認する必要がある

Amazonで商品ページのカートボタンの上に在庫を確認できる場所があります。メルカリで出品して売れたけど、いざAmazonを確認したら、在庫切れになっていてお客さんに発送できないということも考えられます。

そもそもメルカリ無在庫転売は儲かるのか?

実際メルカリ無在庫販売をしている人のアカウントをみてもそれほど売れていなそうです。実際そんな簡単に儲けがでるのであれば、アマゾンに出品している人がメルカリに出します。 ではなぜ売れないのに無在庫転売がこの世に数多くあるのでしょうか。 メルカリ無在庫販売をすすめている人は塾やそれらの情報商材で稼いでいるようです。メルカリ無在庫販売をしたからといって月に数万円しか稼げませんが、そういった商材はかなり高額です。 リスクを背負って、違法を繰り返すかどうかはあなた次第です。情報商材の肥やしにならないようにお気をつけください。