折衝・折衝力とは?意味・使い方・例文/知っておきたい「交渉」との違い

出典:pixabay.com

折衝とは、自分の方に有利にことが動くように、相手と駆け引きすることを意味しています。そのため最初から話がまとまっている、もしくは同意している状態の話し合いは折衝ではありません。 双方の意見が食い違っている場合や、提示する条件に違いがある際に使われる言葉でもあります。

【折衝とは】折衝力という言葉から考える

出典:pixabay.com

折衝とはどのような言葉なのか、それは折衝力という言葉を考えることでも見えてきます。折衝力には折り合いをつける力、という意味があります。もう少し具体的に説明すると、駆け引きをして、相手と自分の双方が納得できるほどよいところに落とし込む力のことを意味します。 前述の通り折衝とは相手と駆け引きすることを意味しますが、相手と駆け引きをする力が、折衝力でもあります。折衝力は営業担当や事業部のリーダーなど、他社と駆け引きする機会がある職業の人には欠かせない能力でもあります。 また折衝力とは営業担当者には必須のスキルでもあります。そして経営者もビジネスに取り組んでいれば折衝は多くなります。折衝力とは経営者にとっても欠かせないスキルだといえるでしょう。

折衝の読み方

折衝は「せっしょう」と読みます。折衝とは何か、「折」という文字を「せっ」と読むことは日常では少ないかもしれませんが、一般的にこれ以外の読み方はありません。

折衝と交渉の違いとは

出典:pixabay.com

折衝と交渉の言葉の違いは、どのような場面で使うのか、というところにあります。折衝は基本的に国と国、または会社と会社など、政治的もしくは公の駆け引きをする際に使われます。その一方で交渉は、それよりも個人的な私とあなた、AさんとBさん、という風に個人間での駆け引きを指す場合に使われます。 またこれらの違いは目指すところにもあります。交渉は、お互いが納得できることが目指すところになります。折衝はそれとは異なり、お互いが納得したところで落ち着くために、お互いが妥協するというニュアンスが含まれています。 もちろん折衝も交渉もどのような意味を持つのかは、使われる場面や文脈、また使った本人の意図によって変わってきます。これらの言葉は使われる場面が違うことをよく理解しておくことが大切です。 そうすれば、個人間のやりとりで折衝という言葉を使うことはほとんどありません。また外交や政治的な駆け引きなら交渉よりも折衝の方が相応しいことがわかります。

折衝とはどのような使い方ができるのか

出典:pixabay.com

折衝とはどのような意味なのか、また交渉との違いはここまで述べてきた通りです。では次に、実際の会話ではどのような使い方ができるのか、例文を一つずつ見ていきましょう。

【例文1】各部門と折衝した結果をご報告いたします。

これは社内で関係部署と話し合いをして、その結果を報告するという意味の例文です。ただの打ち合わせではなく、何らかの折り合いをつける必要がある話し合いを実施して、そのことを報告する際に使うことができます。 逆にこの例文は、折り合いをつける必要がない、通常の打ち合わせをした際の報告には使うことができません。駆け引きや折り合いをつける必要がなかった際は、「協議」や「打ち合わせ」などの言葉に置き換えて使うことをおすすめします。

【例文2】A社と折衝してきた内容の一部をご報告いたします。

これは会社の営業担当や折衝の担当者が、A社と駆け引きを含むアポイントに挑んだ後、その内容の一部を報告する前に使うことができる例文です。 営業職に就いた場合、どんな業界でも折衝があった際は、上司への報告が欠かせません。どのような結果になったのか、折衝が上手く行ったのか、そうではなかったのか、等を上司へ伝える必要があります。 その際は、いきなり折衝の内容を話すのではなく、例文のような言葉を添えてから話し始めるのが一般的です。また例文は折衝内容の全てではなく、一部としているため、持ち時間が限られたミーティングの際にも使うことができます。

【例文3】明日は13:00から税務当局との折衝です。

これは税務調査に関して、税務署との折衝のスケジュールがあることを上司に伝える例文です。税務署との折衝は一般的には税理士の仕事なので、税務署内で用いられる例文でもあります。税務調査の応対は事業の規模が大きければ、資料の準備だけでも大変な作業となります。 またそういった資料を用いて、企業の正当性を納得させなければいけないため、折衝という言葉がぴったりと当てはまる例文でもあります。

【例文4】B社との折衝に関して何かアドバイスいただけますでしょうか。

これは営業などの担当者がB社と折衝することに関して、上司にアドバイスを求めている例文です。企業間の折衝を成功させることは簡単なことではありません。それは双方が折り合いをつけたいと考えている着地が異なる場合が珍しくないからです。 営業担当であれば、自社のサービスを企業に提供することが基本の業務となるわけですが、見込み客に提案が素直に受け入れられない場合は、価格に問題があるのか、フォロー体制に問題があるのか、もしくはサービスの利用価値が伝わっていないのか、理由は様々です。 どのような提案を準備すれば折衝が成功するのか、それは事前準備にかかっているといっても過言ではありません。 そのためこの例文にあるような、上司にアドバイスを求めることは営業担当と上司のコミュニケーションとして現場ではよく見られる光景でもあります。

【例文5】折衝が失敗した理由は、訪問頻度が少なかったからだ。

これは折衝が失敗したことを指摘している例文です。折衝を成功させるためには、価格やサービスの内容なども大切ですが、それ以前に個人間、もしくは法人間での信頼関係があるかどうか、というのも重要なポイントとなります。 例文では、折衝が失敗していますが、その理由として訪問頻度を指摘されています。新規に取引する場合、通常は信頼関係を築くところからスタートします。もちろん紹介や過去に取引があった、など何らかの関係性があれば、最初からある程度信頼があることを見込めますが、双方の信頼がなければ折衝は上手くいきません。 心理学ではザイオンス効果という言葉がありますが、これは何度も顔を見せると自然と好意を持つようになる、というものです。相手先企業へ訪問頻度を上げることは信頼関係を築くことでもあり、折衝を成功させるためには効果を見込める手段でもあります。

【例文6】折衝はメールで済ませるようなことではない。

出典:pixabay.com

これは折衝をメールで済ませようとしている担当者に注意している例文です。折衝はそもそも対面を前提とした言葉ですが、メールで解決できるようなものではありません。折衝とは折り合いがついていない法人や機関同士が駆け引きすることを前提としています。 そういった状況がメールだけで上手くいくことはほとんどありません。 またビジネスマナーとしても、重要な折衝は対面というのが基本です。どれだけビデオ通話やテレビ会議が普及している昨今でも、オンラインで済ませるものではありません。折衝は対面で実施するからこそ、双方に折り合いがつく可能性が生まれるのです。

【例文7】C社との折衝に行く前にプレゼンテーションの資料を見せなさい。

これは部下が折衝に行く前にプレゼンテーションの資料をチェックする際に上司となる立場の人が使える例文です。折衝を成功させるためには、相手が受け入れることができる提案を資料として準備することも重要です。 もちろん資料がなく、口頭の折衝でも上手くいく可能性はありますが、大規模なセキュリティサービスや住宅など、駆け引きまたは協議するポイントがいくつかある場合は、プレゼンテーションする資料の準備が欠かせません。部下の折衝の成功率を高めるために、このような言葉をかけることは大切なことでもあります。

【例文8】折衝力の有無には、人間力の有無も関係している。

折衝力の有無をどのように見極めることができるのかを伝えている例文です。折衝力とは口の上手さや魅力的な提案をする力だけで成り立つものではありません。折衝力とは人間力も必要になることを伝えたい際に使える例文です。 人間力とは人間として力強く生きていくための総合的な力のことを指しますが、これらは人生経験やチャレンジに質と量によって磨かれていくことでもあります。この例文では折衝を成功するために欠かせない折衝力を獲得するには、同時に人間力も磨く必要があることを表しています。折衝力とは人間力を磨くことで培われるものでもあるのです。

【まとめ】折衝とは特定の組織間の駆け引きを意味した言葉

出典:pixabay.com

折衝と交渉の違いでもお伝えしたように、個人間の駆け引きをする際は、折衝ではなく交渉という言葉が使われます。そのため組織に属して駆け引きをする機会がなければ、折衝という言葉を使うことはあまりないかもしれません。しかし折衝と交渉の言葉の違いを理解しておくことは大切です。これらの違いを理解しておけば誤った使い方をするようなことは、避けることができるからです。 また折衝力とは人間力も関係するわけですが、これは社会人として成長していくためには誰もが意識すべきだといえるでしょう。なぜなら折衝力とはどのようなものかを理解しておけば、人間力を磨き個人の交渉力も高めていくことができるからです。 不動産の契約や転職、車の売買など、普通に暮らしているだけでも交渉の機会は何度も訪れます。その際に折衝力の使い方を身についている人と、使い方を身につけていない人では、どちらが有利に交渉を進めることができるでしょうか。それは折衝力の使い方を身に着けている人ですよね。折衝力とは何かを理解して交渉力を高めることは、日々の交渉に強くなるためにも必要なことなのです。