回答と解答の違い/返答とも違う?クイズやアンケート、テストへの「カイトウ」

出典:pixabay.com

子供のころ、「同音異義語」というものを学習しました。 「同音異義語」というのは、「読み方は同じなのに意味の違う言葉」という意味ですが、「このテストのカイトウは何か」や「アンケートにカイトウする」など、カイトウという言葉を漢字で書く問題を出された記憶があります。 さて、回答と解答のどちらを書きば正解になるのでしょうか。 また、2つの言葉の違いは何でしょうか。 回答と解答はどちらも「答」という字が使われているので、何かに答えることですが、どちらの「答」を選べばいいのか迷いますよね。 それぞれの漢字を見てみると、「答」という漢字は共通です。 ということは、「回」と「解」という漢字に意味の違いのヒントがありそうです。 それではこれから、回答と解答の違いについて説明したいと思います。

回答の意味

出典:pixabay.com

「回答」の「回」は訓読みで「まわ(る)」「かえ(る)」と読みます。 この訓読みの「かえ(る)」とは「もとにもどる」という意味になります。 ということで、「回答」の意味は「たずねられたことに答える」という意味になります。 このことから、回答は相手がいるときに用いる言葉だというのが分かりますね。 また、相手の質問に対して答えるということは、テストの答えを書く時と違って自分なりの考えを相手に伝えるということです。 つまり、答えが一つだけとは限らないということになります。 この辺りが、「解答」との違いの一つになりそうですね。

回答例文

それでは、「回答」の例文を紹介していきます。 「回答」がよく使われるのは以下のような場面です。 ・化粧品のアンケート調査に回答する ・「晩御飯はどこにする?」という彼の質問に回答する ・職場のストレス調査票に回答する 特にアンケートや調査票などは仕事をしていると時折目にする機会もあると思います。 もし今度お目にかかるときは、書かれてある文章に注目してみてください。 おそらく、「回答」の方が使われているはずです。

解答の意味

出典:pixabay.com

次は、解答についてです。 「回答」が相手の質問や疑問に答えるというものでした。 それでは、「解答」の方はいったい何に答える際に用いられるのでしょうか。 まずは、実際に調べてみた「解答」の意味についてです。 こちらは、「出題された問題や課題などを解く」という意味のようです。 「解答」の「解」は「と(く)」「と(ける)」「ほど(く)」「わか(る)」と読みます。 ということは「解答」は、テスト問題やクイズなど、出された課題などを解くときに用いるということが分かりますね。 文字通り、「解いて答える」時には「回答」を用いると覚えるのが良いようです。

解答例文

それでは、さっそく例文です。 「解答」はいったいどういった時に用いられるのが正しいのでしょうか。 ・山積みの英語の課題の解答を考える ・大学の試験問題の解答を記入する ・数学の超難問に解答する ・友人に出されたクイズに解答する 上記のような場合には、「解答」を用います。 基本的に問題を解くときはこちらを用いると考えておけば間違いはないでしょう。

回答と解答の違い

出典:pixabay.com

「回答」は「たずねられたことに答える」ということで別に正解の答えというのは設定されていません。 たとえば「この質問に対し、YesかNoで回答してください」という質問の回答はYesでもNoでもどっちでも答えればいいんです。 それに対し「解答」は「ものごとを解(と)いて、答えをだす」ということですから、答えの正解が設定されている質問ということです。 その質問に対して正解だと思うことを答えるということになります。 テストの問題に対して答えるのは、「回答」ではなく「解答」だということなんです。 つまり、「回答」の答えに正解はありませんが、「解答」の答えには正解があります。 これが「回答」と「解答」の大きな違いになります。

回答と解答の使い分け

出典:pixabay.com

回答と解答、この2つの使い分けは、以下の通りです。 ・質問に答える=回答 ・出された問題に答える=解答 自分がどういった状態にあるのかを冷静に考えれば、自然にどちらも使うべきかが分かるはずです。

クイズ・テスト・アンケートに答えるのは「回答」と「解答」どっち?

出典:pixabay.com

同じ読み方の「カイトウ」ですが、「回答」と「解答」では意味がまったく違ってくることをみてきました。 それでは、クイズ・テスト・アンケートに答えるのは「回答」「解答」どちらなのでしょうか?

クイズは「回答」?「解答」?

クイズには必ず正解があります。 つまり、正しい答えがあるんです。 なので「ものごとが解(わか)って答えをだす」ということになり「解答」の漢字を使います。

テストは「回答」?「解答」?

テストにも必ず正解の答えが用意されています。 なのでテストもクイズ同様「解答」の漢字を使います。

アンケートは「回答」?「解答」?

アンケートというのは正しい正解というのがありません。 自分が思っていることを答えればいいんです。 ですのでアンケートの答えには「回答」の漢字を使います。

「回答」の「回」は聞かれたことに自分の意見や知識を答えるということです。 そして「解答」の「解」は聞かれたことに正解があり、それを導き出して正解を答えるということになります。 テストの答えを書くのは「解答用紙」で、アンケートの答えを書くのは「回答用紙」になります。

「返答」

出典:pixabay.com

「回答」と「解答」の他にもう1つ似たような言葉で「返答」がありますよね。 こちらはどのような場合に使われるのでしょうか。

「返答」の意味

「返答」は、問いや呼びかけなどに答えること、あるいはその答えのことをいいます。 「返」は音読みだと「ヘン」、訓読みだと「かえす」と読みます。 「返」は「元に戻す」「跳ね返る」を意味します。 漢字の通り、相手からの問いに対し「答え」を「返す」という意味です。 たとえば、学校の先生からの呼びかけや、上司からの質問に答えることは、「返答」となります。 また、「返答」は主に相手からの口頭での問いに対して答えるときに使われます。 ですので、上記で説明した「回答」や「解答」とはまた少し違う意味となります。

返答例文

「返答」はビジネスのシーンで使うことが多いです。 主な例文は以下です。 ・◯◯の件に関しては、社内で検討した上で、追ってご返答申し上げます。 ・会議の日程については確認した後に、改めてご返答いたします。

間違えやすい「回答」と「解答」

出典:pixabay.com

読み方は同じでも意味がまったく違う「回答」と「解答」。 「たずねられたことに答える」のが「回答」で、「ものごとを解(と)いて、答えをだす」のが「解答」になります。 「回答」は聞かれたことに答えますから、正解はありません。 逆に「解答」は問題を解いて正解を導き出しますから、正解があります。 上記でも述べたように、クイズとテストは「解答」。 アンケートは「回答」という漢字を使います。 間違いやすいのは、たとえばあなたが、小学生に算数の問題の答えを聞かれたとしましょう。 この場合の答えは「回答」の漢字を使います。 算数の問題なので「解答」を使いたくなりますが、聞かれたことに答えているだけなので「回答」になります。 間違えないようにしましょう。

まとめ

出典:pixabay.com

「回答」と「解答」の明確な意味の違いを理解して頂けたでしょうか? 今回説明したように、使うシチュエーションによって使い分けることができます。 ただし、先生がクイズを出題してきた場合には、質問に「応える」ことであり、問題に「答える」ことでもあります。 つまり、「回答」し「解答」することになるため、利用シーンが似ているこの2つの言葉はどちらでも意味が通る場合もあります。 具体的に分けて使用する機会は少ないかもしれませんが、日常でどちらの「カイトウ」が使われているか、少し意識してみるのも面白いかもしれません。