お布施のマナー(書き方・包み方・金額)/四十九日のお布施とは?

そもそも何気なくお渡ししているお布施とは、本来何に対する「報酬」なのでしょうか。あるいは「報酬」という考え方自体違うのでしょうか。

お布施の目的とは?

お布施の本当の意味は、読経や戒名を頂いた「謝礼」です。微妙な言い方になりますが、あくまで感謝の気持ちをお金で伝えているだけであって、読経や戒名をしてもらったことへの「報酬」ではありません。ですから読経料や戒名料という言葉は使いません。 その証拠に、僧侶にお布施を渡すときには「ありがとうございます」とこちらから言うはずです。「報酬」なら、むしろ「ありがとうございます」は僧侶が言うはずで、こちらは「ご苦労様」という言い方になりますが、そうではないことに注目しましょう。

お布施は誰に納めるのか?

ではお布施は誰に納めるのか、というともちろん基本は「僧侶」です。しかし、その本質は、僧侶を通じて、故人を回向してくれる「仏様」に対してお供えする、ということなのです。僧侶が、故人が無事に成仏できるように仏様に読経を通じてお願いしてくれたので、そのお供えとしてやはり僧侶を通じて仏様に金品をお布施としてお供えする、と考えれば分かりやすいでしょう。

お布施はどういう時に必要なのか

ですからお布施は基本的に、僧侶が読経を通じて仏様に何らかのお願いをする場合には常に必要です。具体的には、お葬式の、お通夜、葬儀、告別式だけに限らず、四十九日、一周忌、三回忌などの法要、お盆などに行う法事などの場面では、すべて供養をしていただいた御礼としてお布施をお供えします。

お布施の納め方は?

ではお布施はどのように納めればよいのでしょうか。 これはお布施をお供えする時の慣習なので、お布施の本質的な意味とはあまり関係ありませんが、しかしTPOのマナーをしては知っておくべきでしょう。お布施は、中袋に入れ半紙に包んでお供えするか、中袋に入れずに直接白封筒に入れてお渡しするかのどちらかが普通です。ご祝儀袋のように水引は掛けません。 表書きどうするのか、という点が気になりますが、書き方としては「御布施」と書くか、あるいは何も書かなくてもよいでしょう。またお香典などのように、お寺に不幸があってお渡しするものではありませんから、書き方としては薄墨を使用することも不要ですし、普通の黒いインクで大丈夫です。また、黒い水引のついた不祝儀袋も使いません。 更にマナーとしては手渡しでお渡しするのではなく、お盆に乗せて差し出し、僧侶に受け取っていただくという方法が好ましいでしょう。

お布施には相場はあるのか?

ではそのようなお布施の金額には相場はあるのでしょうか。理念の話ではなく、現実問題としてこのお布施の相場問題が1番気になる点でしょう。

建前としてはお布施に相場はない

まず建前としては、ここまで述べたようにお布施は感謝の気持ちを金品で表現したものですから、決まった金額というものはありません。お金持ちで多大な感謝を感じたら、仮に毎年のお盆でも何百万円もお渡しすればよいでしょうし、経済的に楽でない人が感謝の気持ちを伝えるのであれば数千円でもOKということになります。

お布施の現実的な相場とは

ただし、それは建前の話であって、やはり現実には葬儀でもお盆でもお布施の金額の相場はあります。ただその相場も「全日本仏教連盟」のようなものがあって、そこがお布施の「定価」を決めているわけではなく、お寺の「格」やその僧侶の考え方によって、金額は異なってきます。 ですから、お布施の金額がよくわからなければ、僧侶に直接「お布施はおいくら包ませていただければよいでしょう」と聞いてもかまいません。 その際に金額を明言してくれればその金額でお布施を包めばよいのですが、しかし中には建前を前提に「お気持ちで」という答えが返ってくる場合もなくはありません。そのような場合は以下の「相場」を参考にしましょう。 お布施の意味する感謝の内訳は、読経していただいたこと、戒名をつけていただいたこと、お車代(僧侶の交通費)、お膳料(僧侶の食事代)が含まれています。そしてここに、葬儀の場合、いただいた戒名のランクによって、また金額に差が出ます。 それらを前提にお布施の相場を示すなら、 お通夜、葬儀、告別式で二日間着ていただいて、戒名もいただいた場合は ・東京近郊のお布施は、およそ20万円~35万円 ・大阪近郊のお布施は、およそ20万円前後 ・その他の地方の場合のお布施は、およそ10万円前後 ということになります。 但し先ほど書いたように、ここにいただいた戒名のレベルが加わります。一般的な「信士、信女」といった戒名の場合はこのお布施の中に5万円ほどの戒名をいただいたお礼分が入っていますが、これが高位の「院居士、院大姉」などの戒名になると、40万円以上が必要になります。 ですから、院居士などの戒名をいただいた場合は、上の金額に、40万円-5万円=35万円を上乗せする必要があるのです。 ただし、これらの相場と比較して、あまりにも高いお布施を言われる場合もあります。その時には、まず戒名のランクを確認したうえで、葬儀社にも相談してみましょう。 またお通夜や、告別式以外のお盆などで読経していただいた場合のお布施は、以下のような相場になります。 ・祥月命日法要のお布施は、5,000円~1万円程度 ・四十九日法要のお布施は、3万円~5万円程度 ・一周忌法要のお布施は3万円~5万円程度 ・三回忌以降のお布施は1万円~5万円程度 です。基本は法事法要では読経していただいた場合は、お布施をお渡しするのがマナーです。その中でも、四十九日や一周忌など、特に重視されている法要の場合は、祥月命日の法要などの場合よりも、多めのお布施をお供えすることが多いです。 さらに、四十九日にお寺に行って本堂で読経していただくのではなく、自宅や法要のための式場、霊園などに来ていただいて読経していただく場合は、お布施とは別に、5,000円~1万円のお車代を上乗せしましょう。 また納骨は四十九日に合わせて行うことが一般的ですが、四十九日とは別に納骨式だけを行う場合のお布施の金額は、1万円~5万円が相場だとされています。 これらの誰かが亡くなったことに関する四十九日などの葬送儀礼でお渡しするお布施ではなく、お盆などの年中行事で読経していただく場合のお布施は5,000円~1万円が相場です。ただしこれが、故人にとっての初めてのお盆、つまり、新盆、初盆と言われるときのお盆の読経の場合は、規模も親戚などが参列して大きくなることもあり、お盆でありながらもお布施の相場は3万円~5万円前後と上がっていきます。 但し年中行事の中でも、春と秋に催されるお彼岸の法要だけはお盆とは違って別格で、お布施の相場もやや高くなります。 たとえば自宅などで個別に法要を営んだ場合は、3万円~5万円 お寺が催す合同法要会に参列した場合は、3,000円~1万円 と考えておきましょう。

お布施の金額がわからなければ聞くのが1番

このように自分の檀家寺があって読経を頼むのではなく、葬儀社などの紹介で来ていただいた僧侶の場合、その寺格などもわかりませんから、その時には事前に葬儀社のお布施の目安を聞いておきましょう。 ただし、何度も書くようにお布施には「定価」はありません。本当に経済的に苦しくて、相場の金額のお布施をお渡しできない場合は、その旨を正直に相談してみましょう。そうすれば、僧侶または葬儀社からその経済状態にふさわしいお布施の金額が示されるはずです。

お布施の書き方とは?

お布施の金額の相場が分かったところで、次にお渡しの仕方、特にお布施を包む封筒および中袋の書き方について解説します。

お布施の書き方~表書きの基本の書き方は

葬儀や法事、法要の時に僧侶にお渡しするお布施の表書きについてはどういう書き方がよいのか誰しも悩むことが多いでしょう。 この書き方にも明確なルールはなく、あえて特に何も書かずに、無地の白色の封筒に入れてお渡ししても全く問題はありません。あくまで謝礼ですので、その気持ちさえ伝わればよいのです。 何も書かない書き方に抵抗がある場合は、真っ正直に「御布施」という書き方でもよいでしょう。 いずれにしても、水引などがついている香典袋や不祝儀袋ではない、普通の白い封筒に入れてお渡しすれば表書きの書き方によらず、失礼なことにはなりません。 ただし金額に関して誤りがあるとお互いに不愉快な思いをすることがあるので、中袋には自分の氏名とお布施の金額を明記しましょう。

お布施の書き方~書いてはいけない書き方は

ただし何度も言うように、お布施は「報酬」や「対価」ではありませんので、「御経料」「回向料」「戒名料」「御礼」「志」「寸志」という書き方は、誤りになるので注意が必要です。

お布施の書き方~使用するペンは?

また封筒に書く文字は、お香典を遺族に渡すときのような薄墨を使うのもマナー違反に当たります。なぜかというと、あくまで僧侶は故人が成仏するためのお手伝いをしているのであって、故人が亡くなったことに関してはニュートラルな立場だからです。ですので、お布施の表書きの書き方としては、普通の黒墨を使いましょう。 中袋に金額などを書く場合は、黒のボールペンでかまいません。

お布施の書き方~書き方以前に封筒の種類は?

またお布施の書き方の問題のほかに、お布施を何で包んでお渡しするか、という問題もあります。上では普通の白封筒と書きましたが、正確に言うとお布施を包む袋には、大きく2種類があります。

出典:shop.r10s.jp

1つは「奉書紙」でお布施を包む方法です。具体的には、まず半紙でお布施を包み、中包みとします。それを上包みである奉書紙で包んでお渡しする方法です。あるいは、中袋にお布施を入れて、奉書紙で包んでお渡しします。 上包みの折り方は、結婚式などの慶事の上包みの折り方を同じように、上側を折返して、下側をかぶせましょう。お葬式だからと言って、弔事の折り方にする必要はありません。 この奉書紙で包む作法がお布施の包み方の中では最も礼式に則り、丁寧な方法です。格の高い僧侶に来ていただいた場合はぜひこの方法を採りたいところです。 奉書紙は文具店やインターネットで購入できます。 もう1つの方法が先ほど書いた、白の封筒にお布施を入れるものです。これは市販の白の無地の封筒で大丈夫です。ただし、郵便番号を記入する四角い欄が印刷されているものは避けましょう。 コンビニなどにいくと、すでに「御布施」「お布施」と印刷されている白無地の封筒が市販されている場合もあります。その場合は、特に中袋も不要なので、直接封筒にお布施を入れても構いません。その際には封筒の裏面に自分の住所と金額を記載しましょう。 もちろんこの白無地封筒も文具店やインターネットなどでも購入できます。 さらに水引は慶事や弔事に対する気持ちを表現するためのものですので、ニュートラルな立場のお寺にお布施をお渡しする場合には不要です。ただしこれにも地域ごとに風習があって、たとえば双銀や白黒の水引をつける地方や、関西では黄色と白の水引を使用する、といったことをマナーにしている場合もあります。これも気になれば葬儀社などに確認してみましょう。

お布施の書き方~特有の字の書き方は?

お布施の表書きには解説したように「御布施」「お布施」という書き方を採用します。 そして中袋の裏面の左側に自分の住所と氏名、右側あるいは表面の中心には金額を記入します。その金額の書き方にまたルールがあるので、それに気をつけましょう。 具体的には、まず金額の頭には「金」と書きます。 そして金額の書き方は、算用数字ではなく漢数字で書き、それも旧字体を使用します。 旧字体と言ってもピンとこない人も多いでしょうが、たとえば5万円は「伍萬圓」、10万円は「壱拾萬圓」という書き方になります。 その漢数字の旧字体と新字体の対照一覧を挙げておきます。、 一=「壱」 二=「弐」 三=「参」 四=「四」 五=「伍」 六=「六」 七=「七」 八=「八」 九=「九」 十=「拾」 百=「佰」 千=「阡」 万=「萬」 円=「圓」 そして、10万円の場合は「拾萬圓」ではなく、「壱」をつけて「壱拾萬圓」という書き方にします。

お布施のお金の入れ方

またお布施のお札の入れ方にも細かいルールがあります。たとえば1万5,000円を包む場合は、封筒を表にしてお札を取り出した場合に、まず1万円札が見えるように入れます。そしてそのお札も表側が見えるように、つまり1万円札で言えば福沢諭吉が見えるように入れましょう。

まとめ

いかがですか。 お寺にお金を渡すだけなのに、ずいぶんTPOやルールがあって面倒くさいな、と思った人もいるかもしれません。しかしお布施を渡すタイミングは、お葬式や法要などの、細かいルールのある「儀礼」の場です。したがって、それに伴ってお渡しするお布施にも、そのルールに付随した同じようなルールがあると考えてください。 これらのルールを知っていないと、思わぬところで恥をかいたり、常識を知らない人だとレッテルを貼られたりする危険性がありますので注意しましょう。