プロパティをショートカットキーで表示する方法(Windows10)

Windows10においてプロパティは様々な設定やファイルの情報が知れる便利なものです。よく利用することになるため、多く人は開き方を知っているかと思います。しかしプロパティは何通りかの方法によって開くことが可能です。最初に覚えたやり方をずっと続けている人も多いのではないでしょうか。まずは基本的なプロパティの開き方を上げていきます。

リボンから「プロパティ」選択

まずはエクスプローラーを開きましょう。Windows10を使っている人であれば聞き馴染みがあると思いますが、エクスプローラーはファイルを管理するプログラムです。作成したエクセルの情報を見たいならそのエクセルファイルを選択した状態で、リボンの中にある「プロパティ」を選択すればプロパティを開くことができます。エクスプローラーの画面上部にあるタブをリボンタブ、その下にリボンが表示されます。プロパティは「ホーム」のタブを選ぶと表示されます。

右クリックのショートカットメニューから選ぶ

エクスプローラーで表示されるリボンからプロパティを開く場合、当然エクスプローラーをまず開く必要があります。これよりも少し早く開くためにはマウスの右クリックを使います。この方法であればエクスプローラーを開く必要もありません。デスクトップにファイルを貼り付けている場合でも素早くプロパティを開けられます。
右クリックをファイル上で行うと、プロパティ以外にも色んな項目が出てきます。それぞれショートカットメニューとしてよく使う機能がまとめられています。プロパティは基本的にこのショートカットメニューの一番下に表示されています。何度も使っていればすぐに見つけられるようになります。

もちろんエクスプローラー上で右クリックを使ってプロパティを開くこともできます。エクスプローラーではプロパティを開くほか、様々な操作ができるため、プロパティを開きたい時にすでに起動していることもあるでしょう。わざわざデスクトップに戻るよりもファイルを選択することが早くできることもあるので臨機応変に自分が早くできると思うやり方を選びましょう。

プロパティでできること

プロパティはWindows10に限らず従来のバージョンでも使われています。様々な詳細情報を見ることや設定をすることもできます。具体的にどのようなことができるのか見ていきましょう。

ファイル名の変更

ファイル名の変更はマウス操作でも行うことができますが、プロパティでも変更が可能です。ファイル名の変更をする機会がよくあるという人はプロパティからも変えられるということを覚えておくと便利です。何か別の情報を見るついでに変更をすると効率も上げられます。

ファイル名を変える場合には注意点が2つあります。
1つは変更後の名前ががぶっているファイルがないか確認することです。同じフォルダー内で同じファイル名を使用しようをすれば、既にそのファイル名があるという旨の表示がなされます。
もう1つの注意点はファイル名を変えようとしているファイルを現在開いていると変更ができないということです。例えばエクセルで作業をしており、プロパティで情報を確認したい場合、上記の方法で開くことはできますが、同時にファイル名を変更しようとしてもできません。一度エクセルを閉じてから同様の操作を行いましょう。

ファイル名は自由につけることができますが、拡張子はファイルの種類によって決まっているのでここは変えられません。エクセルであれば「.xlsx」などの拡張子が付きます。ファイルの種類からもエクセルやワードなどのプログラムが確認できます。

ファイルの場所とサイズの確認

場合によってはファイルのサイズなどは確認したいことがあります。例えばメールにエクセルで作成した図表などを添付したくても、容量が大きすぎると送れないかもしれません。またネット上にアップロードするときには容量が大きいと時間がかかることもあります。どの程度の容量なのか確認するにはプロパティを使うと良いでしょう。
またファイルの場所を知ることもできます。特にショートカットファイルの場合、元ファイルのリンク先を知りたい場合があるのでこのようなときにもプロパティから確認してみると良いでしょう。

作成の日時などの確認

ファイルの作成日時などが分かればファイル整理もしやすく、作業工程なども把握しやすくなります。ファイルの作成日時、更新の日時、アクセス日時などが詳細に見ることができます。何のために作成したファイルなのか、日時から思い出すことができる可能性もあるので、ここで確認できるということ覚えておきましょう。

アクセス権限の設定

重要な内容を扱うファイルであればセキュリティタブからアクセスの許可について設定を行うことができます。書き込みや読み取りなど、できることを詳細に決めることもできます。ファイルの共有などをしている場合にはこの設定をしておくと良いでしょう。
また、ファイルの種類によっては自動的に編集の制限がついていることもあります。ファイルの編集内容が保存できないような場合にはここの設定をよく確認し、必要に応じて権限設定を変更しましょう。

ショートカットキーでプロパティを開く方法

プロパティは上記のようにファイルの名前やファイルの種類、保存場所やサイズを確認することができます。頻繁に開くことも考えられるため、エクスプローラーや右クリックよりもさらに早く開けると便利なときもあります。ここでショートカットキーの活用がおすすめできます。プロパティについてはWindows10だけに適用されているものではなくWindows7などでも同様のショートカットが使えます。

「Alt」+「Enter」によるショートカットでプロパティを開く

Windows10ではよく使う操作についてショートカットキーを割り当てることもできます。しかしよく使うと思われる操作についてはすでに割り当てられており、プロパティを開く操作についてもショートカットキーが用意されています。できるだけ多くのショートカットキーを覚えておくと作業効率を上げることができます。

プロパティの場合、ファイルを選択した状態で
「Alt」+「Enter」

を押すことでプロパティを開くことができます。ちなみに、プロパティの画面上では「Ctrl」+「Tab」によってタブの切り替えがショートカットでできます。例えばプロパティで確認できるファイル名やサイズ、作成日時などは「全般」タブで表示されていますが、アクセスの許可については「セキュリティ」タブになります。マウスで直接クリックしても良いですが、タブ移動のショートカットキーを覚えておくとさらに作業効率が上がります。

「Tab」キーだけを押した場合には、同じタブ内で選択の切り替えができますが、プロパティの画面上においてはあまり効率化が図れるものではありません。多くの入力画面があるような画面で積極的に使うと良いでしょう。

「Alt」+ダブルクリックによるショートカットでプロパティを開く

ショートカットキーのみでの開き方ではありませんが、「Alt」+「Enter」ではなく、ファイル上で

「Alt」+ ダブルクリック

をすることでも素早くプロパティが開けられます。ファイルの選択をするときにマウスを使っているのであればダブルクリックを使った開き方のほうが早いこともあります。

ショートカットファイルとは

ショートカットキーによるプロパティの開き方を上では紹介しましたが、ショートカットファイルはこれとはまた違う意味になります。単なる近道を示すファイルであり、リンク先へと自動で飛ばしてくれます。ファイルそのものではなく、ファイルのリンク先を表すため、サイズなどもリンク先のファイルとは異なります。試しにエクセルなど、適当なファイルを作成して確認してみましょう。

また、プロパティを開けばショートカットファイルからこのリンク先を確認することができます。
ショートカットを作成しているととても便利ですが、リンク先がどこにあるのか忘れてしまうこともあるので、ショートカットキーなどを使いながらプロパティを確認してみるとよいでしょう。

プロパティからショートカットキーの割り当て

プロパティを使えばショートカットファイルでもリンク先の確認ができますが、このショートカットファイルを開くためのショートカットキーを設定することもできます。よく使うファイルにはショートカットを作成し、さらにショートカットキーの割り当てをしてみましょう。

ショートカットとプロパティのまとめ

ここではWindows10について、プロパティを開くための様々な方法について紹介してきました。プロパティのショートカットキーについてはWindows7からWindows10になった場合でも変更されていないため、前から使っていた人でも同じ感覚でショートカットすることができます。
特にショートカットを使ったプロパティの開き方は非常に便利なので是非覚えておきたいテクニックです。プロパティからは基本的なファイルの情報から、ショートカットファイルならリンク先の情報まで知れるなど、できることは多くあるので、パソコンを使った作業が多い人なら積極的にショートカットキーは利用していきましょう。