【着任挨拶】朝礼等の際の口頭での挨拶やメールでの対応/例文6選

出典:cdn.pixabay.com

社内朝礼での着任の挨拶をはじめとして、歓迎会や取引先での着任の挨拶、メールや挨拶状などでも丁寧に着任の挨拶をしなければなりません。ここでは、それぞれのシーンに応じた着任の挨拶をご紹介します。それでは、口頭での着任の挨拶とメールでの着任の挨拶にわけて、例文と共に、そのポイントについてご紹介します。

朝礼など、口頭で行う着任の挨拶例文とそのポイント1:強みをアピールする

出典:cdn.pixabay.com

『私は、○○市の中心地にありますA支店よりまいりました○○と申します。転勤については1ヶ月前から社長様直々にお伝えいただき、心の準備はできておりました。このたびB支店に着任させていただくことになり、たいへん喜んでおります。と言いますのもB支店には弊社の中核を成している経営製造部門があるからです。 私は、大卒後、弊社の製造に関わる仕事はしてきています。その中で専門的に製造について学び、これからのグローバルな世の中でも対応できる製品に非常に興味がありました。私の知識とスキルを本支店の製造部門に生かしていければという思いでいます。・・・』

ポイント

出典:cdn.pixabay.com

朝礼などで行う口頭での着任の挨拶では、自己アピールをしっかりと行うことが大切です。しかし、「自慢」になってしまってはいけません。「自慢」ではなく、強みのアピールです。ですから、今までに培ってきた知識やスキルが着任した支店などでどう生かすかという思いを謙虚に述べることが大切です。 ここで大切なことは、どんな性格かをわかってもらうよりも、どんな「強み」を持っているかをわかってもらうことになります。それによって、あなた自身が「頼りになる人」という印象を持ってもらうのです。

朝礼など、口頭で行う着任の挨拶例文とそのポイント2:着任の街への思いを

出典:cdn.pixabay.com

『私は、東京は千代田区にありますAよりまいりました○○と申します。このたび、ここB支店のオープニングにあたって、新任店長を命じられました。新任店長ということで、これから皆様方とお店を作り上げていくことに尽力してまいりたいと思います。 さて、ここ○○市は美味しい野菜で有名です。このお店でもどんどん取り入れて、地元に根付いたお店にしていきたいと思っています。また、ここ○○は、私にとっても忘れられない地で、かなり前になりますが小学校の修学旅行で、このお店の近所にある○○旅館で枕投げをさせていただいたところなのです。・・・』

ポイント

出典:cdn.pixabay.com

飲食店などの新任店長として着任した場合「土地への思いいれ」の強いスタッフが多いことでしょう。少しでもいいですから、「この土地のことを知っている」ということを話せば、スタッフも快く迎えてくれることになります。この土地の見どころを知っているということもさらに付け加えればなおいいでしょう。 新しい職場で、しかも新任店長という立場ならなおのこと、スタッフの方たちとのコミュニケーションがスムーズにいくような内容を話すことで、あなたの人柄の評価にもつながっていきます。

朝礼など、口頭で行う着任の挨拶例文とそのポイント3:謙虚さも忘れずに

出典:cdn.pixabay.com

Aさん『私は、前職では不動産関係の営業でグループリーダーという役職をもらっていました。3年間勤務しましたが、結果が出ず自ら責任を取って辞めてきました。このたび、職種は異なりますが、同じ営業職ということで、弊社に主任として採用していただきました。前職での反省をもとにしながらも、ここでは必ず結果を出す自信があります。・・・』 Bさん『私は前職同様営業職として弊社で勤務させていただくことになりました。主任という立場ですが、前職で学んできましたことと、これから皆さんに教えていただいたことを生かしながら尽力してまいりたいと思います。私に足りない部分については、どんどん申し出ていただければと思います。・・・』

ポイント

出典:cdn.pixabay.com

注目したいところは、「朝礼など、口頭で行う着任の挨拶」というところです。Aさんのあいさつは、管理職クラスでの挨拶なら受け入れられるでしょう。反省して決意も述べていますから、評価されるかもしれません。しかし、自分よりも立場の上の人もいれば、部下になる人もいるという、朝礼の場では、謙虚さを忘れてはいけません。 それに対してBさんは、自身の経験と共に、新しい職場への期待も忘れていません。また、「足りない部分は。・・・」といういい方も謙虚さとして捉えられて、共に詞ごとをしていく上で、この人なら一緒にやっていけそうだという思いを持ってもらうことができるでしょう。

挨拶状に代わる着任の挨拶メールでの対応、例文とそのポイントをご紹介!

出典:cdn.pixabay.com

人事異動などによって新しい職場に着任すれば、お世話になった方やこれからお世話になる方々に着任メールを送るのが礼儀になってきています。メールとはいえ、着任の挨拶ですから、その内容については注意しなければなりません。着任前の職場や着任後の職場の方に快く思っていただけるようなメールにしましょう。

挨拶メールっていつ送ればいいの?

出典:cdn.pixabay.com

最近では、社内でのメールも一般的になってきて、今までの挨拶状に代わって挨拶メールを送るようになってきています。着任の(お礼の)挨拶メールを忘れると「彼は新しい職場に行ったのに、今までのお礼もないのか。」と思われてしまい、その後の対応にも影響してしまうことにもなります。では、挨拶状に代わる着任の挨拶メールは、一般的にどのタイミングで送ればいいのでしょうか。 ○着任した職場の上司に対して・・・人事異動発令の日 ○直接の取引先・・・着任してなるべく2,3日中に ○前職(前部署)の上司・・・着任した日 ○前職での取引先・・・着任してなるべく2,3日中に いずれの場合にも共通して言えることは、挨拶状のようにていねいさを心がけることです。異動前の上司や取引先に対しては、着任の報告とともに、感謝の気持ちや決意をしっかりと伝えましょう。新たな職場に対しては、相手のことがわからないということに加えてこれからお世話になるのです。社会人としてのビジネスマナーをしっかりと心得ているところをアピールして、これからのお付き合いに生かせるようにすることが大切です。ここでは、「着任の挨拶メールでの対応、例文とそのポイント」として例文とそのポイントをご紹介します。

挨拶状に代わる着任の挨拶メールでの対応、例文とそのポイント1: 上司に対して

出典:cdn.pixabay.com

【件名】着任のご挨拶 A支店 開発部部長○○様 【本文】このたびの人事異動にて、○月○日付けでA支店課長を務めさせていただくことになりました、△△と申します。前支店では入社以来10年間勤務し、顧客獲得のためのマニュアル作成や新規事業導入におけるグループリーダーを務めさせていただきました。その間、苦労したことも成功したこともありましたが、どんな場面でも上司の方や同僚の皆さんと共に尽力してまいりました。 新たな職場、新たなポストということで、非常に緊張しておりますが、私の持てるノウハウをよりいっそう高めて生きたいと思っております。新たな職場に慣れるまでには、何かとご迷惑をおかけすると思いますが。ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。メールにて失礼ではございますが、取り急ぎ着任のご挨拶を申しあげます。

ポイント

出典:cdn.pixabay.com

上司に着任の挨拶をする場合には、ていねいに敬意が通じるように書く必要があります。自分自身の経験や実績をしっかりと語るとともに、指導・助言をお願いするという謙虚さを伝えることが大切です。

挨拶状に代わる着任の挨拶メールでの対応、例文とそのポイント2:スタッフに対して

出典:cdn.pixabay.com

【件名】着任のご挨拶 A支店の皆様(A店スタッフの皆様など) 【本文】件名:着任のご挨拶 失礼いたします。この度の人事異動でA支店新任店長に着任いたしました○○と申します。私は弊社に着任前は。○年間B支店で主として顧客対応の業務をしてまいりました。着任前のお店では、ありがたいことにお客様のお店への思いは強く、リピーターとして多くの方に来店していただくようになりました。「人にやさしく」をモットーにスタッフやお客様に接してきたからだと思っております。 その経験を生かして、A支店においても新任店長として「お客様第一」とはどう対応することなのかを、皆様と一緒に探っていきたいと思います。B支店の特性についてお教えいただき、私もこれまで以上の努力をしてまいりたいと思います。メールにて恐縮でございますが取り急ぎ新任店長としての着任のご挨拶とさせていただきます。

ポイント

出典:cdn.pixabay.com

新任店長などに栄進された方が、着任先のスタッフの方にあてたメールでの着任の挨拶です。自分自身のポストのことは関係なく、部下としても上司としても同じ社内の人たちに対して送るメールとして考えるといいでしょう。その場合には、新任店長として社員の方々への心遣いが感じられるものにすることが大切です。ただ、上司に対しては別メールでご挨拶をすることは忘れないでください。

挨拶状に代わる着任の挨拶メールでの対応、例文とそのポイント3:取引先に対して

出典:cdn.pixabay.com

【件名】着任のご挨拶≪A社 開発部長 ○○≫ B株式会社 社長 ○○様 【本文】○○社長様におかれましては、平素よりA社をごひいきにしていただきありがとうございます。この度A社開発部長として着任いたしました○○と申します。今後、○○の開発に関しましてご尽力いただくように聞いております。私共、貴社のお役に立つことができますよう努力してまいりますので、ご指導ご鞭撻いただきますようよろしくお願いいたします。近日中にあらためてご挨拶に伺わせていただきたく思っておりますので、その折にはよろしくお願いいたします。まずはメールにて着任のご挨拶とさせていただきます。

ポイント

出典:cdn.pixabay.com

取引先に対しては、まず「熱意」を伝えることです。メールの場合には、あらためて挨拶に行くから簡単でもいい、挨拶状を出すから簡素でもいいと考えがちですが、そうではありません。着任の熱い思いを相手に伝えることが大切です。相手に対して「こんなに熱意があるのか。会ってみたいな。」と思わせることが大切なのです。

【着任挨拶】朝礼等の際の口頭での挨拶やメールでの対応/例文6選 まとめ

出典:cdn.pixabay.com

口頭での挨拶、挨拶状やメールでの挨拶など、着任の挨拶では「あなたの着任への強い思い」を語ることが大切です。強く、しかし、謙虚に着任の挨拶を行うことが大切です。この場合、あなたらしいなんだかのキーワードを盛り込むとなお引き立つことでしょう。人付き合いが良い、根性がある、人の話を聞くのが好きなどのキーワードで着任の口頭での挨拶やメールに盛り込むのです。