【ボキャブラリー】意味・使い方・類語/ボキャブラリーが豊富な人の特徴とは?

まず最初にボキャブラリーという言葉の意味、語源と言った、言語としてのトータルの姿をご紹介します。

ボキャブラリーの意味とは?

まずボキャブラリーという言葉の意味からです。

できるだけ正確に言うと、ボキャブラリーとは、日本語なり英語なり、ある言語において使われる言葉を1つ1つではなく、総体として指し示している言葉のことです。さらにそこから広がって、ある言語の言語体系やその言語の学術分野、あるいはその言語に対する個人の能力といっことまで指します。

ボキャブラリーの日本語訳と実際の意味は?

そのボキャブラリーを日本語に直訳すると「語彙」になりますが、しかし語彙とはある言語で使われる言葉の総体、「世の中に存在するすべての言葉」という意味までですから、その言語の言語体系や学術分野、個人の言語能力までは示していませんので、ボキャブラリーという言葉の一部しか翻訳していません。

ですから、ボキャブラリーの訳として語彙と使うのは、その一部しか表現していないことになります。したがって日本語で語彙という言葉を使う代わりに、直接英語のボキャブラリーという言葉を使ってしまことが多いのです。

それらを含めてボキャブラリーの意味をできるだけ正確に日本語にすると「日本語や英語といったある言語の持っている体系化された単語の数とそれを駆使できる能力」のことを指します。

したがって「あの人はボキャブラリーが豊富だ」という意味は、その人がたくさんの単語を知っているだけではなく、その単語を駆使して豊かな表現力を持っている、ということまでを言うのです。逆に言えば「ボキャブラリーが乏しい」「ボキャブラリーが少ない」と言われたら、知っている単語が少ない、ということだけにとどまらず、話す内容そのものが乏しい、持っている知識が少ない、知性がない、能力が乏しいということまで指摘されていることになります。

ボキャブラリーの語源と元々の意味とは?

ではボキャブラリーの語源とは何なのでしょうか。それはもちろん英語なので、英語の語源を探ると、ボキャブラリー=vocabularyは「voc」と「able」と「ary」から成り立っています。

まず「voc」とは「voice」という英単語があるように、声とかあるいは呼ぶ(call)と言った意味を示します。

次に「able」は「be able to=can」ということでもわかるように「あることができる」ということを意味します。

そして「ary」は「library」=「図書館」=「本がたくさんある場所」という単語があるように、「あるものがたくさんある状態」を意味します。

従って、その3つが加わった「vocabulary」は「人を呼んだりするができる声、言葉がたくさん集まっている」という意味になります。

つまりvocabularyの語源とは「voc」+「able」+「ary」になるのです。

英語のvocabularyと日本語のボキャブラリーの意味の相違点

ただし再度になりますが、英語の示すvocabularyの意味と、日本語で通常使われている「ボキャブラリー」の意味は少し範囲が違います。

英語でのvocabularyは、

・一個人、著者、一分野などの語彙、単語数、使う言葉の範囲

だけではなく、

・1言語の総語彙の全体像

と、さらには

・単語表、用語表

まで示すのに対して、日本語での「ボキャブラリー」は

・一個人、著者、一分野などの語彙、単語数、使う言葉の範囲

だけを意味するからです。

その点をよくわかったうえで、英文でvocabularyが出て来た時には訳すことが重要です。

ボキャブラリーの類語とは?

では「日本語の」ボキャブラリーの類語にはどのようなものがあるのでしょうか。

そもそもボキャブラリーの言葉を日本語で使うこと自体、その意味する言葉が日本語内にないから、ということですから、正確に一致する類語はありません。ですからボキャブラリーの意味と一部重複している、あるいは多少意味するところが似ている、ということで類語を探すと以下のようなものが挙げられます。

・類語1:辞意→言葉の意味
・類語2:意味内容→言葉の意味するところ
・類語3:意味→そのものスバリの言葉の「意味」
・類語4:意→意味
・類語5:言意→言葉の意味
・類語6:語義→言葉の定義
・類語7:意義→言葉の意味と定義する内容

いかがでしょうか。どれもジャストフィットという感じがしないのではありませんか。ですから日本語でも英語をそのまま借用して「ボキャブラリー」という言葉を使っているのです。

ボキャブラリーを使った例文とその意味とは?

ではボキャブラリーを使った例文をいくつか挙げてみましょう。まずは日本語からです。

日本語の例文とその意味は?

「彼はボキャブラリーが豊富なので、見事なビジネスレターを書くことができる」
これはビジネスに関する言葉をたくさん知っている、ということだけではなく、その背景にビジネス自体の知識が豊富だ、ということまで表現しています。

「読書や作文はボキャブラリーを増やすことに繋がる」
この場合のボキャブラリーは、日本語で意味を知っていて適切な文脈でのその言葉を使えるスキルを持っている、ということを指します。

「君のLINEはボキャブラリーが乏しい。ボキャブラリーがないといってもいい」
これはシンプルにLINEという表現手段の中で使える単語数が少ない、ということを意味しています。

英語の例文とその意味は?

では次に英語での例文をご紹介しましょう。

”You must expand your vocabulary.”
君はもっと語彙が豊富になったなるようにするべきだ。

He knows the vocabulary of baseball very much.
彼は野球用語が豊富だ(野球に関する知識が豊富だ)。

He has a large vocabulary of science.
彼は科学的な語彙が豊富だ(科学的な知識が豊富な人だ)

このようにやはり英語でも、単純に知っている言葉が豊富だ、ということではなく、その分野に関する知識が豊富だ、ということも背景に含んだ表現になるのです。ですから

“You have no vocabulary.”

と言われたら、知っている語意がないというだけではなく、知識がない、知性がない、とまで言われていると受け取ったほうがよい、辛辣な言葉になります。

ボキャブラリーが豊富な人の特徴は

ボキャブラリーが豊富な人は、そのように単に単語を知っているだけではなく、背景にある知識が豊富だというとになりますが、そのような人に共通する特徴にはなにがあるのでしょうか。

ボキャブラリーが豊富な人は読書好き

ボキャブラリーが豊富な人は読書好きな人が多いです。その理由は、ボキャブラリーをどこで学ぶかというと、主にはやはり印刷されている書物からだからです。

ボキャブラリーが豊富な人は情報網が幅広い

従って、ボキャブラリーが豊富な人は、読書量や、読んでいる文書量が多いので、知っている情報の幅も広く、あらゆる分野に精通していることが多いです。

ボキャブラリーが豊富な人は思慮深い

またボキャブラリーが豊富な人は、知識が多いため、物事について深く考える傾向が強く、思慮深くなります。

考えたことをすぐに口にするのではなく、その話す内容がその言葉と適切に一致しているかを考えるので、すぐに考えを口にせず、いったんよく考えてから発言するのです。

逆にボキャブラリーが少ない人、ボキャブラリーがない人、ボキャブラリーが乏しい人は、思慮が浅く、考えたことをすぐに口に出してしまう傾向があるために、軽薄な人だという評価を得がちです。

ボキャブラリーが豊富な人は人の気持ちがわかる

従ってボキャブラリーが豊富な人は口に言葉を出す前にあらゆる可能性を考えますから、自然にその考える対象には相手の感情や考え方も含まれるため、相手の気持ちがよく分かるようになります。

逆にボキャブラリーが少ない人、ボキャブラリーがない人、ボキャブラリーが乏しい人は、相手の気持ちを考えず思ったことをすぐ口に出して人を傷つけたり不快にさせてしまうことが多いです。

ボキャブラリーが豊富な人は話が面白い

ボキャブラリーが豊富な人はその言葉と一緒に知識も豊富に持っています。言ってみれば「引き出しが多い」のです。したがってどのような話題になっても、人が知らない事実などを教えてくれるので、話が面白いのです。

これに対してボキャブラリーが少ない人、ボキャブラリーがない人、ボキャブラリーが乏しい人は、話す内容が単調で浅いので、話自体もつまらなくなります。

ボキャブラリーが豊富な人は自分の感情表現が巧み

またボキャブラリーが豊富だということは知識が豊富であることと併せて、自分の感情をより的確な言葉で表現できることにも繋がりますので、感情表現が巧み豊かになります。

同じ「好きだ」ということを伝えるのでも、どのように好きか、ということをできるだけ正確に伝えられるようになるのです。

これに対してボキャブラリーが少ない人、ボキャブラリーがない人、ボキャブラリーが乏しい人は、自分の感情をうまく表現できませんので、自分の本当の気持ちを人に理解されないばかりか、非常に頻繁に誤解されることになってしまいます。

ボキャブラリーが豊富な人はモテるってどういう意味?

ボキャブラリーが豊富な人には以上のような特徴がありますが、もう1つ傾向として出ているのは、「ボキャブラリーが豊富な人はモテる」ということです。それはどういう意味なのでしょうか。

モテるといっても同性からモテる、つまり信頼され人気がある、という意味と、異性からまさにモテるという意味がありますので、両方について解説します。

ボキャブラリーが豊富な人が同性にモテる理由

まずボキャブラリーが豊富な人が同性にモテる理由は、特徴でも挙げたように相手の気持ちがよくわかるからです。誰でも自分の気持ちを推し量り、理解してくれる人のことは信頼します。ですからボキャブラリーが豊富な人は同性からモテるのです。

ボキャブラリーが豊富な人が異性にモテる理由

さらにボキャブラリーが豊富な人な異性にモテる理由は1つは上で挙げたように自分の気持ちをよく理解してくれるから、ということが大前提ですが、またさらに一緒にいて話をしていて面白い、ということが単純に挙げられます。

何もお笑いタレントのように笑わせてくれなくても、知識の豊富さを背景に自分の知らなかった世界を見せてくれ、自分の世界を広げてくれる人と一緒にいると、自分がどんどん向上していくような気がするので、その人と一緒にいたいという気持ちがわき、つまりモテるのです。、

ボキャブラリーが豊富な人になるためには

ではそのようなボキャブラリーが豊富な人になってモテるようになるにはどうしたらよいのでしょうか。

幅広く情報を手に入れよう

1つは主に書籍から幅広く情報を入手することです。もちろん紙になっていない情報、つまりネットの情報でもよいですが、ネットの情報は速報性がある代わりに内容が浅い傾向がありますので、ネットの情報だけに頼っていると浅く広い知識しか手に入りません。

それでは、話が通り一辺倒の、誰でもいうような内容にしかなりませんので斬新でもなく、したがって面白くもありません。ですからモテません。

それを避けるためには、やはり書籍に書かれている豊富で奥深い情報を入手することが重要です。

相手の話している本当の意味を推測しよう

また人と会話する時には、その人の発してる表面的な言葉の意味だけを追うのではなく、その人がなぜそのようなことを言っているのか、という背景や本当の心理まで推測するようにしましょう。

それは直接的に語彙が増えることにはなりませんが、相手の話している言葉の意味が実は多様なのだということがわかるので、結果的にボキャブラリーが豊富になります。

なんでも「自分の頭」で考えよう

さらに、何かを発言する時には、その発する言葉が自分の考えと本当に一致しているのかを考えてから発言するようにしましょう。

つまり反射神経で話すのではなく、しっかりと自分の頭で話す内容を考えたうえで、それを言葉に翻訳して、もっとも正しく真意を伝えられるように話すことが重要です。

まとめ~ボキャブラリーが豊富な人になって人生を豊かに

いかがですか。

ボキャブラリーが豊富になるということは単純に言葉の数が増えるという意味だけではなく、思慮が深くなり、相手の気持ちがわかるようになって、結果的に人から好意を抱かれることに繋がります。

ですから、よく読書をし、自分の頭で考えて発言するようにして、ボキャブラリーを豊富にしていきましょう。そうすれば人生そのものも豊かになるはずです。