なかなか取れない電池の液漏れ。お酢を使った簡単な掃除方法を紹介

ライフスタイル

しばらく使っていない電気製品の電池カバーを開けたら、乾電池から液漏れがしていて、青いものがこびり付いていたことはありませんか。また、まだ使っていない乾電池を裸のまま放置していたらいつの間にか液漏れしていたということもあるでしょう。液漏れした物質は毒であったりしますので、素手で触るのは大変危険なのです。

なかなか取れない乾電池の液漏れですが、掃除するには、どのようにしたら良いのでしょうか。なかなか取れない乾電池の液漏れについて、安全に掃除する方法を解説していきます。

乾電池が液漏れするのは、どんな時でしょうか。幾つかの場合が考えられますが、よくある例を見てみましょう。

長い間使っていなかった場合

購入したまま長期間保管して使用していなかった場合、乾電池が液漏れしていることがあります。乾電池には使用推奨期限があります。この期限を超えて数年以上経った場合、長期保存による液漏れの可能性もあるのです。

乾電池の変形

落下や圧力などで乾電池が変形する場合があります。変形をしてその歪んだ部分から液が染み出したりする可能性があるのです。

高温多湿

また、高温多湿などの悪条件下で乾電池を保管していた場合に液漏れが起こることがあります。通気性の良く高温にならない場所で乾電池を保管するようにしましょう。

ショート

金属に接触した状態で保管していると乾電池がショートして液漏れを起こす可能性があります。金属類を使った事務用品や日用品などと一緒に保管していると知らない間に液漏れし、白い粉や青い錆が付いていたという場合もあるのです。

電池を入れっぱなしにしている場合

乾電池の容量が無くなっているのに、乾電池を入れっぱなしにしている場合、過放電となりガスが異常発生します。この時、一緒に液漏れをする場合があるのです。切れてしまった乾電池は、早めに交換した方がいいのです。

プラス・マイナスを逆にした

乾電池のプラス・マイナスを逆にしてセットした場合、電流が逆流してガスが発生することがあります。特に複数本の乾電池をセットする場合、1本だけプラス・マイナスを逆にしてしまうと電流の逆流が起こりやすいのです。

新しい電池と古い電池を混ぜて使う

電池を装着する時、新しい電池と古い電池を混ざっていると、古い電池に過放電が起こる可能性があります。違うメーカーや違う種類の電池でも同じように起こりやすいという傾向があります。

液漏れを防止するには

 

では乾電池の液漏れを防止するにはどのようにしたらいいのでしょうか。注意しなければならないことのうち、幾つかをご紹介します。

保管時には金属類に触れないようにする

乾電池をむき出しにして金属類などに接触した状態で保管すると液漏れをする可能性があります。金属類に接触した状態で保管しているとショートして、液漏れが発生してしまうことがあるのです。ネックレスや金属の事務用品などと一緒に保管していると知らない間に液漏れしていたということもありますので、注意が必要なのです。

プラス・マイナスを正しく装着する

電子機器に乾電池を装着する時、プラス・マイナスを正しく装着しないと、ショートして液漏れが発生することがあります。電池を装着する場合は、必ずプラス・マイナスの方向をチェックするようにしましょう。

液漏れの正体は電解液

乾電池から液漏れする液体の正体は電解液です。電解液とは、乾電池の内部の化学反応よって電気を発生させる時に必要となる液体です。電解液の成分は、電池の種類によって異なります。 アルカリ乾電池の電解液は、水酸化カリウムという液体で、強いアルカリ性を示します。乾電池から漏れた場合、空気中の二酸化炭素と反応して通常白っぽい粉のようになります。 よく液漏れで青い物質を見かけるかもしれませんが、この電解液は大変腐食性が強いので、金属を溶かし青い色になるのです。 マンガン電池の電解液は、塩化亜鉛という物質で弱酸性を示します。水酸化カリウムほど強い刺激はありませんが、これにも毒性がありますので、十分に注意が必要なのです。

身体や衣服などついた場合はすぐに掃除

水酸化カリウムは、皮膚な溶けるなど非常に危険な液体です。 また、青いことが多いマンガン電池の塩化亜鉛も気をつける必要があります。液漏れした液体が肌に触れないよう、最善の注意を払ってください。青いさびのような部分を濡れた手で触ることも厳禁です。目に入った場合など異物で傷が付く可能性もあるのです。 衣服に青いものなどがついた場合には、肌に触れないように注意しながら服を脱いで、大量の水で洗い流すようにしましょう。そのあとは、普通に洗濯して頂ければ、その後は問題ありません。 床などに付着していた場合は、ビニールの手袋をはめて、水に濡らした大量テッシュペーパーなどで、何度が拭き取ってください。床が変色したり、青い色が移ってしまうこともあるのです。

電池が液漏れした時

乾電池の液漏れの正体は、電解液です。アルカリ電池の電解液は強いアルカリ性であるため皮膚などについた場合、化学やけどを起こす危険性があるのです。マンガン電池の電解液は弱酸性ですが毒ですので、ビニールなどの手袋をつけて作業するようにしましょう。

電池を廃棄してから掃除

液漏れした乾電池は、危険ですので、すぐに処分するようにしましょう。そのまま放置していると火災の原因になったり、更に液漏れが拡大する可能性があるのです。乾電池をビニールやナイロンの袋にすぐに入れ、周囲の液漏れが広がった部分も念入りに掃除することが必要です。処分にあたっては各市町村で定められた廃棄方法に従うようにしましょう。

お酢を使った液漏れの掃除方法

水だけで掃除をしてもなかなか汚れが取れないことがあります。なかなか取れない場合には、お酢を使った掃除方法が安全です。液漏れの掃除にお酢を利用するのは、液漏れ液はアルカリ性であることが多いので、酸性のお酢で液漏れ液を中和させるためなのです。

液漏れの掃除方法:準備するもの

乾電池の液漏れは大変危険ですので、掃除に取り掛かる前に必要な用具を準備しましょう。作業をするため、防水性のあるビニールやゴムの手袋が必要です。それから、掃除をするための布、細かいところを掃除する場合は綿棒もあったほうが重宝です。さらに掃除で使う水とお酢、また、紙やすりもあったほうが便利です。

液漏れの掃除方法:掃除手順

まず、液漏れが手につかないようにビニールやゴムの手袋をはめます。布や綿棒などにお酢を十分湿らしてから、液漏れした念入りに拭き掃除します。お酢がない場合は、たっぷりの水で拭きましょう。金属の部分が錆びていたら、紙やすりなどで磨きましょう。濡れぶきの後は乾拭きが必要です。もし、一度で汚れが取れない場合は、お酢や水で湿らせたティッシュをあてて、しばらく放置しておくと汚れが取りやすくなります。

掃除後の確認

このような方法で掃除をした後、新しい電池を入れて機器が正しく動くが確認するようにしましょう。掃除をしても動かない場合には、液漏れが機器の内部まで入り込んでいる可能性があります。自分で対処するのは限界なので、このような場合は修理業者に相談することをおすすめします。

電池の液漏れの掃除方法:まとめ

 

ここまでなかなか取れない乾電池の液漏れについてお酢を使った掃除方法を説明してきました。 電池が液漏れする原因には、以下の場合があります。

・長い間使っていなかった
・乾電池の変形
・高温多湿
・ショート
・電池を入れっぱなしにした
・プラス・マイナスを逆にした
・新しい電池と古い電池を混ぜて使った

液漏れの正体は電解液であり、アルカリ乾電池の電解液は、強いアルカリ性の水酸化カリウム。マンガン電池は、弱酸性の塩化亜鉛。
液漏れ液が体や衣服などついた場合はすぐに掃除しましょう。電池の液漏れを掃除をするのに、お酢を使った掃除方法があります。