不労所得の種類(投資や副業ブログ等)/不労所得の作り方10選

出典:www.pakutaso.com

ニュースによると、大手企業などでも、企業勤務のほか、各種の副業や資産の有無を問わない不労所得形成を進めるところが増えているのだそうです。 かつての日本らしい終身雇用制が徹底されていた時代から変化してきました。 企業自体の存続性による身分の安定など含め、働く人にとっては先の見えない企業人人生を送らなければいけないケースもあります。

出典:www.pakutaso.com

またこうした「社業やビジネスマンとしての浮き沈み」といった事情によるものから副業や不労所得推奨されるものばかりではありません。 欧米の大学生起業家、時代の寵児と呼ばれるITや技術、金融などの華麗なビジネスプレイヤーたちの若き日の活躍~大学や企業に在籍しながら、副業としてガレージで開発や製造出荷販売、不動産やファンドでの不労所得のスキル形成を行った~などの逸話に倣ったものなどもあります。 わかりやすく言えば「企業人として社会に出ている間、この時代と庇護される身分を生かし、もう一つ、本業とはまったく異なる視点や才能を養いなさい」といった英断から、こうした不労所得をめざす副業制度を導入している企業も増えたということ。

出典:www.photo-ac.com

忙しい社会人としての生活。当然年末年始は多忙。不労所得があれば、確定申告の必要もありますが、税制面でも確定申告書作成がしやすいさまざまな制度も整ってきました。 副業でどれだけ稼いでいても脱税などで社業に影響を与えることなく、適切な社会的手続きも行えるようになりました。 生活時間をうまく使い分けることができる人も増え、不労所得のための活動のため、日常の企業生活に影響を与えず両立できる人が増えていることも背景にあります。

出典:www.photo-ac.com

さまざまな制度が整い、不労所得の作り方が話題となって、町に多種多数の情報があふれている今が、「自分の不労所得の作り方で資産形成をスタートするチャンス!」 そこで今回は、不労所得の種類や、不労所得の作り方などをまとめてご紹介します。

目次

■そもそも不労所得は、どんな種類の所得を指す概念?

出典:www.photo-ac.com

不労所得(ふろうしょとく、英: unearned income)とは、それを得るために労働する必要がない所得のこと。 労働の対価として得る賃金・報酬以外による所得を指し、働かずとも得られる収入または収入源という意味で用いられることが多い。 利子、配当、賃料収入など投資による収益を指す場合や、有価証券や不動産等の権利自体を売買しその売買差益を指す場合、あるいはその両方を含める場合もある。

「不労所得」という語は、所得税法上の用語ではありません。 よく勘違いされがちですが、不労所得=働かずに得られる所得だからといって、必ずしも経費が掛からないというわけではありません。さらに不労所得だからと言って課税対象ではないということもありません。 たしかに不労所得は働かずに得られる所得の総称ですが、その中身は、誰かの製造や営業活動、賃貸借契約などによるものから、金融商品の配当や売却益&運用益、保険金収入、ギャンブルなどのプライズ、給付金などなどさまざまな種類があります。

出典:www.photo-ac.com

また企業などによっては、主たる勤務内容以外・・・たとえばWEBコンテンツやアプリなどの印税収入のほか、ちょっとした労働を伴う執筆や講演、社業では行えないような製品設計やデザイン、製造委託販売などを広くさして「不労所得として推奨」しているところもあります。 これは本業に比べれば、完全に働かなくてよい不労所得というより、少ない労力で継続的に大きな収益を得ることができるというとらえ方にもよるようです。

■不労所得づくりが注目されたのは、世界で売れたビジネス書「金持ち父さん貧乏父さん」がきっかけ

 

金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

1728円

日本では2000年に発売された、日系四世のハワイ人 ロバート・キヨサキの著書「金持ち父さん貧乏父さん」を覚えていますか? 全世界で1000万冊も売れ、51か国語に翻訳された、歴史に残る大ベストセラー。 シリーズ26作品では合計2600万冊も売れており、今でも世界のビジネスバイブルとして多くの人に支持されています。 この本の存在で、金融業界に進んだという人も多いほど、あらゆる人々に影響を与えた本。 この本を通じて、この「ちょっとだけの労働でできる不労所得の作り方や資産活用などの、さまざまな新しいビジネスの考え方」が日本に浸透しました。

内容は、金持ち父さんが社会で働く人々を ・システム化された給与や身分組織からお金を得ている「従業員」 ・独立して自分で金を稼いでいる「自営業者」 ・特許や資産などをもって、何もしなくてもお金が入ってくる仕組みを持っている「ビジネスオーナー」 ・株式や不動産投資、その他金融商品という資産を使って資産を増やす「投資家」 の4つに分類。 貧乏父さんは、この中でいかに出世して金を多く稼ぐかを子供に教え、金持ち父さんはこれら4つの分類から脱出することを目指すよう子供に説明。

出典:www.photo-ac.com

この中で、お金持ちは自分のために資産を活用して資産を生み出す=「お金持ちは「パッシブ・インカム (passive income)」で稼ぐ」としています。 このパッシブインカム=不労所得として訳されたことで、国内でも深く浸透した言葉です。 2000年といえば、バブル崩壊から無事にミレニアム超えを経て、多くの人たちが明るい経済を夢に描いていた時期。 これより以前は、バブル期からそのまま冷え込んだ不動産を握って、じりじりと収益の悪化シーズンを耐えていた大家さんが、世間一般の不労所得のイメージの中心。

かつてバブルの原動力の一部をなしていた、国債には利回り的に期待できなくなったことで、不労所得形成では、あらたな商品の存在が求められました。 バブル崩壊期の間に新たな金融商品や投資などが広まる中で、「企業の資金繰りや機材調達」「航空機船舶といった大型リース」などを少ない金銭でも手掛けるための 「アセットバック系金融商品」や「これらを扱うファンド」なども、種類豊富に日本に増えた時期でした。

一方で、不労所得形成を、かたくかしこく、あるいは我慢強く行う人がある中、各種金融商品や資産活用手法に出遅れまいとした、ちょっと時代に遅れた人たちが、ねずみ講などのネットワークビジネスに多数はまって、オレンジ共済組合事件、八葉グループ事件など多数の事件報道があった時期でもありました。 ロバート・キヨサキのこの本をきっかけに国民に広く「お金づくり」が浸透する前は、企業生活を送る社会人が行える副業といえば「不動産と国債」といった堅めの金融商品や直接的な資産運用がほとんど。 そのため、不労所得づくり=十分な預貯金や不動産がなければできないか、ネットワークビジネスのような形態でなければ無理というイメージでとらえている人も多かったようです。 この本での紹介により、一般の人でもコンテンツやインターネットを使ったさまざまな「不労所得」や「ちょっとした労働だけでできるお金づくり」などが広がりを見せてきたといわれています。

■不労所得ではどのくらいの収入までが見込めるもの?

出典:www.photo-ac.com

一口に不労所得といっても、 ・設備投資がかなり必要なリースや不動産 ・資金力が必要な株式投資やFX と ・輸入代行ビジネスや転売 ・コンテンツ業務 ・パチプロや宝くじなどのギャンブル性も高いもの などでは、稼げる、かかる手間や不労所得のための諸手続きや事務雑務と、かかる金額もかなり異なります。

不労所得で投資する金額や不労所得で得られる金額は、資産総額や形態によっても様々です。 比較的経費が掛からないタイプの不労所得では、大家が修繕や管理を行わないタイプの貸家不動産収入でも、さまざまな経費を差し引くと、資産億単位に対して、年間10%以下といった収益などもあります。 また、WEBコンテンツの広告料収入や画像映像提供だけの不労所得なのに収益で、月7桁をキープしているといった方もあります。 不労所得にはどんな種類があるのか順に見ていきましょう。

不労所得の種類 その1~不動産など手持ち資産による運用益や売却益

出典:www.photo-ac.com

アパートや住宅、土地の購入と、それを賃貸する「大家さん」としての不労所得は、「多くの企業をはじめ、公務員でも」古くから不労所得の作り方として認められてきたところも多い、お金づくりの方法です。 テレビドラマなどの不労所得のイメージで、毎月決まった日に決まった家賃額が振り込まれてくるといったものを想像する方も多いのではないでしょうか。 ですが昔は、賃貸や売却したい物件丸ごとを所有しなければならず、イニシャルコストが大きかったもの。 さらには、借地借家法下での契約では、土地や建物などの物件によって長い年月の契約でなければならなかったり、期間途中での契約解除やその他トラブル解決のための事務を専門家やプロたちに依頼するにも、非常に多くの経費が発生したりといったケースも少なくありませんでした。

現在では、貸主にも借主にも便利な、さまざまな契約類型や法整備。また、不動産管理や賃料回収、契約更新などにかかるさまざまなパッケージ型サービスが登場。 資産を持つオーナーだれでもが、ちょっとした費用だけ払えば、管理会社に丸投げしながら、ほんとうに働かなくても得られるタイプの不労所得の作り方に片手間に取り組めるようになりました。

ちなみに言うまでもありませんが 不労所得の不動産収入でいう運用益=毎月など定期的に入ってくる家賃や賃料収入などのこと 不労所得の不動産収入でいう売却益=不動産等の売買を行うときに、仕入れ額や手放すまでの間に要したさまざまな経費などを差し引いた結果の収入のこと。 もちろんマイナスになるケースもあります。

不動産丸ごとを所有~活用するのではなく、小さな単位で所有活用できることで、不労所得へのチャンスが広がった

不労所得の代表=土地建物へのイニシャルコストもかなり低減され、昔は一人が丸ごと所有することが多かったところ、1件未満を登記上の面積や所有権に対する割合で所有。 全体の運用益から、その稼働率や所有%に応じて配分される仕組みにも、さまざまなバリエーションができました。

学生時代や就職直後の20代からお小遣いなどをこつこつためて区分所有物件を購入したり、これらを利用した不動産投資商品などをうまくつかってお金を作る、早期不労所得用資産形成の方々にもチャンスが広がりました。

不動産投資では、貸す側だけでなく借りる側や物件そのもののシステムのバリエーションが増えたことで、さらに不労所得のチャンスも増えた

出典:www.photo-ac.com

不動産投資では、小さな区分で所有できるだけでなく、貸出形式や借主側との関係性にもさまざまなバリエーションが生み出されました。 たとえば、「一般の居住用物件の賃貸借契約やホテル旅館といった宿泊施設運営とは異なるタイプ」の契約・・・ 「シェアハウス」。また「ゲストハウス」「Airbnb(エアビーアンドビー)」に代表される「民泊サービス」なども、その物件を建てるための出資者を募り、運用益などを配分する仕組みなどを含めて、非常に広く参画できるチャンスが増えました。

京都などでは古くからホテルなどとも異なる「簡易宿所や下宿営業」をする民家が多く存在してきました。 ですが、これらとは異なる、新しい民泊サービスや実質下宿やシェアハウス的に運用されている物件などに対しては、事故時の対応や治安の問題、衛生面など様々な問題から、法や条例によって網をかけていこうという流れにもあります。

サブリースやその他不動産に関連した賃貸借物件への投資では、2020年の民法改正による影響をしっかり考えるのがMUST!

出典:www.photo-ac.com

小額から参加できるこれらの契約にも意外な落とし穴があることは、シェアハウス配当で破綻した「かぼちゃの馬車」事件で記憶に新しいという方もあるのではないでしょうか。

不動産のサブリースとは転貸借のこと。手軽な半面リスクもある 女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズの経営破綻。この事業の仕組みには、「サブリース」という賃貸借契約が利用されている。
サブリースとは、不動産会社が入居者に転貸することを目的に、物件オーナーから建物を借り上げる賃貸借契約(一般的に「サブリース原契約」と呼ばれる)のこと。つまり、物件オーナーが、実質的には不動産会社に入居者の募集(仲介)と管理を一括して任せ、賃料を得る仕組みとなっている。 不動産経営では「空室リスク」が大きな課題となるが、サブリースでは空室期間も不動産会社から安定した賃料を得ることができる。つまり、専門的な知識がなくても、手間をかけずに不動産経営ができるというメリットがある。 一方で、不動産会社との契約期間中に、契約賃料の減額や中途解約を求められる可能性があったり、不動産会社が倒産したりする危険性もある。もちろん契約賃料は、不動産会社が入居者の募集や管理にかかるコストや空室率を見込んで設定するので、オーナーが自ら不動産経営するよりも低くなる。

不労所得の中では、家賃保証があり、比較的安定しているように説明されたサブリース契約から、そのまま破綻。無配当といった流れ。 大都市圏でもかなり数が増えてきたこれらの物件利用を通じて、既存のしっかりと安心して使える宿泊や不動産契約が圧迫されるといった声や、利用者に対してのさまざまなトラブルのニュースも聞かれます。 そこで、2020年の民法改正を通じて、こうしたさまざまな契約も影響を受けるのではないかといわれています。

利回り面や、保証されている内容には、商品ごとにかなり幅があります。 また、不労所得でしっかり稼いでいきたいなら、短期間でしっかり投資分を回収して手放すといった使い方や、長期間保有することでの利殖を考えるなど、金融商品ごとに、あるいはその資産本体ごとに、持ち方、回収の仕方をしっかり把握しておく必要もあります。

リンク先のサイト、「Yahoo!不動産」では、各物件の利回りや家賃収入などを、中古住宅売買をはじめとした個別物件ページで確認することができます。 さらに「健美家」では、各物件の利回りなどをキーにして検索することも可能。 周辺の資産動向含めて、さまざまな情報を、PC上からだけでも比較検討することができます。まさに不労所得の作り方としてはぴったりのサービス!

これら金融商品(信託系)として販売されることも多い不動産関連投資では、予想利回り、優先劣後構造と償還時期分布やその健全性から、運用補償範囲、売買に伴う手数料など含め、さまざまな契約上の取り決めが向いているか向いていないかといった細かな分析検討などが「これまで以上に必要」。 全体を通じて、不労所得で大きな利益を出せた昔にくらべては、ちょっと難しい商品になりつつあるといわれています。

単純な賃貸や売買契約なら、手間はかかるけれど比較的トラブルは少ないこともある!

出典:www.photo-ac.com

サブリース関連商品が増える前には・・・ ・手持ちの土地を運用補償や地代による契約タイプの大手機械式パーキングに短期間貸しするもの ・中古物件を購入して値上がりを待って売却 ・中古物件を購入し業者によるリフォーム後、付加価値をつけて売却するもの などが流行った時代もあります。 また、さらには ・知られざる占有者など厄介な権利や利用の現況のため、素人が扱うには難しいといわれる競売物件を購入し、クリーンにしてから売却することで利益を得る ・・・などが流行った時代もあります。 最近はいずれも、新たなシステムや物件も増え、以前に比べては魅力も減ったともいわれます。 ですが、金融商品化されたことで間に多数の業者や会計関連が入り、実際の運用状況などが不透明になることで「オーナーが気づきにくい意外なトラブル」が発生することにもなっている補償型の商品。 これらに比べれば、旧来型のこうした売却益や運用益の作り方でシンプルに行う取引のほうが、トラブルは逆に少ないという人もあります。

また自らが所有する物件に居住しながら「リースバック契約」「リバースモーゲージ」で売却。 それを元手に別の物件などにと、次々資産を活用して増やしていく方などもあります。

以前は、大型機材の取得やリースと売却などを手掛けることも多かったファンドなどは、IFRSなどへの対応を経て、収益や費用をいかに認識させるかといったちょっと難しい部分の変化から、以前のように大きな金額が濡れ手で粟的に入ってくるような不労所得の作り方とは呼べなくなってきました。 その分、多くの出資を行うことで、確実に運用益を稼ぐ=出資者側の体力などとも呼ばれる、元の資金量が多くなければ稼げなくなってきたのです。 この傾向は、いままだこうしたフェーズを迎えていないその他の小額物件リースを束ねた金融商品など、オリンピック需要やシステム装置更改ラッシュから周期的な閑散期を経た金融商品にも、今後影響してくるかもしれないことも考えられます。

いずれにせよ、不動産などの資産を使った運用益や売却益は その商品を知ること 売買などに絡む手数料や制度を知ること その商品や資産そのものを取り巻く制度のスキマなど、「いま稼ぎやすい部分を知ること」がポイント。 「昔からある大家さん業」の人とは異なり「不動産関連など資産運用で20代など若手のうちから大きな資産を形成する人」の間の差として、いつもアンテナを張り巡らせて、実際不動産オタク&隠れ法制度ツウ が多いといった説もあります。

不労所得の種類 その2~立ち退き料や保証金ビジネス

先ほどの不動産などによる資産の作り方とも近いものとして、立ち退き料や保証金ビジネスがあります。 これは個人でも不動産関連企業や管理企業など法人も手掛けていることが多いもの。

出典:www.photo-ac.com

開発が予定されている、道路や商業施設、公共施設、マンションやビルなどの周辺の土地をとにかく買いまくって、開発業者に売るやり方です。 道路隣接や面積、建設条件など利用可能な土地かどうかを問わず、小さな土地から大きな土地まで一通り買うことと、既に周りの土地や物件所有者にどのくらいの権利移転が見られるかなどをみながら、効率よく購入して在庫しておくものです。 この買い集めた土地などの割合や形状などによって、また売却する時期などや相手先によっても、立ち退き料や保証料などは違ってきます。

出典:www.photo-ac.com

よく「立ち退きなどの交渉に来られた時には、一番最後まで残っていてもだめで、周りが抜けていく最後から何番目かが一番儲かる」などといわれます。

譲渡先が公的なところの場合、手数料などで大きく利ザヤも出せる

譲渡先が自治体など公的なところの場合、代わりの同等の土地を得ることができたり、売買に伴う手数料や税金などがかからないといったメリットもあり、資金力に余裕がある個人や法人が、なかばビジネスとして手掛けていることも多いのです。

方法によっては、脱税やその他問題のある取引に該当するケースも

出典:www.photo-ac.com

ただし、取得や所有の実情。売買までの流れや利用状況などによっては、グレーゾーンではなくブラック・・・立ち退き料や保証金目当ての怪しい商売として見られることも多いため、注意したいものです。

出典:www.photo-ac.com

たとえば自宅用として購入した物件を、短期間で次々手放して利益を得ている場合など・・・いくら「買った物件が全部除霊が必要な物件で」といっても、税務署の職員がそれを上回るゴースト級のこともあり、なかなか通じにくいケースもあります。

取得した土地をある程度まとめたりするためにも、また取得や今後の開発計画調査のためにも、不動産関連や事務手続きの知識は必要で、さらには自分で手続きが行える人であれば経費の圧縮にもつながります。

出典:www.photo-ac.com

中には、所有権や利用状況が確かではない物件に入り込んで、占有の事実を作ることや、書類や手続き上改ざんなどを行うことで、これら収入を得ようという法人や個人もあります。 資産活用関連取引では、自らがそのような形態の不労所得の作り方ではなくても、取引相手がこうしたタイプのこともあります。 企業での取引先調査よりも、気を付けなければいけないことも少なくないことは覚えておきましょう。

不労所得の種類 その3~海外商品買い付けと買い取りやオークション販売

出典:www.photo-ac.com

企業を定年退職した人、結婚などを機に退職した人、退職金などすこしまとまったお金が入ったうえで次の転職まで旅行などをする人の間で、お小遣い稼ぎとしてもよく行われている不労所得の作り方があります。 それが、海外への「ブランド品」や「マニア向けグッズ」などの商品買い付け! 企業などに勤務している間にも、お小遣い稼ぎ兼副業として頻繁に海外旅行を重ねながら仕入れ買い付けを行う方もあります。 夏休みやGW、お正月休みなどあらゆる休みを有効に活用しながら、不労所得の作り方を実践している人も多いのです。

海外ブランド品買い付けでの不労所得づくりの方法は?

本人が旅行に出かけて購入して、実際に手で持ち帰ってきたあと、国内で買取店に持ち込んだり、自分でオークション販売したりといった方法で利益を出します。 ・単に商品単体でもそこそこのもうけは出る上、うまくいけば旅行にかかった代金がまるごとカバーできるほど儲かること。 ・海外の身元のしっかりとした直営店などで、販売証明書などをつけて購入するため、偽物の販売によるトラブルがないことなども人気です。 日本国内に持ち帰った後、オークションや通販サイトで販売する際は、梱包や出荷を販売者側がかなり割安で行ってくれるサービスもあります。 これを利用すれば、自宅に在庫を持たなくてもよいことから、買い付け&写真撮影や出品売却用データ作成以外には、まったく働かなくてよいとして人気です。

この買い付けツアーでの支払いをすべて、クレジットカードのポイント活用や、マイレージなどを最大限に使って行うことで、「次回の買い付けツアーの旅費」や「買い付け以外の日常的に使用する小口の支出」をすべてカード類のポイントをつかって賄うといったつわものもあります。

またこの手法で慣れてから、海外に暮らす日本人やビジネス協力者などを出荷担当として雇い、輸入代行ビジネスなどを手掛ける方もあります。 取り扱い商品や、各国間検疫の知識の他、書類作成などにさえ詳しければできるものもあり、副業として行っている人も多いようです。 とくに貿易や輸出入のさまざまな業務経験を積みたい20代の若手などが、自宅副業でもこうしたサービスを手掛けることもあるようです。 ある程度軌道に乗ってきたら、書類フォーマットやマニュアルごとパートさんやクラウドワーカーなどに丸投げすることもでき、さらに不労部分の割合を増やすこともできます。

海外ブランド品買い付けのリスクは?

出典:www.photo-ac.com

直営店以外で購入すると、偽ブランド品をつかまされて、日本の税関で没収などのこともあるブランド買い付け。 それ以外にも、高級ブランド店で購入した後、自らホテルに持ち帰る途中で、カードや商品をひったくられたなどというケースも少なくありません。 こんな時は購入した商品を、直接ホテルに送るのがベター。 送り先を指定して、そこがそれなりのクラスのホテルであれば、購入者の信頼にもつながり、時には店頭であまり見かけない商品を紹介してもらえるチャンスも!

税関で支払う関税額は、仕入れ額に直接かかわる大きな収益上のポイント!

出典:www.photo-ac.com

やはり海外ブランド品買い付けでは、日本に持ち帰ってきた時の関税額が心配。 ですが、合法的に関税を支払わなくてよいこんな方法があるのです!

第三条の三 第三条(課税標準及び税率)の場合において、次条から第四条の九までの規定により算出される輸入貨物の課税標準となる価格(数量を課税標準として関税を課する貨物(以下「従量税品」という。)にあつては、これらの規定に準じて算出した価格をいうものとする。第六条第一項及び第二項、第九条第一項第一号、第四項第一号及び第八項第一号、第十一条並びに第十四条第十八号において同じ。)の合計額が二十万円以下の輸入貨物(本邦に入国する者がその入国の際に携帯して輸入し、又は前条第一項の政令で定めるところにより別送して輸入する貨物を除く。以下この項において同じ。)に対する関税の率は、関税に関する他の法律の規定にかかわらず、別表の付表第二による。ただし、当該輸入貨物を輸入しようとする者(当該輸入貨物が郵便物である場合にあつては、当該郵便物の名宛人)が当該輸入貨物の全部について同表によることを希望しない旨を税関に申し出たときは、この限りでない。 2 前項の規定は、前条第二項第一号及び第二号に掲げる貨物並びに本邦の産業に対する影響等を考慮して別表の付表第二の税率を適用することを適当としない貨物として政令で定める貨物には適用しない。 (課税価格の決定の原則)

実は1万円以下の各アイテムについては免税が適用できるのです! 仕入れ価格に直結する分、お得な価格でほんものを販売することもできます。 こんなメリットを生かせる仕入れ先は、欧州などの田舎にある、ブランド工場や店舗直営のアウトレットです!

海外ブランド品買い付けで、より利ザヤを大きくしたいとき、どんなことに気を付けたらいい?

他にも、国内での販売時に喜ばれるアイテムとして、日本とは違う質感の、各ブランド品の収納用袋や箱などがあります。 オークションなどでは、季節やコレクションなどの限定包装材。またノベルティなども、そのブランドの商品を超える値段で「単品で」マニア向けに販売されているケースもあります。 以前に流行していた、シャネルやその他海外一流ブランドの、シーズンや特定商品の包装向けリボンなどは、コピー品が大量に出回るほどで、覚えている方もあるかもしれません。 ですが、手で持ち帰ってくるとなると、なかなかの大荷物。 これらは、通常商品価格が発生しないものであることも多いため、郵便などで日本に送ってしまうのも一つの手です。 海外ではこれらを送るための段ボールの品質がかなり弱め。 日本では、縦方向の加重だけでなく横や斜め方向の力にも強い強化段ボールや、表面の圧縮、コートを丈夫に施したタイプで、さらには種類やサイズが豊富。 折りたためる状態で、日本の優秀な段ボールたちを旅行の時に持っていくのがよいでしょう。

出典:www.photo-ac.com

また、ブランドアイテムではやはり、「旬の商品かどうか」「日本で正規に取り扱いがあるかどうか」「海外限定として雑誌やメディアで話題になっているかどうか」といういくつかの点が、大きく利ザヤ=買取価格や売却価格を左右します。 お出かけ前に今回買い付けの商品リストを作成したり、現在の市況をしっかり調査しておくのは必須。 20代からスタートといわず、10代の学生時代から海外旅行の都度、こういった方法で不労所得の作り方を実践。実績と資産を若いうちから大きく重ねている人もあります。

業務的なにおいがないため、副業NGという企業でもOK。 生活を安定させるため、仕入れや販売在庫管理のセンスを養うため、未来の自分に投資するための資金作りとして、さらにはバイヤーとしての経験と審美眼や折衝力を育てるなどの理由で、子供のうちからでも取り組みやすい点も魅力ですね。 今どんな商品や分野が人気なのかは、多数、この作り方で不労所得を実現している先人たちのブログが豊富です。

不労所得の種類 その4~オークションや通販サイトでのせどり転売

出典:www.photo-ac.com

ブランド品の海外買い付け販売という方法のほか、インターネットの通販サイトやオークションを使った不労所得の作り方を実践している方は多いようです。 先ほどもご紹介しましたが、品物を仕入れて撮影、データだけアップロードしてしまえば、あとは出荷梱包などを一通りまとめて行ってくれる各種サービスも存在しています。 そんななかで、本当にお手軽な仕入れ販売/中古品仕入れ販売として人気なのが「せどり」

「せどり」とは一体何?

せどりとは、インターネットや市中の実店舗などでの販売価格と現在それぞれのオークションや通販サイトでの販売価格を比べて、少しでも高ければそこで売るというもの。 インターネット上での仕入れと販売を中心にして行うことが多く、あまり労力や時間がかからないので、多忙な会社勤めと子育てなど、日々の生活に忙しい方でも取り組みやすい点も魅力です。

「せどり」の商品は、どんなものがいいのか?

もっともせどりに向いているといわれるのが、コレクターズアイテムなどプレミア価格がついているもの。 これらはオークションや通販サイト間での価格比較や、実際仕入れに出かけて市中の店舗やフリーマーケットでの価格比較などで見つけます。 ・一定の仕入れ率範囲や一定の利益額以上といった基準の範囲を満たしており ・発送などの特殊梱包費や送料が少ない といったものが好まれます。 また、もちろん在庫の置き場をできるだけ小さくするために、荷姿自体が小さいものなどが好まれます。 さらに進んだケースでは、自分はまったく在庫を持たず、仕入れ先に直接発送させたり、共同で倉庫などを借りておき、仕入れと在庫などはすべてそこに集約。その倉庫の従業員らに発送させるといった形態をとることもあります。

「せどり」の仕入で気を付けたいこと

せどりの商品の場合、ある程度利益幅が大きいものが好まれます。 いったん商品を受け取って、それを再出荷するためです。 中古品でプレミア価格がついたものなどのほうが利ザヤは出ますが、仕入れ先で確認したものと手元に届いた商品が違ったということもたびたび発生します。 また、仕入れから販売までの流れをスムーズに行い、かつ市場でもっとも旬の時期に販売するために、買い付けの商品が届かないうちに、販売サイトに掲載するケースもあります。 これらが販売時のトラブルにつながる恐れもあるため、仕入れ販売管理には余裕をもって行いたいものです。

また販売用のテンプレートや記事自体も、あらかじめ流し込めるよう、代表的な商品はストックしておき、まるごと出品業務自体を他人にお願いするという方も増えています。 クラウド系ジョブマッチングサイトなどで、多数こうした依頼を見ることもできます。 本当に不労所得を目指したい、自分では副業として一切タッチしないほどの収益の作り方を行いたいなら、こういったものを利用するのもおすすめです。

不労所得の種類 その5~公営ギャンブルやパチンコパチスロ

出典:www.photo-ac.com

副業として本腰を入れて行っている人もあるのがパチンコパチスロや、さらには競艇競馬競輪といった公営ギャンブル。 20代になるまでは買えないことから「大人だけの副業」などと冗談で言っている人もあります。 中には長い休暇期間や、週末に海外までひとっとびして、海外のカジノで「本気の不労所得の作り方」を実践している人もいます。

日本国内の公営ギャンブルでは、人事考課でちょっと心配も多い

すでに退職してフリーランスや、企業生活とは無縁のキャリアを送っているのなら問題はないのですが、企業に勤務しながらではちょっと気になることがあります。 転職を視野に入れながら、あるいは社会的にもステイタスのある職業であれば、ギャンブルの場合、人事考課や人物評価などでマイナスに査定されることもあるので注意が必要。 ですが逆に、一口馬主などの形で参加したり、特定の選手を応援する体勢などがあれば、ギャンブルにはまっている種類の人として見られる部分は多少減るかもしれません。

海外カジノでの収入では、課税などさまざまな注意点も!

出典:pixabay.com

海外カジノにはまっている人の中には、本格的に生活のすべての不労所得を、真剣にカジノで賄っているという人もいます。 もちろんゲームとして楽しむのではなく、駆け引きなどへのセンスも必要。 旅行者として楽しむ場合、1回の出国で持ち出せる資金や、実際の渡航実態などについて、さまざまな制約や調査を受けることもあります。 また課税面はしっかりと対策しておかなければならず、海外事情にも精通した専門の税理士を雇っている人も少なくありません。

カジノで儲けたいのなら、滞在ホテルなどもそれなりのクラスのところが必要。 20代といった若い世代でスタートするには、もしかするとすこし社会的ステイタスや信用が足りないかもしれません。 意外と経費が必要な種類の不労所得の作り方にあたります。

不労所得の種類 その6~スポーツくじや宝くじ

出典:www.photo-ac.com

完全にギャンブル性がないとはいいがたいながら、競馬などに比べて比較的買いやすいのが「スポーツくじや宝くじ」。 企業に勤務しながら副業として不労所得の作り方を実践している人にとっても、「あまりに生活に大きな影響を与えているのではない限り」、人事考課や人物評価に影響しにくい点は魅力です。

「くじ」もので不労所得を形成するには、傾向分析は欠かせない

出典:www.photo-ac.com

宝くじにはよく、当たりやすい窓口や人物、地域があるなんて言われています。 またマークシートタイプのものは、数字に独特の傾向があり、こうしたものをしっかり把握している人が強いといった都市伝説もあります。 実際につづけて宝くじに当たり続けて不労所得の作り方を実践する人は、こうした分析と実践を欠かしていないといわれています。

またサッカーくじなどの種類では、各チームや最近の試合の分析は欠かせないもの。 現在は、日本の国内リーグ以外、海外リーグなども対象となっています。 すでにスポーツくじを副業として投資(?)のメインに据えている先輩方の「利ザヤや最近の注目試合」などのブログ記事も多数見られます。

「プロとしてスポーツくじを副業としている人」や「そこまでの大もうけではなくても、不労所得の作り方をスポーツくじで実践している人」は、スポーツ分析などの初期投資もしっかり行い、常に情報をチェックしています。 海外スポーツくじ、ブックメーカー、トトカルチョなどで、より大きな幅のもうけを目指す方もあります。 プロとして生活のために不労所得の作り方を実践する前に、そのスポーツや宝くじの世界をじっくり分析することが必要な世界。 ライバルは多く、すでに副業として成功している先輩のためになるブログから、海外くじ生活を始めた人たちの備忘録的なブログなど、実際にこの作り方で不労所得を実現している人でなければ分からない情報はインターネットにはたくさんあります。

不労所得の種類 その7~FXや仮想通貨売買

出典:www.photo-ac.com

昔に比べて小額から資金を運用することができ、モバイルなどを通じての即時性のある決済手法も増え、さらに指値による自動売買なども広がったことから、利用者が非常に増えている金融商品の種類が外貨差益の「FX」や「仮想通貨売買」。 サービス提供企業によっては、完全自動で儲けを確実に出していくツールなどを用意しているところもあり、ほぼ働かなくていい不労所得の作り方でもあります。

仮想通貨各種類の売買や決済については、まだ不便な部分も多く、取り扱い種類は各取引所で大きく異なる

特に一時、主要な種類の仮想通貨が、海外各国の銀行決済手段などに採用され話題となったこともありました。 さらには、仮想通貨としての価格がごく短期間に数百倍以上に高騰といった話題もあり、不労所得の作り方として=一般の法定通貨と同様に、投資の中の1種類として、世界各国で広く認知も進みました。

出典:www.photo-ac.com

仮想通貨売買については、その値動きの激しさや、背景にあるセキュリティやデータ取り扱い技術の理解は、若い20代などの「いまの技術に長けた世代」が中心。 ということもあり、どちらかというと全世代的な人気というよりは、20代など若い世代を中心とした投資や利殖方法となっています。

日本では、仮想通貨を取り扱う業者と、都市銀行系列などがタッグを組み、安定して安心して使えるよう徐々に技術や制度を整えているとするところもあるようです。 徐々に進んでいる市中の飲食店や物品購入の際の、仮想通貨での支払い対応~たとえば、コーヒーなどの購入時から、マンションなどを購入する際の支払いまで、広く対応している企業が2017年ごろから増えています。 一方で、決済時の手数料などが高く、さらには、レートそのものがさらに不利といった実態もあり、せっかく仮想通貨決済ができるのに形骸化しているといった不便さを訴える声はおおく聞かれます。 また、広く実店舗などで決済手段として利用できる仮想通貨の種類も限られており、この辺りもまだ、完全に実用性を備えて法定通貨に近いものとしては見られない原因となっています。

FXの売買は、取引所などによって、通貨の組み合わせや手数料など条件が様々

出典:www.photo-ac.com

FXの場合、とある国ととある国の通貨の売買によって、差益で利ザヤ=不労所得の作り方を実践するもの。 FXでは、世界の経済情勢や社会情勢、企業活動の話題、自然リスクなどにより、その時々に「いまが売買の旬である通貨種類の組み合わせ」というのが存在します。 ですが、取引所によって、取り扱っている通貨の種類や、売買できる通貨の組み合わせは非常に大きく異なり、通貨ペアとよばれる通貨同士の組み合わせ種類が充実していなければ、マーケット的な好材料に即応した売買は行えません。

また、FXや仮想通貨の売買は10000円程度で十分に始められるところもあります。 株式などに比べて、全体の量=流通量などが多いものがほとんどなので、よほどの安定優良企業を除けば、比較的さまざまな企業や市場の条件を受けても安定しやすいものが多いという特徴もあります。 またリスクをあえて取りたいなら、先進国ではないところや、政情不安定、自然災害などのあえてあるところを選んで、デイトレ風に利ザヤを稼ぐといった方法もあります。 ですが慎重に選ばなければならない点があります。 取引所やサービスによって、売買時などに支払わなければいけない手数料の取り決めもさまざま。 FXの場合も不動産や後からご紹介する株式などと同じで・・・  ・長期間/短期間保有しながら売買するのか  ・大きな単位/小さい単位で売買を繰り返すのか  ・売買や振り込み、どのタイミングで手数料が発生するのか  ・手数料は利用回数や金額などなにによるものか などによって、お得度や使い勝手も異なってきます。

値動きが激しい時もあるものの、レスポンスの速いツールやサービス、指値取引などを使えば、企業勤務中の副業としても十分使える!

出典:www.photo-ac.com

とくに20代などの若い世代では、自席で投資などを実行している上司たちと違って、周りの視線も気になるもの。

事故や経済系のあれこれ、その他のリスクなどが多いときには、値動きも激しいFXや仮想通貨。 ですが、たとえば・・・  ・変化がすぐに把握できる即時性のある情報&売買ツールやサイト  ・狙った収益ポイントをがっちり逃さず売買できる指値取引  ・デイトレ系運用を行っていても、細かな取引のすべてが把握しやすい情報ツールやレポートツール などを備えているところを使えば、気づいたときに会社のトイレでちょっとチェックして売買対応もできるので不労所得のためのチャンスを逃しません。

こっそり隠れて売買実行していてもばれにくいところから、企業在籍中の在席時間に、隙間時間をつかっておこなう種類の投資や不労所得の作り方としておすすめ。 もちろん自動ツールが使えるところなら、会社での仕事中は完全に自動で行うことだってできます。 最近様々なアプリで流行りの「放置系××」の金融版ですね!

出典:www.photo-ac.com

さらに、株式やリース債権、先物取引など、もうすこし難しい金融商品に手を出す前に仕組みを理解しやすい、シンプルな構造の金融商品。 20代などでこれからさき、幅広く投資を行っていきたい・・・だけれどもまだ自信がないという方にもお勧めできる不労所得の作り方です。

投資や売買といった取引種類の不労所得の作り方には抵抗があるなら外貨預金も

出典:www.photo-ac.com

「まだ入社したばかりで20代そこそこだし、怖い上司や周囲の目もあり、現段階で投資を行ってるなんて年調関連でばれたときのことを考えれば抵抗もある」という方には、外貨建てで預金する方法もおすすめ。

これらも短期や長期での運用といった種類別や、利率優先、低リスク優先など、さまざまな商品があります。 金融機関で外貨預金取り扱いのあるところでは、詳細な入門ページや商品解説ページを用意しています。 こちらにはFXや仮想通貨よりも、多重のリスクヘッジの仕組みが備わっている商品などもあります。 既に外貨預金などで成功している人のブログの実績を参考にしたりしながら、金融機関と商品サービスすべてに妥協しない選択を行いたいものです。 ギャンブル性が特に低い商品に分類され、資産のセキュリティ上利用している人もいることから、人事考課面ではあまりマイナス視されることもありません。 これからさき企業人としての生活をつづけながら、副業で投資を行っていきたい20代などの若手にとっては、とくに安心の投資方法です。

不労所得の種類 その8~株式売買や国債

出典:www.photo-ac.com

「株式売買はさておき、とくに日本の国債は低値安定ということもあり、投資先としても、副業で不労所得の作り方としては利ザヤ面で魅力的ではないのでは?」と感じている方も多いかもしれません。 ですが、証券会社などを通じて、各国の株式や国債をミックスして、確実に狙いの利益幅を確保していくタイプの金融商品などもあり、非常に魅力的です。 さらに大口投資家では、日本の国債の「微増ながら元本を割らない」という特徴だけでも、非常に高く評価しているところも少なくありません。

リスクと安定性がいろいろ選べる金融商品は豊富

出典:www.photo-ac.com

投資信託にはさまざまな商品があります。 たとえば、明治安田信託の株式投資信託。明治安田外債日本株ファンド【愛称:ミックスダブルス】は、国内外資産複合型の投資信託。 http://www.myam.co.jp/fund/mixdoubles/

各社、それぞれ、投資家が  利回り  安定性  ゲーム性  公共の福祉  節税  出し入れのしやすさ などなど何を重視するかも違うことから、さまざまな商品を用意しています。 この大手2行をはじめ有名な信託銀行などのWEBサイトでは、商品の入門基礎知識から、個別の魅力あふれる商品まで、幅広く説明があります。

国内金融商品で投資を行えば、納税時の手続きもシンプルで簡単なことなどから、多種類複数社の投資先や不労所得の作り方を実践されている方では「手数料などは高いけれど、その他のサービス上で日本の金融商品でなければだめ」という方もあります。

金融商品取引は、提供されているサービス・手数料・自動化やツールがキモ

出典:www.photo-ac.com

先ほどのFXや仮想通貨同様、手数料やサービス、ツール類などは非常に大切。 また、信託系商品は長期保有であっても、その中に含まれている経済圏や主要銘柄の暴落などで「いつの時点で手放すか(中途換金)を意識して」自分なりに利益の出方をチャート化して検討されている方もあります。

あれこれ覚えるのが面倒なので、1手法や1商品に全資金を集中するといった投資方法を行うのはかなりの高リスク。 通常は集中させたいケースでは、信託銀行などのミックスタイプの金融商品を選択。 また、投資家として経験豊富になるほど、自らの研究や実績に基づいて、さまざまな投資方法や国、関係国グループ別に分けて分散させ、オリジナルのリスクヘッジを行う方も多く見られます。 ここまで投資に対して詳しくなるには数十年かかるという方もあります。 子育てなどで一番ライフステージ中リソースが欲しくなる40~50代を投資運用の中心世代としてみるのなら、遅くても20代の間までには、投資生活による不労所得の作り方を始めておきたいところです。

各国に倣い、現在子供の金融教育に力を入れている日本。 20代からスタートしたところで、この世代と数十年後、金融ゲームでのライバルとなることが分かれば、明日にだってなにかすぐに投資を始めたくなるところかもしれません。

株主優待は、各社が提供している優待券の種類や使い方によって、人気度がまったく違う!

ちょっと変わったところでは、あまり利ザヤが上がらない、日本国内の株式売買による運用益ではなく、株式保有による優待特典を自分で使用したり、あるいはそれをオークションなどで売買することで、大きな利益を出すといった種類で「大きな利ザヤの作り方」を行っている人も少なくありません。 株主優待で人気のある株銘柄は、売買でも値下がりしにくいというのが数年前盛んに言われており、国内各企業が力を入れていた部分。 評判の良い株主優待企業について、野村證券が行った調査も、銘柄選定の参考になります。

不労所得の種類 その9~ブログやWEBコンテンツと、広告収入&アフェリエイト

出典:www.photo-ac.com

手近にできる不労所得の作り方として、気楽な取り組みやすさで人気があるのが、「ブログやWEBコンテンツ作成」や、そこに来訪する人によるページビューや広告表示と連携させた不労所得の作り方。 また、ブログやWEBサイト内で紹介した商品やショップでの購入があれば、アフェリエイト収入が得られるような方法もあります。

ブログやWEBでは多くのユーザーが来訪するきっかけ=検索サイトでのマッチング、SEO対策がポイント

ブログやWEBサイト作成では、記事の情報分析や、記事そのものの出来の良しあしが来訪者数を左右します。

ブログやWEBサイト作成を始めるまでは気楽にスタートできたのに、いざ作り始めてみると テキストライティングは大変だし ネタの流行りは短期間で変動してついていくのが大変だし 検索に引っかかって来訪者を多く呼び込むためのSEO対策が大変だし 人気ブログや検索結果上位のWEBサイトとなったとは言っても、常時ネタの新しさや、制度変更などによる情報の正確さは確保しなければなりません。 ・・・と以外にも労力がかかるため、すべてを投げ出してしまいたくなる人が多いブログやWEBサイトを利用した、不労所得の作り方。 いっそのこと、自らは、サイト全体のコンテンツデザインや製作指揮などだけを手掛け、テキストライティングやサイトのイメージデザインとコーディング実装、運用管理などの残りの部分は、その道のプロたちに任せてみてはいかがでしょうか?

こういったところは、ライターがテキストを指定通りに作成した後、校正やチェックを行う別の人が、再度、ブログやWEBで使うための条件が詰め込まれたテキストになっているかどうかをチェックしたうえで納品してくれます。 だから、非常に来訪率が上がるというのは魅力的。

他にも、よりコスト面でお得な作業担当者を雇いたいなら、多数存るクラウドソーシングサービスサイトを利用するのもおすすめです。

自らがブログやWEBサイトの製作や運用を行うことで稼ぐのは、隙間時間や日常生活のサイクルや空き時間の事情で難しいという方なら、自らがこうしたクラウドソーシングサイトでの軽作業や自宅での内職で、こまめに稼いでいくという方法もあります。

たとえば、紹介されている案件には、完全な不労所得とは違いますが・・・ ・簡単な文章の読み上げ ・簡単な文字入力 ・300Wordくらいの日本語/各国語翻訳など ・会社や学校でマクロや自動化処理を行ったことがあれば、一瞬でできるようなプログラム改変や処理自動化 ・指定場所の写真を撮影してくる ・手持ちの写真を10枚投稿する などなど、「非常に豊富な、簡単おしごと」もあります。 もちろん次にご紹介するような、出版や印税、ダウンロード利用料などを稼ぐための、元データ作成や提供なども多数紹介されています。

不労所得の種類 その10~イラスト・画像・動画・E-Bookなど出版&印税の世界

現在のように各企業などが副業を奨励するようになる以前、企業や公務員が手掛ける副収入源は限られたものでした。 不動産など資産をベースにしたもの以外では、自分の専門とする分野のコラムや書籍などの執筆・著作料(印税等)や、絵画、デザインなど。

出典:www.photo-ac.com

ですがIT化が進み、法人個人や世代を問わず、IT利用者側の環境や条件も成熟している現代。 書籍や説明動画などの中身が問われるもの以外にも、はばひろく不労所得源として、手掛けている人が見られます。

写真やイラストなどのユーザー側が印刷物やWEB媒体に自由に使える素材の撮影や製作と投稿などの静止画や短いGIF動画等部分。 ちょっと進んでワープロソフトから簡単に書き出せるE-BOOKや、携帯カメラをつかって撮影した、ビジネスや専門分野の学習用動画や、実験動画などのさまざまな作品を手掛ける方もあります。 書籍作成や動画の場合、作業労力や作業時間は、長まわし撮影でもない限りは、なかなかのもの。

出典:pixabay.com

一時、「有名大学の大学生」などが自分の大学の授業の中で、IT系ノートツールにとったノートを書籍化して販売するタイプの書籍が多数出版されたことがありました。 ですがこうした「あまり加工しなくてすぐ発売できるもの」以外では1冊丸ごとの執筆や電子書籍化のフォーマット加工は、かなりの労働時間が必要。 企業内でのデスクワークのほうが、よほどマイペースで楽にこなせます。

出典:pixabay.com

ということもあり、おすすめなのが、それよりは楽に短時間で作れる「写真・イラスト・グラフィック類・書類フォーマット」の販売です。

写真やイラスト、書類フォーマットなど、手持ちのファイルを整理して販売すれば、即不労所得が得られる方法はたくさん!

サイトによっては、新しく写真撮影やイラストを作成しなくてもOKl これまで撮影した画像を整理して一気にアップロード。 著作権などさえクリアしていれば、個人がそのサービスサイトを通じて、簡単に販売することができます。 多くのサイトでは、たとえば画像などの売り上げが5000円を超えたら振り込んでもらえるといった取り決めがあります。

どんな種類のイラストや写真なら、ダウンロード利用されやすいの?

出典:pixabay.com

写真やイラストなら、イラスト描画用ソフトや、フォトレタッチソフトを使って手持ちの写真やイラストを加工するだけで、すぐに商材として各サイトで販売できる品質になります。 たとえば、無造作に積まれた新聞などの写真は、写真作品としては美しいテーマといい難いながら、WEBコンテンツや広告に使われやすい存在。 下のような「日本の街角のショット」などは、海外のユーザからも人気があります。 そもそも「コスプレ以外、ほんものの虚無僧」自体が特殊な地域以外あまり街角で見かけられるものではないだけに、いざ、WEBや印刷物用素材として探すとなると大変なものです。

出典:www.photo-ac.com

こうした「どんなシチュエーションで使える写真やイラストか」をキーワードや、ある週末自宅に届いたチラシ群を分析して、どんどんキーワードリストアップ。 それにあわせた写真を手持ちのストックからアップロードすれば効率的に不労所得につながりそうです。

この猫の画像も、まっさらから描きこんでいけば時間がかかる作業。 ですが、撮影した茶猫などの画像に、しきい値フィルタをかけて、ブロックを分割していきといった簡単な手法でも作成できます。

出典:pixabay.com

出典:www.photo-ac.com

また、20代などで肌やスタイルが美しい間に、手足や皮膚、顔や体の各部のアップなど、パーツの写真やそれらを加工したものを、こういったサイトにアップロードして販売するのは意外と人気。 もともと写真レタッチやイラスト内などに用いるデザイン用の加工素材としての需要では、一人一人の個性があるさまざまな生きたパーツ写真が求められているからです。

出典:pixabay.com

こういった「老人や赤ちゃんといった年代を感じさせる手」や、「男女・毛むくじゃらの手や腕」といった、悩みや広告などでよく見かける文言と直結する画像は、単体で美しい写真ではなくても需要があります。

出典:www.photo-ac.com

不労所得というよりは若干手がかかりますが、下にあるようなチラシやフライヤー、はがき、ビジネスカード、プレゼン資料など印刷用の版下デザインのテンプレート作成なら、慣れたデザイナーなら1枚30分ほどでできる仕事。 以前のコンペや仕事で没になった案にすこし手を加えたら、さらに時短で人気のテンプレートとして販売できるケースなどもあります。 完全に手ぶらの不労所得というわけではありませんが、労力を少なく、長く多くの人に利用される素材となることもあります。

出典:pngtree.com

写真やイラスト、書類テンプレート、テキストの中で使えるインフォグラフィックスやさまざまな種類の図表パーツを販売できるのは、このサービスサイト!

今回はさまざまな種類の不労所得の作り方についてご紹介しました

出典:www.photo-ac.com

いかがでしたか? 今回はさまざまな不労所得の作り方についてご紹介しました。 ですがまだご紹介しきれないさまざまな方法があります。

たとえば・・・ ・資格試験や学校の参考書、模擬試験のPBT他の情報商材を仕入れて、メールやネットでアクセス用URLなどを販売して得る転売利益 ・業界や婚活などのパーティーを企画し、運営は貸し切り先の店舗などに任せて得るイベント収益 ・仮想通貨の売買にとる利ザヤではなくマイニングメインで得る利益 ・他社の販売する店舗やサービスを購入したい人に、特定の企業への口利きを行ったり、紹介割引などを与えることで得るバックマージン型の利益 ・太陽光発電や小規模風力発電など、運転や維持管理は専門業者に任せて得る生産エネルギー売却益 ・自らが持つゴルフや宿泊施設、レンタルなどの利用権を、他者に貸し出すことで得られる対価的な利益 などなど多数あります。

またちょっとダーク・・・ブラックなところでは、 ・失業給付や育児給付、出産給付なども不労所得の一種類と考え、20代からの世代別ライフイベントの生活設計の中で、就業期間を最短に設定。イベントを計画的に人生の中に配置して、できるだけ働かずに給付をつないで生きていくといった方法を探っている書籍やWEBサイトが多数見られた時代もありました。

それとは別で、 ・年金生活での給付を最大限に増やすために、積み立て型や返戻、お祝い金などのさまざまな制度があとから受けられる生命保険やその他金融商品に、いまから投資しておき、「今のリスクと将来の給付」のバランスを整えておくというものもあります。

さまざまな方法があることが理解できたうえで、最後に必要なのは、自らの決断力と実行力! この連休や週末、一度ワークシートや手帳を開いて、自分のこれからの部副業の作り方や生活設計について、じっくりシミュレーションと健闘分析を行うところからスタートしてみませんか?

出典:www.photo-ac.com