ヤフオクで安く落札するコツ5個!気を付けるポイントや注意点まとめ!

キャリア/就活

インターネットが発達して、消費者が直接国内外の店舗や生産者と直接取引できる機会も増え、幅広いバリエーションの商品から選べるチャンスも増えました。
すでに廃番になっているお宝品や、新古品などのお値打ち品・・・オークションで落札した経験のある方も少なくないかもしれません。

大手のヤフオク(ヤフーオークション)などはとくに使いやすい入札落札管理システムや取引の安全システムも充実しているので、オークションのコツを知らなくてもすぐ参加できます。
ですが人より少しでもお得に落札したいもの。

今回はヤフオクでお得に落札するためのコツなどをまとめてご紹介します。

目次

ヤフオクでは、オークションの終了時刻直前に、値段が急上昇しがち!

ヤフオクをはじめとするオークションでは、すでに公開され、スタートしている商品に、タイミングよく入札することで、落札価格を抑えながらオークションの終了時刻を待ちます。

周りの入札者がどのくらいのタイミングや値上げ幅で上げてくるかを互いににらみ合う、ネット上の心理戦のようなものです。

そのため、あらかじめ自分の入札限度額を提示してしまうような入札方法はNG。

ヤフオク
https://auctions.yahoo.co.jp

早い時間帯から入札金額をあげていくよりは、オークション終了時刻の落札直前にどんどん入札額をあげていくのがコツです。

この技術や戦略のよしあしが、ヤフオクで安く落札できる「常勝の人」ではとくにすぐれた特徴でもあります。

ヤフオクでは、入札するたびにオークションの終了時刻が変わるものが・・・「自動延長」について知ろう

ヤフオクでは、オークションの商品によって、オークション終了時刻直前に入札すると、終了日時が伸びてしまうものなどがあります。これはオークション出品者が設定できる項目。

この設定があるかないかは、商品ページ下部で、実は事前に確認できます。

ちょうど画像左側、「自動延長:あり」の表示があるものは、ヤフオクのオークション終了時刻直前の5分間に誰かが入札することで値動きが発生したら、オークション終了時刻が5分間延長されます。

この設定がある場合、次々に新たな入札者などが参加してヒートアップ。

オークションに慣れていて十分に「安値落札のコツをつかんでいる人でも、熱くなりすぎて、意外な高値で入札して、買わされてしまった」という方も少なくありません。

この設定があるものは、「値段も上がりやすい」と覚えておきましょう。

「自動延長:なし」に設定されている場合、ヤフオク終了時間ギリギリに複数が入札を行っても時間通りに終了。

そのため、入札できる時間が短い分、価格が上がりにくくなります。

ヤフオクでは自動入札ソフトなどもありますが、この中の注目されているオークションの中に引っかかりにくいのが「自動延長:なし」設定のオークション。

オークションの中で入札者から注目されることが少ないため、ライバルが少ない=安く入札できる可能性が高まるというわけです。

次の出品例を見てみましょう。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f295693391

ヤフオク|ガンプラ【RG】リアルグレード13体セット!ほぼ未開封!未組立品!

ヤフオク出品例|ガンプラ【RG】リアルグレード13体セット!ほぼ未開封!未組立品!

ここでは画面右側の、オークションの終了日時や(残り時間下の詳細から)や、入札数、送料負担者なども大切ですが、それ以上に、入札では大切な項目があります。

もうすこし画面の下の部分に注目!

紫の四角内の、自動延長と、早期終了が実はポイントになります。

【自動延長のあるなし:出品者による設定メリットは?】

ヤフオク利用者向け解説サイトでも、「自動延長をなしに設定することは出品者側にメリット無い」なんて解説されているところも少なくありません。

ですが実は、事務作業の上では「大量出品者が一斉に発送準備や連絡などを行いたいとき」といった時などに、一定の時間にすべての自分の出品オークションが終了していれば非常に便利。オークション出品の作業の中で一番面倒な、梱包発送や連絡作業の省力化に生かすことができます。

「自動延長をあり」に設定すれば、出品者にとっては多少予定は読めなくなりますが、非常に高い値段で落札される可能性も出てくることから、こちらは作業が煩雑になる可能性もありながら、収益面でプラスの幅が大きくなることにつながります。

あとで入札しようと思っていたら終わってた!?ヤフオクの「早期終了」について知ろう  

ヤフオクの場合、もう一つ同じ各商品ページの下部に「早期終了」というシステムが設定できることになっています。先ほどの画像では、紫色の四角内。

これは、オークション出品者側が、たとえば連休前などで不在のことがあるかもしれないので、入札者があり、かつ落札価格に満足していたら、早期終了を使い、早めにオークションを終わらせたいといったときに便利な機能。

特に事前通知もなく、オークション出品者の操作によって、オークション自体が終了してしまうため、気に入りの商品があれば、とりあえず入札しておかなければ、落札のチャンスも失ってしまいます。

たとえば1点しかない早期終了されたときに落札するためには、かならず最高値で入札していなければならないため、一度入札を始めたら、あとは、ヤフオクのアラート設定などを使いながら「最高値入札者が更新」されたときに、すぐに、入札額を引き上げて再入札を繰り返すのが、この「早期終了」が設定されているヤフオクでの「落札必勝のコツ」です。

【早期終了のあるなし:出品者による設定メリットは?】

ヤフオク利用者向け解説サイトでも、「早期終了は出品者側にメリット無い」なんて解説されているところも少なくありません。

ですが実は、事務作業の上では「旅行不在などで自分の予定が立たないので、オークションの終了時間を適当に変えたい」「大量出品者が一斉に発送準備や連絡などを行いたいとき」といった時などに使いやすい設定。

またマナー的には多少問題はありますが「問い合わせなどでやり取りをしている特定の熱烈なファンに落札させたい」といった「自分の思い入れの強いアイテムを、だれか特定の人に販売する」ようなときにも便利に使えます。

落札してから気づきがち! 実はヤフオクでは決済方法と発送方法によってかなり支払額に差がつく!

みなさんオークションでは、その「品物そのものの価格=落札価格」にだけ目が行きがちです。

ですが、オークションで購入した後の決済手数料や、送料、梱包手数料を考えたことはありますか?

実はこれがかなり大きな金額に!

【送料は、商品価格や商品タイプにあわせて交渉したほうがぐっとお得に!】

たとえば、大型テレビなら、商品価格は15000円前後でも、梱包手数料と保険込み宅配運賃は18000円前後と、商品価格を超えてしまうことも非常に多いのです。

発送方法については、輸送中のトラブル防止のため、一律に方法を設定しているオークション出品車がほとんど。

どんな発送方法や宅配業者などに対応しているか、オークション入札前に自宅までのおおよその送料を概算するための目安などは、オークションの本文中に記載していたり、あるいはリンクで事前に提示している方がほとんどです。(図では下の丸内に送料についての記載がありますが、これ以上詳細な部分は本文中にあります)

ヤフオク|ガンプラ【RG】リアルグレード13体セット!ほぼ未開封!未組立品!

ですがとくにバイクや車両、車両パーツ、家具など、梱包次第、発送方法次第で料金が大きく異なるものについては節約したいもの。

大型テレビなどで送料が18000円と出ていても、同じ宅配業者で送り方を家財宅配→路線混載便に変えるだけで、6000円と送料が3割近くに抑えられることもあります。

また、同じ発送方法でも、商品によっては近くのベース止め(宅配業者の営業所や大型のセンター止めにしてそこまで引き取りに行く)にした方がかなり安くなるケースもあります。

もちろん、直接その出品者のところに訪れたり、出品者の自宅近くの路上や待ち合わせ場所で直接引き取りという方法なども、ぐっとお得です。

とくに大きくて形状が複雑なアイテムなどをヤフオクで落札するときには、入札前に質問欄を使って

「ほかの発送方法や梱包方法には対応してくれますか?当方××県**市在住で、離島エリアではなく、建物2F居住。××便の路線混載便で、保険付きの発送を希望しています。××運輸の梱包料金別途分もお支払いします。」

「××運輸のベース止め発送は可能でしょうか?××運輸××便の270サイズで、××県**市場××センター止めとして発送していただきたいのですが・・・」

「直接引き取りは可能でしょうか? 日付や時間、場所については柔軟に設定できます。ご自宅では都合が悪いということでしたら、どこかコンビニやショッピングモールの駐車場など指定していただいても結構です。」

といった問い合わせを行ったうえで、OKなら入札を行いましょう。

【決済方法によって、金融機関などに払う手数料は0~数千円とかなり異なる!】

ヤフオクでは決済方法の違いも、実はかなり大きな手数料の違いにつながる部分。

「ヤフー!かんたん決済」というちょっと仕組みがわかりにくい制度の他、直接自分のクレジットカードや口座振り込み、コンビニ払いなどが指定できます。ですが実はこの、「ヤフー!かんたん決済」の中にも、同じクレジットカードや口座振り込み、コンビニ払いなどが含まれているタイプのオークションもあるなんてご存知でしたか?

たとえば、ヤフオクで利用するカード決済では、直接自分のカードで決済する他、ヤフオクを通じたカード決済ができるという方法を採用している出品者もあります。

振り込みでも、直接出品者の口座を聞いて、そこに振り込む方法と、ヤフー!かんたん決済を通じて振り込む方法などがあり、ヤフー!かんたん決済を通じて振り込めば、通常の金融機関で直接手続きをする振り込みよりも、手数料が安いケースもあるのです。

支払方法では、これまで、商品の落札価格に合わせてかなりの手数料が発生していました。

ですが、「ヤフー!かんたん決済」を使うことで、特定の(中古車新車、オートバイ、不動産他)カテゴリ以外の商品の落札支払を除けば、支払時の手数料が0円となりました。

ヤフー!かんたん決済が利用できるかどうかは、出品者がその商品を出品するときの決済方法設定によります。(ちなみに、交渉しておけば、落札後に決済方法を変更してくれる出品者などもあります)

ヤフー!かんたん決済を通じて決済された落札金額は、商品が手元に届いた連絡をするまでのあいだ、ヤフー側に預けられることになり、出品者の手には届きません。

取引の流れで言うと

商品落札
→支払い(ヤフーに預ける)
→出品者発送
→商品到着→落札者の到着連絡
→支払い分が出品者に振り込まれるという流れになります。

出品者にとっては、ヤフー!かんたん決済を利用すれば、あまり疑わしい取引はしづらくなり、商品の品質や対応もしっかりと行わなければ、落札された後のお金が自分に振り込まれなくなります。ですがこうした制度を悪用して、商品を受け取った後に「未着」「問題のある商品だった」というのを意図的に繰り返すオークション荒らしや、悪意がなくても連絡が遅いためお金が振り込まれない時間が長いことで不満を感じる人などもいることから、出品者側にとっては「入札落札者には便利だけど、出品者には不利」と感じる人もあります。

ヤフオクで決済するときの手数料については、

それぞれの落札者がヤフー!かんたん決済に登録しているか
どんなジャンルのヤフオク落札品目か
ヤフー!かんたん決済に登録している金融機関はどこか
ヤフー!かんたん決済の中でどんな支払方法があるか

で異なります。

下のような「特定カテゴリ」の場合・・・

で、選んだヤフー!かんたん決済の中での支払い方法や自分の金融機関の組み合わせによって。さらに商品金額によって、必要な手数料は異なります。

ここまで読んでも難しくてわからないなあと思ったら、「上の表にあるヤフー!かんたん決済以外のジャンルなら、落札者の支払う手数料はゼロ円」と覚えて負えばよいでしょう。

ちなみに、上の表に該当する取引の場合、ヤフー!かんたん決済の手数料は以下の金額です。(2018年9月24日現在)

みんな知りたい!ヤフオクで1円でも安く落札できるコツは?!

ヤフオクで入札するなら、やはり1円でも安く、コンディションと品質が良い、納得のいく商品を落札したいもの。

やはりこれには入札タイミングが大切。

ヤフオク安値落札のコツ1~自動入札機能があるからこそ、入札タイミングを知ることがコツ

ヤフオク常勝安値落札者では・・・

ヤフオクの代表的な入札タイミング4種
・商品を見つけたらすぐ入札:出品取り消しされないために
・終了時間間際の5分間に入札:急な値段の高騰を抑えるために
・残り時間から1~3日になったら:出品取り消しの防止と、周りの入札者から目立たない時期に動くことでライバル数を減らす
・ほかの人が入札していたら:ほかの人が入札していないアイテムはライバル数が少なく一発落札が狙えるが、これ以外でも安値遷移しているアイテムなどで使える心理戦目的の入札手法の一部

といった入札タイミングでとらえて、必勝法を分析している方が多いようです。

周りの「同じ商品が欲しいと思っている人とのネットで戦う心理戦」なので、自分の手の内を知られないことが、オークション勝利のコツです。

入札するにも、落札時刻とのタイミングや、ほかの入札者とのタイミングをはかりながら「いま、敵の落札者はこの商品にそんなに注目してないから、このくらいの金額で入れておけばいいや」といった相手の心理を読むことがまずは大切。相手の入札価格の限度額を分析し、相手が入札価格更新を忘れている間にオークションを終わらせたり、相手が入札価格更新しようと思って幾度か金額を更新して入れている間にオークション時刻を迎えさせるように、タイミングをうまくコントロールしてオークションを終わらせ、自分が落札するよう導くのがコツです。

そのためには、やはり自分のオークション金額上限を知られないよう、うまく入札金額を、タイミングをみながらコントロールするのがコツとなります。

ヤフオク安値落札のコツ2~ヤフオクでは最低2回以上の入札に分けるのが安値落札のコツ

自動入札が設定されているヤフオクでは、通常はオークション終了までの間2回以上に分けて入札を行います。

商品を見つけ、かつ最低落札金額が設定されているもの以外では、出品が取り消されないように、まずは安値で入札をしておくのは、安く落札するためのコツの一つです。

まず始めは、自分が入札できる限度額の半分程度。

そしてその後、商品の価格上昇を見ながら、ヤフオクの終了時刻直前の5分間に、自分が払えるその商品の最大限度額を入れて、あとは自動で入札させるよう設定します。

ヤフオク安値落札のコツ3~ヤフオクでは本気落札金額で最後に入札する前に、各種オークションサイトで、ヤフオクの最近の出品状況を調べておくのも安値落札のコツ

最後の入札の前には、オークファンやその他オークション検索サイトで、同じ型番の商品で同じグレード(コレクター品質、ユーズドレベル)にあわせて、いつ頃どんな商品が、いくらで落札されていたか、出品地はどこかといったものも、前半年分くらい調べておくのもヤフオク必勝のコツ。

なぜかというと、今回のオークションにだけ熱くなってしまい、不当に高い値段で落札してしまうのを防ぐ目的で、事前にどのくらいのタイミングで同じ商品が出品されているのかを知っておくのはとても良いからです。

入札の値段が跳ね上がりすぎて、もしも落札に失敗しても、次にまた同じくらいのタイミングでだれかが出品するだろうことを考えれば、心の傷が深くなくて済みます。

それに、今回のヤフオク出品がもしも高値で終わった場合、同じアイテムを出品する方が増えやすくなります。ですが、高値オークションの直後には、一般的に直後のオークションのほうはぐっと安値

こういった中長期的落札者の価格帯分析には、アイテム別のオークション発生タイミングの分析も、やはり「安値落札のコツ」となります。

ヤフオク安値落札のコツ4~自分の予算を超えない程度に設定しておくのが、ヤフオク安値落札のコツ

ヤフオクではもしも第一位で落札した人がキャンセルした場合、次点以降の入札者に順に、交渉が持ち掛けられます。

そのため、いくら直前の入札タイミングで競り合って、落札価格がヒートアップしたアイテムであっても自分が支払える金額を超える入札をするのはNG。

あとから交渉が回ってきたときには断ることもできなくありませんが、そのタイミングでは、すでにもっと安値で落札できていた同じ商品の別のヤフオク出品があったなどというケースも少なくありません。

ヤフオク安値落札のコツ5~入札者や出品者との心理戦!?運が良ければ決まるかも!の直前一発落札もヤフオク安値落札の醍醐味

あまり決まるケースは多くありませんが、終了時刻直前に一発だけ入札した金額で落札するというのもヤフオクならではの醍醐味です。

あまりに入札者が少なければ、安値で取引されることになるので、だれも入札者がいないオークションは、出品者が出品を取り消すのも少なくありません。

ですが、これを出品者が忘れているオークションなどでは、直前5分のタイミングで、入札者が市況の予算の半分程度で入札しても、落札してしまうこともあります。これこそヤフオクならではの醍醐味。安値落札の気持ちよさが味わえます。

終了直前タイミングのオークションだけをチェックしている入札者もいるので、成功しにくい方法ではあります。

こういうオークションでの成功談は、あまり多くありませんが、それでもやってみる価値はありそうです。

今回は、ヤフオクで安く落札するコツをあれこれご紹介しましたがいかがでしたか?

今回はヤフオクで安く落札するためのコツをいろいろご紹介しましたが、いかがでしたか?

落札価格の他、全体の手数料や送料も考えておかなければオークションはとくにいろいろと厄介。

ですが、路面店ではまず売られていないパーツや入手しにくいアイテム、マニア向けのさまざまなアイテムなども幅広く出品されています。

こうしたヤフオクならではの出品を、タイミングをうまくみながら安値落札出来たら・・・ヤフオク自体をうまく使えば、毎日の暮らしを、ぐっと便利に豊かにしてくれるかもしれません。