パソナキャリアの評判や口コミを調査!特徴や使い方もご紹介!

転職

目次

パソナキャリアとは?

数ある転職エージェントの中でも、様々な口コミが見られるパソナキャリアですが、一体どんな会社なのでしょうか。詳しくみていきましょう。

運営母体は「株式会社パソナ」

株式会社パソナのグループ会社の1つが「パソナキャリア」です。株式会社パソナは1976年に設立され、東京都千代田区大手町に本社を構えています。
全国各地に店舗があり、社員数 約8,700人と大きな会社です。パソナキャリアも本部と事業部が東京にあり、全国各地に拠点が設けられています。
株式会社パソナは人材派遣の業界では老舗の会社で、「パソナと言えば人材派遣」と言われるほどに派遣業界で地位を確立しており、信頼を寄せる企業も多いです。
派遣事業の「パソナ」をはじめ、医療系の転職サイトである「パソナメディカル」、海外系の転職に強い「パソナグローバル」など、幅広い分野の職業紹介や派遣事業を行っています。

職業紹介優良事業者に2015年認定

職業紹介優良事業者とは、職業紹介業務の適正運営やサービス向上、法令遵守の徹底、人材紹介事業の特性を活かした就業支援など、厚生労働省の委託事業が定める審査基準を満たした事業者を認定する制度です。この制度は2015年より開始され、パソナはその最初の年に認定されています。職業紹介優良事業者の認定を受けることで、国の定める指針を適正に順守していることを裏付ける形となります。

パソナキャリアの特徴

パソナキャリアの特徴といえば、まず最初に挙げられる事が「パソナキャリアの独占求人」が多いということです。これは強みともいえますが、企業側からの満足度の高さと信頼の厚さの象徴でもあります。

株式会社パソナでは、「正しい就職、正しい転職、正しい再就職」を企業理念として運営しており、企業の利益優先よりも、お客様(つまり、私たち転職活動者)のことを第一に考えて行動することを社員に義務付けています。そのこともあってか、パソナキャリアを活用した転職者の方々の満足度は非常に高い、という点もパソナキャリアの特徴の一つです。

また、パソナキャリアは様々な業種・職種の分野においてそれぞれ専門のキャリアアドバイザーが立ち、専門的な見解から親身なサポートを受けられるという特徴もあります。 
IT・Web業界からメディカル、ものづくり、不動産・建設、営業など、更にはグローバルや「女性の転職」といったカテゴリもあるのは対象の転職活動者は嬉しいところですよね。
パソナキャリアのキャリアアドバイザーとしてのサポートは非常に手厚く、これからのキャリアプランを考える方に対してはどんな企業が最適なのか、書類選考や面接ではどのように企業にアピールしたら良いかをアドバイザーが一人一人に対して親身にサポートしてくれます。
そうしたある意味利他的ともいえるホスピタリティの高さを持ったキャリアアドバイザーや、企業の採用担当者からスカウトの声がかかるチャンスがある「スカウトサービス」もパソナキャリアの特徴のひとつです。 
また、人材派遣事業も行っていることもあり、多くの企業とのパイプもしっかりと構築されており、各企業人事担当者との信頼関係も深いと言われています。

スカウトサービスとは?

履歴書や職務経歴書を登録しておくと、求職者と企業の採用担当者の双方の希望や経歴にマッチングした求人情報を、キャリアアドバイザーが提案するサービスです。
求職者の可能性を見出し、予期していない案件の提案が成されることで新たな道が拓けるチャンスがあります。パソナキャリアが独占している非公開求人も検索対象になります。

パソナキャリアの評判

ここからは、パソナキャリアの良い評判と悪い評判を見ていきましょう。
以下を見たら分かるように、口コミの評判の全体的な傾向として、紹介先求人が豊富にありそうなキャリアの方には手厚いサポートを行う半面、キャリア不足と判断されるとあまり熱心にサポートを行わない傾向がありました。

良い評判①求人の提案力が高い

パソナキャリアは利用者の性格をしっかり分析しており、丁寧な指導と提案が好評です。職務経歴書のような初めて書くものは、自分では完成度を高めることは難しいですよね。こういうときこそ、アドバイザーの丁寧なサポートを受けることで、合格率がグッ上がる文章を書けるようになります。

良い評判②試験対策が充実していた

パソナキャリアのアドバイザーは、指導が丁寧かつ的確で、かなりレベルが高いです。
職務経歴書の添削や面談時のアドバイスも親切且つ丁寧に手取り足取り教えてくれるので、第二新卒や20代など若手の転職活動には最適のようです。
落ちた場合も原因を追及し、しっかりフォローしてくれるので、不安要素を残さずに次回の面接に臨むことができます。

良い評判③丁寧なカウンセリングだった

パソナキャリアのカウンセリングは時間をかけて丁寧にサポートするというのが最大の売りです。
疑問や不安を一人で抱え込まず、担当者としっかり話し合うことが必要でしょう。その環境がこちらにはそろっていますので、利用してみるだけでも価値がありますね。

良い評判⑤サポートが親切だった

初めての転職でも、親切なサポートをしてくれます。第二新卒は転職のやり方がわかっていないので、サポートの有り無しで活動の影響がかなり変わるでしょう。

良い評判⑥レスポンスが早い

大手の転職エージェントでも、担当者によってはレスポンスが遅いケースも見られますが、パソナキャリアのレスポンスの速さは、評判や口コミで多く評価されています。
特に転職活動中はやることが多いため、転職エージェントとのスムーズなやり取りは必須となります。レスポンスが速ければ転職エージェントに対する高い信頼度や安心感も生まれ、効率的に転職活動を進めることができます。

良い評判⑦女性にもおすすめ

転職市場では、女性ならではの転職理由も見られます。例えば、出産や育児との関係、ワークライフバランス、夫の転勤など、男性とは異なる転職理由が発生する場合があります。
転職エージェントを利用する際には、このような女性の立場を理解したサポートが必要です。パソナキャリアでは、女性の立場や気持ちに合わせたサポートを行ってくれると評判があります。

悪い評判①大都市以外の地域の求人は大手エージェントと比較して少ない

全国各地に拠点があるパソナキャリアですが、求人数はやはり大都市に偏りがあります。人口や企業数の関係もあるので、ある程度は仕方がない部分もあるのですが、希望する地域によっては、求人数に満足がいかない可能性もあるようです。
また、リクルートエージェントなどの大手転職エージェントと比べると、求人数は少なくなっています。より多くの求人からじっくり見比べて決めたいという方は、パソナキャリアよりも大手エージェントがおすすめです。

悪い評判②若い人向けの求人が多い

他社の転職エージェントと比較すると、パソナキャリアは比較的若い人向けの求人が多いという口コミがいくつかありました。
調べてみると、パソナキャリアは若年層や第二新卒の人がターゲットになっているので、40代後半向けの求人は少ない傾向にあります。そのため、年代が高めの方には魅力的な求人が少ない可能性が考えられるので、キャリアを積んだ方向けの転職エージェントを利用した方が賢明と言えるでしょう。

悪い評判③キャリアアドバイザーのレベルにバラツキがある

パソナキャリアは、キャリアアドバイザーのレベルにバラツキがあるため、担当者によってサポートに差が出るのという特徴があります。良い担当者であれば、親身にアドバイスをしてくれ、自分に合った求人を紹介してくれるようです。
しかし、悪い担当者があたってしまうと、
・対応が機械的
・連絡が返ってこない
・求人の紹介が最初だけだった
・ミスや勘違いが多い
・意思疎通ができなかった

などの口コミも多かったので、キャリアアドバイザーのレベルにバラツキがあることも、パソナキャリアの評判が悪い理由の1つと言えるでしょう。

悪い評判④専門性の高いアドバイスを受けられない

総合型エージェントとして幅広い業種や職種を扱うパソナキャリアですが、専門的なアドバイスは、他のエージェントと比べて弱いという意見が多いです。
パソナキャリアは、専門性よりも総合的な業種や職種の幅広さを重視する傾向にあります。専門的なアドバイスや相談を希望する方は、パソナキャリア以外にも、希望する職種に特化した転職エージェントも併用することをおすすめします。

悪い評判⑤大手エージェントと比べてアナログ

近年、大手エージェントの多くは利用者が使用するマイページのシステムを工夫しています。
応募、求人紹介、担当キャリアアドバイザーへの連絡など、全てインターネット上で完結することができたり、スマホ利用者向けに専用アプリを開発するなど、ウェブサービスとしての利便性を向上させていたりするエージェントが多いです。
しかし、パソナキャリアはこの面において遅れているため、大手エージェントと比べて、サービスがややアナログで利用しにくいという声もあります。
電話やメールでフォローしているようですが、それをストレスに感じたり、忙しい人は対応が面倒だと、不満を持ったりする人もいることも事実です。

悪い評判⑥スキル・キャリア不足と判断されると連絡が来ない

自分の希望する職種に対してスキル・キャリア不足と判断されてしまうとアドバイザーから連絡が途絶えた、ということもあるようです。こちらとしては何かしら連絡をしてくれないと困りますよね。

口コミから見えるパソナキャリアの強みは?

パソナというと派遣のイメージが強いですが、パソナキャリアも女性の転職支援に力を入れています。
ではパソナキャリアの強みとは何なのでしょうか。次に4点挙げていきます。

強み①求人数が業界トップクラス

パソナキャリアでは業界トップクラスである40,000件以上の豊富な求人数が魅力です。
パソナキャリアが保有する求人情報の約80%は”非公開求人”であり、応募が殺到しやすい人気大手企業・優良企業の求人や極秘の重要プロジェクトに関する人材募集など、一般には公開されていない好条件求人や希少求人を数多く取り扱っています。
非公開求人の中にほど理想とする求人が見つかりやすい傾向にあるので、希望に合った求人になかなか出会えない人はパソナキャリアへの登録を検討してみてはいかがでしょうか。

強み②登録者の約67%が年収アップに成功している

パソナキャリアを利用し転職を成功させた人の特徴として、上記のようにはじめての転職でパソナキャリアを利用する人が多く、登録者の約67%以上もの人が年収アップに成功しています。
はじめての転職の人でも不安を感じることなく丁寧で親身な対応が魅力であり、キャリアアドバイザーの適切なアドバイス・サポートにより多くの人が年収アップを実現させています。
もちろん年収ダウンの人も居ますが、パソナキャリアでは年収面だけでなく転職希望者が「転職をするうえで一番大切にしていること」を尊重し、満足の転職へと導く転職サポートを心掛けています。
パソナキャリアは、はじめての転職に不安がある人、年収アップを目指している人、総合的に満足のいく転職を成功させたい人におすすめの転職エージェントです。

強み③「女性の転職」に強い

評判にもありましたが、パソナキャリアの特徴として外せないのが「女性の転職」に力を入れていることです。
パソナキャリアのサイトには「女性のための転職支援サイト ウーマンキャリア」といったバナーがあり、多様化する女性の働き方に寄り添い、女性が自分らしくキャリアを築いていくための転職支援を行っている転職サイトが用意されています。
パソナグループとしても”女性活躍推進”の取り組みが成されており、女性が十分に能力を発揮し活躍できる環境が整えられています。
パソナグループは女性社員比率、女性管理職比率が高い点なども評価され、経済産業省主催 平成26年度「ダイバーシティ経営企業100選」に選出された実績があります。このような背景もあり、パソナキャリアではライフステージ(結婚・出産・育児など)により働き方の変化を余儀なくなさがちな女性にスポットを当て、女性の転職サポート実績のあるプロのキャリアアドバイザーが今のポジション・経験・環境、今後目指すキャリアに合わせた転職活動をサポートしていきます。

強み④第二新卒へのサポートが厚い

20代・30代の転職に特に強いと言われているパソナキャリア。
「初めての転職の方へ」といったノウハウページがあり、そこでは転職に当たっての心構えや気を付けるべきこと、そもそも転職とは?転職の手順など細かく基本的な情報を掲載しています。転職エージェントの多くに該当する特徴ですが、スキルやキャリアを見られて、目立ったスキルがない。適正年収が低いと判断されると、紹介できる案件がないと断られる事も多くあります。
更に、大手の転職エージェントは人気なだけあって、キャリアアドバイザーの一人あたりの負担が大きいために、「対応が淡白」「希望していた職種と違う案件ばかり紹介される」といった対応に不満を覚える人もいます。
その点パソナキャリアは一人ひとりにしっかりと対応してくれると評価が高く、転職初心者の第二新卒でも手厚いサポートを受けることができます。

口コミから見えるパソナキャリアの弱みは?

では、逆にパソナキャリアの弱みを見ていきましょう。

弱み①電話連絡がしつこい

パソナキャリアのマイページで完結出来ないことが多く必然的に電話・メールでの連絡が多くなり、「また電話‥」としつこく感じてしまう事があるようです。
また、紹介を受けた求人にあまり魅力を感じず断った場合でも、同じような内容の求人案件の紹介で電話がかかってくることがあるので、電話・メールを受ける時間を指定する、相性が合わないと感じたらキャリアアドバイザーの変更を申し出る、うやむやにせず迷惑と感じることはきちんと伝える、など対策をすることが大事です。
担当者は熱心なサポートをしているのですが人の感じ方は色々なので仕方ないですよね。

弱み②大手企業の求人が少ない・地方の求人が少ない

パソナキャリアのキャリアアドバイザーの評判は悪いわけではないのですが、キャリア志向の高い人や複数の転職エージェントを利用し転職に多少慣れている人にとっては、不便に感じたり、求人数に物足りなさを感じる人も居るようです。
「メールやウェブ連絡だけで完結させたい人」「熱心すぎるサポートを必要としない人」「大手企業に転職したい人地方の求人を探している人」「ハイクラス求人を探している人」は他エージェントを利用することをおすすめします。

なぜパソナキャリアの評判が分かれるのか?

パソナキャリアは担当アドバイザーによってサポートに差が出るようです。
良い担当者の場合は派遣業で培われた情報を余すところなく伝えてくれ、親身にアドバイスをし、スピーディーに対応してくれ、落ち込んでも励ましてくれるなどのサポートを得ることができます。
逆に悪い担当者の場合は、対応が機械的で連絡が返ってこない、案件紹介は最初だけで、その後紹介がない、ミスや勘違いが多いなど、高評価と低評価の担当に二極化しています。
やはり、転職活動をサポートしてくれるキャリアアドバイザーの質はとても重要です。
転職成功のカギを握っているのがキャリアアドバイザーといっても過言ではありません。
個人での転職活動ではなかなか上手くいかなかったこともキャリアアドバイザーと二人三脚で進めていくことで、効率良く満足度の高い転職とすることが出来ます。
パソナキャリアのキャリアアドバイザーは電話やメールのレスポンスが早く安心して転職活動を進めていけたとの声や、強引に転職を勧めてくることがなく親身な対応が信頼出来たといった声が聞かれ、サポート面に於いての評価が高くキャリアアドバイザーの評判も上々です。もし担当が合わないようであれば変えてもらうようにすること、他の転職エージェントと並行して登録するなど解決方法を考えましょう。

パソナキャリアの登録~仕事紹介の流れ

パソナキャリアの登録から実際に仕事を紹介してもらうまでの流れは、次のような流れになります。 

①Webから登録

パソナキャリアWEBサイト上の「転職サポートお申し込み」より、必要事項を入力の上送信します。
登録時に個人情報を登録した後、パソナキャリア側で申し込み内容を精査して問題がなければ登録完了です。所要時間は3分程度です。

②面談・電話面談

パソナキャリアに登録後、1週間以内に電話かメールで連絡が来ます。面談時に履歴書と職務経歴書を渡すことになるので、遅くても面談の前日までには書類を作成しておきましょう。専任のキャリアアドバイザーが履歴書や職務経歴書、転職の希望条件などを確認します。この時に求人を紹介してもらうこともできるので、しっかりと今までの経験や転職の希望を伝えましょう。
基本的にパソナキャリアでの面談になりますが、遠方で来社が難しい場合には、電話でのカウンセリングを行ってもらうことも可能です。所要時間はだいたい1時間~3時間となります。

③仕事紹介

面談時の職務経験や転職の希望条件、転職プランに基づき、求人を紹介してもらえます。他にはないパソナキャリアならではの独自求人や非公開求人も豊富です。また他社では入手できないような情報を提供してもらえることもあるので、疑問に思ったことはしっかりと確認しましょう。
希望した求人画面ある場合は、キャリアアドバイザーに伝えることで、企業に推薦してもらうことができます。 

④企業との面接

面談日程など面倒な手配は全てキャリアアドバイザーが行ってくれます。面談対策もしっかりと行ってくれ、不採用になった場合は企業からの評価や不採用になった理由もきちんと伝えてくれるので、次の応募に活かすことができます。
キャリアアドバイザーは面談で質問されやすい内容や、面接官のタイプなどの情報を持っていることがあるので、面談前にしっかりと確認しておきましょう。 

⑤内定

内定が決まったときは、入社条件や年収などの交渉もキャリアアドバイザーが行ってくれます。契約書の内容などで納得がいかない場合は、キャリアアドバイザーにはっきりと伝えて、企業と交渉してもらいましょう。パソナキャリアでは入社後もサポートを受けることが可能です。入社後に悩みが出てくるようであれば、メールや電話でキャリアアドバイザーに相談することができます。

内定がもらえるまでの期間 

パソナキャリアに登録してから内定を受けるまでの期間は人によります。早い人だと最短で2週間、平均すると1~2ヵ月の様です。しかし仕事をしながら転職先を探している場合は、3ヵ月以上かかることもあります。転職するには情報収集がポイントになるので、少しでも転職を考えるようになった段階でパソナキャリアなどの転職エージェントに登録することをおすすめします。

パソナキャリアを実際活用した、転職者の評判・コメント

ここからは、パソナキャリアの転職サービスを実際に利用された方々のコメントで多かったものを「パソナキャリアを使って良かった点」、「パソナキャリアを使って悪かった点」それぞれピックアップしてみましょう。

パソナキャリアを使って良かった点

・キャリアアドバイザーが丁寧に誘導してくれた(応募書類の書き方、面談対策等)。
・担当のキャリアアドバイザーのアドバイスが的確だった。
・「落ち着いている」印象を受けた。あまりガツガツやってこないので自分のペースで進められた。
・条件交渉の際に、キャリアアドバイザーがこちらの要望に合わせて企業に打診してくれた。

パソナキャリアをご利用された方々のコメントで特徴的なのは、一番はやはり、パソナキャリアの「キャリアアドバイザー」の対応品質がとても高いところでしょう。
また、「自分のペースで進められた」というコメントや、「条件交渉の際に援護射撃してくれた」というコメントも、パソナキャリアが描く、「転職者の側に立ったサービス」というスタンスがよく顕れているように感じられます。

パソナキャリアを使って悪かった点

・リクナビNEXTやdodaと比べると、求人数は若干少なかった。
・担当の転職エージェントとの相性が合わない時があった。

リクナビNEXTやdodaと比べると、求人数は若干少なかった」であったり、「担当の転職エージェントとの相性が合わない時があった」というコメントも、決して多くはありませんでしたが、いくつかのコメントで見られました。
このあたりは、リスク回避の観点で、もう一つ二つ転職サービスを併用して、うまく回避していけると良いですね。

パソナキャリアはどんな人に向いている?

パソナキャリアはIT・ウェブ関連、各種メーカー、金融、医療、建設、広告やマスコミ、コンサルティング業界に強く、職種では営業、管理部門、販売だけではなく、年収800万以上を目指す人や海外で働きたい人にも対応しています。
これらの業界や職種を目指す人はもちろん、非公開求人を知りたい人や、専任アドバイザーによるサポートを受けたい人にとってもおすすめの転職サービスと言えるでしょう。
また、女性の転職をサポートする「ウーマンキャリア」という転職サポートも行っています。
女性が働きやすい企業の求人を探していたり、目指すキャリアに沿ったアドバイスを受けたいと思っていたりする人にとって、良きパートナーとなるでしょう。

パソナキャリアのキャリアアドバイザーのサポート

パソナキャリアのキャリアアドバイザーが、利用者に対してどんなサポートをしてくれるのかを確認してみましょう。 

面談

履歴書や職務経歴書をチェックすることで、人事に評価されやすい書き方を教えてくれ、添削依頼をすることができます。
自己分析ヒアリングは、仕事にやりがいを感じる時や将来どのような人物になりたいか、どういった企業で働きたいかということを分析し仕事紹介の参考になるものなので、質問が細かくなりがちです。
自己分析の結果をもとに転職条件のすり合わせを行うことで、希望条件にあう求人を紹介してもらうことができるのです。

仕事紹介~面接

求人紹介から面談まではキャリアアドバイザーが中心になって動くことが多いです。求職者は面談の希望日時と時間をキャリアアドバイザーに伝えるだけで、企業との日程調整はキャリアアドバイザーが行います。
面談に自信がない場合は、「どのような質問がされるか」「面接官の傾向」など細かい情報を教えてもらうことができ、面接時のマナー指導なども受けることができるので、1人で転職活動するより有利になります。

内定後

企業から内定が来た時に一番大きいのは、キャリアアドバイザーが、入社時の条件交渉を行ってくれる点です。転職サイトの場合はこういった交渉はできず、1人で転職活動をしているなら自分が企業と交渉しなければなりません。
最終的に提示された条件に納得がいかないのであれば、アドバイザーに正直に伝えて企業と交渉してもらいましょう。
入社後も悩みや問題が出てきたときは相談に乗ってくれるので、些細なことでも気になることがあれば遠慮なく相談しましょう。 

パソナキャリアのキャリアアドバイザーの特徴

パソナキャリアのキャリアアドバイザーは、他の転職エージェントと比較すると、「業界・職種を熟知している人が多い」「優秀な人材が集結している」という特徴があります。
パソナキャリアのキャリアアドバイザーは、業界や職種ごとに分かれているので、その分野の知識が豊富で話しが通じないようなことはないですし、業界の転職動向なども熟知しています。 
アドバイザーの得意分野が別れていることで、自分が転職しようとしている業種に強いアドバイザーが担当になることが多いです。

パソナキャリアのキャリアアドバイザーの強み・弱み

パソナキャリアの利用者層を見ていると、初めて転職を行う人が4割近くいいます。そのため強みのひとつとして、転職が初めてという人に力を入れていると考えることができるでしょう。
アドバイザーの得意分野が別れていることで、自分が転職しようとしている業種に強いアドバイザーが担当になることが多いです。
逆に弱みとしては利用者の年齢層を見てみると、40代以上の中高年層が少ないのでハイキャリアに対するサポートが弱い可能性があります。

パソナキャリアからメールが届かない理由とは?

悪い評価の際にも述べましたが、パソナキャリアを利用するための登録をサイトから行ったのはいいけれど、その後メールが届かないというケースがちらほら見られるようです。なぜ、利用開始のメールが届かないのか、とても気になりますよね。パソナキャリアでは、サイトからの登録後、原則として2営業日以内に、登録のときに記載したEメールアドレスへの返信、もしくは電話番号に直接連絡が来る仕組みとなっています。
ただし、利用者の増加や暦の関係で、登録からメールなどでの連絡期間が長い場合だと1週間前後かかってしまうケースもあるようです。
どちらにしても、きちんとサイト上で登録が行われている場合は何かしらの連絡が来ることになっているので、登録から1週間が経過していない場合は、もう少し待ってみてはどうでしょう。もしも、1週間以上経過してもメールや電話での連絡がない場合は、改めてパソナキャリアへ問い合わせをしてみてください。

「お断りメール」の理由は何?

「今よりも少しでも条件がよく働きがいのある職場への転職を成功させたい!」そんな思いからパソナキャリアの利用を決め、登録したのはいいものの、パソナキャリアから届いたメールはなんと「お断りメール」だったという人が中にはいます。
「お断りメール」が届いてはじめて、パソナキャリアはいつでも利用することができるものではないのだということを知ったという人もいます。
なぜ、パソナキャリアから、利用できない旨が記載されているような「お断りメール」が届いてしまうのでしょうか。
その理由を徹底的に調べてみると、以下の3つの理由があることが判明しました。
これから紹介する3つの理由の1つでも自分に該当してしまう場合、残念ながらパソナキャリアの利用はすぐには見込めない可能性があります。

お断り理由①年齢が40歳以上ではありませんか?

パソナキャリアでは、求人情報の内容や繁忙期の関係から、40代以上の年齢の人の利用を制限している場合があります。常に40代以上の人を受け入れないというものではありませんが、ケースバイケースで40代以上の人の登録をお断りする時期があるようです。
基本的には、パソナキャリアのような転職エージェントで年齢制限を設けることはめったにありませんが、パソナキャリアでは年齢でお断りされてしまった可能性があるケースが散見されるので注意が必要です。

お断り理由②転職先に選んでいる業種や職種が特殊ではありませんか?

これまで積み上げてきたキャリアが特殊だったり、転職先に一般的ではない業種や職種を希望したりしている場合は、お断りメールが届く可能性があります。
特に、専門性の高い技術職の転職を希望している場合や、資格がなければ就くことのできない職種を希望しているなど、パソナキャリアで扱っていない職種や業種の求人を探していることがわかった場合、残念ながらお断りメールが届くことが多いようです。

お断り理由③現在、失業中ではありませんか?

パソナキャリアなどの転職エージェントを利用する目的は、今よりもよい待遇や環境で働くためという人がほとんどですが、タイミングによっては離職してしまっている人もいると思います。
これまでの仕事にどれだけ真剣に向き合って勤めていたとしても、離職中という現状は、状況によっては転職希望者としてプラスに判断されない場合があり、その結果、パソナキャリアからお断りメールが届くことがあるようです。離職中となっている理由は人それぞれですが、そのときのタイミングや状況によっては残念ながら利用できない可能性もあるようです。

最後に、パソナキャリアの独自のサービスのご紹介!

パソナキャリアの求人検索サービス「賢索くん」

「賢索くん」はパソナキャリアが独自に運用している求人情報検索サービスの一つです。パソナキャリアの再就職支援サービスを利用している人しか、この「賢索くん」を利用することができません。
そのため、「賢索くん」を利用したいと思ったら、まずはパソナキャリアに登録し、再就職支援サービスの利用を開始する必要があります。「賢索くん」には、パソナキャリアが開拓してきた求人情報が1万件以上掲載されており、情報は毎日更新されていますので、再就職活動において最も重要と言える、最新の求人情報を常にチェックすることができます。

パソナキャリアが提供する再就職支援サービスには「賢索くん」のほか「スカウト」のサービスがあります。
パソナキャリアの「スカウト」サービスは、自分のプロフィールを入力して企業からのスカウトを待つ方式です。自分の属性に興味を持ってくれる企業が見つかれば、声がかかる可能性がありますので、じっくり再就職先を見つけたい場合には有効です。

一方、「賢索くん」は地域など細かい条件から絞り込んで求人情報を検索することができますので、パソナキャリアに登録して、自分から積極的に再就職活動を行いたいという人に向いているサービスと言えます。もちろん、パソナキャリアの両サービスを利用して、より効率よく再就職を目指す方法もあります。
一方、パソナキャリアに求人情報を提供する企業側も、「賢索くん」に掲載して求職者を募る方法と、「スカウト」サービスを利用している求職者を検索および閲覧するサービスがあります。

パソナキャリアの「賢索くん」ではどんなことができる?

パソナキャリアの「賢索くん」は、地域を始め、さまざまな条件で絞り込んで求人情報を検索することができます。とにかく、自分の理想に近い求人情報をじっくり探したいという人にも向いていますし、とにかくスピーディーに再就職活動を進めていきたい人にもおすすめです。
また、検索条件などは簡単に絞り込むことができますので、時間がなくて忙しい人にも向いていると言えるでしょう。

以下のサービス以外にも、応募書類の書き方、面接時の心得など、再就職活動に役立つ動画セミナーを受講することができるほか、企業の担当者と会えるジョブフェア情報なども「賢索くん」からチェックすることができます。
このように、パソナキャリアの「賢索くん」は、ただ単に求人情報を検索するだけでなく、再就職活動の強い味方になってくれるさまざまなサービスを利用できるようになっています。

「賢索くん」で見つけた求人情報の保存や応募も可能

求人検索の条件、気になる求人情報の保存、コンサルタントから送られてきた求人情報の確認や応募なども、「賢索くん」にログインして、マイページ上で簡単に行うことができます。

「賢索くん」ではPAT診断までできてしまう

「賢索くん」にログインすれば、PAT診断、つまり適職診断を無料で受診することができます。自己の性格特性、主観性、客観性、ストレス耐性、向いている仕事など、自分自身をさまざまな角度から分析できるようになります。自己分析することで、自分の思考の傾向などを把握することができますので、適職に出会える可能性が高くなりますし、面接の際の自己PRにも活かせるため、パソナキャリアに登録した人はぜひ活用したいサービスです。

まとめ

今回はパソナキャリアについてご紹介しました。
実際の口コミや評判も記載してますので、どんなものなのか、少しはご理解いただけたのではないかと思います。当然良い評判ばかりではありませんが、結局は、本人とアドバイザーとの相性が関係するのかなと思いますので、一度登録して相談をしてみることをお勧めします。

転職を考えている方は是非参考にして下さい。