数字の語呂合わせ(3桁・4桁)/縁起の良い組み合わせ・面白い組み合わせ

ライフスタイル

3桁や4桁、それ以上の桁数で数字を並べ、読み方を当てはめる語呂合わせ。特に3桁や4桁は車のナンバーや暗証番号どで使われることも多いのではないでしょうか。3桁、4桁の面白い語呂合わせや、かわいい語呂合わせ、また、それぞれ縁起の良い数字、悪い数字を紹介します。今後の数字選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

よくある定番の数字語呂合わせ

・1192(いいくに) “いいくに作ろう鎌倉幕府”なんて学生の頃よく言ってたものです。
・2525(ニコニコ) 
・085(親子) 
ふたつ合わせて 2525 085 (ニコニコ親子)なんて3桁と4桁の数字を合わせて使うこともできます。
・1188 (いい母、いいパパ)
3つ合わせて 2525 1188 085(ニコニコ いいパパ いい親子) なんて使い方もできますね。
・4649 (ヨロシク) よく昔のやんちゃしてた人が使っていたことがあるかもしてません。
・3150   (最高) 

このように、昔から様々な数字で語呂合わせができています。様々な語呂合わせを組み合わせても面白いですよね。バラバラに紹介するとわかりずらいので、3桁、4桁で、それぞれの数字のかわいい、縁起のいい語呂合わせを紹介していきます。

数字それぞれの語呂

0~9までの数字の語呂合わせを紹介します。

0・・・れ、れい、ぜ、ぜろ、わ、ん  等
1・・・い、ひ、いち、わん、ひと  等
2・・・に、ふ、じ、ふた  等
3・・・さ、さん、み、みつ、す、すり  等
4・・・よ、よん、し、ふぉ(お)  等
5・・・ご、いつ、ごお、ふぁ(いぶ)  等
6・・・ろ、む、むつ、しっ(くす)  等
7・・・な、なな、しち、せ(ぶん)  等
8・・・や、やつ、は、はち、え(いと)  等
9・・・く、きゅ(う)、ない(ん)
  等

このような数字には代表的な語呂合わせもあります。時々、無理やり語呂合わせをしてみたりすることもみますので、あとは、個人個人の読み方でアレンジしてみても、それは間違いではありません。自分なりの語呂合わせを作ってみてがいかがでしょうか。

面白い数字の語呂合わせ

・8823(はやぶさ)
・4103(良いおっさん)
・8031(ばんざい)
・1616(いろいろ)
・3184(サイヤ人)
・9610(玄人)
・4610(素人)
・6256(ムツゴロウ)
・2110(ニート)

こちらの3桁の語呂合わせもやや無理やりのようなものもありましたが、やや面白い語呂合わせをいくつか紹介しました。“3184”なんかは日常生活ではほとんど使わない気はしますが、子の語呂合わせも使い方によっては使えるかもしれませんね。

かわいい数字語呂合わせ

3桁数字のかわいい語呂合わせ

・310(ミント) 3・・・みん 10・・・と
・910(キュート)
・104(天使)  10・・・てん 4・・・し
・415(四つ子)
・145(ひよこ)
・310(ミント)
・832(ハチミツ)
・8109(ハイオク)

4桁数字のかわいいい語呂合わせ

・1072(ドーナツ)
・5572(ココナツ)
・2323(ふさふさ)
・1107(いい女)
・1122(いい夫婦)
・8251(初恋)
・8810(ハート)

3桁、4桁のかわいい(?)語呂合わせを紹介してきました。残念ながら”かわいい”という語呂合わせはなさそうです。かわいい語呂合わせでは“910”や、“104”が使いやすかもしれませんね。この数字の語呂合わせをメールたLINEなどの本文に使うと面白いです。

縁起の良い・悪い数字語呂合わせ

よく車のナンバーで使いたい数字、使いたくない数字をよく耳にしたりすることがあるのではないでしょうか。特に車は、事故を起こしてしまえば死に繋がってしまう乗り物ですので、“死”を連想させる“4”や、“苦”を連想させる“9”は避けられる傾向にありました。個人的には、“4”は幸せの“し”につなげても良いように思いますが、一文字で“し”と言えば、“死”を連想することや、ネガティブな発想になりがちなところから、“4”は避けられているようですね。

縁起の良い3桁数字語呂合わせ

・111(いい日)
・354(神輿)
・243(不死身)
・358(読み方はありませんが、縁起のいい数字と言われています。)

縁起の良い4桁数字語呂合わせ

・4444(幸せ) 4が4つ合わさっていることから
・4653(よろこび)
・2922(福耳)
・2951(福来い)
・9671(苦労なし)
・8341(やさしい)
・8996(育む)

“4”や“9”があまり縁起の良くない数字ということを紹介しましたが、使い方、読み方によってはいい使い方もできますね。縁起の良いといわれている、3、5、8なども使い方によってはあまり良くない意味の数字になることもあります。

縁起の悪い3桁数字語呂合わせ

・564(殺し)
・321(殺意)
・432(自殺)
・574(子無し)
・571(来ない)

縁起の悪い4桁数字の語呂合わせ

・1374(意味なし)
・1818(嫌々)
・2943(憎しみ)
・4219(死に行く)
・4989(四苦八苦)
・5648(殺し屋)
・8150(背後霊)

ネガティブなイメージを持った数字の語呂合わせですが、人によっては、好き好んでこのような語呂合わせを使っている方もおられますね。あくまでイメージですので、偏見は持たないようにお勧めします。

語呂合わせで使われる宣伝

よくテレビやラジオのCMで電話番号を覚えやすいように語呂合わせで紹介してくるものがありますよね。例えば
“〇〇〇〇ー50-8150”(ゴーバイクオー)バイクの中古買取販売会社のCMや、“〇〇〇〇ー828-828”(やずややずや)の健康食品会社、“〇〇〇〇ー022-022”(オー人事オー人事)、などなど、多少無理やりなような、そうでないような兎に角耳に残るような語呂合わせで自社の宣伝をしている広告が多く存在します。

何気なく、街を歩いていると、広告の電話番号に突然フリガナがふってあり無理やり語呂合わせしているかのような広告を目にすることがあります。意識しながら歩いてみると面白いですよ。語呂合わせをすれば、人は覚えやすくなりますが、無理やりな語呂合わせですとあまり意味ないような気がしますね。

イメージの良い数字、悪い数字

前述で、“4”や“9”はネガティブなイメージを持ちやすいと紹介しましたが、これは、“死”や“苦”といった読み方から影響を受けています。読み方ではなく、歴史や文化などから良い数字、悪い数字としてそれぞれ意味を持っている数字があります。それは、日本と外国などにもよってイメージは異なってきます。

日本での縁起の良い数字3・5・7・8

特に縁起の良い数字はこの数字ではないです。こだわる方は、3・4・7・8を使って3桁、4桁などの数字を作ったりうまく語呂合わせをすることもあるそうです。ではひとつひとつ解説してきます。

3・5・8は諸説ありますが、並べて使うと良い数字

1つ目の説としては、お釈迦様が悟りを開いたのが35歳8か月だった
2つ目の説としては、西遊記からきており、沙悟浄…3 孫悟空…5 猪八戒…8だった
など、ほかにも説があるようですが、かなり縁起のいい数字、縁起のいい3桁と言われることもあります。

7はラッキーセブン

パチンコやパチスロをやる方は特に7という数字は特にワクワクする数字なのではないでしょうか。実は、7が縁起の良い数字の仲間入りをしたのは、野球からきています。つまり、歴史としては、長くはありあせん。9回やる野球では、投手が疲れてきている7回に点が入りやすいことから、アメリカではラッキーセブンと呼ばれていました。それが日本文化にも取り入れられ、7は縁起の良い数字というように呼ばれています。

8は末広がりを意味する

8は感じで八と書きますが、末広がりで縁起の良い数字ということはかなり有名です。前述の7や、8を語呂合わせに組み込んだり、ただ羅列して好きな数字と組み込んだり、と使われることが多いようです。

日本での縁起の悪い数字2・4

結婚式でも、割れる数字になるご祝儀は縁起が悪いといわれ2万円や、4万円は避けられています。そのままの意味で、割れやすい数字は縁起が悪いといわれることもあります。

中国では奇数が縁起のいい数字

中国では奇数、1・3・5・7・9が縁起の良い数字と言われています。中国では奇数は“陽”を意味するそうです。そのなかでも、9は一番エネルギーの高いものとして縁起がいいとされています。そして、中国では、それぞれの数字すべてに意味があります。しかし、その中でも5はあまり縁起の良い数字ではないという人もいます。中国では5の発音は“無”と同じ発音になるので、あまり縁起が良くないとも言われています。日本の“4”に似ていますね。
また、日本と同じく8も縁起が良い数字とされており、中国の資産家などの車のナンバーには8が付いているとう話もあります。

その他海外、宗教的に縁起の悪い数字 13 14 666

13はキリストが処刑された日にちを表しています。そのほかにも13日の金曜日と、おそれられたりしていますよね。
14は人種差別的な意味を表しているので、あまりいい数字ではありません。
666は悪魔の数字と呼ばれており、派生して、6が縁起の悪い数字と言われることもあります。

1は世界的にいい数字

1は物の始まりであり、西洋的には神聖な数字ともいわれています。

世界的に・宗教的に・風水的にみると、どの数字も良い数字

日本や世界などから縁起のいい数字や悪い数字を紹介してきましたが、様々な観点からみると、その数字も良い数字ととらえることができます。今回は風水での数字の意味は紹介しませんが、風水的には8が一番良い数字ともいわれています。ラッキーセブンと言えども、風水師の方の中には7を嫌うかたもいるようです。したがって、数字の良し悪しは信じるものによって左右されるとも言えます。

ちなみに私の誕生日は11月18日ですが、数字単体で見ると、良いほうにも見受けられますが、語呂合わせでいくと“イーヤ”、お前なんか“イーヤ”のようなネガティブなニュアンスとらえることもできます。ポジティブな意味で捉えるか、ネガティブな意味で捉えるかは人それぞれですが私はポジティブなイメージで行こうと思います。

語呂合わせ、数字遊びはポジションなイメージで楽しく

3桁、4桁の様々な語呂合わせや、数字単体の縁起の良い悪しを紹介してきましたが、数字単体でみれば良いよいに見える“1818”(いやいや)も、語呂合わせにすると、ネガティブな意味になってきます。ネガティブなイメージ先行で想像してしまう人が多いですが、ネガティブな中にも多くのポジション要素が必ずあります。ポジションな考え方で数字選び、語呂合わせをして人生楽しんでみてはいかがでしょうか。また、紹介してきた語呂合わせのほかにも、多くの語呂合わせが存在します。いろいろな数字で語呂合わせを楽しんでみてください。