「税理士」のやりがい/魅力とは?

資格

就職や転職に際し、税理士を選択肢として考える人は少なくありません。

今回は税理士の仕事内容について、「どのようなやりがいがあるか」「就職する上での魅力」などをご紹介します。

税理士のやりがい

税理士とは、依頼主の要望に応じて、税務書類を作成したり、税金に関するアドバイスを行う、税務のプロフェッショナルです。

士業として有名な税理士のやりがいとはどのようなものなのでしょうか。

税理士のやりがい① 法人・個人問わず、依頼主と直接関わることが出来る

税理士はクライアントの課題に寄り添い、税務を中心とした課題解決を行います。

クライアントと直接コミュニケーションを行なっていくため、他者貢献の手触り感を感じ安く、
「相談してよかった!」「お力添えいただきありがとうございます。」などの言葉が何よりの活力になるという人は少なくありません。

また、よく比較される「公認会計士」との違いについて述べます。
税理士の独占業務(その職業しか行うことが出来ない業務)は「税務業務」であり、クライアントに寄り添ったサービスを提供するのに対し、
会計士の独占業務は「監査業務」であり、第三者の視点から財務状況などについて評価します。

加えて、監査を受ける義務は大企業に限られるため、会計士のクライアントは主に大企業となりますが、
税理士のクライアントは、個人から中小企業まで多岐に渡ります。

税理士のやりがい② 社会貢献性

税理士がクライアントの納税を監督することにより、納税が正しく行われ、間接的に国の発展に寄与しています。

また、個人の税金に関する啓蒙は、国民全体の税金への意識を高めることに繋がりますし、
法人への提案により財務状況の改善に寄与することが出来ます。

税理士のやりがい③ 実力が正当に評価される

職場環境にもよる部分はありますが、男女問わず、業務量や能力によって正当に人事評価が行われる場合が多いです。

また、税金を通じて社会情勢などの情報に直接アクセスすることができ、社会の変化に対し自らの能力をアップデートしていく必要があることも、
税理士を続けていくことの醍醐味です。

税理士という職業の魅力

上記のやりがいの他に、税理士という職業には以下のような魅力があります。

税理士の魅力① 士業ゆえの安定性

資格取得の難易度の高さから専門性が高いこと、会計事務所が慢性的に人手不足であることなどから、税理士は安定性の高い職業と言えます。

また一度資格を取ってしまえば能力がある程度保証されるため、転職などにも有利に働きます。

税理士の魅力② 働き方の多様性

近年、女性の社会進出や人材の流動性の高まりに伴い、税理士の働き方が多様化しています。

フルタイムの正社員だけでなく決算期のみのパートタイマー、アシスタント業務(財務補助)による時短勤務、
またクラウドサービスなどITの進歩により、一部リモートで働くことも可能になっています。

特に女性のキャリアにおいて、出産や子育てなどの期間は切り離せない関係にあるため、
このような専門性を活かしたフレキシブルな働き方が出来るのは、魅力かと思います。

税理士の魅力③ 長く働くことが出来る

税理士に定年退職はないため、体力が続く限りは第一線で働き続けることができます。
事実税理士人口の半数以上は60歳以上が占めています。

また出産・子育てに際し退職し、復帰したいなどの場合も、専門性の高さから再就職することが比較的容易なのも大きな魅力です。

出典:データで見る税理士のリアル。

税理士に向いている人はどんな人?

それでは税理士に向いている人はどのような人なのでしょうか。

作業に対する耐性がある人

税理士の業務の大部分は計算などと向き合う事務作業になります。

  • 数字に強くこのような事務作業を苦に思わない人
  • 正確に業務を行うことに長けた人
  • コツコツと業務を進められる人

などは適性があると言えます。

利他性・他者貢献欲求が強い人

税理士はクライアントの課題解決を行うため、クライアントへの貢献がそのまま自らの評価として返って来ます。

そのため、他者への貢献欲求が高い人ほど、クライアントに寄り添い、より良い提案をし、成果を上げることが出来るでしょう。

自分の専門分野を持ちたい人

税理士になるためには、難易度の高い試験を突破する必要があります。

資格などの専門性を身につけ、地に足をつけて日々の業務を行いたいという欲求がある人は、
資格取得のモチベーションを維持しやすいため、税理士を含め、士業への適性があるでしょう。

正義感が強い人

企業の財務状況など、守秘義務の高い情報を有している他、税務を一手に引き受けるため、脱税などの違法行為と隣り合わせなのが税理士という職業です。

税務のプロとして、強い正義感、倫理観が必要とされます。

営業力がある人

独立する場合は言うまでもありませんが、税理士には営業力も必要です。

長期的にクライアントとの関係を維持していくため、あるいは新規の顧問先を獲得するために、
提案力やプレゼンスキル、行動力などの営業としてのスキルが必要となります。

税理士になるには

税理士になるには以下の方法があります。

  • 税理士試験に合格する。
  • 公認会計士または弁護士になり、税理士として登録する。

各種業務経験や学位を取得することにより税理士試験における試験科目を一部免除される場合がありますが、
基本的には税理士試験に合格する必要があります。

詳しくはこちらの記事をご確認ください。

税理士になるには?|必要な資格・資格の取り方~みんなが実践する勉強法を紹介!

2017.09.08

まとめ

いかがでしょうか。

仕事においてどこにやりがいを感じるかという点は、仕事選びにおいて極めて重要です。
今回ご紹介した内容の中に、魅力的に感じた部分があれば、税理士としての適性があるかもしれません。

加えて、税理士試験を突破することは容易なことではありませんが、それに見合う安定性を手にすることが出来るのが税理士の魅力です。
キャリアパスの一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

【税理士試験の難易度】合格率、偏差値など徹底調査!

2018.03.24